オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

メルマガにも表情をつける

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.706】

 

 

 

 

 

 

感情と表情に関する先駆的な研究を行った

アメリカの心理学者、ポール・エクマンは、

 

 

人間には、「喜び」「驚き」「悲しみ」

「恐れ」「嫌悪」「怒り」という、

6つの基本表情があることを唱えました。

 

 

 

この6つの表情を思い浮かべてみてください。

あることに気づきませんか?

 

 

 

 

 

ナント、「喜び」の表情を除けば、

残りの5つの表情はすべて、

 

マイナスのものなのです。

 

 

 

つまり、人間の表情には、

ネガティブなものが多いのです。

 

 

 

 

 

その理由には、

文明が発達する以前、人類が何百万年もの間、

 

サバンナの中で生と死の危険と隣り合わせで

生きていたからだと考えられています。

 

 

 

相手が敵意を持っているかどうか、

あるいは、こちらを攻撃してくるものなのか、

 

 

それらを表情から読み取ることができなければ、

身に危険が迫るからです。

 

 

 

 

 

ある実験があります。

 

9つの幸せそうな顔の写真の中に、

ひとつだけ怒った顔を入れるというものです。

 

 

 

 

 

それをパッと一瞬見せられると、

不思議とひとつしかない

怒った顔に目がいくのです。

 

 

 

反対に、怒った顔の写真の中に

ひとつだけ幸せそうな顔を交ぜても、

なかなか気づきません。

 

 

 

 

 

つまり、人間はマイナスの表情の方に、

敏感に反応するということなのです。

 

 

 

これは人間関係においても言えることで、

 

相手の幸せそうな顔は

すぐには思い出せなくても、

 

 

怒った顔や悲しそうな表情は、

なかなか忘れることができません。

 

 

 

また、怖そうな顔をした人は、

よい悪いを別にして、

印象に残るものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

これらをメルマガに応用してみましょう。

 

あなたのメルマガを印象付ける、

目立たせるためには、

 

時にはドキッとするような件名にしたり、

 

 

 

内容も当たり障りないことを書くのではなく、

少し尖っていても自分のカラーが出ていれば、

 

 

人はそのズバッと言い放す口調に、

好感を持ってくれる場合があります。

 

 

 

 

もちろん、そんなのは嫌だという人は、

解除してしまうかもしれません。

 

でも、それでいいのです。

 

 

 

 

解除もクリックもないメルマガは、

読まれていないのです。

 

 

わざわざ解除という反応を示してくれて、

ありがとうなのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. タケ より:

    加南さん、こんばんは^^

    タケです!

    人はマイナスの表情に、
    敏感に反応してしまう。

    確かにおっしゃる通りですね!

    私も、幸せそうな顔は
    なかなか思い出せないのですが、
    マイナスの表情は鮮明に覚えています!

    こういったマイナス面を逆手にとることで、
    読者様の印象に残るような方法もあるのですね!

    まだメルマガは配信していませんが、
    今後は取り入れたいと考えているので、
    参考にさせていただきます^^

    今回の記事、とても勉強になりました!

    今後ともよろしくお願いいたします。
    応援完了です!

    タケ

  2. 匿名 より:

    加南さん はじめまして
    キロルと申します。

    本当にそうですね。
    メルマガでえっ!っていうタイトルには目がいきますが。
    差しさわりのないタイトルは結構スルーしてしまいます。

    >わざわざ解除という反応を示してくれて、
    ありがとうなのです。

    すごく共感しました。

    応援完了です。

    また、おじゃまします^^

  3. ヒロ より:

    加南さん、おはようございます。
    ヒロです。
    いつもお世話になっております。
     

    おっしゃる通り、
    当たり障りのないタイトルや内容には
    興味を引きませんね。

    私も意識をしているつもりですが
    上手く表現するのは、難しいですね。

    自分のカラーを出すことが
    ブランディングであり
    差別化でもあるのですが

    自分のカラーを見つけるのも
    時間が掛かりそうです^^;

    どの様な反応でも無いよりはまし。
    これを聞いて少し気が楽になりました。

    いつもありがとうございます。
    勉強になりました。

    応援させて頂きました。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: