オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【転移】の感情をビジネスで活かす

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.704】

 

 

 

 

 

 

 

映画やドラマによく使われる、

『恋愛の王道』とも言うべき、

 

 

相談に乗ってもらっているうちに、

なんとなく付き合うようになった。

 

 

というカップルの誕生は、

実生活でもよく耳にしますよね。

あなたにも経験はないですか?

 

 

 

 

 

 

これは【転移】と呼ばれる

感情に導かれた結果で、

 

 

【転移】は相談に乗ってもらったり、

何かを指導してもらうという状況で、

 

両者の間に生まれる恋愛に似た感情なのです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、職場である女性が、

「ちょっと相談に乗ってください」

と言ってきた際、

 

 

最初は単なる親切心で

相談に応じていただけなのに、

 

 

会話を重ねるうちに信頼関係が生まれ、

親身になればなるほど

その女性のプライベートにも興味が生じ、

 

次第に恋心に変わっていった・・・

 

 

 

 

 

このパターンは他にも、

教師と生徒、医者と患者、上司と部下など、

 

 

上下関係にある人ほど、

恋愛関係に陥りやすいのは、

 

相談されたり、指導される機会が多いためです。

 

 

 

 

恋愛テクニックとして、

好きな人を振り向かせたいために、

 

 

本当は悩んでもいないことを、

相談するフリをするというのがありますが、

これは心理学的にも有効なのです。

 

 

 

 

 

 

こうした【転移】の感情が利用されるのは、

何も恋愛に限ったことではなく、

 

 

上司に相談を持ちかける部下の場合も、

同じような作用が働きます。

 

 

 

 

 

上司にしてみれば、

部下に相談されるということは、

 

 

自分に頼りがいのある証で、

決して悪い気はしないはずです。

 

 

それどころか、目上の者に対して

教えを乞う、助けてもらうといった部下の姿勢は、

 

素直でかわいいという

印象に結びつき、好感度は上がるでしょう。

 

 

 

 

 

相談を受けた上司は親身になってアドバイスをし、

部下の方は感謝の気持ちを業績などの態度で表す。

 

 

するとこの『相談』を通じて

両者の間には連帯感が生まれ、

 

 

通常の上司と部下という枠を超えた、

心理的距離を近づける効果があるのです。

 

 

 

 

 

もしあなたが今の作業などに

行き詰まりを感じられているのであれば、

 

 

思い切って誰かに相談などを、

されてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

思いがけない人脈が手に入るかもしれませんし、

ひょっとしたら恋が始まるかもしれませんよ(笑)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. Toshikinuyo より:

    加南様 お世話になります。

    加南様の記事の文章は分かり易いというか
    思わず読みたくなるように魅力があると思います。

    今回 加南様の文章術に関する無料レポートを
    ブログで紹介したい思いますので
    ご了承ください。

    メルぞうのレポートは作者の承諾なしで
    紹介しても問題はないのでしょうかね。

    よく判らないので
    紹介前にコメントで尋ねています。

    今後とも宜しくお願いします。

    Toshikinuyo

  2. ハルナ より:

    加南さん

    こんにちは、ハルナです^^

    ドラマとかでもリアルでも、
    アルアルですね(*´∀`*)

    そして、うちも過去に経験あります(笑

    うちは、SASでたくさんの人に、
    出会ってしまったので、
    違う意味で、危険ですね(笑

    相談出来る環境って、
    孤独じゃないっていう安心感もあるので、
    思い切って相談するのはいいと思います!

    独身やったら、
    恋がはじまってもいいと思うなぁ^^

    応援完了です♪
    また、お邪魔させていただきます☆

    ハルナ

  3. miya より:

    ブログランキングから来ました。

    【転移】の感情をビジネスで活かす

    興味そそられるテーマですね。
    それにしても、転移をビジネスで活かすとは
    簡単なようで思いつきませんでした。

    応援します。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: