オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分の枠を決めて価値観を大事にする

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.681】

 

 

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『決めている人』のお話を……

 

 

 

 

 

>> 怒りや不満のメカニズム <<

 

 

 

 

 

 

私たちは自分の価値観や欲求を無視され、

ないがしろにされるとカチンときます。

 

 

 

「親切にしてほしかったのに、されなかった」

「感謝してほしかったのに、されなかった」

「大事に思ってほしかったのに、されなかった」

 

 

 

 

自分が相手に期待していたことが

実現されないと、

 

 

怒りや不満につながるのです。

 

 

 

 

このメカニズムを知っておくだけでも、

ずいぶんと自分や相手が

客観的に見えてくるはずです。

 

 

 

 

とは言っても世の中には、

明らかに悪意がある人もいれば、

 

 

 

悪意はなくとも深く考えずに、

相手の怒りや不満を呼ぶような

反応をしてしまう人もいますよね。

 

 

 

 

 

 

そんなときには相手と競ったり、

仕返しにと心を燃やすのではなく、

 

 

 

世の中には当然、

自分とは価値観の合わない人もいるはずだ。

と開き直るのもひとつの手です。

 

 

 

 

 

 

そして「気にしない」ということを

決めておくのです。

 

 

 

 

もし、人からカチンとくることを言われても、

気にしないと決めておくと、

本当に決めた通りになります。

 

 

 

何を言われようとも、されようとも、

それほど気にならない、

 

 

 

「決めている人」には誰も、

意見がはさめないのです。

 

 

 

 

 

 

「言い返さないと、決めておく」

「ネガティブな言葉は使わないと、決めておく」

 

 

 

などと、決めておくことで、

自分の行動をある種の枠に、

はめることが出来ます。

 

 

 

そうすることが、

感情的な行動を抑制することになるのです。

 

 

 

 

何か傷つくことを言われても、

言い返さないという枠で,

心のザワザワとは無縁でいられるでしょう。

 

 

 

ネガティブな言葉を使わないと決めていれば、

何事にも前向きでいられるでしょう。

 

 

 

 

 

 

何を決めているかが

生き方の姿勢にもなりますし、

それが自分自身の価値観を守ることになります。

 

 

 

 

自分の価値観は自分が知っていて、

大事にしていれば、それで大丈夫なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆彡サザエさんクラスにそそっかしい私に、

お見舞いのお便りありがとうございました。

ご心配おかけしましたが、もう大丈夫です♪

 

 

 

んー、野菜を切る前に指で「試し切り」

サザエさんでもやらないかもしれません。

あなたもどうぞお気をつけくださいね。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: