オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

心の【超回復】でさらに上を目指す

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.671】

 

 

 

 

 

 

 

イギリスで開かれている

体操の世界選手権の男子団体で、

 

 

日本が37年ぶりとなる

金メダルを獲得しましたね。

 

 

 

 

 

 

スポーツなどの

筋力トレーニングの世界では、

 

【超回復】という理論があります。

 

 

 

 

 

一度過重な負荷をかけて筋線維を壊すと、

壊れる以前よりも強く太くなって回復する

というものなのですが、

 

 

 

 

この【超回復】と同じような現象が、

人の心でも起こるのです。

 

 

 

失敗や問題にぶち当たって、

プライドを粉々に打ち砕かれたとき、

 

 

 

人はそこから新しく強いプライドや、

自信を構築して立ち上がれる

というものです。

 

 

 

 

 

 

実際、人は大きな失敗を犯してしまうと、

そこからなかなか抜けきれずに、

 

 

 

「この仕事、向いてないのかも」などと、

思いつめるくらい

気持ちをダウンさせてしまいます。

 

 

 

 

 

 

そんなとき、心の中では、

「○○のせいだ」「辞めたい」

「何が悪いのかわからない」

 

 

 

などといったもんもんとした葛藤が、

渦を巻いた状態にあります。

 

 

 

 

そしてそのほとんどが、

現実を冷静に見つめきれていない、

という理由から起こっているです。

 

 

 

 

そして一番多いのが、

自分のミスを完全に認めきれない

といったケースです。

 

「あの状況では予想できなくて当然のはず」

「自分も悪かったが上司の判断が遅かったから」

 

 

 

などと、責任を他に押し付けて、

砕けかけたプライドを必死に取り戻そうとするのです。

 

 

 

 

 

 

しかし、失敗の原因が自分にある以上、

それではうまくいきません。

 

 

 

 

 

逆に気が重くなり、

やる気さえも失いかねないのです。

 

 

 

 

それで仕方なく時間が悩みを解決してくれる

道を選ぼうとするわけですが、

 

 

 

間違いのタネが潜んでいるのは、

まさにここなのです!

 

 

 

 

 

自信やプライドといったものは、

ひとたび崩れてしまうと、

 

 

そこから立て直すのは至難の業なのです。

 

 

 

 

 

 

ならば一度そこで粉々に打ち砕いてしまい、

まっさらな状態から再び新しいものを

築き上げた方が、

 

 

強固で揺るぎないものが作れるのです。

 

 

 

 

あえて、「自分が悪い」

そう考えてすべての責任を自分にかぶせたら、

 

 

 

 

人には今まで見えなかった様々なものが

見えてきます。

 

 

そうして再び前へと進めるのです。

 

 

 

 

 

 

あなたも接着剤でつなぎ合わせた

ひび割れたプライドにこだわるよりも、

 

 

 

さっさとハンマーで打ち砕いてみてください。

そんなあなたの勇気に、私は拍手をおくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に教えを乞う際には、

プライドほど邪魔になるものはありません。

 

 

 

あなたの生き方としての矜持はそのままで、

学ぶ姿勢は素直さが一番です。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 林檎まま より:

    こんにちは

    超回復なる言葉初めて聞きました。
    しかもそれが人の心にも起こっているのですね。
    あえて「自分が悪い」と認めてしまえば
    新たな強い自分になるかもしれませんね!
    とても勉強になりました。
    ありがとうございました。

    応援ポチしました♪
    また来ますね~!

  2. はまぞふ より:

    加南さん、こんにちは。
    はまぞふです。

    納得しました。

    ひび割れたプライドより、
    一度壊して新しいものを
    築き上げたほうが、
    より強固なものが出来そうですね^^

    強い自分を作るための
    大切な言葉ですね。

    情報ありがとうございます^^

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: