オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

最悪の状況下でも思い出したい【リード法】

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.670】

 

 

 

 

 

 

人生には時として「最悪の状況」

というものが訪れたりします。

 

 

 

仕事で大きなミスをした!

恋人に今にもふられそう!などと、

 

 

 

 

 

そんなとき、焦らず試してみたいのが、

アメリカのポール・G・ストルツ博士が

提案した【リード法】です。

 

 

 

 

 

 

 

リード法は、

【Listen・ Explore・ Analyze ・Do】の

頭文字をとったもので、それぞれの意味は、

 

 

 

■Listen :冷静になり現在の置かれた状況を考える。

 

■Explore:これまでの経緯からどこに問題があったのか探す。

 

■Analyze:なぜその問題が起こったのか原因を分析する。

 

■Do   :自分が出来ることを実行する。

 

 

 

ということをそれぞれ表し、

この手順を経ることで、

 

 

問題を解決しましょうということなのです。

 

 

 

 

 

 

人は目の前に危機が迫ると

パニックにおちいり、

 

 

普段では考えられない行動に出てしまいます。

 

 

 

 

冷静でない状態で下された判断は、

間違っていることも多く、後悔を生みます。

 

 

 

 

 

 

この手順を踏むことで、

少し頭を冷やす時間ができるので、

 

 

 

間違った方向に進んでしまい後悔する、

といったことが避けられるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ピンチはチャンスです!

慌てず、騒がず、冷静に、

深呼吸して、リード法をお試しください。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. ナミ より:

    加南さんこんばんは^^
    ナミです。

    少しお久しぶりですね^^

    なにか突発的に問題が発生すると
    いつもパニックになってしまう自分なので

    リード法、すごく興味あります^^

    冷静になるには自分を客観的に
    見れるように常に意識することが大事なのかな?

    と思います^^

    是非やってみます^^

    いつも貴重な学びをありがとうございます!

    応援完了!

  2. ヒロ より:

    加南さん、こんばんは!
    ヒロです。

    何か「最悪な状況」が起こったときには
    冷静に対処しろということですね。

    私は、すぐ感情的になってしまうので
    そういう状況になったときには
    一度、大きく深呼吸をしてから
    対処するようにしていましたが
    間違っては、なかったのですね^^

    「リード法」是非、試してみます。

    「ピンチはチャンス」
    「慌てず、騒がず、冷静に」
    肝に銘じたいです^^;

    ありがとうございました。
    応援していきます!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: