オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分の言葉をイメージしながら話す

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.669】

 

 

 

 

 

 

 

奇妙な光景というのを、

ときどき目にすることがあります。

 

 

大勢の人がいるのに、

みんなスマホの「画面」で会話をしている・・・

 

 

 

 

 

 

しかし、人々に対話が失われ、

皆がしゃべらなくなったのではなく、

 

 

 

逆に誰もが話したがり、

目の前の相手の話に、

耳を傾けようとしなくなったのです。

 

 

 

相手の話を聞いているのは、

次に自分がしゃべることを、

イライラしながら待っているだけ。

 

 

 

カラオケに行っても相手の歌を聴くよりは、

次に自分が歌う歌を探している。

 

 

 

 

 

相づちを打ち、ところどころで笑っても、

それは単に「今はあなたの番ですよ」と、

告げるサインの役割でしかないようです。

 

 

 

 

 

 

そこに本当の対話を復活させるには、

真剣に聞くことが必要です。

 

 

 

そして相手の言葉ばかりでなく、

自分自身の言葉も聞くことをしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

自身の言葉を聞くとは、

これまた奇妙なことかもしれませんが、

 

 

 

デキるセールスパーソンは、

自分の声さえ聞く、聞き上手なのです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

化粧品を売ろうとしたときも、

 

 

 

この化粧水を使えば

「しっとり、ツルツルのお肌に・・・」

と言いながら、

 

 

 

「化粧水」「カサカサした肌」

「つける」「しっとり」

などといった言葉のイメージを、

 

 

 

頭の中に描きながら、

自分の言葉を聞くことをします。

 

 

 

説得する相手と自分を、

同じ「聞き手」の立場に置き、

言葉の効果をひとつずつ確かめるのです。

 

 

 

 

 

 

そうすることで、相手に親しみと安心感を与え、

相手の関心を引きつけることができます。

 

 

デキるセールスパーソンは、

自分の言葉をイメージして話すのです。

 

 

 

 

 

 

私たちが情報発信する、

メルマガを書いたり、オファーをする際も、

 

 

 

音や様子を文字にした

擬音語、擬声語、擬態語といった

『オノマトペ』をうまく活用して、

 

 

 

臨場感あふれる記事を書いてみてください。

あなたの書いた言葉を自分で感じとること、

イメージしてみるのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 林檎まま より:

    こんにちは

    まさにその通りだと思います。
    自分自身の言葉も聞くこと。
    大切だとわかっていても中々出来ないですが
    少しずつ実行していきたいものですね。

    応援ポチしました♪
    また来ますね~!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: