オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【対比の法則】で不幸中の幸い

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.644 】

 

 

 

 

 

 

 

 

同じことを伝えられる場合でも、

何か比較対象があると、

 

 

 

受け入れやすくなるということがあります。

【対比の法則】と呼ばれる心理作用ですが、

 

 

 

 

私たちは物事を考える際に、

ひとつだけのものを見るのではなく、

 

 

 

自然と他のものとの関係で、

見たり考えたりしています。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

夫から借金が1000万円あると打ち明けられたら、

すぐにでも離婚を考えるほど怒り心頭な妻も、

 

 

 

実は100万円だったと後から聞かされれば、

「そのくらいなら」と、

許してしまう場合があるのです。

 

 

 

 

本来なら内緒で100万円の借金を

作られただけでも、

とうてい許せるはずではないと思うのですが、

 

 

 

 

あらかじめ「1000万円」と「100万円」という

選択肢を与えられることで、

少しでも自分にとっていい方を選ぼうとして、

 

 

 

 

本来なら大ショックなことも、

比較対照があることで、

 

 

「まだマシな方だ」と感じてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

つまり、もっと悪いことと比較することで、

本来の不幸が小さく感じられ、

時にはプラスに思えてくるのです。

 

 

 

 

 

対比として出される要素は、

マイナス面が大きければ大きいほど

効果があります。

 

 

 

 

相手を「不幸中の幸いだった」と

納得させたい場合に、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

比べることで「不幸」も「幸い」に、

転化するような気になりますので、

 

 

 

できれば良いことのたとえに

お使いくださいね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 桜井まこと より:

    はじめまして
    ランキングから伺いました。
    桜井と申します。

    自身に不幸が襲ってきたときも
    「・・に比べれば」と
    自然に脳が対応しているように
    思います。

    そのとき確かに
    マイナス面が大きいものを
    対比にしていますね

    あらためて気づかせて
    いただきました

    応援します

    応援します

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: