オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

必ず打ち返される【嫌悪の報復性】

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.641 】

 

 

 

 

 

 

あなたの人間関係、良好ですか!?

 

 

 

 

「自分が嫌えば必ず自分も嫌われる」

子供の頃、そんなふうに言われ、

 

 

 

だから誰とでも仲良くしなさいと

言われたはずなのに、

 

 

 

 

 

私たちは大人になるほど、はっきりと、

嫌悪の感情を抱いてしまっています。

 

 

 

ただ大人だから、それをあからさまに

表すことをしないだけのようです。

 

 

 

 

 

 

もともと人間の好き・嫌いの感情には、

強いバランス志向があり、

 

 

 

相手と同じ感情状態で、

いようとする傾向が強く働きます。

 

 

 

 

そのためまったくの反対の感情である、

好意と嫌悪ではバランスがとれないのです。

 

 

 

 

 

 

自分を好きになってもらえれば、

自分も相手を好きになり、

 

 

 

自分を嫌っている人に対しては、

自分も同じように嫌う、ということが、

 

 

 

 

バランス上もっとも適した感情なのです。

こういう傾向を【好意の返報性】と言います。

 

 

 

 

 

 

この心理法則に基づけば、

人に好かれるためには、

 

 

 

まず自分が相手を好きになるように

なることが必要になってきます。

 

 

 

 

 

しかし残念ながら、

特に男女間のような一対一の場合は、

 

 

 

好意を発したからといって、

思い通りの好意が返ってこないことも、

あるようです。

 

 

 

 

 

 

ところが、嫌悪の方ははっきりしています。

 

 

嫌われることはプライドを傷つけられるなど、

他のマイナス感情も生じますので、

 

 

 

嫌悪に対してはほとんど必ずと言っていいほど、

嫌悪が返ってきます。

 

 

 

これが【嫌悪の報復性】です。

子供の頃の教えは正しかったんですね。

 

 

 

 

 

 

ですから、相手に嫌われないためには、

イヤなやつだと思っても、

 

 

 

その気持ちをひとまず心の内にしまって、

付き合うことが大切です。

 

 

 

 

 

 

また、ちょっとした相手のしぐさや言葉で、

自分を嫌っているのではないかと

早合点はしないことです。

 

 

 

特に自尊心が傷つきやすい人は、

相手に嫌われることに非常に過敏ですが、

それは決してよい結果を生みません。

 

 

 

 

 

とにかく、最初に嫌わない、

嫌われていると思わないことが大切なのです。

 

 

 

 

あなたの良好な人間関係を

お祈りしています。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: