オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手の【承認欲求】をきちんと満たすには

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.618 】

 

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『本当はみんなほめられたい』お話を……

 

 

 

 

>> プラスの目で相手をきちんと見る <<

 

 

 

 

 

 

人には「ほめられたい」「認められたい」

という【承認欲求】というものがあります。

 

 

 

 

自らが「価値ある存在」であり、

「尊重される」ことを求める欲求です。

 

 

 

 

 

 

ほめてもらえれば、気持がよくなります。

それは何も子供や部下に限ったことでなく、

 

 

 

実は社長だって総理大臣だって、

本当はみんなほめられたいのです。

 

 

 

 

 

 

ただ、ほめるとなると、

上司側の人の中には、

 

 

 

自分の優秀性が脅かされるのでは

ないかという不安ゆえに、

 

 

 

なかなかほめられないといった

事情もあるようです。

 

 

 

 

 

 

しかしほめることによってこそ、

 

 

「私はあなたより上だ」という、

上下関係がアピールできるのです。

 

 

 

 

 

 

また、教師やコーチと生徒、

親と子供の間では、

 

 

 

充分にほめることによって、

相手を伸ばすことがよくあります。

 

 

まさに「ほめて伸ばせ」なのです。

 

 

 

 

 

 

もし親が子供をほとんどほめないとしたら、

子供の順調な発達は望めないでしょう。

 

 

 

親に対する信頼や素直な愛情表現も、

望めないと言えます。

 

 

 

 

 

 

そして同じことが夫婦間にも言えます。

 

 

夫は妻の髪型が変わろうが、

口紅の色が変わろうが気づかない。

 

 

 

妻は妻で、夫を他の誰かの夫と比べて、

給料が安い、出世が遅いなどと、

ばかにしてばかり・・・

 

 

 

 

 

 

ほめられたら気持ちいい、

ほめることが大切だということが、

みんなわかっていながら、

 

 

ほめることができないでいるのです。

 

 

 

 

 

 

それは、そもそも相手を、

ろくに見ていないからです。

 

 

 

見たとしても、良いところより、

相手の悪いところに

つい目がいってしまう。

 

 

 

 

 

 

そして本当のところは、

自分がほめてもらおうとすることに

一生懸命で、

 

 

 

相手をほめることなど

思いつきもしない、

ということなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

あなたは誰かをほめていますか?

相手をきちんと見ていますか?

 

 

 

そしてあなた自身、

誰にほめられたら一番嬉しいのでしょうか。

 

 

 

 

まず頭に浮かんだその人のことから、

ほめてあげてください。

 

 

 

照れくさかったら、

最初は心の中から始めたっていいですから。

 

 

 

でも必ずいつかは声に出して

相手に届けてくださいね。

 

 

人は誰しもほめられると嬉しいのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 五平太 より:

    加南さん

    こんばんは、五平太です。
    週末、土日は催事で
    休日出勤で~す^^

    ところで「承認欲求」というんですね。
    営業マンの私は
    給与をいただいているからには

    予算を100%達成するのは
    当然だし、新規取引先を
    開拓するのも当然です。

    でも、100%予算達成!
    新規取引先の開拓成功!

    となったときに
    給与払っているんだから
    当然だ!

    みたいな態度を
    社長からとられると

    なんか、がっかりしてしまいます。

    もうちょっと、
    営業をおだてて
    気持ちよくし
    営業活動に欲がでるように
    すればいいのに!


    いつも思っていましたが
    「承認欲求」だったんですね。

    実感しました^^

    私も身近な人たちに
    社長と同じ態度をとっていないか
    反省してみますね。

    精神活動が大きくなる
    ヒントをいただき
    ありがとうございます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    応援しながら

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: