オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

正しさだけでも人は不快になる

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.616 】

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションにおいて

陥りやすい罠に、

 

 

 

 

『正しさに対するこだわり』

というものがあります。

 

 

 

 

人は自分の話を評価してほしくて

話をしているわけではありません。

 

 

 

 

それなのに、相手が何か言ってきたら、

「それはこういうことですよ」と、

 

 

 

できるだけ正しい答えを

提示しなければならないという、

 

 

間違った思い込みにとらわれています。

 

 

 

 

 

 

正しいことを教えてあげれば

感謝されるとさえ思っているのです。

 

 

 

 

 

 

しかし日常会話では、

相手はただ話をきいてもらいたい、

共感してもらいたい、励ましてほしい、

などと思っているだけで、

 

 

 

正しい評価をしてもらいたいなどと、

思っているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

正しさが求められる

ビジネスの場ならともかく、

普段の会話では必要ないのです。

 

 

 

 

 

 

それがたとえ相手に対する

アドバイスであったとしても、

残念ながら、

余計なお世話でしかありません。

 

 

 

 

 

 

もし「自分は優れているから

アドバイスしてあげる」

ということを伝えたいのであれば、

有効な方法かもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

ただ純粋に相手の役に立ちたいと

思っているのなら、

 

 

 

思うような感謝も得られず、

逆に今度は腹立たしく

思うだけになります。

 

 

 

 

 

 

そしてそれも結局は「おごり」である

ということにも気づいてください。

 

 

 

そこで優劣をつけることは、

何の得にもならないのです。

 

 

 

 

 

 

相手の意見が正しく、

反論の余地のないものであればあるほど、

 

 

 

人は不快になるということを前提に、

話し方に配慮しなければならないのです。

 

 

 

 

 

 

それが好かれる人の話し方であり、

聞き上手でいられるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちのいい会話のできる人のもとへは、

当然、人が集まってきます。

 

 

 

人が集まれば、

そこにはビジネスのチャンスも

あるということです。

 

 

 

 

 

 

これからの時代は、

そんな『コミュニティ』を持てる人が、

豊かになれるのです。

 

 

 

 

 

 

「えっ?コミュニティ!?」と、

ビビったあなたはどうぞこちらをご覧ください。

 

 

 

こんな方法でも稼げるのです!!

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: