オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【終末残存効果】で人の印象を操る

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.614 】

 

 

 

 

 

 

 

上司に難しい仕事を任されたとき、

 

 

 

「失敗する可能性が高いですが、頑張ります」

と答えるのと、

 

 

「頑張りますけど、失敗する可能性が高いです」

と答えるのでは、

 

 

 

上司に与える印象がまったく変わってきます。

 

 

 

 

 

 

最後に「頑張ります」と言えば、

積極性や意欲をアピールできますが、

 

 

 

 

「失敗する可能性が高いです」を

後にもってくると、

 

 

 

最初からやる気がないように

思われてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

人には最後に見聞きしたものが

強く印象に残る、【終末残存効果】という

心理現象があり、

 

 

 

意識して使い分けることによって、

相手に与える印象を変えることもできます。

 

 

 

 

 

 

また、人を評する際にも、

「大雑把だけど、いいヤツだよ」と言うのと、

「いいヤツだけど、大雑把だよ」と言えば、

 

 

 

本人を正面きって中傷せずとも、

悪い印象を与える言い方だってできるのです。

 

 

 

 

 

 

意識して終末残存効果を使ってくる人は、

印象操作がうまい人です。

 

 

 

 

人の話を聞くときには、

最後に残った印象だけで判断しない方が、

いいかもしれませんね。

 

 

 

 

表現している内容は同じなのに、

終末残存効果によって、

うまくごまかされているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

デートの最後に、

「楽しかったけど、疲れたね」と言えば、

「楽しかった」は社交辞令だと、

受け取られてしまいます。

 

 

 

 

「疲れたけど、楽しかったね」と言えば、

次も楽しいデートができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ちなみにデート中に男性が、

「疲れているみたいだね」と言葉をかけたら、

それは文字通り女性を気遣っての言葉ですが、

 

 

 

 

女性がそれを口にしたら、

必ずしも相手をいたわっているのではなく、

 

 

 

 

疲れているからそんなつまらない話ばかりなの?

疲れているから大した場所に案内してくれないの?

などと、相手のエスコートに納得がいかず、

 

 

 

 

 

「もうちょっと気合入れて楽しませてくれない?」

との意味が込められた、

 

 

 

気遣いの言葉に見せかけた、

最大限の嫌味であることが多いんですって。

あぁ、怖い!!(笑)

 

 

どうぞお気をつけくださいね。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: