オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

おどし文句を購買意欲につなげるワザ

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.612 】

 

 

 

 

 

 

 

多くの学校で今日で夏休みが終わり、

明日から二学期となるようですが、

 

 

 

あぁ、明日が終業式ならいいのに、

もう一回夏休みが始まるのになぁと、

 

 

 

宿題の山を見ながら

現実逃避したい子供たちも

いるかもしれませんね。

 

 

 

えっ?それはあなたの子供時代だろって?

いえいえ、私は宿題をサッサとすませ、

二学期が待ち遠しくて(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間にはもともと危険から逃れたい、

不安な状態をなるべく避けたい、

という本能が備わっています。

 

 

 

 

ですから相手が不安がるような

情報を提供することで、

 

 

購買行動を促すという方法があります。

 

 

 

 

 

 

「お宅の○○は大丈夫ですか?

だったら△△しませんか?」などと、

 

 

 

誰もが漠然と抱いている不安につけ込む

セールスの常套句で、

 

 

 

具体的な不安や恐怖感をあおられると、

それを避けようとする行動をとってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そのいわゆる「おどし文句」を、

強く受ければ受けるほど、

人は説得されやすいかといえば、

 

 

 

そこにはさじ加減が必要で、

実は弱いおどしほど人は説得に応じる、

という実験結果が出ています。

 

 

 

 

 

 

つまり、強すぎるおどしは、

 

 

「本当なのか?」

「だまされているんじゃないか?」

 

 

などと疑いを持ってしまうため、

説得されにくくなるのです。

 

 

 

 

 

 

自分がなんとなく

不安や心配に思っていることを、

 

 

突いてくる広告やセールス文句は、

私たちの生活の中にあふれています。

 

 

 

 

 

だから、

まったく買うつもりはなかったのに、

ついメールを開いてしまった、

セールスページをクリックしてしまった、

 

 

 

などという行動も、軽いおどしに対する

心理を巧みに利用された結果でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

なんとなく不安に思っていることを、

購買意欲につなげるワザは、

 

 

 

メルマガでいえば、

ターゲットを絞れば絞るほど

ピンポイントで刺さります。

 

 

 

 

「これは自分のことだ!」

そう感じさせて、

 

 

 

解決策を提示してあげられれば、

あなたは感謝され、

信頼関係をも築けるのです。

 

 

 

 

 

くれぐれも、おどしはほどほどに、

お試しくださいね。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: