オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

時にはマイナス思考でありのままに

読了までの目安時間:約 8分

 

【 加南本舗 Vol.611 】

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな休暇をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『じっとしている』お話を……

 

 

 

 

>> 最悪の事態を想定して物事を始めてみる <<

 

 

 

 

 

 

物事に取り組むとき、

 

 

よい方へ期待して取り組むのと、

悪い方を予想して取り組む場合があります。

 

 

 

 

 

 

ありがちなパターンなのが、

 

 

よい方へと考え、何か障害が出てくると、

悪い方へと考えるようになることです。

 

 

これは一番悪いやり方です。

 

 

 

 

 

 

成功者の考え方は、

何かに取り組む際には最善を期待し、

 

 

 

途中で何か問題が発生しても、

最善の結果を期待する態度を変えず、

徹底的にプラス思考でいきます。

 

 

 

少々のことでもへこたれない

プラス思考でよい結果を得るのです。

 

 

 

 

 

 

しかし性格上、

そういうことができない人もいます。

 

 

 

 

人間の性格というものは、

子供の頃からの育ち方と経験から

形成されるため、

 

 

なかなか変えることができません。

 

 

 

 

 

 

しかし考えの方は変えられます。

無理にプラスの思考をせずとも、

 

 

 

ありのままの自分で、

最悪を予想して行動してみるのです。

 

 

 

 

 

 

実際には最悪の結果に陥ることなど

めったにないことに気づかされます。

 

 

 

そんなときは、

「考えたよりもうまくいった」と、

いい気分にさえなれます。

 

 

 

 

そしてもし、

その通りの結果になったとしても、

予想が的中しただけのことなのです。

 

 

 

 

 

 

「なぁんだ」と思えるほど、

あっけなくて簡単な考え方です。

 

 

 

しかし、実際にその最悪な結果に

自分がいたとしたら、

苦しいことは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

そんなときに考えたいのが、

どんな苦境もいずれは去るということです。

 

 

 

 

人生には耐え忍ぶ時期が必ずあります。

懸命に努力しても、

結果が思わしくないようなときは、

 

 

 

ヘタにあがかずじっとしていることも、

時には必要です。

 

 

 

 

 

 

溺れたとき、

やみくもに暴れると水を飲み、

体力を使い果たしてしまいますが、

 

 

 

じっとしていれば、自然の浮力が働いて

助かる確率はグンと上がります。

 

 

 

 

 

 

『沈黙は金』というように、

何か言いたくとも「沈黙」で応じることが、

有効な場合があります。

 

 

これは言葉の上でじっとしていることです。

 

 

 

 

じっとしていることには

多くの効用が見られますが、

これは「休む」ことではありません。

 

 

 

 

 

いくらじっとしていても、

体の機能はすべて働いています。

 

 

 

心臓は全身に血液を供給し、

細胞もそれぞれの役目を果たしています。

 

 

 

エネルギーを入れない状態をつくれば、

いつもと同じようでどこか違うといった、

 

 

 

この非日常的状態が、

体の本来の機能をよび覚ますのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆境に陥ったらあたふたせず、

『じっとしている』ことも考えてみましょう。

 

 

そこからさらに飛躍できるチャンスがあります。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: