オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

作業に具体的な道筋を見つける方法

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.609】

 

 

 

 

 

 

 

仕事を片付けていくには、

できるだけ細かく分解するのが、

能率よく終わらせていくコツです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、10枚の汚れたお皿を洗うのに、

かかる時間はだいたい見当がつきますが、

 

 

 

 

これが3万枚の汚れたお皿になったら、

計算ができなくなるのではないでしょうか。

 

 

 

 

丸一日かければ楽勝だと思ったのに、

全然足りない!

ということになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

大ざっぱにやっていると、

時間の読みがどんどん外れていきます。

 

 

 

 

時間の読みが外れると、

仕事が全部押せ押せの状態になり、

 

 

 

その終わらなかった仕事は次の日に送られ、

そのために次の日の仕事のいくつがが、

また次の日へと送られていきます。

 

 

 

 

 

 

こうした事態を避けるためにも、

小分けが必要なのです。

 

 

 

また小分けにすることで、

気分的にもずいぶんラクになります。

 

 

 

 

 

 

読まなければならない資料があった場合、

 

 

読書家の人なら200ページ程度なら

楽勝かもしれません。

 

 

 

 

しかし、それが2000ページもの難解な

専門書だったらどうでしょうか。

想像しただけでうんざりするのでは?

 

 

 

 

そんなゲップが出そうな

うんざり感いっぱいで取り組むから、

当然ページはなかなか進みません。

 

 

 

 

なかなか進まないから余計にうんざりする。

この繰り返しで、いつまで経っても

内容が頭に入ってこないのです。

 

 

 

 

 

 

こんなときは、2000ページの本、

として考えるのではなく、

 

 

 

100ページずつの小冊子を20冊

読むのだと考えて、

分けてしまう方がいいのです。

 

 

 

 

 

 

小分けにして数値にして考えることで、

具体的な道筋が見え一気にラクになります。

 

 

 

 

そして一冊ごとに日付を振って読んでいけば、

確実に2000ページを読破できるでしょう。

 

 

 

 

 

 

小分けにして数値に落とすことは、

一見面倒なことのようですが、

 

 

 

その一手間を加えたことで、

目の前の作業が一気にラクになる

とっておきの方法なのです。

 

 

 

ぜひ、小分けの数値にして考える方法、

お試しください。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: