オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

お客を誘導する【Z】の動き

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.592】

夏休み、

ただ普通に休んでいたのでは

何も変わらない。

 

 

 

 

そうは思ってみたものの、

日頃、作業に没頭できるのも、

家族や恋人の理解あってのこと。

 

 

 

 

そう思うと、

一日くらい一緒に過ごす時間も

あってもいいかもしれない・・・

 

 

 

そういう優しさ、いいですね!

 

 

 

 

 

 

だったらその遊びの中に、

勉強になることを見つけてみましょう。

 

 

 

 

視点を少し経営者寄りにする、

脱・消費者となるのです。

 

 

 

 

 

 

たとえばちょっと豪華な食事を、

恋人や家族へのサービスに

考えたとき、

 

 

 

 

レストランのメニューに並んだ

たくさんの料理。

 

 

 

 

選んでいくのは楽しいですが、

これは決して適当に並べられて

いるわけではないのです。

 

 

 

 

 

 

ブック型なら左上。

ペラ一枚なら一番上の部分。

 

 

 

 

そこに店側がもっとも食べてほしい

料理が載せてあるのです。

 

 

 

 

 

 

またメニューを目で追う際は、

 

 

横書きの場合、左上から右上、

右上から左下、そして左下から右下へ、

 

 

アルファベット【Z】の動きをすることが多く、

 

 

 

この動きの要所要所に、

目立たせたいメニューを並べて、

お客の目を誘導しているのです。

 

 

 

 

 

 

これは私たちがブログを作る際にも

役立つ訪問者の目の動きです。

 

 

 

 

 

 

メニュー表は売りたいメニューへと導く

案内役を担っているのです。

 

 

 

これを店側の巧妙なテクニックと思うか、

「オススメ・メニュー」なのだから、

素直にトリックに引っかかった方が

おトクなのか、

 

 

 

さて、あなたはどちらでしょう。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. 五平太 より:

    加南さん

    こんばんは、五平太です^^

    ん~。
    いか~ん!!

    加南さんの
    この記事を読んでいて
    思ったことです^^

    Zの法則。

    ありますよね。

    頭の中に
    入っていたはずなのに

    頭の引き出しに
    カギがかかっていました。

    加南さん

    ありがとうございます。

    加南さんの
    この記事を読まれている
    みなさ~ん!!

    加南さんの
    この記事の内容は
    とっても、重要かつ実践に役に立つ
    内容ですから、

    メモメモですよ^^

    素敵な気づきを
    ありがとうございます^^

    応援しながら帰ります。

  2. 加南 より:

    五平太さん、

    コメントありがとうございます。

    視線の動きには
    ZとFの法則がありますよね。

    初歩的なことですが、
    誰かが時々、
    話題にしてくれたら、
    忘れなくていいかなと思います。

    頭の引き出しに
    カギがかかっていたとは、
    いい表現ですね!

    もちろん、カギは開いてなくては
    ならないですけどね♪

    応援、ありがとうございました。

    加南

  3. spoon より:

    加南さん、はじめまして。
    ランキングから来ました。

    メニューがZを意識して作られているのは、初めて知りました。
    次回からは、ブログやメニューを見るのが楽しみです。

    遊びの中に勉強を見つけるっていいですね。
    勉強になりました。

    また楽しみにしています。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: