オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

愛される人は自分を笑いのネタにできる人

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.551】

 

 

 

 

 

相手に何かを伝えたいとき、

「いかに正確に話すか」よりも、

 

 

まず相手を「聞いてくれる」状態

するのが先決です。

 

 

 

 

 

それは自分の話を「聞かせよう」

というのではなく、

 

 

相手が喜んで「聞きたい」

と思わせることで、

 

 

 

 

 

どうすれば相手が自分の話に、

耳を傾けてくれるかということを、

考えなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

そんなとき、自慢話はNGです。

人はみな、自分の能力や成果を

アピールしたいものですが、

 

 

聞いていて楽しくないのは、

誰も同じですよね。

 

 

 

 

 

 

そのことからもわかるように、

話したいことは往々にして、

聞きたくないことなのです。

 

 

 

 

 

 

ということは、話したくないこと、

苦労話や、ことに失敗談などは、

聞いていて楽しいのです。

 

 

 

しかもそれを明るく乗り越えている

話を聞くと、

 

 

「あの人もそうなのか」と安心できますし、

「自分の方がまだマシだ」「自分も頑張ろう」

 

 

と親近感や前向きな勇気を、

持つことができるのです。

 

 

 

 

 

 

聞いている人がどこで自分に、

親近感や優越感を持ってもらえるように、

話すことを意識すれば、

 

 

相手の自分に対する警戒心がほどけ、

ご縁はより深くつながっていきます。

 

 

 

 

 

 

失敗談は人付き合いの潤滑油。

日頃から自分の失敗談のリストなどを、

用意しておくのもひとつの手ですね。

 

 

 

 

 

 

あ~、ありすぎて、気が滅入る!

私の場合はそうです。

 

 

気取ってメルマガ配信していますが、

かなり、やっちゃってます。

今度、ぜひ聞いてくださいね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. マサキ より:

    加南さん

    おはようございます。
    マサキです。

    読んでいて、何度も「確かにそう」って思いました。

    自慢話ばかりは聞いていても面白くないですね。

    失敗談や苦労話を明るく話というのもわかります!

    昔、僕は隠そうとしてました。
    話しても、暗い話になったり。

    ある社長さんと知り合い、
    その人は笑い話にしてました。

    「1回、会社潰しちゃってね〜」って、その人は再起し一等地に自社ビルを建ててます。

    このような人になろうと、
    会ってすぐに感じましたね。

    失敗リストは、僕もたくさんできます(汗)

    いいアイディアですね。
    すぐに出てくるように、
    リスト化しとこうかな。

    応援済みです。

    また、お伺い致します。

  2. ハル より:

    こんにちは。ハルと申します。

    確かに自慢話なんかは聞いていても
    つまらないですよね。
    失敗談を笑って話せる人は本当に
    すごいと思います。
    そういうことを隠さずに話せる人の
    所に人は集まるんですよね。

    人との会話で、一番最初に
    最近とても楽しかったことや、うまく
    いったことを相手に話させると
    自分のことがとてもいい印象で
    相手に記憶されるそうですよ。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: