オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

近寄りたくないから、近寄りたくない

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.550】

 

 

 

 

 

 

 

好きな人、嫌いな人、

生きていればいろいろな人と

出会うわけですが、

 

 

 

なかでも上司や同僚に好感が持てない、

となると、毎日の生活も

 

 

相当窮屈な思いをしなくては

なりません。

 

 

 

 

このままでいくと、ずっと平行線で、

親しくつきあうようになる可能性はない。

 

 

 

相手か自分が配置替えになるのを、

心密かに待つだけ・・・

 

 

 

 

これでは一度しかない人生、

時間がもったいないし、

 

 

 

一日のうちで一番多くの時間を

費やしているのに、

ぜんぜん楽しくありませんよね。

 

 

 

 

 

 

自分が「近寄りたくない」と思っているから、

相手も同じように、「近寄りたくない」と

思っているのです。

 

 

 

 

こんな場合、

自分から近寄っていくのは、

自分が折れて相手に従うことになる。

 

 

 

そう思いがちですが、

そんな意地を張っていたのでは、

自ら世間を狭くしているだけです。

 

 

 

 

そしてお互いの気持ちの間にある壁を、

自分から取り除く努力をしてみましょう。

 

 

 

 

そのためには積極的な働きかけが

必要となってきますが、

まずは、挨拶の励行です。

 

 

 

 

相手がきちんとした反応を示さずとも、

ねばり強く繰り返します。

 

 

 

 

 

 

どんなに心を閉ざしている相手でも、

「挨拶をするな」とは言えません。

 

 

 

そしてそのうちに徐々ではありますが、

挨拶を返してくれるようになるはずです。

 

 

 

お互いに相手の目を見て

挨拶ができるようになれば、

心が通いあった証拠です。

 

 

 

 

挨拶から始めるのは、

徐々に親しくなる方策のひとつです。

 

 

 

また、もっと手っ取り早い方法は、

相手に相談を持ちかけることです。

 

 

 

 

相談する内容はあまりにも深刻な話だと、

相談に乗ってもらえないかもしれませんので、

できるだけ簡単な内容のものにします。

 

 

 

 

 

相談するというのは、

相手が判断力に優れている点を認め、

全幅の信頼を寄せていることの表明です。

 

 

 

特に個人的な内容の相談の場合は、

打ち明け話にもなるので信頼度は高く、

 

 

 

信頼されれば誰でもそれに応えようとする、

そのようにして二人の距離は

縮まっていくのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ナミ より:

    加南さん

    ナミです^^こんばんは!

    記事めちゃくちゃ共感しました!

    挨拶と相談、

    僕も今まで仕事出会わない相手に
    よく使っていたからです。

    加南さんのおっしゃる通り

    自分が先に折れることに
    最初は抵抗がありましたが

    今では

    「しょうがない、折れてあげるか^^;」

    と思うようにしています。

    ずっと嫌な気持ちでいたり
    いつまでも楽しくない時間を
    過ごすよりは

    先に折れてあげる!

    という心構えで
    いるようにしています^^!

    応援完了!

    またご訪問させてくださいね^^

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: