オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

万能「ほめ言葉」悪口・陰口対策

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.538】

 

 

 

 

 

 

ビジネスをする際の妨げになるものに、

悪口や陰口などを言う人への対応があります。

 

 

 

自分自身に対して攻撃されるのなら

かわしようもあるのですが、

 

 

第三者のことを悪く言うことで、

巻き込もうとするケースは少々厄介です。

 

 

 

 

 

 

相手のご機嫌をとるつもりで、

一緒になって悪口を言ったところで、

同調することに何の意味もありません。

 

 

 

しかもその悪口が周囲に発覚した際には、

共犯となってしまいます。

 

 

 

 

 

 

そんな場合のベストな反応は、

 

 

「本当に人のことをよく見てますね。

見ているところが違うから、

人の気づかないようなところも、

気づかれるのでしょうね」などと、

 

 

 

『視点を変えてほめる』ということです。

 

 

 

 

いつも悪口を言ってるということは、

観察力があるということです。

 

 

陰口が多いのは、感受性の強さゆえ。

そう思って接すれば、

 

 

 

 

ほめられるという予測していなかった

突拍子もない反応によって、

相手の怒りのペースが狂ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

また、荒ワザ的な対処法として、

やや微笑んで「無反応」というのもあります。

 

 

 

この「沈黙」は時間の経過と共に、

いったい何を考えているのだろう、

という不安となり攻撃の作用すらあるのです。

 

 

 

 

 

 

もちろん、同調も

視点を変えてほめることもせず、

 

 

「そんなことはないと思いますよ」と、

思っていることを伝えることも大事ですが、

 

 

 

 

できる限り相手から恨まれず、

無駄な時間や労力をかけずに、

会話をすませた方がトクです。

 

 

 

 

 

 

そして賢い人ほどそれらを

うまくかわしているものです。

 

 

 

 

そうなると、悪口や陰口言っても

同調してもらえず面白くないからと、

そういう人たちが寄ってこなくなります。

 

 

 

 

 

 

日頃からそういう人たちに絡まれたら

スマートにかわしていくことで、

 

 

 

相手が自然と離れていくよう

仕掛けていきましょう。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. イシザカ より:

    加南さん、こんばんは

    悪口や陰口などを言う人へ視点を変えて褒める技
    とても参考になりました。

    同調を求める相手が気分を害す事なく
    逆に喜んでもらえる

    マイナスの空気をプラスに変えるですね!

    早速、実践したいと思います!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: