オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

人はみな自分の立ち位置が中心

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.534】

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『人より自分』のお話を……

 

 

 

 

 

 

>> 人生の中心である自分という存在 <<

 

 

 

 

 

 

ストレス社会の現代において、

そのストレスにさらされることに、

 

 

すでに「いっぱいいっぱい」という人が、

結構いるようですが、

 

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

 

 

 

 

特に本業をこなしながら、

ネットビジネスを確立していこうと

頑張っていらっしゃったら、

 

 

相当な負荷がかかっているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ストレス過多の人は、真面目でいい人、

応答的な人が多いようです。

 

 

 

完璧主義な姿勢で自分自身を痛めつけたり、

自分勝手な行動を慎み、

できる限り人の気持ちに応えようと、

 

 

いつしか自分を犠牲にしてしまったりも

してしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

そしてそういう人は、自分自身が、

「いっぱいいっぱい」であることに、

薄々気づいているのですが、

 

 

 

そんな自分を休ませてあげたり、

「もういいよ」と、

ゆるめてあげることがありません。

 

 

 

 

 

それでいて、

「誰もわかってくれない」などと、

 

 

被害的に悲観したり、

孤独に陥ったりするのも、

このタイプの人が多いのです。

 

 

 

 

 

 

もちろん、「誰もわかってくれない」と、

悲観的になることは、多かれ少なかれ、

きっと誰にでもあることでしょう。

 

 

 

 

 

だからこそ、自分自身が、

どれだけ頑張ってきたか、

 

 

あるいは辛い思いをしてきたかは、

自分が一番よく知っているのです。

 

 

 

 

だからあなたが、あなたの味方になるのです。

自分のことを『一番大事』にしていいのです。

 

 

 

 

 

 

このような考え方に抵抗がありますか?

 

 

けれどもストレス過多傾向の人は、

『人より自分』と考えるくらいで、

ちょうどいいのです。

 

 

 

 

これは決してワガママや利己的なことに、

直結することではありません。

 

 

 

 

 

人はみな自分の立ち位置が中心で、

そこから人生を歩んでいるわけですから、

 

『自己中心』が本来の姿でもあるわけです。

 

 

 

 

 

 

そうした意味では、

人生の中心である自分という存在の、

一番の味方に自分がならずにいるというのは、

 

 

「甘え」ということになります。

 

 

 

 

自分で自分をほめたり、

味方することがなければ、

 

 

その分、人への期待や要求が、

非意識に強まる元となるからです。

 

 

 

 

 

 

あなたが自分の味方になることは、

あなたが自分自身を愛することです。

それが更なる活力を生むのです。

 

 

 

 

 

今夜、内なる声に耳を澄ませたら、

一番の味方からのエールをおくりながら、

どうぞおやすみになってください。

 

 

 

 

そうしたら、明日はもっと元気で

いられるはずです。

 

 

頑張っていきましょう♪

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: