オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

『運命の出会い』の本当の意味

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.489 】

 

 

 

 

 

春なんですね。

周りでいい感じのカップルが誕生すると、

羨ましくなってしまいます。

 

 

そしてそういう人たちは言うのです。

 

 

 

 

出会った瞬間に「この人こそ、運命の人!」

と思った、と。

 

 

 

はい、はい、わかりますよ。

私も「いつかは自分にも運命の人が現れるはず」

と思っていますから(笑)

 

 

 

 

 

 

その『運命の出会い』とは、

果たして本当にあるものでしょうか。

 

 

 

 

 

 

実は運命の出会いとは、

 

 

心理的にそれを運命の出会いと思うか、

どうかにかかっているのです。

 

 

 

 

 

 

運命の出会いを信じているのは、

女性に多いようなのですが、

それには理由があるんですよ。

 

 

 

 

 

 

今でこそ、

女性の方から愛を告白することも

当たり前のことになりましたが、

 

 

 

長い間、女性は男性からの申し込みを、

ひたすら待ち続ける受身の立場でした。

 

 

 

 

自分で相手を選べない以上、

どんな人と結婚することになるかは、

 

 

まさに運を天に任せて待つしかなかったのです。

 

 

 

 

その結果、結婚を申し込んできた相手を、

「運命の人」だと思う、

あるいは思わざるをえなかったというわけです。

 

 

そのロマンチックな思いが、

今もまだ生きているのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

では、「運命の出会い」は、

ただ待っているしかないかというと、

あながちそうとも言えませんよ。

 

 

 

 

自分の考え方や行動いかんによっては、

運命は変わってくるものなのです。

 

 

 

 

 

偶然を作るのも、

出会った偶然を運命だと考えるのも、

 

すべては自分自身なのです。

 

 

 

だとすれば、

『運命の出会い』とは、自分で作るもの。

待ってばかりでは、

 

 

『運命の人』には会えないのです。

 

 

 

 

ビジネスも然り、

行動あるのみですね。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: