オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

熱い!注目案件!今はコレだ!

【初頭効果】で、ハートを鷲掴み!

読了までの目安時間:約 4分

 

 

メルマガで大事なのは【件名】ですが、

 

メルマガの肝となる【本文】もまた然り、

 

【オープニング】でがっちりと読み手の

 

 

ハートを掴まなくてはなりません。

 

 

 

 

そのためには……

 

あなたにとっておきの効果をお伝えしますね。

 

まず、テレビのCMを例にご説明します。

 

 

 

 

『青空と雪をかぶったアルプスの山々……』

 

 

これだけで私達は、

 

これから紹介される商品が、

 

「爽やかなイメージのものに違いない」

 

という印象を持ってしまいます。

 

 

 

 

広告やチラシに大きな文字で、

 

 

『限定販売』『決算大売出し』といった【アイキャッチ】も、

 

「早く買わなきゃなくなってしまう」という、

 

イメージを私達に作らせてしまうのです。

 

 

こうした受け取る側に【予断を与えてしまう効果】は、

 

さまざまな分野で利用されています。

 

 

 

 

最初に書かれた文章など(第一印象)が

 

残りの要素の解釈に影響をあたえてしまう現象を、

 

心理学では【初頭効果】といいます。

 

 

これを賢く【オープニング】に利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

また余談ですが、

 

恋愛においてもこの【初頭効果】は大きくものをいいます。

 

『第一印象』というものです。

 

 

 

ぱっと見た時の相手のルックスがステキだから、

 

あの芸能人に似ているから、

 

 

「きっとマナーも性格も素晴らしい人に違いない……」

 

 

 

と思い込むのは【初頭効果】以外のなにものでもありません。

 

ふふっ、あなたにも心当たりがおありなのでは?

 

 

心理テクニック    コメント:0

注意は【人間的な進歩】を見守る

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.377 】

 

 

 

 

新しい年を迎え、気持ちよく過ごしたい、

 

そう思っても、「これってどうよ!?」

 

ルールやマナー違反を見つけたとき、

 

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

 

 

こんなとき、「注意」しすぎると、

 

もっと違反者が増える。

 

たいていの「注意」は、皮肉なことに『逆効果』なのです。

 

 

 

 

 

 

米国で15の役所、1万3000人を対象に、

 

「注意」の匿名調査をしたところ、

 

 

他人を「注意」することで、

 

効果が上がったと答えたのは、わずか31パーセント。

 

残りの69パーセントの人は「No!」と答えたのです。

 

 

 

このように、人を「注意」したところで、

 

ほとんど効果がない、「注意」はとても難しいのです。

 

 

 

もちろん、「注意」が悪いのではありません。

 

 

 

 

 

たとえば、手を洗っているときに、

 

「水を出しすぎだぞ」と言われれば、

 

もっと蛇口をひねりたくなるのが人間です。

 

 

 

だから洗面所でそういう部下などを見かけたら、

 

「他の人がいる時にはチョロチョロと。

 

周囲に人がいなければ、気分良くじゃんじゃん出すんだよ」

 

と教えてあげるのです。

 

 

 

 

 

こういう「注意」をすれば、相手も笑いながら了解、

 

「なるほど、そうやるんですね」と納得してくれれば、

 

こちらの思うツボなのです。

 

 

 

 

 

部下や後輩に「注意」をするときには、

 

あまり上からものを言うのではなく、

 

ましてや道徳めいた説教などは避けて、

 

「今のやり方だと、キミ自身にマイナスがあるかもしれないよ」

 

と教えてあげるのがポイントなのです。

 

 

 

 

 

せめて人前では気をつけなさい。

 

だけど一人っきりのときは好きなようにやっていいんだよ。

 

 

 

こう教えてあげるだけで、前出の例えで言えば、

 

周囲に人がいるときには水をあまり出さないよう

 

心がけるようになり、そうなればたいていの場合、

 

自分一人の状況でも水をあまり出さなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

周囲に人がいなくとも、

 

【周囲の目】があるように思えるようになれば、

 

傍若無人なふるまいはできなくなるのです。

 

 

 

 

そういう【人間的な進歩】を、

 

温かく見守ってあげるのがコツなのです。

 

 

 

 

 

 

他人を「注意」するのは難しいものです。

 

「注意」をすれば、あなたが嫌われる可能性が高いので、

 

なるべく小言は避けた方が無難です。

 

 

 

 

誰しも「注意」されるのは嫌です。

 

見守るような気持ち、『こうすると損をしない』と、

 

 【アドバイス形式】で伝えるのなら、

 

相手も受け入れてくれるはずです。

 

 

 

 

「注意」の現場では、「注意」も「注意」が必要ですね!

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

アフィリエイトの主な種類と報酬

読了までの目安時間:約 5分

 

 

メールマガジンを主に仲介とし、

 

売りたい自分の商品がある場合、

 

その商品をいかにして販売するのか?

 

 

また、売りたい自分の商品がない場合は、

 

インターネットを使用する広告システム、

 

『アフィリエイト』を行って、

 

商品を紹介していかに報酬を得るのか?

 

ということになりますが、

 

 

そもそも『アフィリエイト』とは、

 

あなたのメルマガやブログなどで、

 

ある商品を紹介した広告のリンクを貼り、

 

その広告経由でリンク先のサイトで会員登録、

 

もしくは買い物をしていただいた場合、

 

広告費として売上の一部を報酬として得る

 

システムのことです。

 

 

 

 

難しそうに見えますが、簡単に言うと、

 

自分の敷地に看板を立てたり、

 

もしくは人に出す手紙に、

 

「この商品いいですよ」と宣伝したりして、

 

その看板や宣伝を見た人が、

 

その商品を買うと、バックマージンが入る。

 

といった流れのことです。

 

 

 

 

『アフィリエイト』は、他の企業の商品を販売するので、

 

あなた自身は商品の仕入れや在庫管理など、

 

 全くする必要がありません。

 

 

自分で在庫を抱える必要もなく、

 

メルマガやブログなどの媒体で紹介するだけですから、

 

リスクがほとんど無いビジネスと言えます。

 

 

 

 

 

 

『アフィリエイト』と一言でいっても、

 

たくさんの種類のアフィリエイトがあります。

 

 

 

アフィリエイトの報酬の種類

 

 

■表示回数型

 

広告が張られているサイトページを

 

何回表示させたかにより報酬がかわってきます。

 

リンク先に飛ばなくても報酬は発生しますがその分、

 

単価がかなり安くなります。

 

 

報酬(単価)…0.01円/回

 

 

 

■クリック保証型

 

バナーやテキストでリンクを張ってある

 

サイトやメールを訪問した顧客が、

 

リンク先に飛んだ時点で報酬が発生します。

 

 

報酬(単価)…1~50円/クリック

 

 

 

■成果報酬型

 

リンク先で会員登録や商品の購入で報酬が発生します。

 

いくらその企業サイトに誘導したとしても、

 

購入や登録がない限り報酬は発生しません。

 

 

報酬(単価)…50円~1万円以上/件

 

ネットビジネス    コメント:0

その【成功体験】で仕事を片付ける

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.376 】

 

 

 

 

 

仕事始め、新たな気持ちで取り組むことから、

 

去年から引き継いでいる仕事もあって、

 

もはやギュウ、ギュウ。

 

 

 

 

さまざまな仕事を抱えてらっしゃるあなたは、

 

それらの片付けの優先順位を

 

どうお考えでしょうか。

 

 

 

 

とにかく、入ってきたものから、片っ端から終わらせる?

 

 

 

この方法も悪くはありませんよね。

 

本当にどんどん片付いて、いつもスッキリならば。

 

 

 

 

 

 

しかし、どこか詰まっていて、

 

団子になりかけているときにまで、

 

「最初に頼まれた仕事からきちんと片付けなくては」

 

と思うのはナンセンスです。

 

 

 

 

一番最後に頼まれた仕事からやってもいいのです。

 

 

 

仕事が団子になってあなたを苦しめているような場合、

 

最初の方に何かやっかいなものがあるために、

 

詰まっているのです。

 

 

 

 

 

 

渋滞と同じで、詰まり始めがどこかにあるはずです。

 

その詰まり始めだけにこだわって

 

解決しようとしていると、

 

やっかいなだけに時間がかかり、

 

後ろがどんどん詰まってきます。

 

 

 

 

 

それよりもこんなときは

 

後ろの方から片付けていけば、

 

やがて団子状態もスッキリしてきます。

 

 

 

 

 

順番などにこだわらず、

 

最も簡単にできそうなものから片付けて、

 

スカッっとした気分を実感しましょう。

 

 

 

その【成功体験】で気分を盛り上げて、

 

次に片付けられるものを片付ける。

 

 

 

 

これを繰り返していけば、いつの間にか、

 

ほとんどのことは終わっています。

 

 

 

 

 

 

また、最後に頼まれた仕事をすぐさますると、

 

少なくともその仕事に関しては、

 

「すごく早い!」と、デキる人の評価を得られます。

 

 

 

それもまた【成功体験】のひとつです。

 

ほめられたことで気分が持ち上がり、

 

次に片付けるスピードが増すのです。

 

 

 

どうぞお試しください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

入出力を繰り返して成功への直線を引く

読了までの目安時間:約 7分

 

 

 

物事を覚えていくということに関して、

 

ビジネスだけが特殊な訳ではなく、

 

電化製品やゲームであっても、

 

進め方は同じです。

 

 

 

 

◎電化製品やゲームの場合

 

 

■予習

説明書を読む。

■実践

実際に操作してみる 。

■ 確認

説明書通りに操作できているか もう一度確認する。

■ 修正

説明書と違っていたら操作方法を見直し、正確に操作してみる。

■ 再確認

取扱説明書をもう一度見て、合っているか確認する。

 

 

 

 

という流れになりますが、ネットビジネスでも

同じ流れで作業を進めます。

 

 

 

 

◎ネットビジネスの場合

 

 

■ 予習

マニュアルを読む。

■ 実践

実際にブログやメルマガを作ってみる。

■ 確認

テキスト通りにできているのかもう一度確認する。

■ 修正

違っている部分があれば修正を加える。

■ 再確認

もう一度テキストを見て合っているか確認する。

 

 

 

 

 

 

よほど特異な人でなければ、

 

人の記憶・学習というものは、

 

文字を見るだけや耳で聞くだけでは、

 

脳は忘れてしまうようにできています。

 

 

 

 

 

【予習】【実践】【確認】【修正】【再確認】

 

の流れによって作業を進め、場合によっては

 

【修正】【再確認】を繰り返します。

 

 

 

 

この5段階の作業は、

 

【脳への入力】【脳からの出力】

 

繰り返しとなっているのです。

 

 

【予習】(入力)

【実践】(出力)

【確認】(入力)

【修正】(出力)

【再確認】(入力)

 

 

 

この入力・出力を繰り返す作業は、

 

あなたが意識しなくても、日常から行っているものです。

 

 

ただ、初めて行う作業、今までと違ったような場合、

 

適応できていない事が多々あるだけなのです。

 

 

まず学んだことは行動に移しましょう。

 

実際にやってみないと、

 

何のことなのかさっぱりわからない部分も

 

たくさん出てくるはずです。

 

 

 

 

 

まず入力し終えたら、出力してみてください。

 

そして確認し、違うなと思えば、

 

もう一度マニュアルなどに目を通し、

 

あなたの出力したことが本当に合っているのか、

 

確認してみてください。

 

 

 

 

そうすれば、「何か違う」と思っていた原因が、

 

具体的に判明し、即座に修正をかけることができます。

 

そして修正を加えたらもう一度確認をします。

 

 

 

 

 

この最後の【再確認】をおろそかにしがちですが、

 

この時点で間違っていることを確認せずに

 

物事を進めてしまうと、

 

小さなほころびがどんどん大きくなっていき、

 

最後には修正不可能になります。

 

 

修正不可能になっても進むことしかできず、

 

結果、失敗に終わってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

紙の隅から隅に、

 

【現在】という点と【成功】という点を、

 

結ぶ直線を引くととすれば、

 

 

 

最初は目に見えないほどのズレだとしても、

 

直線を10センチ、1メートルと伸ばしていけば、

 

大変なズレになってしまうものです。

 

 

 

そして、そのまま伸ばしていけば、

 

【成功】というゴールから

 

遠く離れたところに伸びていくでしょう。

 

 

 

 

この正しいことへの修正をこまめに行い、

 

正しい運用をしていくよう心がければ

 

直線はまっすぐ【成功】という目標に、

 

伸びていくのです。

 

 

 

ネットビジネス    コメント:0