オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

無料プレゼント

動物の原始的反応【嫌悪の報復性】

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.503 】

 

 

 

 

 

 

アフター5の飲み会に誘ったのに、

断られてしまった。

 

 

 

こんなふうに、もっと親しくなろうと、

何かをもちかけたのに断られてしまったら、

 

 

「自分は嫌われているのかな」と、

内心思ってしまうものですよね。

 

 

 

 

 

そしてそんな人に対して、

人は嫌悪感を感じるものです。

 

 

遠ざかる人を嫌うこの嫌悪感情は、

非常に原始的な感情に基づいています。

 

 

 

 

 

 

人間は、というより、すべての動物は、

 

 

自分の好むもの、自分にプラスになるもの、

自分の欲求を叶えてくれるもの、

快適な気分にさせてくれるものなどに対しては、

 

 

 

それを獲得するために近づこうとします。

動物が素早く獲物に近づくのもそのためです。

 

 

 

 

 

逆に、嫌いなもの、イヤなもの、危険なもの、

怖いもの、気持ちの悪いものなどに対しては、

 

 

 

すべての動物がそこから逃げ出し、

できるだけ早くその場から立ち去ろうとします。

 

 

 

 

 

こういったマイナスの目標から逃避する行動は、

動物の原始的反応であり、本能行動です。

 

 

 

そして私たちの心の中にも、

その原始的傾向は残っているのです。

 

 

 

 

 

このような原始的衝動があるため、

自分を避ける人に対して、

 

 

「きっと嫌われている」と思うわけです。

 

 

 

そして自分のことを嫌っている人に対して、

その人を好きにはなれずに嫌いになるのです。

 

 

 

 

 

 

自分を避けるといえば、身近なところで、

メルマガの解除が思い浮かびませんか?

 

 

 

 

 

とかく読者さんが少ないときは、

解除されただけで落ち込んでしまいます。

 

 

自分の何がいけなかったのだろうと、

悩んでしまって前に進めなくなることも。

 

 

 

 

 

しかし、自分の属性に合わない人を、

引き止めておいても何もならないのです。

 

 

 

 

むしろ読んでくださって、

ちゃんと解除してくださり、

ありがとうございました。

 

 

そういう気持ちを持ちましょう。

あなたの読者さんが、

またひとつ濃くなった証拠ですから。

 

 

 

 

 

 

実生活においては、人を避けるような行動は、

極力しない方がベストです。

 

 

 

理由を説明するより先に、

嫌悪感を相手に与えてしまうからです。

 

 

 

 

いったん嫌悪感をもたれると、

あとは悪い方に悪い方にと、

邪推が働きかねないですから、

 

 

この地雷、くれぐれもご用心を!

 

 

 

メルマガ バックナンバー

『本音』を話してもらえる観察上手

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.502 】

 

 

 

 

 

 

あなたは周りの人が髪型を変えたときや、

普段着ないようなデザインの服を

着て来たときに、

 

 

よく気がつく方ですか?

 

 

 

 

 

 

デキる人というのは、

そういう周りの状況に敏感です。

 

 

 

そして外見だけではありません。

声やしぐさから、その日の気分を、

感じとったりもしています。

 

すべてに敏感で、観察上手なのです。

 

 

 

 

 

 

そういう人は、

相手に興味をもって、観察しています。

 

 

 

髪型、顔色、服装、体型、雰囲気、

話すスピードなどを観察して、

普段の相手を知っているのです。

 

 

 

 

 

 

あなたもぜひ、相手に興味をもって、

観察してみましょう。

 

 

 

そしてもし相手に普段と違っている点があったら、

「あれ?今日は○○だけど、どうしたの?」

と聞いてみるのです。

 

 

 

 

その際、自分の感情は出さずに、

違っている事実だけでいいのです。

 

 

相手の反応がきっと違ってくることでしょう。

 

 

 

 

 

 

また、いろんな人を積極的に

観察してみましょう。

 

 

 

通勤の電車の中や待ち合わせのときに、

人間ウォッチングをしてみるのです。

 

 

 

 

カップルたち、サラリーマン、

子供を連れた人など、

 

 

知らない人でも話さなくても、

いろいろ観察できそうです。

 

 

 

 

 

 

続けていれば『観察上手』になってきます。

 

 

あなたがそうなれば、相手が望んでいること、

求められていることなど、

いろいろなことに気がつきやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

相手の変化に気がついたら、

自分の感情に左右されず、

事実を確認してみましょう。

 

 

 

 

相手に事実を聞いてみることは、

相手との距離を近くすることに役立ちます。

 

 

 

そのうちいつの間にか、

『本音』を話してもらえる観察上手、

聞き上手になっていることでしょう。

 

メルマガ バックナンバー

『自分に訪れる出来事は、すべて必然』で「No」を考える

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.501 】

 

 

 

 

 

 

GWのあった長いお休みも終わり、

本格的に仕事を再開するも、

たっぷり溜まった仕事の上に、頼まれる仕事。

 

 

 

せめて自分の仕事だけだったら、

何とかなるのに、ちょっと、うんざり!

 

 

そんな日々が続いていませんか?

お疲れさまです。

 

 

 

 

特に気持ちが優しい人は、

「断ったら失礼かも」と、

無理をしてしまうことがあるようです。

 

 

 

 

基本的には相手を尊重し、

相手の意見を受け入れることが大切ですが、

 

 

場合によっては断ることも、

選択肢の中に入れることが大切です。

 

 

 

 

しかし、「No」という否定語は、

【最後の切り札】です。

 

 

やたらと「No」を使うと、

あなたの世界を狭め、出会いや可能性を、

つぶすことにもなりかねません。

 

 

 

 

 

 

たとえば人からものを頼まれたときにも、

たとえ面倒に思ったり難しそうに感じても、

 

 

「No」という言葉は、

そんなに簡単に使ってはならないのです。

 

 

 

 

 

 

まず本当に自分にできないことなのか、

考えてみる必要があるのです。

 

 

 

 

頼む側の人は、あなたを見込んで、

指名してきたのかもしれません。

 

 

無理を言って悪いと気を遣い、

負い目を感じているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ですから、

できる限り引き受ける勇気を

もてるようになりましょう。

 

 

 

自信がなければ前もって、

アドバイスをお願いすることを

伝えておいたり、

 

 

実際にやってみて無理そうだったら、

早めに助けを求めればいいのです。

 

 

 

 

 

大切な人からの頼みなら、

普段のお礼の気持ちも込めて、

引き受けてみてください。

 

 

 

 

 

 

『自分に訪れる出来事は、すべて必然』

という考え方があります。

 

 

 

 

あなたが人からお願いされたことは、

すべてに意味があるのです。

 

 

 

 

 

 

困っているときに協力してくれた人に対して、

人は必ず好意をもちます。

 

 

 

 

あなたの将来につながる、

大きなターニングポイントになる

可能性もあるのです。

 

 

 

 

せっかくのご縁です。

もうちょっと頑張ってみましょうか。

 

 

メルマガ バックナンバー

人の幸せに大きくかかわるもの

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.499 】

 

 

 

 

 

 

明日からの新たな一週間の始まりに、

今夜は「豊かな時間と貧しい時間」のお話を……

 

 

 

 

>> 人生におけるミッション <<

 

 

 

 

私たちは時間においては、

「一日24時間、誰しも平等だ」

そう思って安心してしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

しかし実際のところ、時間というのは、

すべての人に平等にあるわけではありません。

 

 

 

なぜなら、豊かな時間と貧しい時間では、

その時間の持つ濃度がまるで違うからです。

 

 

 

 

それは「やりたくてたまらない」

で埋まった24時間と、

 

「やらないといけない」

で埋まった24時間とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

『私は一日たりとも、

労働というものをしたことがない。

何をやっても楽しいから……』

 

 

発明王エジソンの言葉です。

 

 

 

 

 

 

「嫌だな」と思うことを、

人は熱心にやりません。

 

 

そこに必ず楽しみを見出しているのです。

 

 

 

 

 

 

『好きこそ物の上手なれ』

 

 

人はやりたいことをやっているときは、

その能力が最大限に発揮されます。

 

 

 

 

 

 

仕事に限らず、どんなことでも、

義務や責任感でやっているだけでは、

おもしろくありません。

 

 

 

ストレスが溜まって、

いずれはよくない事態が発生します。

 

 

 

 

 

人生で一番肝心なことは「楽しむこと」で、

そのためにはどんなものからも、

楽しさを引き出す術を身に付けることが大切です。

 

 

 

それが人それぞれに与えられた、

人生におけるミッションだと言ってもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

今はまだ、実際にやってみて、

楽しみが感じられなかったとしても、

 

 

それはまだ発見できてないだけなのです。

 

 

 

 

問題は発見の仕方の方にあります。

 

 

「こんな仕事はおもしろくない」

こういう気持ちでやっていたら、

いつまでたっても発見できません。

 

 

 

 

 

 

あなたが豊かな時間の中で過ごせるように、

気が向かないなどと言わずに、

 

 

毎日一定の時間を情熱をもって、

仕事に捧げてみてください。

きっと新しい発見があるはずです。

 

 

 

 

 

 

人生の豊かさとは経済的なものだけでなく、

満たされた時間もセットされていることです。

 

 

 

 

 

仕事に忙殺される毎日であったとしても、

「やらなくてはいけないこと」で忙しいことと、

「やりたいこと」で忙しいのは違います。

 

 

 

この差はとても大きいのです。

そしてこの差こそが、

 

 

人の幸せに大きくかかわるものなのです。

 

 

メルマガ バックナンバー

心の底から好意を生じるベース

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.498 】

 

 

 

 

 

 

昨日、ネットビジネスを通じて知り合った、

県外の友人と話しているときに、

 

 

私が何気なく言った言葉に、

それは何という意味?と尋ねられました。

 

 

 

 

方言を方言と思わず使っていたらしく、

思いっきり気取っていたつもりですが、

田舎者が丸出しだったようです(笑)

 

 

とは言っても、

私はお国訛りの言葉を聞くのが大好きで、

そういう言葉は心がほっとするものです。

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの社会心理学の研究では、

支持政党や宗教、戦争への態度といった、

 

 

『社会的態度』が似ていれば似ているほど、

好意をもつことが証明されています。

 

 

 

 

 

しかし日本では、付き合いの初期に、

いきなり支持政党の話はまずしませんよね。

 

 

 

意見が対立することで嫌悪感が生じないように、

相手に合わすという国民性があり、

 

 

そのため、付き合いの初期では、

社会的態度が同じかどうかはわかりません。

 

 

 

 

 

人というのは態度の類似している人を

好むものですが、私たちの場合、

 

 

アメリカの研究でいうような、

個人にとって重要な価値観や、

信念の類似が問題になるのではなく、

 

 

 

話題にしやすい出身地や出身校が

同じであることや、

 

 

趣味や好きなスポーツなどが、

類似していることの方が、

重要な役割を果たしているようです。

 

 

 

 

 

信念や態度とは対照的に、

生まれ育った土地や出身校が

同じかどうかは実に明確ですし、

 

 

 

態度や信念は時と共に

変わるかもしれませんが、

出身地や出身校は変わることはありません。

 

 

 

 

 

 

その意味で、同一性の安心感は、

態度や信念が同じということの

比ではないのです。

 

 

 

この安心感、安定感こそが、

心の底から好意を生じるベースなのです。

 

 

 

 

年齢も性別も異なり、

しかも初めて会ったとしても、

 

 

同郷であるという意識は、

互いに旧知の親しさを感じさせるものです。

 

 

 

 

 

 

私たちは未知の人に対しては、

とかく不安感や警戒心を抱きがちですが、

 

 

同郷者にはその防衛的感情が生まれないため、

初めから親しく感じられ、

その一体感が好意につながるのです。

 

 

 

 

地方在住というと、ハンデのようなものが

イメージとしてありますが、

 

 

嘆くことなかれ、

こういった有利な手段もあるのです。

 

 

どうぞご活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

私がメルマガを発行して、

初めてお便りをいただいたのも

同郷の方でした。

 

 

私は今も変わらず、田舎から情報発信を

しているのですが、

その方は東京にお住まいでした。

 

 

ひとしきり、語尾に「ちょる」を付けて、

「知っちょる?」なんてメールをしました。

ぶち(すごく)楽しかったのを覚えています。

 

 

メルマガ バックナンバー