オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

無料プレゼント

精神的な成熟度がわかる『言い訳』

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.577】

 

 

 

 

 

 

 

ウソと密接なかかわりを持つものに、

『言い訳』があります。

 

 

 

 

 

 

言い訳とは、自分が犯してしまった

ミス等の原因が自分の責任ではないことを、

主張するための言葉で、

 

 

 

自分の責任を認めたうえで、

他にも理由があることを主張する場合もあります。

 

 

 

 

 

 

本来ウソと言い訳はまったく別のものですが、

言い訳のためにウソをつくこともあり、

 

 

 

ウソなのかウソでないかの判断が、

微妙な場合もあります。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

電車の事故で遅刻してしまった場合、

実際に事故がなければ明らかなウソになりますが、

 

 

 

事故はあったけれども、

急げばギリギリ間に合ったかもしれないのに、

 

 

 

「事故があったのだから仕方ない」と

努力を怠れば、ウソかどうかの判断は、

第三者には難しいところです。

 

 

 

 

 

 

そんな言い訳は言葉自体に「弁解」や「屁理屈」

というイメージがあり、言い訳をすることは、

 

 

「潔くない」と思われがちです。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、言い訳とは、

 

その人の【精神的な成熟度】を表します。

なぜなら幼い子供は言い訳をしません。

 

 

 

 

 

 

欲しいものをねだる場合、

 

 

駄々をこねて、おもちゃ売り場で引っくり返る。

って、そういう子供もあまり見かけませんけど、

はじめはただ「買って!」と連発するだけです。

 

 

 

 

 

 

ところがこれが少し成長してくると、

「みんなが持っているから、買って」となり、

 

 

 

 

それが説得力を持たないとなると、

「買ってくれたら、勉強も頑張るから」

という具合に、いろいろな理由や、

条件をつけてきます。

 

 

 

 

ある意味、子供にとっては、

成長のバロメーターでもあるわけです。

 

 

 

 

 

ときには多少強引であっても論理的に、

自分を正当化する言い訳は、

知的で高度な行動だと言えます。

 

 

 

人間として成熟してくるにしたがって、

いろいろな経験を積み、

言い訳のバリエーションも増えてきます。

 

 

 

 

 

 

また、言い訳を聞かされる側としては、

『言い訳からはその本質が見えてくる』

ということも忘れてはなりません。

 

 

 

 

 

 

ただ「言い訳はするな!」と突き放し、

相手の言い訳や言い分を聞かなければ、

 

 

 

その中に重要な情報が含まれている

ことにも気づけません。

 

 

 

 

そして相手は本当のことを言わなくなります。

これではいい仕事はできなくなります。

 

 

 

言い訳は成熟度を知るためのものであり、

聞かされる方の寛容度も試されるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、遅刻しても怒られなかった

ラッキー♪と思っていたら、

 

 

 

それは、相手の非はわかっていても、

あえて問題にせず黙認しようという、

 

 

 

大人の気配りを、

された結果だけなのかもしれません。

 

 

 

 

もっと大人にならなきゃね!

ということです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

折に触れての『ポジティブ・インテンション』

読了までの目安時間:約 8分

 

【 加南本舗 Vol.576】

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな一日をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『まめさにある好感度の違い』のお話を……

 

 

 

 

 

>> 相手に向けて心を伸ばす <<

 

 

 

 

 

 

『まめまめしい』という言葉があります。

漢字で書くと、「豆々しい」

 

 

では、ありませんよ。

『忠実忠実しい』です。

 

 

 

 

 

 

ですから、

「まめな男はモテる」というのを、

ただ熱心であると勘違いして、

 

 

 

毎日電話をし、

一日に何度もメールを送りつけるのは、

 

 

 

 

その熱心さが一方的な押し付けだけで、

本来の「まめまめしさ」に、

『忠実』がないと言えるのです。

 

 

 

 

 

 

人が誰しも好感を持たれるには、

骨身を惜しまず、

 

 

その人に忠実であることが、

何より必要です。

 

 

 

 

 

 

それはまた、

家族のような近しい関係でも

大切なことです。

 

 

 

 

あまりに身近すぎて、

 

 

 

 

言うべきことを言わない。

 

 

相手に対する関心、

喜ばせようとする意図がない。

 

 

あるいは表現されない。

といったことが起こります。

 

 

 

 

 

 

このような不協和音をつくりがちな

コミュニケーション不足は、

 

 

 

意図、意向といった

ある方向へ心を伸ばす、

 

 

 

『ポジティブ・インテンションがない』

ということです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、相手が体調が悪いと言っても、

いたわるどころか、

 

 

 

自分だって本当は体調が悪いんだと、

体調の悪さを競い合ったり、

 

 

 

体調を崩す方が悪いのだと言わんばかりに、

相手を責めることすらあります。

 

 

 

ここまでひどくなくても、

心の中では責める人は大勢います。

 

 

 

 

 

 

つまり、「自分だって」というのは、

みんな『自分を認めてほしい』からです。

 

 

 

感謝の言葉や賞賛の言葉、

いたわりの言葉によって、

そのことを確認したいのです。

 

 

 

みんな自分にとって忠実でいてほしいのです。

 

 

 

 

 

 

忠実と言葉でいうと何やら

堅苦しい響きがありますが、

 

 

 

私たちが求めていることは、

それほど大それたことでもありません。

 

 

 

 

 

 

自分の話が最後まで関心持って聞かれること、

顔をちゃんと見てもらえることなどと、

 

 

 

 

たいした手間もなくできるような、

簡単なことです。

 

 

 

 

 

 

そしていいところも悪いところも、

全部ひっくるめて「好き」という、

 

 

 

家族ならではの、当たり前の「好き」

それを伝えてあげてください。

 

 

 

 

 

 

「あなたって本当にダメな人、でも好き!」

「何度言ってもわからない子、でも好き!」

「頑固な親父、でも好き!」

「口うるさいお袋、でも好き!」

 

 

 

 

 

 

折に触れて伝えていくだけで、

家族だけでなく、

 

 

 

コミュニケーションのすべてを、

幸福なものにしていってくれるのです。

 

 

 

 

 

 

あなたの忠実忠実しさを、

まず身近な人へ表現してみてはいかがでしょう。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:4

アイデアが泉のように 湧き出す頭を作る この考え方が あなたをデキる人にする ちょっと上をいく『発想力』

読了までの目安時間:約 3分

 

れぽ64

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

☆゚+. タイトル ゚+.

 

 

 

アイデアが泉のように

湧き出す頭を作る

 

この考え方が

あなたをデキる人にする

ちょっと上をいく『発想力』

 

 

 

 

 

☆゚+. 目 次 ゚+.

 

 

 

無料プレゼント

 

感動力とアイデア貯金箱

 

怠け上手と脳内アイデア

 

発明と目のつけどころのアイデア

 

アイデアを生み出すメモ術

 

あなたの発想力テスト

 

 

 

 

 

☆゚+. 概 要 ゚+.

 

 

 

人間の思考力は果てしないですが、

 

それをいつも活用できるとは限りません。

 

ですから、ふとしたときにひらめいたアイデアは、

 

どんなことでも無駄にせず、

 

アイデアを日頃から貯金する

 

『アイデア貯金箱』を作りましょう。

 

その積み重ねがアイデアがポンと浮かぶ

 

『感動力』であり、

 

それがあなたの『発想力』を磨くことでもあるのです。

 

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

【レポート】ビジネススキル    コメント:2

おもてなしの心と右側キープの思惑

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.573】

 

 

 

 

 

 

サービスに「おもてなしの心」を。

 

 

そういった気持ちよくなる待遇を、

受けることがありますよね。

 

 

 

 

そしてそれは帰り際にも、さりげなく。

 

 

飲みに行けばホステスさんが

お見送りをしてくれたり、

 

 

あっ、ドラマとかのシーンです。

 

 

 

 

私の場合だったら、

美容室で髪をカットした後に、

ドアを開けてお見送りをしてもらったり、

 

 

 

ブティックで洋服を買った時なども、

店員さんがお店の出口で、

 

 

「ありがとうございました」と、

お見送りしてくれます。

 

 

 

ただ、ちょっと恥ずかしいので、

一緒に出口までついてくる店員さんに、

 

 

「もうここで結構です」なんて、

やんわり断ったりもします。

 

 

 

とくに1000円台のTシャツ一枚

だったときなんか、申し訳なくて。

 

 

 

でも確実に、

「また行こう」とは思いますよね。

 

 

 

 

 

 

また、車やモデルルームなどの展示場で、

商品の説明などを受けているとき、

 

 

 

セールスマンが常に自分の

『右側』に位置して説明している、

 

 

という場面に遭遇したことはありませんか?

 

 

 

 

 

 

だとしたらその人は、

ベテランセールスマンかもしれません。

 

 

 

 

 

 

何故なら、それは偶然ではなく、

 

 

 

客の心をつかむため、

あえて『右側』をキープしているからなのです。

 

 

 

 

 

 

人は知らず知らずのうちに、

自分の心臓を守ろうとうします。

 

 

 

 

だから、心臓に近い左側から人に近寄られると、

無意識のうちに警戒してしまうのです。

 

 

 

 

 

 

ですから、右側から寄ってこられた場合、

 

 

警戒心がゆるみ、リラックスさせられる

可能性が高いのです。

 

 

 

 

 

 

そうすれば、親近感が生まれ、

信頼できるようになります。

 

 

 

すると勧められる商品そのものも、

よく感じられるようになるのです。

 

 

 

 

 

警戒している状態では、

たとえ商品が気に入っても、

 

 

 

なかなか購入する気になれないのは、

人間の心理です。

 

 

 

 

 

 

つまり、私たちお客は、商品より、

 

 

セールスマンの手口によって、

その気にさせられていることが多いのです。

 

 

 

 

 

 

ナンパするときにも、

右側からアプローチすると、

 

 

成功率はグンと上がるそうですよ。

もしもの時には、お役立てくださいね。

 

 

ガンバ!です(笑)

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【限定品】に出会った自分を幸運だと思う心理

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.572】

 

 

 

 

 

 

夏も本番になってきましたね。

夏休みは、旅行や故郷に帰省など、

 

 

あなたも楽しい計画を、

立てていらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

そんなときのお土産のことで、

ご主人のご実家に帰省する

友人に相談されたのですが、

 

 

 

 

「ご当地キティちゃんなんてどう?」

とアイデアを出したら、

 

 

「ふざけないで!」と、

ソッコー却下されました。

 

 

 

 

キティちゃんは仕事を選びませんので、

わが町下関では、いろんなグッズに、

 

 

フグを頭に被ってくれています。

いいお土産だと思ったのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーの棚に『期間限定』

書かれた商品があったら、

 

 

 

 

人はつい、「何だろう?」と手に取り、

そして格別ほしいものでなくとも、

買ってしまうということがあります。

 

 

 

 

 

 

また、『地域限定』というのも、

この【限定】という言葉に、

買い手は【希少性】を感じて、

 

 

 

「今しか手に入らない」

「ここで買わなければ、もう買えない」などと

焦ってしまい、財布の紐をゆるめてしまいます。

 

 

 

 

 

 

人は【限定】といわれるものに、

特別な価値を見出します。

 

 

 

 

 

 

ですからこの【限定】を

前面に押し出すことで、

 

 

 

その商品に特別な価値があるように、

思わせることができるのです。

 

 

 

 

 

 

また、「残り、あとわずかです」

という呼びかけも同様で、

 

 

 

言外に【限定】を匂わせて、

購買意欲を刺激しているのです。

 

 

 

 

 

 

そしてそういう【限定商品】を

買った人のほとんどは、

 

 

 

 

たとえ必要のない商品を買っても、

【限定】に出会った自分を、

幸運だとさえ思って、

 

 

 

「いらないものを買ってしまった」

などと、はっきりと失敗を

意識することがあまりないのです。

 

 

 

 

 

 

旅行にでかけたときに、

やたらお土産を買ってしまうのも、

同じ心理です。

 

 

 

 

旅先の開放感とが相まって、

「ここでしか買えない」

「せっかく来たのだから」と、

 

 

 

自分自身が『地域限定』と、

『期間限定』を設定しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お土産やプレゼントって、

もらうのも嬉しいですが

選ぶときもワクワクしますよね。

 

 

 

んー、私もどこか旅行したくなりました。

その前に、

しっかり稼いでからにします。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:4