オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

無料プレゼント

『サイトアフィリエイトの解』

読了までの目安時間:約 4分

 

 

2015 7

 

 

 

『サイトアフィリエイトの解』

 

 

 

 

 

 

 

サイトアフィリエイトで稼ぎ続けるための
全てが詰め込まれたレポートです。

 

 

 

一時的に稼ぐのではなく、
長期的に稼ぎ続けるための力を身につけることができる

 

 

動画+テキスト形式、
コンテンツ数130本・総再生時間1200分超で構成されています。

 

 

 

 

 

レポートの全体像として、
・サイトアフィリエイト概要
・サイトアフィリエイト準備
・サイト構築・WordPress構築
・コンテンツ作成
・SEO対策
・自動化戦略
・マインドセット
・番外編:情報発信

 

 

まさに、『サイトアフィリエイトの教科書』
そんな言葉がピッタリな無料レポートです。

 

 

 

 
サイトアフィリエイトで稼いでいくためには、
サイトを立ち上げることから始まって、
記事を作成して、SEO対策をしていくことになります。

 

 

 

また、外注やツールを使って自動化していくことで、
さらに報酬を伸ばしていくことにも繋がります。

 

 

 

それから、稼ぎ続けていくためには、
マインドセットも重要です。

 

 

 

 

 

サイトアフィリエイトで月10万円の収入を得るだけでも、
美味しいものを食べたり、旅行でいいホテルに泊まったり、
出来ることの選択肢を増やすことができます。

 

 

もっと収入を大きくことで、
望むのであれば、脱サラすることだって実現できます。

 

 
選択肢を増やして人生をより楽しいものにしていくために、
サイトアフィリエイトはうってつけです。

 

 

 

 

「これからサイトアフィリエイトに取り組みたい」
「サイトアフィリエイトで生活したい」
「現在の収入に満足していない」
「子育てをしながらパソコンで仕事をしたい」
「脱サラをしたい」

 

 

 

などに当てはまるのであれば、
ぜひ、『サイトアフィリエイトの解』を
手にとってみてください。

 

 

 
【正しい方法で学び、実践する】

 

 

メルマガに登録することで、
最初に学ぶべきコンテンツの案内を受け取ることができます。
量が膨大なので、案内に沿って学んでいくのがオススメです。

 

 

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

オススメ無料レポート    コメント:2

【カクテルパーティー効果】をメルマガで真似てみる

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.553】

 

 

 

 

 

 

先日、比較的すいているショッピングセンターの

エスカレーターに通ずる流れの中で、

 

 

そのエスカレーターの目の前で、

急に前の女性が立ち止まり、

 

 

想定外の流れを止める動作に、

思わずぶつかりそうになりました。

 

 

 

 

女性は何やらバッグの中を

ごそごそ探し物をしているみたいでしたが、

 

 

 

立ち止まる場所がとても危険で、

こういう行為は後ろに目がついていない、

 

 

後ろの人の気配を

思いやりで感じられない人だなと思いました。

 

 

 

ちょうどATMで長蛇の列ができているのに、

機械を独り占めしているような人です。

 

 

 

 

 

 

後ろの人に迷惑がかからないように、

背中にも目を持っていたいものですが、

 

 

 

通常、私たちが視覚でとらえることが

できる情報は前方に限られます。

 

 

 

 

 

そして知覚の情報源の中で、

次に重要とされているのが『聴覚』です。

 

 

 

その聴覚は前後左右上下と360度の

情報をとらえることができます。

 

 

 

 

しかもどの方向から聞こえた音なのか、

どの程度離れた音なのかも、

だいたい判断できます。

 

 

 

 

また、空気の振動をとらえることによって

音を感知しているという点では、

 

 

マイクとほとんど同じ構造を

していると言えますが、

 

 

 

マイクが雑音などすべての音を拾うのに対し、

聴覚は聞きたい音だけを、

聞き分けることができるのです。

 

 

 

 

騒々しい場所で会話ができるのも、

この機能のおかげなのです。

 

 

 

このような聴覚の働きを、

【カクテルパーティー効果】と言います。

 

 

 

 

参加者が思い思いの会話をかわしている

カクテルパーティーの席でも、

 

 

話し相手の言葉を鮮明に聞き取ることができる

とうい現象からこの名称がつきました。

 

 

 

 

 

 

その様子はまるで、

メールボックスにいろいろなメールが

届く中から、

 

 

お目当てのメールを、

見つける感じに似ているとは思いませんか?

 

 

 

 

 

私たちがそうやってメールを読む

ひとつの理由には、

 

 

『件名』が大きく関係してきています。

 

 

 

 

メルマガで大切なのはその件名です。

まずメールを開いてもらわないことには、

あなたの話を聞いてはもらえません。

 

 

 

ただの雑音にならないよう、

件名はメルマガの命です。

 

 

しっかりと考えて、開封してもらいましょう。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

人の心を読んで、動かすにはこうしたらいい 実はあの人も使っていた 日常生活でも使える 心理テクニック

読了までの目安時間:約 3分

 

れぽ61

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

☆゚+. タイトル ゚+.

 

 

 

人の心を読んで、
動かすにはこうしたらいい

 

 

実はあの人も使っていた
日常生活でも使える
心理テクニック

 

 

 

 

 

☆゚+. 目 次 ゚+.

 

 

 

無料プレゼント

 

説得のテクニック

 

つい買わせてしまうテクニック

 

初対面で好印象を与えるテクニック

 

ほめ上手になるテクニック

 

クレーム対応のテクニック

 

 

 

 

 

☆゚+. 概 要 ゚+.

 

 

 

世の中にはいつの間にか自分のペースに乗せて

 

相手を思い通りの方向に向かわせるのがとても上手な人がいます。

 

相手を思い通りに動かしていくというのは

 

生まれつきの才能などではありません。

 

相手の心を読んで、思うがままに動かしていたのは、

 

まさしく技術であり、テクニックなのです。

 

心の奥底に隠された人間の本当の姿を探りだすことによって、

 

人の心が読める心理テクニックをぜひ身につけてください。

 

 

 

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

【レポート】心理学系    コメント:0

愛される人は自分を笑いのネタにできる人

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.551】

 

 

 

 

 

相手に何かを伝えたいとき、

「いかに正確に話すか」よりも、

 

 

まず相手を「聞いてくれる」状態

するのが先決です。

 

 

 

 

 

それは自分の話を「聞かせよう」

というのではなく、

 

 

相手が喜んで「聞きたい」

と思わせることで、

 

 

 

 

 

どうすれば相手が自分の話に、

耳を傾けてくれるかということを、

考えなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

そんなとき、自慢話はNGです。

人はみな、自分の能力や成果を

アピールしたいものですが、

 

 

聞いていて楽しくないのは、

誰も同じですよね。

 

 

 

 

 

 

そのことからもわかるように、

話したいことは往々にして、

聞きたくないことなのです。

 

 

 

 

 

 

ということは、話したくないこと、

苦労話や、ことに失敗談などは、

聞いていて楽しいのです。

 

 

 

しかもそれを明るく乗り越えている

話を聞くと、

 

 

「あの人もそうなのか」と安心できますし、

「自分の方がまだマシだ」「自分も頑張ろう」

 

 

と親近感や前向きな勇気を、

持つことができるのです。

 

 

 

 

 

 

聞いている人がどこで自分に、

親近感や優越感を持ってもらえるように、

話すことを意識すれば、

 

 

相手の自分に対する警戒心がほどけ、

ご縁はより深くつながっていきます。

 

 

 

 

 

 

失敗談は人付き合いの潤滑油。

日頃から自分の失敗談のリストなどを、

用意しておくのもひとつの手ですね。

 

 

 

 

 

 

あ~、ありすぎて、気が滅入る!

私の場合はそうです。

 

 

気取ってメルマガ配信していますが、

かなり、やっちゃってます。

今度、ぜひ聞いてくださいね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

近寄りたくないから、近寄りたくない

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.550】

 

 

 

 

 

 

 

好きな人、嫌いな人、

生きていればいろいろな人と

出会うわけですが、

 

 

 

なかでも上司や同僚に好感が持てない、

となると、毎日の生活も

 

 

相当窮屈な思いをしなくては

なりません。

 

 

 

 

このままでいくと、ずっと平行線で、

親しくつきあうようになる可能性はない。

 

 

 

相手か自分が配置替えになるのを、

心密かに待つだけ・・・

 

 

 

 

これでは一度しかない人生、

時間がもったいないし、

 

 

 

一日のうちで一番多くの時間を

費やしているのに、

ぜんぜん楽しくありませんよね。

 

 

 

 

 

 

自分が「近寄りたくない」と思っているから、

相手も同じように、「近寄りたくない」と

思っているのです。

 

 

 

 

こんな場合、

自分から近寄っていくのは、

自分が折れて相手に従うことになる。

 

 

 

そう思いがちですが、

そんな意地を張っていたのでは、

自ら世間を狭くしているだけです。

 

 

 

 

そしてお互いの気持ちの間にある壁を、

自分から取り除く努力をしてみましょう。

 

 

 

 

そのためには積極的な働きかけが

必要となってきますが、

まずは、挨拶の励行です。

 

 

 

 

相手がきちんとした反応を示さずとも、

ねばり強く繰り返します。

 

 

 

 

 

 

どんなに心を閉ざしている相手でも、

「挨拶をするな」とは言えません。

 

 

 

そしてそのうちに徐々ではありますが、

挨拶を返してくれるようになるはずです。

 

 

 

お互いに相手の目を見て

挨拶ができるようになれば、

心が通いあった証拠です。

 

 

 

 

挨拶から始めるのは、

徐々に親しくなる方策のひとつです。

 

 

 

また、もっと手っ取り早い方法は、

相手に相談を持ちかけることです。

 

 

 

 

相談する内容はあまりにも深刻な話だと、

相談に乗ってもらえないかもしれませんので、

できるだけ簡単な内容のものにします。

 

 

 

 

 

相談するというのは、

相手が判断力に優れている点を認め、

全幅の信頼を寄せていることの表明です。

 

 

 

特に個人的な内容の相談の場合は、

打ち明け話にもなるので信頼度は高く、

 

 

 

信頼されれば誰でもそれに応えようとする、

そのようにして二人の距離は

縮まっていくのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1