オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自信につながるプラスの感情を感じる機会を増やす

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1342 】

 

 

 

 

 

 

 

自信とは、自分自身の

可能性を信じる気持ちです。

 

 

 

そして自信がある人は、

自分を許すことが上手です。

 

 

 

何か失敗をしても

「次に生かそう」と考え、

 

 

クヨクヨと落ち込むことも

ありません。

 

 

 

次はきっとうまくやれる

という自信があるから

気にならないのです。

 

 

 

 

一方、自分に自信が

もてない人は、

 

 

たとえ小さな失敗

であろうと自分を責めます。

 

 

 

 

自分を責めることは、

 

自分をいじめている

ことと同じです。

 

 

 

そのとき必要なのは、

失敗しても二度と

繰り返さないように

 

『反省』することだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、反省することは

自分を責めることでは

ありません。

 

 

 

自分を責め続けると、

間違えたりするのは

許されないと思うようになり、

 

 

完璧さを求めるように

なってきます。

 

 

 

それはやがて周りの人へも

求める完璧さとなり、

 

 

他人の欠点を見つけては

攻撃的になって

しまうこともあります。

 

 

 

 

そうならないためには、

「ほどほどでいい」という

考えを持つことが効果的です。

 

 

 

100点満点でなくても、

90点くらいを目指せば、

 

 

「なかなかいい感じ」という

プラスの感情を

感じる機会が増えて、

 

 

心にもプラスのエネルギーを

増やしていくことができます。

 

 

 

それが自信へと

つながるのですが、

 

自信を持つのに根拠はいりません。

 

 

 

ただ『自分なら大丈夫』と

強く信じられたら、

それだけでいいのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0