オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

信頼維持のまま自分の意見を相手に伝える魔法のフレーズ

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1324 】

 

 

 

 

 

 

 

もし、相手が自分の思うように

ふるまい、自分の希望通りに

なってくれれば、

 

 

人生はさぞかし

快適になるだろう・・・

 

 

 

そうは思ってみても、

現実はそうすんなり簡単に

できてはいませんよね。

 

 

 

たいていの場合、

他人を自分の思い通りに

変えようとして

時間を浪費するよりも、

 

 

 

自分の態度を変えた方が

手っ取り早く現実的で、

しかも長続きします。

 

 

 

 

でも、自分だけ変わるのは

何だかしゃくに障るという場合、

 

 

信頼を維持しながら

自分の意見を相手に伝え、

 

 

相手を否定することなく

使える3つの言い回しがあります。

 

 

 

「よくわかります。そこで・・・」

「尊重します。そこで・・・」

「同感です。そこで・・・」

 

 

 

相手の話を「しかし」のような

言葉でさえぎる態度に

出るのではなく、受け入れ、

 

 

さらには自分の望む方向へ

相手を動かすことができるのです。

 

 

 

 

たとえば、あることに関して

「あなたは完全に間違っている!」

と言われ、それと同じ強さで

 

「いいえ、私は間違っていません!」

とやり返したならば、

 

 

そこには争いしかなく、

信頼は保たれないでしょう。

 

 

 

ところが、相手に対し

「あなたのお気持ちは

よくわかります。そこで私の言い分に

お耳を貸していただければ・・・」

 

 

と続けたとしたら

相手の態度も変わっていたでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気づきでしょうが、

決して相手の言うことに

同意する必要はないのです。

 

 

まずは相手の感情に理解を示し、

尊重することが大切なのです。

 

 

 

意見が対立してしまうと

相手の意見を理解しようとも思わず、

 

 

相手の言い分に耳を貸そうとも

しなくなりますが、

 

 

信頼を築くための

3つのフレーズを使えば、

 

 

相手の意見に耳を

傾けられるようにもなります。

 

 

 

自分の意見が

受け入れられたと感じれば、

争いになることはありません。

 

 

意見の衝突が回避できるどころか、

新しい可能性さえ生まれてくるでしょう。

 

 

 

 

相手の意見の中に

理解し、尊重し、同意できる部分を

見つけ出すことをし、

 

 

あなたに争うつもりがなければ、

争いは起こり得ないのです。

 

 

 

 

よほど深刻な問題でない限り、

 

自分の身の回りで発生する問題は

自分の態度を変えるだけで

 

 

解決するということも

忘れないでいたいものです・・・

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2