オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

ビジネスにおいての最強戦略は後ろにある

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1274 】

 

 

 

 

 

 

 

昔、トマトばかりを

食べている頃があって、

 

その頃の私は

スリムでキレイだった(笑)

 

 

 

そんな過去のことを思い出して

トマトを毎日食べようと思ったら、

めっちゃ高いのです。

 

 

だったら、

自分で作ったらどうか・・・?

思いついたのがGWまっただ中、

 

 

さっそく園芸センターで

苗を買ってプランターに植えて、

 

しっかり育てて、やっと1個

収穫することができました♪

 

 

苗やら、土やら、栄養剤(?)

どうみたって、

トマトを買った方が安くつくような・・・

 

 

でも、楽しい♪

 

苗を植え、水や肥料をやり、

一生懸命、育てる・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって何かに似ていますね。

 

 

というか、

世の中にあるすべての基本は

 

 

与えて、与えて、

与えまくることから始まります。

 

 

 

 

ひと組の男女がいて、

 

お互いが与えられることばかりを

期待したらどうでしょうか。

 

たぶん、破局します。

 

 

 

 

多くの人は、まず自分が

受け取ることを考えます。

 

 

しかし、まず与えることから

スタートすれば、

 

物事は実りを持って返ってきます。

 

 

 

 

ビジネスにおいては

これが最強の戦略とされています。

 

 

なぜなら、後ろに、

人は他人から何かをしてもらうと、

 

 

お返しをしなくてはならないという

心理が働く、【返報性の原理】が

もれなくついてくるからです。

 

 

 

目には見えないけれど、

ものすごい威力を発揮します。

 

 

 

試食したばっかりに

買ってしまったというものが、

なんと多いことか(笑)

 

 

 

しかし、そうやってビジネスは

回っていくのです。

 

 

 

 

 

その際も、売ることに関して

ブレーキをかけないことです。

 

 

決して、「売る=悪いこと」

ではありません。

 

 

 

それどころか、

現在の経済社会は

 

 

誰かが何かを売ることから

成り立っています。

 

 

売ることは経済の中心的な

役割を担っているのです。

 

 

 

売るとは『価値の交換』です。

 

 

あなたが与えて、与えて、

与えまくった結果、

 

 

そこに価値が生まれ、

『交換』が成り立つのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

気がついてほしいのに、なかなか伝わらないとき

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1273 】

 

 

 

 

 

 

 

新しい案件が公開された

直後というものは、

 

 

それを案内するセールスレターも

同じようなものばかりが流れます。

 

 

 

それは取り扱う案件には

プロが書いた『紹介文』

というものがあるからです。

 

 

プロが書いているから

確かにいい文章です。

 

 

 

しかし、読み手にそれが必ず

刺さるかと言えば、別問題です。

 

 

 

日々の口調(文体)と

まったく違っていれば、

 

 

オリジナルでなく

コピーであれば

伝わり方に差が出て当然です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの気持ちを伝えたいときの

ちょっとしたテクニックがあります。

 

 

 

気がついてほしいことがあるのに、

相手になかなか伝わらない

ようなときは、

 

 

態度と裏腹な

セリフをぶつけてみるのです。

 

 

 

こうすることで言葉が浮き立って、

本意が強調されることになります。

 

 

 

たとえば、

失敗した部下を叱り飛ばした上司が

 

 

急にしんみりした口調になって、

「この悔しさをバネに頑張れよ」

と言えば、

 

 

部下も上司が自分のためを思って

叱ってくれたのだと気づくでしょう。

 

 

 

敵対的な態度(ツンツン)と

好意的な態度(デレデレ)の

 

 

二つの性質を持つ様子を

『ツンデレ』と言いますが、

 

 

そのギャップが印象に残りやすい

とも言えますよね。

 

 

 

 

 

私もひと言、あなたへ、

 

 

あなたが1円も稼げなくても

ちっとも困りませんし、

私には関係ありません。

 

 

 

でも、なにかのご縁で

こうしてメルマガをお読みいただき

成功を目指しているのですから、

 

 

一緒に頑張りましょう!

それが私の一番の願いです・・・

 

 

これ、営業用じゃないですよ。

本心・・・ホントです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

強制力バツグンの『管理ツール』

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1272 】

 

 

 

 

 

 

 

職場の人間関係、

特に上司との関係って

やっかいですよね。

 

 

 

だからネットビジネスを

成功させてそこから逃げ出す

 

 

というプランも素晴しいのですが、

それまでをどうやり過ごすか・・・

 

 

 

一日のうちで

もっとも長い時間、

 

 

一緒にいる人たちですから

できれば円満にいきたいですよね・・・

 

 

 

そこで、あなたに問題です。

 

 

 

タレントのハゲを

笑いものにしていたら、

 

 

あとで横にいた上司が実はハゲで、

ヅラをかぶっていることを知りました。

 

 

さて、あなたならどうしますか?

 

 

 

A:知らぬふりを続ける。

 

B:あとで、それとなくハゲも恥ではない

というような話をその上司の前でする。

 

C:あくまでもハゲを笑いものにし続ける。

 

 

 

 

 

デキる人になるには、

 

 

素知らぬふりを続け、

へたに言い訳をすべきではないようです。

 

 

しかし、場合によっては、それとなく

 

「実は私の親父はハゲですので、

そのうち私もハゲるでしょう」

 

などとフォローするのもいいようです。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ヘコヘコするだけでは

結局はストレスがたまるばかりです。

 

 

あとでドキッとするような話は

そこそこにして、

 

 

 

ここは上司を『管理ツール』として

利用してしまいましょう。

 

 

 

やり方は、いたって簡単です。

 

上司に対して自分のスケジュールを

積極的に報告するのです。

 

 

 

こうすると上司が

『外部からの強制力』となり、

 

 

やらざるを得ない状況を

作ることができます。

 

 

 

もちろん、

これは私たちの作業にも

応用可能で、

 

 

実際、SNSを利用したり

塾などでは似たような感じで

 

 

作業報告として『今日やること』

などを報告し合ったりしています。

 

 

 

 

苦手だからと

避けているだけでは、

 

 

作業もそして人との関係も

何も向上しません。

 

 

 

ピンチを乗り切る方法も、

きっと何通りもあるはずです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

その大胆さは才能であり、力であり、魔法である。

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1271 】

 

 

 

 

 

 

 

この社会に存在するものは、

すべて誰かの夢から

始まったものです。

 

 

 

すべての発明、すべての技術革新、

そしてすべての医学の進歩など、

すべてにつながっています。

 

 

 

夢見ることは、

ときに欲張りです。

 

 

 

しかし、多くのものを

欲しがるのは間違いであり、

 

 

強欲であると考える人たちは

この世の仕組みがわかっていません。

 

 

 

今よりも多くのものを

欲しがる人がいなかったら

 

世界の大企業はほとんど存在せず、

 

 

 

発明家が自分で使う分しか

製品を作らなかったら、

 

 

私たちは不自由なままの生活を

強いられていたでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれは

あなたの行動にだって

言えることです。

 

 

 

あなたが今まで

望むものを手に入れられたのは、

 

 

それを手に入れられると

信じたからではないでしょうか。

 

 

信じることができたから、

そのために必要な行動を

起こしたのではないでしょうか。

 

 

 

その際、周りに前例がないと

私たちは尻込みを

してしまいがちです。

 

 

 

他人の目を気にするあまり、

行動を起こすことを

ためらってしまうのです。

 

 

 

しかし、

人生を開花させるためには、

 

 

他人の目など気にしないで

とことんやるべきです。

 

 

 

 

 

ゲーテも言っています。

 

 

『あなたにできること、

できると夢見ていることを

何でも始めなさい。

 

その大胆さは才能であり、

力であり、魔法である』

 

と・・・

 

 

 

行動したその先に

待っているのは、

 

 

幸運の女神の微笑みと

成功を収め

勝利した自分の姿なのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3

未来を予測する最善の方法

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1270 】

 

 

 

 

 

 

 

人は日々、成長しています。

 

肉体的には今日、

白髪を見つけたとしても、

 

 

 

毎日、たくさんの経験をして、

そこから学びを得ることで

 

 

少しずつ強くなるという

成長をしているのです。

 

 

 

たとえば、

5年前の自分を思い出してみると、

 

 

なぜあんなことで

夜も眠れないほど

悩んでいたのだろうか・・・

 

と思うことがありませんか?

 

 

 

あんなに苦しかったことなのに

今思えばたいしたことないと思えるのは、

 

その間に自分自身が成長したからです。

 

 

 

それと同じで、今抱えている悩みも

5年後の自分から見たら

 

 

たいしたことない悩みに

変わっている可能性が高いのです。

 

 

 

目の前にあることで頭がいっぱいだと、

それがとんでもなく大きな問題のように

錯覚してしまいます。

 

 

 

しかし、未来から見れば

そんなことはないのです。

 

 

 

今の悩みを、

5年後の自分の力を借りて

小さくしてしまいましょう。

 

 

 

そうすることで

気持ちが軽くなり

解決策も見つかりやすくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうえで、自分は今、

 

どこに向かって進んでいるのかを

考えてみてください。

 

 

 

今のまま進んでいくと5年後、

10年後にはどんな場所に

到達しているのでしょうか・・・

 

 

 

そこはあなたが行きたいと、

望んでいた場所でしょうか・・・

 

 

 

未来を予測する最善の方法は、

 

今起こっていることを

明確に理解することです。

 

 

 

自分が進んでいる方向を見定め、

それが本当に自分の目指している

方向か考えてみるのです。

 

 

 

そしてそうでないとわかれば、

変化を起こすべきです。

 

 

 

その変化こそが、

自分を成長させる力なのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

脳を効率的にコントロール

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1269 】

 

 

 

 

 

 

 

疲れたときに肩を落とし

大きな筋肉の力を抜いてやると、

 

 

「疲れた」というメッセージが

脳に送り続けられ、

 

本当に疲れた気になります。

 

 

 

しかし姿勢をきちんとして

気持ちを奮い立たせて

 

疲れてないと思えば、

 

 

 

内面的イメージも変わり、

 

疲れの感じ方にも

変化が起こるのです。

 

 

 

疲れたことだけ思っていると

疲れたままですが、

 

 

てきぱきする力が

自分にあると口に出し、

 

 

意識面でもその通りに動けば、

体もそうなっていきます。

 

 

 

生理学的な変化が

精神状態をも

変えてしまうのです。

 

 

 

呼吸や姿勢、動き方を変えれば

脳を効率的にコントロール

できるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを目的達成に利用すれば、

 

すでにそうなった

『つもり』になるのも

効果的な方法になります。

 

 

 

目標達成できたとき、

そのものを再現します。

 

 

息の仕方、生理機能から

そういうふうに

『つもり』にすれば、

 

 

自分にもたちまちできるような

気がしてきます。

 

 

 

たったこれだけのことですが、

精神状態に変化が起きるのです。

 

 

 

 

自分にはできないけれど、

できるようになりたいことは

ありませんか?

 

 

 

それをぜひ、思い浮かべてください。

 

そしてもし、

自分がそれをできようになったら

 

 

どんな話し方をして、

どんな息の仕方をするでしょうか?

 

 

 

理想の自分、

理想の生理状態を思い浮かべ

 

 

それに合わせて姿勢を正し、

呼吸を整え、表情を作るという、

 

 

理想的な状態を

一貫して継続することで

 

 

できるわけないと思っていたことも、

 

『まるで』できるような

気がしてくるはずです。

 

 

 

あとはその『つもり』を

行動に移すだけです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

自分の中にある無限の能力にアクセスする

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1268 】

 

 

 

 

 

 

 

やっと週末・・・

 

そんなふうに、

ほっとしていらっしゃる方も

多いくらいに、

 

 

私たちはとても忙しい社会に

暮らしています。

 

 

がむしゃらに走り続け、

その途中にある楽しみや喜びを

忘れていませんか?

 

 

 

充実した実りある人生を送るためには

 

はるか先の未来のために

生きるのではなく、

 

すべての瞬間を楽しみたいものです。

 

 

それこそが私たちに、

ひらめきやや問題解決を

授けてくれる時間になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偉大なる発明家エジソンは

自分のオフィスにこもって、

 

 

『アイデアのために座る』時間を

定期的に設けていたと言われます。

 

 

 

その間、誰も取り次がないようにし、

静かに、ゆうに2時間は

椅子に座っていたというのです。

 

 

 

このように

静かに熟考する時間を持つことで、

 

 

創造性が発揮され、アイデアや

問題解決法が浮かんできます。

 

 

 

心静かに落ち着いていると、

自分の中にある無限の能力に

アクセスすることができるのです。

 

 

エジソンのようにまとまった

時間を取ることは難しくても

 

 

毎日、10分間、静かに座って

目をつぶってみてください。

 

 

 

そして時間が取れそうな休日には

30分でも1時間でも、

アイデアのための時間を確保しましょう。

 

 

 

それが自分のクリエイティブな

能力を引き出すカギになるように、

きっと何かが変わってきます。

 

 

 

心にいいこと、

実践してみませんか!?

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

知らない間に買っている「欲しい」が生まれるメカニズム

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

 

 

業先にョコを持っていくと
営業が功しやすくなるということを
あなたはっていますか?

 

 

 

もし、あなたの売っている商品が、

 

 

宝石、
車、
ブランド品・・・

 

 

などの俗に言う
「贅沢品」や「自分へのご褒美」
であるなら、

 

 

チョコの持つ力は
絶大なものになります。

 

 

 

マイアミ大学とフロリダ大学の
合同研究で、被験者に

 

「チョコを食べるように勧める」
という内容の実験が行われました。

 

 

 

この実験の結果、

 

 

被験者は3つのグループに分かれます。

 

 

1、チョコを1個だけ食べた人
2、チョコを好きなだけ食べた人
3、チョコを全く食べなかった人

 

です。

 

 

 

では、この中で、

 

 

あなたが一番力を入れて
営業すべき人は誰だと思いますか?
少し、考えてみてください。

 



 

答えは、
「1、チョコを1個だけ食べた人」です。

 

 

理由に関して、

 

『脳科学マーケティング100の心理技術』

 

 

では、このように書かれています。

 

 

 

===================================

 

 

実験の結果、
チョコを1個食べた被験者は、

 

 

誘惑に負けなかった被験者に比べ、
高額な商品を
より尊ぶ傾向にあるのがわかった。

 

 

さらに、関連して、面白い発見もある。

 

それは、満足するまで
チョコを食べ続けた人は、

 

 

一定を過ぎると
モノに対する欲求が消えたことだ。

 

 

 

そして、チョコを食べなかった人は、
他の誘惑にも負けないという心構えを
一層強くしたのである。

 

===================================

 

 

 

 

つまり、あなたが営業先やお客さんに
チョコを差し出した時、

 

 

一番、高価なモノを欲しがるのは、

 

チョコを1個だけ食べる人なのです。

 

 

 

この実験結果から、
チョコを出すだけで

 

 

あなたはどのお客さんに多くの
時間や労力を割くべきか分かるのです。

 

 

 

 

残り99個の心理技術はこちらから
確認できます。

 

 

 

あなたが必要としている
テクニックがきっとあるはずです。

 

たとえあなたが1個のチョコを
食べない人だったとしても・・・

 

 

 

 

 

 

『脳科学マーケティング 100の心理技術』

 

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:2

【リフレーミング】で前向き思考で

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1267 】

 

 

 

 

 

 

 

何かに挑戦しようと決意しても、

 

いざ始めようとすると

急に行動力がなくなってしまう

ことってありませんか?

 

 

 

そこには、「挑戦して

うまくいかなかったらどうしよう」

という不安感が関係しています。

 

 

 

そこで、考え方を

【リフレーミング】して、

 

前向きな思考へと変えていきましょう。

 

 

 

このリフレーミングとは、

 

ある枠組み(フレーム)で

とらえられている物事を

枠組みをはずして、

 

違う枠組みで見ることを言います。

 

 

 

同じことを体験していても、

 

人それぞれの価値観という

枠組み(フレーム)で判断するので、

 

 

『災難』と思うか、

『千載一遇のチャンス』と

とらえるかは見る人の見方次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

後者の見方ができれば、

私たちの周りには人生の目標を

 

 

達成するためのチャンスが

ゴロゴロしていることになります。

 

 

 

型にはまった認識パターンから

一歩踏み出せさえすれば、

 

 

視点が変わり、『最悪の事態』が

『最大のチャンス』に変わるのです。

 

 

 

同じ経験であっても、

イメージや認識の仕方で

精神状態や行動が一瞬で変化します。

 

 

 

初めての挑戦にも臆することなく、

『ダメもと』を口ぐせに、

 

 

「とりあえず、やってみようか」

くらいの軽い気持ちで

やってみるのもいいかもしれません。

 

 

 

人は未知の事柄に対して

自分でハードルを高くしてしまいがちです。

 

 

 

実際にやってみれば

案外、たいしたことがなかったり、

 

 

思っていた以上に簡単にできることが

しばしばあるのです。

 

 

 

だから、あなたが今

やろうとしていることも、

きっと、大丈夫です!

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

喜んでくれそうだという想像力を持てる優しさ

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1266 】

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスでの

私たちの仕事には

 

 

価値ある情報を伝える

ということがありますが、

 

 

 

自分にとっては

簡単に手に入る情報が、

 

 

他人にとっては貴重な

役立つ情報になることは

日常生活でもよくあります。

 

 

 

安くて美味しいランチのお店や、

ちょっとした便利グッズなど、

 

 

誰かが欲しい情報を察知して

さりげなく提供してくれる人は

好かれる人です。

 

 

 

 

情報あふれるこの世の中で、

わざわざ調べるのも

面倒なこともあるでしょう。

 

 

 

しかしその手間を惜しまず

 

この情報を教えたら

喜んでくれそうだという、

 

 

想像力を持てる優しさが

その人の魅力になります。

 

 

 

自分の知っていることを

相手に伝える。

 

 

シンプルですが、

相手を喜ばせる

効果のあるやり方です。

 

 

 

知識を持っている人に

近づきたくなるのは、

自然な心理でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相談もまた同じです。

 

人の相談には

どんどん乗りましょう。

 

 

 

自分のことで毎日手一杯なのに

人の相談まで乗っている

余裕がない?

 

 

まだ若くて経験、知識がないので、

とても人様の相談に乗ったり、

励ます力なんてない?

 

 

 

実は、人の相談に乗るのに

年齢、経験、知識など

いらないのです。

 

 

もちろん、

あった方がベターですが、

 

 

もし、自分の大切な人が

悩んでいたら、

 

 

誰だって年齢、経験、

知識とは関係なく相談に乗り、

必死に解決策を探すはずです。

 

 

 

必要なのは、

その人のことを本気で心配し、

 

 

なんとか助けたいと願う

誠実な心だけです。

 

 

 

人の相談に乗ることは

人生において

最高の勉強にもなります。

 

 

 

 

あなたの情報発信が

誰かの役に立ち、

 

 

相談を受け付ける優しさが

誰かの安心につながるような、

 

 

ビジネスでの立ち位置も

忘れないでください。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0