オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

人は自分の考えに抵抗を感じにくい

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1163 】

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちが成果を上げるには、

相手に行動を起こさせる

ということが必要です。

 

 

 

そうすることで

本人がそれを最後までやり遂げる

可能性は高くなります。

 

 

 

深く関わらせれば関わらせるほど、

スタートからゴールまでの

心理的距離は短く感じられるからで、

 

 

目標は単なる考えではなく、

ますます現実に近づくのです。

 

 

 

 

そういった

関わらせる方法のひとつに、

 

 

製品やサービスを

『無料体験』する機会を

提供するということがあります。

 

 

実際に使ってみると

それを使い続けてみたくなるものです。

 

 

 

ディーラーが新車の試乗を

奨励するのは

そういう理由によるものです。

 

 

 

ですから、ディーラーによっては

得意客に新車を2、3日

無料で貸し出すことすらあります。

 

 

 

新車を乗り回したあとで

やっぱり古い車の方がいい、

と思う人はたぶんいないでしょう。

 

 

 

貸出期間が終わるころにはみんな、

近所の人や職場の同僚から

新車をほめられたりしたために

 

 

 

その商品に対して、

完全に関わりを持っている

ことになります。

 

 

 

その関わりは『購入』へと

行動を向かわせていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも無料体験の応用例は

たくさんあります。

 

 

 

CDショップでヘッドフォンを設置して

好みの音楽を無料視聴させたり、

 

 

無料で新築や引っ越しの見積もりを

するというサービスもあります。

 

 

私たちもツールの無料体験版を

使ってみたりしますよね。

 

 

 

 

 

また、多くの企業が

1ヶ月の無料試用を提案しています。

 

 

その結果、1ヶ月を過ぎると

たとえその商品を使っていなくても、

 

 

ほとんどの消費者はそれを手元に

置いておこうとします。

 

 

 

試用期間は『所有権』を体験させる

機会であり、

 

 

ほとんどの人はその『所有権』

を放棄するのを嫌がるのです。

 

 

 

 

 

そしてその無料試用の先は、

『感想文』を書かせることで

関わらせていきます。

 

 

 

「この製品の~というところが

気に入っています」というテーマの

感想文コンテストなどもあります。

 

 

 

特定の製品に対する熱い思いを

文章で表現させることは、

 

 

企業が固定客を作る上で

大変な効果的な方法となります。

 

 

 

たいていの場合、

人は他人の考えより

自分の考えを好む傾向があるのです。

 

 

 

『人は自分の考えに抵抗を感じにくい』

 

という事実を知っておくと、

相手の心をつかむ上で大いに役立ちます。

 

 

 

 

見込み客に製品やサービスを

勧めるときには、

 

 

自分の考えで選んでいると

思わせるようにすることが

カギとなるのです。

 

 

 

自分が選んだものは

誰しも愛着がありますよね・・・

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

自分の生き方を選ぶ自由を失う『人間関係型』

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1162 】

 

 

 

 

 

 

 

人には自分の目標や

やりたいことを大事にする

『目標達成型』と、

 

 

 

自分のことよりも

周りとのバランスを重視する

 

『人間関係型』の人がいる

とされています。

 

 

 

その『人間関係型』タイプの人は

他者からの評価を自己評価に

置き換えるので、

 

 

他人からよい評価が得られなかったり

裏切られたりすると、

過剰にショックを受けてしまいます。

 

 

 

このタイプの人が問題なのは、

自己評価の物差しが

『他人の目』だということです。

 

 

 

 

その背景には、

私たちは成長する過程で

親や学校の先生などから

 

 

「人からどう言われるか、

あるいはどう思われるかを考えなさい」

 

と言われ続けたことにも

原因のひとつであるようです。

 

 

 

その結果、

他人からどう思われるかを

重視するあまり

 

 

自分のための生き方ではなく、

 

他人のための生き方を

追求するようになってしまったのです。

 

 

 

つまり自分がしたいことではなく、

 

他人から期待されていることや

他人の賞賛が得られそうなことを、

優先課題にするようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の意見を優先すればするほど、

 

人は自分の生き方を選ぶ

自由を失います。

 

 

 

自分が本当にしたいことをする

自由が失われるばかりか、

 

 

自由にものを考えることすら

できなくなります。

 

 

そしてさらに悪いことに

自分のことを

他人がどう思っているかを

不当に重視すると、

 

 

自分を他人よりも人間的に

劣っていると思い込んでしまうのです。

 

 

 

他者の意見に振り回されている限り、

しっかりとした

自分の基盤を築くことはできません。

 

 

 

大切なのは

あくまでも自分の評価は、

 

自分の物差しではかるということです。

 

 

 

そのために、

 

「自分は何を伝えたいのか」

「自分はどう思うのか」ということを

 

常に考えておくことも大切です。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

相手の価値基準と自分の価値基準

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1161 】

 

 

 

 

 

 

 

商品をやサービスを勧めても、

受け入れてもらえない悩み

ってありますよね。

 

 

 

一生懸命そのメリットを語り、

一緒にその未来を

見ているつもりなのに、

 

 

 

いつの間にか

自分だけが先にいて、

 

説得するはずの相手は

はるか後ろに置いたまま・・・

 

 

 

そんなとき、

「あの人は頑固だから」

「何を言っても通じない」

 

 

などと、行き詰まりの原因を

相手のせいにして

片付けることは簡単です。

 

 

 

しかしそういう場合にこそ

相手の立場をよく掘り下げて、

 

 

その満たされない

本音の部分を

探り出す必要があるのです。

 

 

 

まずは自分を

相手の立場に置き換えて、

 

 

「もし、自分だったら

この案に同意するだろうか?

なぜ、しないのか・・・」と、

自問自答してみます。

 

 

 

相手の価値基準と、

自分の価値基準は

当然ながら違っています。

 

 

ですから、あくまでも

相手の立場に立って

考えることが必要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は誰もが身の安全と、

他人から認められたいという

願望を抱いています。

 

 

 

誰もが社会的に

認められたいと思っているし、

 

 

同時に自分の人生を

自由にコントロールしたいと

思っています。

 

 

 

相手の根本的な欲求を

満たしてあげることができれば、

 

 

相手の非協力的な姿勢を

限りなく友好的に、

 

180度方向転換させることも

できてしまうのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

他人の行動は理解しづらく、自分もまたされにくい

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1160 】

 

 

 

 

 

 

 

私たちは他人が自分と

ほとんど同じ行動を

とるものだと思いがちです。

 

 

 

そのため

他人が意外な行動をとると、

 

腹を立てたり、

がっかりしてしまいます。

 

 

しかし、かなりよく知っている

人でない限り、

他人の行動は予測できないものです。

 

 

 

自分の行動が周りの環境や

人生経験などの組み合わせによって

形成されるように、

 

 

他人の行動もその人なりの

背景によって形成されるのです。

 

 

 

こんなふうに、人にはひとりひとり

個性があるからこそ、

 

他人の行動は時として理解しづらく、

 

 

裏を返せば自分の行動も、

他人にとっては理解しづらいのです。

 

 

 

ですから、他人を自分の思い通りに

変えようとして

時間を浪費するよりも、

 

 

 

自分の態度を変えたほうが

手っ取り早くて実現的、

ということなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・というのは、

まぁ、よく聞く話であって、

 

 

ちょっとこういう自分でも

いいのではないかなと思います。

もちろん、簡単ではないでしょうが・・・

 

 

 

 

 

それは、18世紀プロシアの

ある将軍のエピソードです。

 

 

 

彼はある失敗から

統治者フレデリック大王の機嫌を

損ねてしまったのです。

 

 

 

あるとき将軍は大王の前で

敬意の念をもって敬礼しました。

 

 

しかし大王は彼を見て、

くるりと背中を向けてしまいます。

 

 

 

そこで将軍はこう言ったのです。

 

「ああ、国王陛下が私に対する怒りを

解いてくださって、非常に嬉しく思います」

 

 

フレデリック大王が思わず、

「なぜそう思うのだ」と聞き返しました。

 

 

 

将軍は胸を張ってこう答えたのです。

 

「なぜならば、国王陛下はこれまで一度も

敵に背中を見せたことがないからです」

 

 

 

そのウイットに富んだ答えに

フレデリック大王はすっかり機嫌を直し、

将軍を再び自分の腹心の部下にしました。

 

 

 

 

何事も自分に都合よく解釈すれば

物事はよい方向へと進んでいく

というたとえのようですが、

 

 

時にはこういう作戦で

人を動かすことが必要ですね。

 

 

 

 

ビジネスで成功するには

何より自分が行動することであって、

 

そして人を行動させることでも

あるのです。

 

 

 

そこには心を自分に向けさせる

ということもあるようです。

 

 

 

 

こっち向いて~!と叫ぶだけでは、

 

きっとあなたは

振り向いてくれないでしょう。

 

 

そんなあなたを振り向かせようと

いろいろ頑張るのもまた、

楽しいものです(かなり強がり)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

自分を変えない限り、ずっと何も変わらない

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1159 】

 

 

 

 

 

 

 

頑張っているのに

なぜ思うような

成果が上がらないのか・・・

 

そう悩む人は多いと思います。

 

 

 

まだ努力が足りないからと

自分を追い詰めるのか、

 

それとももう限界だと

諦めてしまうのか・・・

 

 

ある意味、根性論に

なってしまいそうになります。

 

 

 

 

もちろん、

仕事の成果が出ないのは

本人だけのせいではありません。

 

 

職場の環境や上司の資質も

あるかもしれません。

 

 

ネットビジネスで言えば、

塾の先生の教え方が悪い

のかもしれません。

 

 

 

 

どれだけあなたが頑張っても、

 

自分を取り巻く人や

外部環境は変えられません。

 

 

 

しかし、あなた自身は

自分で変えられます。

 

 

逆に言えば、

『自分を変えない限り、

ずっと何も変わらない』のです。

 

 

 

 

 

 

 

そのための方法が、

『リセット』することです。

 

 

 

そこにまったく別の

発想を打ち出したり、

計画を変更したりすることですが、

 

 

それはすべてを放棄する

ということではありません。

 

 

 

物事をゼロベースで考えたり、

いったん白紙に戻してから

考えたりするということです。

 

 

 

 

今までの経緯に

こだわり続ければ、

物事がうまく進まず

思考が停止してしまいます。

 

 

 

一方、すべて白紙に戻して

優先順位をもとに

プランを立て直したり、

 

別のプランを考えたりするのが

リセットするということです。

 

 

 

 

そしてリセットの発想を

しなければならないのは、

仕事が障害にぶつかったとき

だけではありません。

 

 

 

感情をリセットして

プラス思考へと転換する際にも

その発想を利用します。

 

 

 

 

たとえば、叱られたときにも

「叱られたことに価値がある」

ととらえるのと、

 

 

「どうして叱られなければならないのだ」

と感情面だけでとらえれば、

自分自身の枠を

もっと狭くしてしまいます。

 

 

 

 

目の前の仕事の

目的を見つめ直せば

 

 

悩んでいることが

小さな問題であることに気づき、

 

 

前向きに物事を

考えることができるはずです。

 

 

 

 

 

くよくよ悩んでいるだけでは

いつまでたっても悪い状態から

抜け出すことができません。

 

 

 

目の前の仕事の目的を見つめ直し

リセットして考えることができれば、

 

 

新しい展開に向かって

進むことができます。

 

 

 

 

あなたの頭の中にある

リセットボタンは、

 

 

あなたにしか

押すことができないのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

人生は『自分で決めた値段』

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1158 】

 

 

 

 

 

 

 

友人が初デートの自慢をしました。

 

仕方ないのでどこに行ったのかを

聞いてあげたら、

 

「海峡ゆめタワー」ですって。

 

 

海峡の町、わが下関に1996年、

関門海峡ランドマークとして誕生。

 

 

143メートルのタワーは

「全国のタワー20選」のひとつです。

 

 

んー、恋人同士って、

なんで高いところが好きなんでしょ。

私もはるか昔、行きましたが(笑)

 

 

 

そのタワーといえば、望遠鏡!

 

今はパソコンなどで

簡単にパノラマ風景みたいなのを

見ることができますが、

 

 

 

観光地なんかにあるお金を入れて

見る望遠鏡は楽しいですよね。

 

時間切れで見られなくなるのが

なんだかせつないような(笑)

 

 

 

望遠鏡でのぞいた風景、

遠くの景色も大きく見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは私たちの人生も同じです。

 

ただし、人生をながめる望遠鏡には

それを大きく見せるものと、

小さく見せるものの二種類があります。

 

 

 

あなたは自分の人生をどのような

望遠鏡でながめているでしょうか。

 

 

 

たとえば

何か難しい問題に直面したとき、

 

その問題を解決するための方法を

よく考えることもせずに、

 

 

「そんなこと自分には無理!」などと

簡単に音を上げてしまうのは、

 

 

自分自身が実物大よりも

小さく見える望遠鏡で

自分をながめているからです。

 

 

 

このように自分を過小評価したり、

卑下したりするのは、

 

 

勇気がないから?

 

そもそも、なまけもののせい?

 

それとも、自分を大きく見せることが

恥ずかしいから?

 

あるいは、気取って美学?

 

 

 

自分の人生が2倍にも3倍にも

大きく見える望遠鏡で

自分をながめることはできれば、

 

 

生きることが

2倍も3倍も楽しくなります。

 

 

 

 

 

大きく考えれば、それに見合った

大きな経験をすることに

なるでしょう。

 

 

 

まさに

人生は『自分で決めた値段』

にしかならないのです。

 

 

 

月収20万円でいいと思えば

20万円しか手に入らないし、

 

 

圧倒的な成功を手に入れたい

と思えば手に入れられる・・・

 

 

 

人生に何を求めるべきか、

どう対処するかによって

決まってきます。

 

 

 

人生は自分が求める分しか

与えてはくれません。

 

 

あなたは望遠鏡で、

どんな自分を見るのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

自分の持っている多くの可能性を狭めるものの正体

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1157 】

 

 

 

 

 

 

 

思い込みって、怖いなぁ

って思うことありませんか?

 

 

 

ある心理学の実験で

被験グループ内の一部の人に、

 

「しわ・白髪・老ける」などの

言葉を使わせて、

 

 

『老いている』ということを

刷り込ませた実験がありました。

 

 

 

その後、実験の終了が告げられ、

被験者たちは部屋を出て

エレベータホールへと

向かったのですが、

 

 

実はそこからが本当の実験の

始まりだったのです!

 

 

 

実験内容は、

エレベーターの入口前に

到達するまでの時間の計測です。

 

 

 

『老いている』ということを

刷り込まれた人たちは

そうでない人たちと比べ、

 

 

歩幅が狭く、移動にずっと

時間がかかりました。

 

 

まさに刷り込みが効いて、

お年寄り化していたというわけです。

 

 

 

ヤクザ映画を見たあとで

歩き方が急に

肩で風を切って歩くようになる

カンジでしょうか(笑)

 

 

 

 

測定のあとで調査したところ、

被験者たちは『老い』の

概念を持ったことも、

 

 

 

それに沿った反応を

体がしたことにも気づいて

いませんでした。

 

 

 

 

このように『固定概念』は

知らず知らずのうちに

自分の中に植え付けられます。

 

 

 

それが否定的なことであれば、

自分の判断や行動、肉体にさえも

 

マイナスの影響を

及ぼしてしまうのです。

 

 

 

 

 

まずは自分の中にある

否定的な固定概念を

洗い出してみましょう。

 

 

 

それが自分の持っている

多くの可能性を狭めている

原因になっているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その際も「できないこと」

があったとしても

それを大げさにとらえないで、

 

 

 

「最初からうまくできなくて当たり前」

「今はまだできないけど、コツコツやろう」

 

などと少しずつ積み上げる気持ちを

大切にしましょう。

 

 

 

 

誰にでも得意なことと、

苦手なことがあります。

 

 

苦手なことがある自分を

責める必要はありません。

 

 

 

 

自分を責める代わりに

『できる部分』に目を向けるのです。

 

 

チャレンジする途中で比較するのは

他人ではなく、あくまでも自分なのです。

 

 

 

 

 

昨日できなかったことが

今日、ほんの少しでもできたのなら、

間違いなく自分は成長しているのです。

 

 

それが自分自身を強くし、

できないという思い込みを

自信に変えてくれるのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

あなたをさらに魅力的にするちょっとしたこと

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1156 】

 

 

 

 

 

 

 

ひな祭りも無事(?)終わり、

今月はあと、

ホワイトデーが控えていますね。

 

 

 

平日は仕事で時間が取れず、

もし土日しかデートできなかったら、

 

 

プレゼントを買うのも

今日か明日でしょうか?

人の買い物日程まで気になります(笑)

 

 

 

 

実はプレゼントについて

おもしろい実験結果があるのです。

 

 

 

多くの人は、

大きくて高価なものを

一年に一度もらうよりかは、

 

 

 

小さくても心のこもったものを、

ココ、大事なのですが、

 

「何回ももらう方が」

嬉しいと感じるのです。

 

 

あっ、大事なマークがズレました。

「心のこもったもの」です!

 

 

「えーっ!」なんて言わないでね。

「何回ももらえばトータルは同額か」

なんてゲスな計算もしないでね(笑)

 

 

 

でも、そうじゃないですか?

あんまり高価なプレゼントなんて

もらっても、引いてしまいますよ。

 

 

やっぱり、心のこもった小さなものを

ちょこちょこもらう方が嬉しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、ほめ言葉も同じなんです。

 

 

一年に一回だけ、

ものすごくほめてくれた人と、

 

 

毎日のように、

ちょっとしたことを

ほめてくれる人とでは、

 

 

いつもほめてくれる人の方に

好感を持ちやすいのが

人間なのです。

 

 

 

 

しかし、ほめるって難しそう。

しかも毎日なんて無理!

 

 

なんて、思いがちですが、

もっと気軽に考えていいのです。

 

 

 

ほめる内容も

ちょっとしたことでいいのです。

 

 

「その髪型いいね!」

「今日のシャツ、センスいいよ!」

 

 

などと、さりげないひと言でも、

声をかけてもらった人は

嬉しいのです。

 

 

 

その際、わざわざ相手の近くまで

行く必要はありません。

 

 

通りすがりや何かのついでに、

ちょっと声をかけるだけでいいのです。

 

 

 

コツは、

『一瞬で見て、一瞬でほめる』ことです。

 

 

 

なぜなら、すれ違いざまに

上から下までジロジロながめられて

ほめられたとしても、

 

 

「えっ、なんかマズイ格好してるかな」

と相手を動揺させてしまうからです。

 

 

仮にそこでほめたとしても、

プラマイゼロで心に響きません。

 

 

 

だから、

さりげなくちょっとしたことを

サッとほめるのです。

 

 

 

 

相手の変化に気づいて

前向きな言葉をかけられるのは、

 

観察力があるということです。

 

 

 

その力はビジネスにも

そして生きていく上でも

大いに役立ちます。

 

 

 

何よりあなたがかける

さりげないほめ言葉が

そのまま自分に返ってきて、

 

 

あなたを魅力的な人間に

作り上げていくのです。

 

 

 

 

メルマガを書いていても

プレゼントはできますし、

ほめることもできますよ。

 

 

 

人を魅力的にするというのは、

何も特別なことを

する必要はないのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

記憶力の低下を補う『復習』と『構成』の効果

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1155 】

 

 

 

 

 

 

 

ンチエイジング

というものがあります。

 

 

「いつまでも々しく」

 

加齢による身体の機能的な

衰え(老化)を可能な限り

小さくすることです。

 

 

 

老化というと

ちょっとアレなんで(笑)

 

魔法をかけているかのように美しい、

魔女」の方を目指しています!

と言っておきますね(笑)

 

 

 

 

その老化の敵というのが

『サビ』で、身体と同じく、

『脳』にも影響を及ぼします。

 

 

最大の要因は、

 

新鮮な好奇心を抱き続けることが

できないからではないかと

言われています。

 

 

 

確かに好奇心旺盛で

何にでも関心を持って

 

吸収しようとしている人は、

生き生きとしていますよね。

 

 

 

若々しさの差というのは、

そういうことや努力に

表れるのかもしれません。

 

 

もちろん、

自然に受け入れることも

『美』だと思っています。

 

 

ただ、できれば

キープはしたいですよね。

抗うことなく・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

キープという面では、

ネットビジネスを勉強している

私たちにとっては

 

新しいことに出会うことも多く、

 

 

肝心な『記憶力』も年齢と共に

衰えていくものの代表格です。

 

 

 

覚えておきたいことや、

この方法は使える!

などと思ったことは、

 

 

誰かに聞かせることで

『記憶力』の低下を

補うことができます。

 

 

 

その行為には

第一に『復習』の効果があり、

第二に『構成』の効果があります。

 

 

 

 

人に何かを伝えるためには、

ポイントを押さえて筋道立てて

話さなければなりません。

 

 

人に伝わりやすいということは、

自分も覚えやすいということで、

 

 

インプットしておくのに

便利な構成に組み替えることが

できるということなのです。

 

 

 

 

学習とは、観察すること、

やってみること、

 

そして誰かに教えることから

成り立っています。

 

 

 

人に伝えたり、教えたり

することはひとつの体験です。

 

 

そのような体験を通して

記憶することを、

『エピソード記憶』と言います。

 

 

 

 

まだ老化なんて関係ないという

あなたでも、

 

知識は知恵とは異なります。

 

 

 

活用しなければ

部屋の隅に積まれた本のような

集めただけの情報でしかありません。

 

 

 

『知識の量』は『考える力』に

比例しません。

 

 

 

好奇心や感性を失わず、

どんなことにでも素直に感動して

新鮮な気持ちで取り組むこと、

 

 

日々の暮らしでこそ感性を磨き、

サビない頭でいましょう!

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

未来と過去ではエネルギーの大きさが違う

読了までの目安時間:約 3分

 

【 加南本舗 Vol.1154 】

 

 

 

 

 

 

 

未来を思うとき、

そこは可能性にあふれています。

 

 

いいことが起きるかも知れないし、

大きな夢が叶うかもしれません。

 

 

 

こんなふうに、

未来の持つエネルギーは無限大です。

 

 

 

一方、過去はもう終わったことなので、

エネルギーは増えることはありません。

 

 

 

未来と過去では

エネルギーの大きさが違うのです。

 

 

そのため未来を見つめている人は

過去の思い出ばかりに

浸っている人に比べ、

 

心がプラスの状態になりやすいのです。

 

 

 

夢は自然と人を前向きにさせます。

叶えたい夢を未来に描くことで、

 

 

過去にあった嬉しかった経験を

何度も振り返るだけの日々から

抜け出すことができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気で叶えたい夢を持つと

人は努力するようになります。

 

 

夢は人を進化させるための

後押しをしてくれるのです。

 

 

 

そしてあなたの進化をみて

「自分も頑張ろう!」

そう思う人が出てきます。

 

 

進化している人は、

人に力を与えるのです。

 

 

 

 

ひとつの夢は

周りの人も巻き込んで、

幸せに花開くのですね。

 

未来に向かって頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0