オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手に厳しい条件をのませるには

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1169 】

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、入試の合格発表の

ニュースが流れるのを見るたびに、

 

 

希望に燃え、

新生活を始める人たちに

 

 

エールをおくりながら、

自らも活力をいただいています。

 

 

 

 

試験を受ける際に、

100点満点は無理だから

 

 

70点くらいを目標に頑張ろう

と思って勉強すると、

 

 

その大丈夫だろうと思った

70点すら、なかなか取れない・・・

 

 

 

なんてことはなかったでしょうか?

昔のことなんで忘れた?

 

 

悪い点数のことは

忘れたいですよね。

 

 

実際には逆で、

忘れられないはずなんですが(笑)

 

 

 

忘れられなかった私がお答えすると、

70点以上の点数を取りたければ、

 

 

目標は満点、あるいは90点

くらいを設定して頑張るべきです。

 

 

まぁ、そもそも自分の成績くらい

妥協せずに満点を目標に

頑張るべきですが・・・

 

 

試験に縁がなくなると、

何とでも言えます(笑)

 

 

 

ただ、試験に限らず、

目標を高くすると

好結果が出やすくなるのは

 

 

ビジネスや交渉事でも同じなので、

気を抜かず頑張らなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

相手に対しても、

たとえば部下に今月、

 

 

100万円の売上達成を

してほしかったら、

 

 

最初から「100万円を目標に」

などとは言わずに、

 

 

あえて「目標は150万円!」

と厳しいノルマを課してみるのです。

 

 

 

部下によっては

やる前から「無理です」とか、

 

「そんな無茶な」などと

不満をもらす者も

いるかもしれませんが、

 

 

ここは心を鬼にして、

厳しい設定にした目標に対して

ハッパをかけます。

 

 

すると・・・

 

 

 

目標を達成する者は

確実に多くなります。

 

 

 

つまりは、

相手に厳しい条件をのませるには

 

 

さらにそれより厳しい条件を

最初に提示すればいいのです。

 

 

 

厳しい目標を

目の前に最初に提示すると、

 

 

相手はこちらの本来の狙い通りの

条件をクリアしたり、

 

 

OKをしてくれる確率が

高くなるのです。

 

 

 

 

もちろん、

『他人に厳しく、自分に甘く』は

通用しませんよ!(笑)

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0