オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

自分の生き方を選ぶ自由を失う『人間関係型』

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1162 】

 

 

 

 

 

 

 

人には自分の目標や

やりたいことを大事にする

『目標達成型』と、

 

 

 

自分のことよりも

周りとのバランスを重視する

 

『人間関係型』の人がいる

とされています。

 

 

 

その『人間関係型』タイプの人は

他者からの評価を自己評価に

置き換えるので、

 

 

他人からよい評価が得られなかったり

裏切られたりすると、

過剰にショックを受けてしまいます。

 

 

 

このタイプの人が問題なのは、

自己評価の物差しが

『他人の目』だということです。

 

 

 

 

その背景には、

私たちは成長する過程で

親や学校の先生などから

 

 

「人からどう言われるか、

あるいはどう思われるかを考えなさい」

 

と言われ続けたことにも

原因のひとつであるようです。

 

 

 

その結果、

他人からどう思われるかを

重視するあまり

 

 

自分のための生き方ではなく、

 

他人のための生き方を

追求するようになってしまったのです。

 

 

 

つまり自分がしたいことではなく、

 

他人から期待されていることや

他人の賞賛が得られそうなことを、

優先課題にするようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の意見を優先すればするほど、

 

人は自分の生き方を選ぶ

自由を失います。

 

 

 

自分が本当にしたいことをする

自由が失われるばかりか、

 

 

自由にものを考えることすら

できなくなります。

 

 

そしてさらに悪いことに

自分のことを

他人がどう思っているかを

不当に重視すると、

 

 

自分を他人よりも人間的に

劣っていると思い込んでしまうのです。

 

 

 

他者の意見に振り回されている限り、

しっかりとした

自分の基盤を築くことはできません。

 

 

 

大切なのは

あくまでも自分の評価は、

 

自分の物差しではかるということです。

 

 

 

そのために、

 

「自分は何を伝えたいのか」

「自分はどう思うのか」ということを

 

常に考えておくことも大切です。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0