オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手のレベルで説明しようとすれば

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1132】

 

 

 

 

 

 

 

わからないことが出てきたら

自分で調べて、

 

それでもわからなかったら

誰かに聞く。

 

 

これが私たちが認識している

「わからないことへの対処法」

だと思います。

 

 

 

でも実際はどうでしょう。

ちゃんと質問していますか?

 

 

 

私たちの心理には、

 

こんな質問をしたら

馬鹿にされるかもしれない・・・

などと、

 

 

「わかっていないこと」を

恥ずかしく思うところがあり、

 

『徹底的に聞く』ということを

苦手としています。

 

 

 

だから恥ずかしがらずに

質問してみましょう、

というのでは

 

 

投げかけたボールを

暴投させただけのようで、

 

あまりにも説得力が

ありませんよね。

 

 

 

では、どうすればいいか

という前に、

 

 

少し反対の立場、

「質問される側」について

考えてみましょう。

 

 

 

 

 

質問する側は

こんな誰にでもわかることを・・・

ということで悩んでいたとしても、

 

 

 

質問というのは、

単純であればあるほど

答えるのが難しいのです。

 

 

 

 

たとえば、

「どうして人は死ぬの?」

「海はどうして青いの?」などと、

 

 

 

小学生が聞きそうなことを、

相手が理解できるように

 

ぱっとすぐさま

答えることができるでしょうか。

 

 

 

実は『子供の質問にどう答えるか』

というのは、

 

 

非常に根本的な理解を必要とする

高度な『思考訓練』になるのです。

 

 

 

「専門用語」を使えば

カッコよく説明しているような

気分になります。

 

 

 

しかしだいたい専門用語というのは、

あいまいなことを

 

 

ごまかして説明するために

使われることが多いのです。

 

 

 

ですから

相手のレベルで説明しようとすれば、

 

 

専門用語を使ったあいまいな

説明では伝わらないのです。

 

 

 

ということは、質問というのは

聞く当人だけでなく、

 

 

聞かれる相手にとっても

非常に勉強になる

ということなのです。

 

 

質問されることも

とても大切なことなのです。

 

 

 

その手助けをしているんだ

と心の中で思えば、

 

恥ずかしさもなくなるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

知らないことは決して

恥ずかしいことではなく、

 

 

その「知らない」ことを

「知らなくてもいいや」と

 

投げ出してしまうことが

問題なのです。

 

 

 

 

勇気を出して

質問してみてください。

 

 

そしてその際は

感謝の気持ちも

忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

「あたりまえ」あたりまえに感じてしまわないように

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1131】

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことがあるのに

なかなか行動に移せない

ということはないでしょうか?

 

 

 

それは何かを始めようとしても

「できない理由」

どんどん浮かんでくるせいです。

 

 

 

しかもやっかいなことに、

その原因を作っているのは

 

自分自身で、自らが

その理由探しをしているのです。

 

 

 

 

そんなときにはイメージとして

できない理由が浮かんできたら、

 

 

シャボン玉をつぶすように

すぐさま『できる理由』で、

 

つぶした箇所を

塗り替えてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれを書き出してみる

ことをオススメします。

 

 

たとえば、

 

・自分は健康である。

・自分にはいざというときに

励ましてくれる家族や友人がいる。

・法律や道徳に違反しなければ

好きなことを自由にやることができる。

・学びも職業も自分で選べる。

・失敗しても命まで取られるわけじゃない。

 

 

 

などと、『できる理由』を

書き出しているうちに、

 

心の中で『自信』がわいてくるはずです。

 

 

 

それは大きなプラスのエネルギーを持ち、

前に進む力を与えてくれます。

 

 

 

本当はとても恵まれた環境にいるのに

それを「あたりまえ」に

感じてしまうことも多いと思います。

 

 

 

自由がなかったり、

食べることさえままならない

国に住む人たちからみたら、

 

 

私たちは間違いなく

チャレンジしやすい状況に

あるといえるのではないでしょうか。

 

 

 

何かに挑戦したり

行動をためらう理由など、

本当はどこにもないはずです。

 

 

 

 

 

頑張るあなたにエール☆彡

 

 

生きるうえで最も偉大な栄光は、

決して転ばないことにあるのではない。

転ぶたびに起き上がり続けることにある。

 

 

ネルソン・マンデラ

(南アフリカ共和国の政治家、

ノーベル平和賞受賞者 / 1918~2013)

 

 

 

 

 

 

 

でも、イマイチ、

モチベーションが上がらないから・・・

 

 

 

まだ、そんなことを言いますか?

 

 

だったら、私のレポート集の中から

ビジネスを自分の味方にする

方法として、

 

 

モチベーションアップ術の

無料レポートをプレゼントします。

 

 

 

モチベーションをアップするために、

そもそも「やる気スイッチ」って

どこにあるの?

 

 

ぜひ、そのスイッチの場所も

見つけてください!

 

 

 

新年の目標もそろそろ

忘れているのではありませんか?

 

ここらでちょっと、

気持ちを引き締めてみましょう。

 

 

 

ここからダウンロードして

すぐにお読みいただけます。

 

 

 

 

※画像をクリックしてお受け取りください。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

確実に利益を得られる価値ある投資は

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1130】

 

 

 

 

 

 

 

あなたはいつも

あなた自身の成長のために、

 

どのくらいの『エネルギー』

使っているでしょうか?

 

 

 

このエネルギーとは

『お金』『時間』です。

 

 

 

たとえば、

何かのマニュアルを買って読めば、

 

 

マニュアルを買うために

お金を使い、読むための

時間を使ったことになります。

 

 

 

そしてこれを仕事に活かせば、

自分への『投資』になります。

 

 

 

株や不動産など、

投資にはいろいろありますが、

 

 

『自分の成長』に対しての投資は、

確実に利益を得られる

価値ある投資です。

 

 

 

そうやって自分への投資を

見つけ、重ねていくことで、

人は成長していけます。

 

 

 

 

 

 

 

「余裕ができたらそのうちに」

そうやってあなたは

せっかくのチャンスを

 

今度もまた、

みすみす逃してしまいますか?

 

 

 

時間を作るのに

手っ取り早い代表は通勤時間です。

 

もし、通勤が片道1時間であれば

1日2時間、週に10時間、

月に40時間となり、

 

1年では480時間を

費やしていることになります。

 

 

480時間、電車やバスに乗って、

 

ぼーっとしているのか、

ゲームをしているのか、

マンガを読んでいるのか・・・

 

 

 

その時間をどう使っているか、

それによって仕事にも、

 

 

もしかしたら人生にも、

大きな差が出てくるかもしれません。

 

 

 

もちろん、ぼーっとしていたり、

ゲームやマンガが悪い

ということではありません。

 

 

 

何もすることもできないくらい

身動きがとれなかったり、

 

あるいはそのときだけが

息抜きになるのかもしれません。

 

 

 

ただ、通勤時間を何に使おうか、

ということを、

 

 

『考えるか、考えないか』

 

それだけでもあなたの人生に

きっと違いが出てきます。

 

 

 

 

お金にしても、

今、苦労しても持つのと、

 

余裕ができてから持とうとするのでは

価値が全然違ってきます。

 

 

 

お金というエネルギーを使うのか、

使わずに溜め込んでしまうのかでは、

 

 

やはりそのあとの人生に

違いが出てくるはずです。

 

 

 

 

お金も時間も出し惜しみするのは、

失敗するからと

何も始めないのと一緒で、

 

 

数ミリも自分を

成長させることができません。

 

 

 

たとえ今すぐ、動かなくとも

意識する、そこからすでに

違い始めているのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

人と同じではつまらないのです

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1129】

 

 

 

 

 

 

 

物事は常にグレーです。

黒か白かを決められないのと同様に、

 

 

世の中で起こるほとんどの問題には

正解がありません。

 

 

正解があるのは学校のテストなど

ごく限られたケースでしょう。

 

 

 

もちろん、仕事においては

あいまいな結論では

済まされない場合も多いですが、

 

 

 

『考える力』を養う意味では

答えは必ずしも

ひとつでなくてもいいのです。

 

 

 

白と黒だけではなく、将来的に

どちらに転ぶかわからないような

グレーの答えがたくさんあっても

おかしくはないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の考えは

タイミングやシチュエーションで

いくらでも変わります。

 

 

たとえば同じテーマについて考えても

10人いれば、

10通りの考え方があるはずなのです。

 

 

 

それを無理にひとつの答えに導いたり、

 

バッサリ切り捨てたりするのは、

あまりにも短絡的ですし、

 

少数派を大切にする

民主主義の原則にも反します。

 

 

 

大切なのは

ひとつの答えに導くよりも

物事を多面的にとらえ、

 

その本質がどこにあるのかを

理解することなのです。

 

 

 

ビジネスの世界では

解答のない問題がほとんどです。

 

 

しかし一時的ではあっても

解答を出して問題解決のための

行動を起こさなければならない

ことが少なくありません。

 

 

 

 

多くの人が右と言えば、

右と言って

 

自分の思考を封印して

「右にならえ」になれば、

 

 

次第に自分の頭を使って

ものを考えることから

遠ざかっていくことになります。

 

 

 

人が右と言えば、

まず「左ではないか?」と、

 

進んで少数派になることを

考えなくてはならないのです。

 

 

 

人と同じではつまらないのです。

 

あなたの発信するものは

あなた独自のカラーで

発信されていますか!?

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

相手の注意を引くアイデア

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1128 】

 

 

 

 

 

 

 

自宅に送られてくる

さまざまなダイレクトメール、

 

ほとんどが読まずに

そのままゴミ箱行きという

 

末路をたどることが

多いと思いますが、

 

 

 

中には「んっ?」と手を止め、

開封してしまうものも・・・

 

 

もし、封筒が少しふくらんで

「これ、ボールペンかも」

なんて形に思えたら、

 

 

それがたとえ100円以下で

買えるものだとしても、

中身が気になりますよね。

 

 

 

 

以前、B4版くらいの大きさの

封筒が届きました。

 

 

このくらいの大きさになると

さすがに開封せずに

ゴミ箱に捨てることは

そうないのですが

 

 

 

「んっ?これは?」

「L字形・・・?」

 

 

何かかたいものが入っている、

そう感じたのです。

 

 

 

 

出てきたのは、

薄っぺらいプラスチック製の

 

「ブーメラン」でした。

 

 

 

そして手紙には

ブーメランを同封したことへの

2つの理由が記してありました。

 

 

 

しばらく購入が途絶えていた私に、

 

確実に手紙を読んでもらうために

注意を引く必要があったこと。

 

 

 

そして投げたら戻ってくる

ブーメランを同封することは、

 

 

「戻ってきてほしい」

ということを話すのに

「いいツカミ」になると思ったこと。

 

 

というのが今回の

『特別なオファー』の演出でした。

 

 

 

で、私はというと・・・

しっかりと注文してしまいました。

 

 

 

「まんまと」だったのかもしれません。

 

しかし、一応投げてみたブーメランは

投げたまま返っては来ませんでした。

 

そのくらいしょぼいオマケだったのです。

 

 

だから「まんまと」ではなかった。

そう、今でも思っています。

 

 

 

そんな特別なオファーをしてくれたのが

ここです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

のちに、ブーメランは

私の投げ方が悪かったのだと

判明しました。

 

しょぼいオマケ扱いしてごめんなさい。

 

 

でも、決して高そうには見えませんでした。

んー、百均で10本ワンセット、

そんな感じかな(笑)

 

 

 

恋人にフラれそうだったら

ぜひ、試してみてください。

 

あっ、自己責任でお願いしますね。

 

私のように「まんまと」

引っかからず、

用心深い人かもしれませんから。

 

 

 

・・・私の場合、

 

明日、100本くらい

ブーメランが送られてきたら

どうしよう・・・

(ちょっと、見栄はりました!)

 

 

 

でも、ユーモアって

大切ですよね!

 

 

 

 

注意を引く、

興味を持ってもらう・・・

 

 

少し考えてみてください。

きっと相手の反応が

変わってくるはずです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『行動』と『願望』をリンクさせる

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1127 】

 

 

 

 

 

 

 

目標を達成するコツなどとして、

『自分にご褒美を用意する』

 

という方法が紹介されているのを

目にしたことはありませんか?

 

 

 

「この作業を1時間したら、

ケーキを食べる!」

 

「読者さんが100人集まったら

豪華ディナーを食べる」

 

 

などといった

目標の中にも小さなゴールを立てて、

 

そこにご褒美を用意しましょう

という方法です。

 

 

 

しかし動物だったら、

その「ご褒美」のために

芸をすることもあるでしょうが、

 

 

私たち人間が

小さな「ご褒美」程度のために、

 

何かを頑張るということが

できるでしょうか・・・

 

 

 

実際、「ケーキ」という

ご褒美を用意して

作業をしてみました。

 

 

私の頭の中は食いしん坊ゆえ

「ケーキ」が占めて、

 

ゴールまでたどり着くことが

できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、「ちっとも面白くない!」

これが正直な感想でした。

 

ケーキを食べてしまえば、

その高揚感はすっかり

しぼんでいたのです。

 

 

 

このとき、

『自分にご褒美を用意する』

という考えそのものは

間違っていないのです。

 

 

ただ、『ご褒美』そのものに

問題があるのです。

 

 

 

たとえば、

1時間英語の勉強をしたら

ケーキを食べるという場合、

 

 

「ケーキ」と「英語」は

まったく別のところにあります。

 

 

そのためいくらゴールに

ケーキがあるとしても、

 

英語の勉強は面白くないし、

つまらないままなのです。

 

 

 

ところが、これが

「3ヶ月勉強したら海外旅行に行く!」

というご褒美だったらどうでしょうか。

 

話はまったく違ってきます。

 

 

「英語」と「海外旅行」が

地続きのところにあるため、

勉強そのものが楽しくなるのです。

 

 

 

 

 

『行動』とご褒美である

『願望』をリンクさせると、

迷わなくなります。

 

 

 

行動内容と願望がかみ合えば、

サボりたいという迷いがなくなり、

意思決定が容易になるのです。

 

 

 

それによって

自分にとって本当に必要な

ものだけにエネルギーを

向けることができるようになり、

 

 

その時間がとても有意義なもの

になるのです。

 

 

 

行動とご褒美に

関連性がなかったり、

 

ご褒美の数が少なすぎたりすれば、

人はご褒美では動きません。

 

 

 

案外、私たちの意思は

わがままにできているのです。

 

 

自分の「わがまま度」を甘く見ずに、

より効果的なご褒美の組み合わせを

考えてみましょう。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『知らなさ』に気づくということ

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1126 】

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスをするようになって、

『考える』ということを

 

よくするようになった

ということはないでしょうか?

 

 

 

今までだったらルーティンワーク

のように慣れた仕事だったものから、

 

 

未知のネットビジネスを始めたら

いろんなわからないことに

ぶつかったはずです。

 

 

そこで、考える・・・

 

 

その『考える力』の土台になる

能力として、もっとも重要なのは

 

 

「自分はわかっていない」という

事実を認識できることです。

 

 

 

『知らなさ』に気づくことこそ

とても重要なことなのです。

 

 

 

なぜなら、

人は年齢とともに経験を積むと、

 

「自分はいろんなことが

わかっている」と誤解をします。

 

 

 

するとその時点で『考える』

という行為そのものがスタート

しなくなって、

 

考えない習慣ができてしまうのです。

 

 

 

素直に「わかりません」と言うことが

勇気のいることであったり、

難しい場面のときもあるでしょう。

 

 

 

しかしそこで一瞬の「知ったかぶり」

をしてしまうことによって、

 

 

調べてみようというきっかけを失い、

さらには「教えてもらう」ことまで

放棄してしまうことになるのです。

 

 

 

そうなれば、

何か新しい発想を生み出すことなど

ほとんどなくなってしまうでしょう。

 

 

 

わからないことは、

わからないでいいのです。

 

 

わからないから、

『考える』ということをする。

 

 

 

その結果が

パソコンで検索してみる

ことだったり、

 

人に教えてもらう

ことだったりするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、もしあなたが

日々、ネットビジネスの

作業に追われているのに

 

成果が出ないのであれば、

 

 

 

それはあなたが積極的に

「成果の出ないやり方」を

しているからかもしれません。

 

 

 

的外れな仕事は

『考える』というプロセスが

抜けているか、

 

『考える』というポイントが

ずれている時に発生します。

 

 

 

『考える』ことには

いろいろな角度がある

 

 

ということもまた、

忘れてはならないのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

ついついスマホを触ってしまう時間を●●時間に!

読了までの目安時間:約 4分

 

 

日本の起業家に最も影響力を持つ
ビジネス書クラブのベスト本が、
電子書籍で19冊無料、読み放題!


 

毎月、お金と自由と権力を持った
選ばれた人々のご自宅に、

 

書店で買える本や、
ありふれた雑誌とは一線を画した
ビジネス書が届きます。

 

 

 

このひっそりと発行されている
ビジネス書の定期購読会員は、

 

会社の経営者や

各産業界のエクゼクティブ、
起業家や専門家たちです。

 

 

この会員組織のメンバーには、
年商100億円を超える
会社の経営者や、

 

ひとりで年収5000万円を

稼ぐような起業家が

 

いると聞いても
あなたは驚かないかもしれません。

 

 

 

しかし、これを聞いたら

驚くのではないでしょうか?

 

 

実はこれほど大きな影響力をもち、
ビジネス界での成功者が
多いにも関わらず、

 

 

この傑出した会員組織の存在自体
あまり知られていないのです。

 

 

それゆえ、

実践で使えるノウハウが満載の
『月刊ビジネス選書』の本を
読まないと
今月が始まらないという、

 

 

厳選された集団の一員として
あなたをご招待
申し上げたいのです。

 

 

さらに、今なら最新刊
『ビリオン・カンパニー』(紙版)も
無料でついてきます!

 

 

しかも、期間限定で
今までのベスト本の中から
好きな本5冊も無料プレゼント!!

 

 

 

11,363名が試している
【会員制ブックサービス】を、

 

 

ぜひあなたもこの機会に
試してみてはいかがでしょうか?

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

 

追伸、
これだけお得なセットで
手に入れることができるのは、
2月10日(金)までです。

 

 

販売条件:30日間返金保証
送  料:無料

 

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:0