オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

ついうっかり使っちゃってる「つい、うっかり」

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1141】

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいてセールスマンが

言ってはならない言葉に、

 

「できません」という言葉があります。

 

 

 

 

要望に対し即座に、

「無理です」

「うちではできません」

などといった否定語で返されたら、

 

 

お客の購買意欲は

一気にダウンしてしまいます。

 

 

 

 

これはセールスの場面に限らず

自分自身に対しても、

 

 

やる前から

できないと決めつけたり、

 

その理由を探すことが

自分の成長を止めてしまいます。

 

 

 

 

また、覚えておきたいのが

大人の付き合いでは

 

 

否定語は基本的に

禁句だということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、

会議などで自分とは違う意見が出ると

「それは違うんじゃないですか」

と相手の意見を全面否定すれば、

 

 

 

そこから感情のすれ違いや

摩擦が生まれて

仕事への妨げになります。

 

 

 

思ったことを何でも口にするのが

意見ではありません。

 

 

相手が自分の発言を

どう受け取るのかを想像する

配慮が必要なのです。

 

 

 

まずは相手の考えを

尊重する肯定のひと言で始め、

 

 

その上で問題点を指摘すれば

気まずい雰囲気にはなりません。

 

 

 

実は反対でも、

まずは同調を示すのが

プロのやり方なのです。

 

 

 

日頃の作業においても

これをやった方がいいと

言われているのなら

 

 

まずはやってみる、

その姿勢が大切なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0