オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

人の心をつかみ、人を動かすためには

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1124 】

 

 

 

 

 

 

 

人間の意識には『潜在意識』と、

『顕在意識』があります。

 

 

今こうしている瞬間も

自分自身を

コントロールしていると感じる、

 

理性的なもの

『顕在意識(表層意識)』と、

 

 

表に現れない部分として働く

本能的なもの

『潜在意識(無意識)』によって、

 

 

コントロールされて

生きているのです。

 

 

『論理』が顕在意識に訴えるのに対し、

『感情』は潜在意識に訴えます。

 

 

人の心をつかみ、

人を動かすためには

両方のバランスをとりつつ、

 

相手の感情に意識を向ける

必要があります。

 

 

 

多くの場合、感情は論理より

重みがあるのです。

 

 

 

たとえば、

地面に角材を置いて

その上を歩くことを想像してください。

 

 

簡単にできるはずです。

 

 

では、今度はその角材を

二つの高層ビルの間にかけて、

 

その上を歩くことを

想像してみてください。

 

 

 

論理的には同じ行為ですが、

 

サーカスの団員か冒険野郎にしか

できないはずです。

 

んっ?体重の問題?

というか、やりませんよね(笑)

 

 

 

「落ちたらどうしよう」

という感情が、

 

「角材の上を歩くことは簡単だ」

という論理を

打ち負かしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

人の心をつかむときには、

感情は議論をうまく展開するための

基本となります。

 

 

 

実際、相手の感情に

訴えない限り、

 

メッセージは

説得力が乏しくなります。

 

 

 

論理は重要ですが、

退屈で平凡なやり取りを

 

ワクワクさせるものに

役立つのは感情なのです。

 

 

 

しかし、人を動かすときに

感情だけに頼ってしまえば、

 

 

相手の感情が静まれば、

行動するための具体的な根拠が

なくなってしまう可能性があります。

 

 

一方、論理は感情の基盤を

作り出す役目を果たします。

 

 

そのため、感情と論理の

絶妙なバランスは

人を動かすために不可欠なのです。

 

 

 

 

複数の研究によると、

人々の決定の90パーセントまでが

 

感情をベースにしているという

結果が出ています。

 

 

しかし、その決定を正当化するために

論理を使うのです。

 

 

人は感情的に決めたことを

論理的に正当化する生き物なのです。

 

 

 

つまりは、言い訳が

つきまとうってことなんですね・・・

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『マニュアル』その教えは永遠ではないのです

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1123 】

 

 

 

 

 

 

 

何らかのサービスを受けているときに、

 

「マニュアル通りなんだろうな」

って感じることってありますよね。

 

 

 

そう感じるなかには

マニュアル自体への悪意もあって、

 

 

マニュアルに書いてある通りの

ことしかできない、

 

 

すなわち、機転が利かないという

意地悪な見方が混じっていて、

 

 

「世の中、マニュアル通りには

いかないのよ」とわかったような

顔をしてしまうこと・・・

 

 

 

 

しかし、本当にそうでしょうか?

 

世の中、マニュアル通りに

いかないこともあるかもしれません。

 

 

しかし、100の出来事のうち、

80~90はマニュアル通りに

いってしまうものなのです。

 

 

 

そういった方法論を

軽視したり、否定をすれば、

 

それは独りよがりになります。

 

 

 

世の中には

ありとあらゆるマニュアルがあります。

 

 

 

活字になったもの以外にも、

上司や先輩などから

直接教えを受けたものなど、

 

 

 

そこには同じ問題で、

苦労を重ねてきた先人たちの

知恵がぎっしり詰まっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、たいていの人は

分厚い「トリセツ」

取扱説明書なんて読みません。

 

 

 

読まずにいたから

新しい便利な機能を、

 

知らないまま使い終わる

なんていうことも

きっとざらにあるはずです。

 

 

 

 

マニュアルを

バカにしてはいけません。

 

 

特に新しい分野のことを始めるとき、

それは重要な指針になってくれます。

 

 

 

大切なのは自分にピッタリな

マニュアルを選び、

 

それを自分のものにすることです。

 

 

 

 

しかしその反面、

マニュアルがなければ

何もできないと言われないよう

 

 

マニュアルだけを鵜呑みにせず、

自分なりの工夫も取り入れる

ことをしていくことも必要です。

 

 

 

 

そして忘れてはならないのが、

人は成功すると

きわめてギリギリだったにも関わらず、

 

 

 

「いいところ」だけが頭に残って、

この次も成功するはずだと、

同じことを繰り返してしまいます。

 

 

 

次の問題に対しては

一度頭をクリアにして臨みましょう。

 

 

 

そうでなければ、

目まぐるしいスピードでの

状況の変化に対応できないのです。

 

 

 

 

環境は常に変わっています。

 

今日、成功したパターンが

明日も通用するとは限らないのです。

 

 

 

マニュアルは大切ですが、

その教えは永遠ではないのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『ひとりでいても、独りではない』を知る

読了までの目安時間:約 4分

 

 

【 加南本舗 Vol.1122 】

 

 

 

 

 

 

 

お遍路さんのかぶる編み笠に、

 

『同行二人(どうぎょうににん)』

と書いてあることがあります。

 

 

 

一人で歩いていても、

常に弘法大師がそばにいて

守りを受けていることを意味し、

 

 

杖には弘法大師が宿ると

言われています。

 

 

 

このように心の中で

大事な存在というものを

感じることで、人は

 

 

『ひとりでいても、独りではない』

ことを知ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスをしていても、

ほとんどの作業が孤独です。

 

 

 

その孤独とは

たとえサボっていたとしても、

 

誰にもとがめられない

ということでもあり、

 

 

仕事の効率へのブレーキを

かけてしまう原因となります。

 

 

 

そんなときこそ、

自分の情報発信を

受け取ってくれる人のことを

思い浮かべて、

 

 

相手のことを思いやる感性へと

つなげてみましょう。

 

 

 

 

 

私が独りじゃないと感じるときは、

 

メルマガで何かを呼びかけたとき

反応がいただけることです。

 

 

 

あなたの好奇心と向上心を

称えながら、

優しさにも感謝しています・・・

 

 

 

 

そんなあなたへ

特別なご案内を申し上げます。

 

=====================

 

『なぜそれが必要なのか』

を最初に学ぶことで、

 

作業への疑問点を予め払拭し、

モチベーションも落とさずに

実践することができ、

 

さらには

小手先のノウハウだけでなく、

『ビジネスの本質』を

理解できるような

仕組みになっている

 

完全無料の

『アフィリエイト塾』

 

ビジネスの基礎から学べます!!

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

=====================

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

「おっしゃりたいことはよくわかります」を伝える

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1121 】

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションであっても、

交渉でも、相手の話によく耳を傾け、

相手のことを十分認めてあげれば、

 

 

相手もまた、こちらの話を

よく聞いてくれるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、相手の話に耳を傾けていると、

相手の言っていることに

合点がいかない場合も出てくるでしょう。

 

 

その際、気が進まなくとも、

相手の話を『認めて』あげることです。

 

 

誰しも心の底では考えを認めてもらいたい

と思っているものなのです。

 

 

その願望を満たしてあげることで

いい雰囲気を作り出すことができます。

 

 

 

『認めて』あげることは、

決して『同意する』ことではありません。

 

 

「おっしゃりたいことはよくわかります」

といった感じの、

メッセージを送るだけでいいのです。

 

 

 

つまり、

『相手が正しいか、自分が正しいか』

の二者択一ではなく、

 

 

相手も相手なりの

立場や経験に基いて正しいと、

 

 

双方の立場や経験について考える

心構えで交渉ができるようになります。

 

 

 

そして議論のときに

もっとも使ってしまいがちなのが、

『しかし』という言葉です。

 

 

 

たとえば、

「この値段は高すぎる」と言われたら

 

「しかし、この製品は最高の品質で・・・」

と反論したくなります。

 

 

ところが残念なことに、

この『しかし』は

 

「あなたの言っていることは

間違っています」という意味を含んだ、

『しかし』になってしまうのです。

 

 

 

これに対して最初の言葉が

『はい』だった場合、

 

その肯定的な返事をしてから

『そして』とつなげて、

 

自分の見解を

伝えていくことができます。

 

 

 

「はい、おっしゃるように

私どもの商品の値段が高いのは事実です。

そしてその高い値段ゆえに、高品質、

高性能で信頼も高く・・・」

 

 

などと自社製品の説明につながっても

少しも違和感がないのです。

 

 

 

 

 

 

 

あくまで交渉の目的は

『お互いに納得できる合意をもたらす』

ことです。

 

 

相手が疑いの目を持っていたとしても、

そういう相手に対する最良の策は

かまわずに相手の側へ歩み寄ることです。

 

 

 

自分の言うことに熱心に耳を傾けて、

考え方や立場に深い理解を示してくれる

相手に向かって、

 

 

嫌な態度をとり続けることは

なかなかできるものではありません。

 

 

こちらの歩み寄りに戸惑いながらも

内心、嬉しさを感じているものです。

 

 

 

「この人は、

本当に自分のことを理解しようと

してくれている・・・」

 

 

相手がそう思った

そのときこそが『突破口』なのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

目標は『3つの質問』で達成させよ!

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1120 】

 

 

 

 

 

 

 

新年も、もう一ヶ月が

そろそろ過ぎようと

していますね。

 

 

『目標』の方はどうでしょうか?

 

 

って、年末から年始、

これからもたぶん、

 

一ヶ月が過ぎて

三ヶ月、半年・・・と、

 

 

うんざりするくらい

「どうですか?」

攻撃を受けるでしょう。

 

 

私も何十発も撃つと思います。

節目的な時期はネタの関係上、

ご理解ください(笑)

 

 

 

その目標ですが、

 

あなたがネットビジネスを

始めた当初は

どんなだったでしょうか?

 

 

 

あるいは、社会人になって、

 

その目標は

どれくらいまで達成していますか?

 

 

それとも、とっくに忘れた!

なんてことになっているかも・・・

 

 

 

そんなあなたにお伝えしたいのが

アメリカ東部の名門、

 

 

エール大学の

ある年の卒業生に出された

『3つの質問』のお話です。

 

 

質問は以下の内容でした。

 

 

■あなたは目標を設定していますか?

■その目標を書きとめていますか?

■目標達成の計画はありますか?

 

 

そしてすべての質問に「イエス」と

答えた生徒はわずか3%でした。

 

 

 

ところがそれから20年後の

追跡調査で、

驚くべきことがわかりました。

 

 

 

卒業の際に質問をした学生の

20年後の総資産のうち97%は、

 

 

なんと、あの3%の卒業生たちが

握っていたのでした。

 

 

 

「願いは、強く願えば叶う・・・」

よく聞くこの言葉を

普段は鼻で笑っていたとしても、

 

 

 

エリートたちが出した

この数字を見れば、

 

 

『願いは、強く思わなければ叶わない!』

というふうに

思えるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生がハチマキや机の前に

「○○大学、合格!」

などの言葉を書いて

奮起する姿がありますが、

 

 

 

あれはそうやって

自分の気持ちを高めるもので、

 

その気持ちが強い人こそが

受験に勝っていくのでしょう。

 

 

 

 

目標を設定し、

それを実現させる意味では

仕事もまったく同じです。

 

 

 

ただ仕事の場合は

「○○大学、合格!」のような目標、

 

たとえば、

「絶対、社長になる!」

「年収1億円!」などといった

目標は抽象的すぎます。

 

 

 

それより、できるだけ具体的に、

「1年後に課長になる!」

「今月の目標10万円達成!」

 

などといった設定をするのが

達成できるコツなのです。

 

 

 

あなた自身にぜひ、

3つの質問をしてみてください。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『生産性』を高めるラクして稼ぐ

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1119 】

 

 

 

 

 

 

 

人生を楽しく生きるには

プラス思考がよいとされます。

 

 

 

しかし、それは必ずしも

不安や心配事が一切ない、

ということではありません。

 

 

 

不安になるようなことが

普通にあっても、

 

 

そのことで落ち込んだりせずに、

プラス思考で考えるように

心がけているということなのです。

 

 

 

 

また、

私たちには「ラクをしたい」

と考えることを

罪悪視する傾向があります。

 

 

 

「ラクして稼げます」

などのキャッチコピーがあれば、

 

 

その言葉だけをとらええて、

「そんなものなどない、欺だ!」

と突っぱねてしまう・・・

 

 

 

それはそれで、

正しいかもしれません。

 

 

しかしその言葉の奥にあるものを

考えてみることも必要です。

 

 

 

 

『どうすればラクになるか?』

ということを考えるのは

決して悪いことではないからです。

 

 

 

『ラク』を求める中身は、

 

どうすれば効率よくできるか、

どうすればもっと簡単にできるか、

などといったことで、

 

 

 

たとえ一見、手抜きに見えても

そのことを考え、実践してみることは

 

『生産性』を高めることになります。

 

 

つまりは『ラク』になることは

幸せへとつながるのです。

 

 

 

そして労働の成果、それ自体が

目標ではないということにも

気づかなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

成功者というのは

決して『生産の奴隷』

にはなりません。

 

 

 

余裕で仕事をこなし、

優雅な休暇を過ごします。

 

 

そしてそこで培った

知恵や教養などが

 

次の仕事を

余裕でこなすための

エネルギーとなるのです。

 

 

 

成功者になるためには

見えない努力も必要ですが、

 

 

その成功者の習慣をまねるという

『ラク』な考え方もあるのです。

 

 

 

果たして

その中身がどれだけハードか、

 

それを知るだけでも

グンと成功者に近づけるはずです。

 

 

 

 

まねるだけでは成功者には

なれないでしょう。

 

 

しかし、まねてみたら、

生産性を高める

『ラク』する方法が

見つかるかもしれません・・・

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

その目に見えない力が『動機』となる

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1118 】

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスにおいての

最強のテクニックや戦略を

ご存知でしょうか?

 

 

 

それは【返報性の原理】

利用したものです。

 

 

 

人は他人から何かをしてもらうと

『お返し』をせずには

いられなくなるという

心理を利用して、

 

相手に貸しを作って

その見返りを得ることです。

 

 

 

 

代表的なものに

スーパーの試食があります。

 

 

 

試食したんだから・・・

買わないと悪いよなぁ・・・

 

 

といった『目に見えない力』

自然とわいてきて、

 

 

その商品を買う『動機』

になってしまうのです。

 

 

 

だからスーパーに限らず

デパ地下でも、

お土産物屋さんでも、

 

 

試食を差し出せば、

商品を買ってもらえる確率が

 

グンと上がることを

知っているので、気前よく

試食をさせてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこれこそが、

あなたが真似すべきことです。

 

 

むしろネットビジネスだからこそ、

この【返報性の原理】を

最大限に利用できるのです。

 

 

 

 

試食を配るオバちゃんの人件費や

場所代など、リアルビジネスでの

かかる費用に比べ、

 

 

 

あなたがコンテンツを

100人に配ろうが、

1000人に配ろうが、

かかるコストは、ほぼゼロです。

 

 

 

だからこそ、

【与えて、与えて、与えまくれ!】

なのです。

 

 

 

ネットビジネスの最強の戦略は

この【ギブ】にあるのです。

 

 

 

あなたはとにかく与えまくる、

このメルマガを読めば

 

『トクすることがある』

ということを

十分に刷り込むのです。

 

 

そうやって見込み客との関係を

構築していきます。

 

 

 

 

そして役立つコンテンツを

たくさん無料で与えられた

見込み客は、

ついにはこう言い出します。

 

 

 

「有料で売っているものはないの?」

 

 

 

これこそが『売り込まずに、売れる』

正体なのです。

 

 

 

売れているアフィリエイターさんは

みんなこうやって支持されているのです。

 

「あなたなら、間違いない」と。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

ルールはいらないときもあるのです

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.1117 】

 

 

 

 

 

 

 

情報があふれる現代、

その情報をいかに整理するかで

仕事の効率も変わってきます。

 

 

 

しかし、その情報整理だけが目的となり、

 

整理術を極めるだけの

情報整理マニアになってしまえば、

 

 

物事の根本的なことと、

そうでないことを

取り違えてしまったことになります。

 

 

 

 

とは言っても、

最低限の情報整理というものは

身につけておきたいですよね。

 

 

机のスペースというのは

当然、限界があります。

 

 

 

そのため、書類や資料を

タテに積み上げていませんか?

 

 

 

もし、

それがすべて必要なものだとすると、

 

いつかは「引き出す」という

行為が必要になってきます。

 

 

 

おー、「書類版ジェンガ」の登場です!

書類の山を崩さないように

目的の書類を引き出す・・・

 

あるいは「だるま落とし」の要領で

スパーンと書類をはじき飛ばすか・・・

 

(「ジェンガ」も「だるま落とし」も

直接の動作をともなうゲームです)

 

 

 

どうやっても、書類の層を

手作業で掘り起こすという

作業が必要になってきます。

 

 

そしてどの層に埋もれているか

わからないため、発掘作業は

困難をきわめることになるのです。

 

 

 

ゲームとしてスリルを

楽しみたいなら、

 

単純にゲームをした方が

もっと楽しそうですし、

 

発掘するなら、

恐竜の骨か金やダイヤなどを

掘り起こしたいものです。

 

 

 

だから、この問題は

簡単な整理法で

解決してしまいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはいたってシンプルな方法、

ただ、タテのものを

ヨコにすればいいだけです。

 

 

 

そして右から

「時系列」で並べていけば、

 

 

発掘作業がいらなくなるばかりか、

選び出す苦労もしなくてすみます。

 

 

 

この際も、

本やCDを著者別や歌手別に

分類するようなこだわりのような

 

何か特別な分類法で

整理しようとすれば、

 

かえってその区分けに

頭を悩ますことになってしまいます。

 

 

 

 

何が重要かは、

『日ごとに変わる』ものです。

 

 

そこに「ルール」を作ってしまえば、

整理マニアと

変わらなくなってしまいます。

 

 

だからこそシンプルに時系列で

右から順番に並べるだけでいいのです。

 

 

 

また、ヨコに並べれば

そのスペースは

およそ50センチ幅くらいという

制約が生まれます。

 

 

 

それは左に新しい書類が加わるごとに

右の端から一番古い書類が

押し出されるという仕組みで、

 

 

つまりは、『処分』という意味の

整理術も同時にかねているわけです。

 

 

 

そして左端の書類を最終的に

捨てるかどうか迷った際には

 

捨てることを選びます。

 

 

 

整理とは

捨てるか捨てないか迷うものを、

 

スパッと捨てることです。

 

 

 

 

ものを捨てることによって、

新しいエネルギーが生まれます。

 

 

きれいになった机は、

あなたの心まで

クリーンにしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとしたことで

人生はよりよく生きやすくなります。

 

 

では読書スピードが

今より10倍速くなると、

どうなると思いますか!?

 

 

 

劇的に、あなたの人生が変わります・・・

 

 

 

 

※画像をクリックしてお進みください。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

情報を再構築して『本物の知識』にするには

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1116 】

 

 

 

 

 

 

 

先日から始まった

「オススメ書籍」の企画ですが、

情報をお寄せいただき

ありがとうございます。

 

 

 

 

「紹介したいけど・・・」

あなたがそう思って

手が止まってしまったのは、

 

 

 

「面白かった本」としての

記憶はあるけれども、

 

 

「内容を忘れてしまった」

ということも、

ひとつの理由ではないでしょうか?

 

 

 

 

人の記憶、というものは

当てにならないもので、

 

 

どんなにいい本を読んで、

どんなに感動しても、

 

 

時間の経過とともに

忘れていってしまいます。

 

 

 

 

その理由は簡単で、

その『本を読む』という行為が

 

 

「受け身」のまま

終わってしまっているからです。

 

 

 

『情報』を知識として

『インプット』するだけでは、

 

 

結局は「記憶力の勝負」に

なってしまうのです。

 

 

 

 

そこで、面白い本を読んだら

その内容を人に話すなどと

『アウトプット』してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かに何かを説明しよう

とする際には、

 

 

内容を思い出し、

ポイントを整理するなどと、

 

 

私たちは頭の中で情報を

『再構築』しています。

 

 

 

それは今まで

「借り物」でしかなかった

あやふやな知識が、

 

 

しっかりと筋の通った

『本物の知識』に変わることです。

 

 

 

しかも説明するためには、

自分ひとりのときなら

適当に流していた疑問点も、

 

 

あいまいなまま

放置することができなくなり、

 

 

答えを見つけることで

きちんとした知識に変わります。

 

 

また説明する途中でも、

気づきやアイデアを得ることも

あるでしょう。

 

 

 

 

 

この『アウトプット』は

読んだ本に限らず、

 

 

学んだことなどにも必要で、

 

メルマガやブログなどで

情報発信してみてください。

 

 

そうやってあなたの中に

『情報』をきちんと

落とし込んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

『情報』こそが

すべての『成功のカギ』を握ります。

 

 

短時間で質の高い情報を

集める力を身につけるには・・・

 

 

これに限ります!!

無料の今のうちに試してみませんか!?

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【二段話法】で手短に相手の判断を仰ぐ

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1115 】

 

 

 

 

 

 

 

仕事をしていると

「相手の判断を仰ぐ」

という場面に

出くわすことがあると思います。

 

 

 

相手に報告や連絡、相談といった

いわゆる『ほうれんそう』を

繰り返して、

 

仕事は進んでいくものです。

 

 

 

そんなとき、

できるだけわかりやすく、

 

そして手短にできれば

仕事もスムーズに進みます。

 

 

 

そのためには

相手が「イエス」か「ノー」で

答えられるように、

 

 

『意見』『理由』をセットで話す、

【二段話法】が効果的です。

 

 

 

たとえば、

「明日の会議には○○さんも

同席させてください」

と『意見』だけを言うと、

 

 

「どうして?」と質問される

ことになります。

 

 

 

ところが、

「彼は△△のデータについて

詳しいからです」などと

 

理由までセットで

伝えることができれば、

 

 

相手は「イエス」か「ノー」で

返事をすることになります。

 

 

 

これは相手への負担を

軽くしているようでもありながら、

 

 

さりげなく『主導権を握る』

という利点もあるのです。

 

 

 

この言い回しを確実にするには

意見を言ったあとで、

 

 

『なぜならば』という言葉を

付け足すクセをつけておきましょう。

 

 

 

そうすれば次に出てくる言葉は、

『理由』でしかありません。

 

 

 

そしてその理由こそが、

『結論』なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの会話では

『結論』から言う方が

 

 

明確でわかりやすいので、

圧倒的にメリットが多いのです。

 

 

 

それは私たちが情報を

伝えるときにも言えることで、

 

 

簡単にわかりやすくまとめるには

『結論』を先に提示すればいいのです。

 

 

 

 

そして『なぜならば』のあとは、

『具体的』ならざるを得ない

ということになります。

 

 

 

そのためには

『数字』を入れますか?

 

・・・思いつく具体性を

取り入れてみてください。

 

 

 

あなたの『伝える力』

そこからどんどん

アップしていくのです。

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0