オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

『期待』が行動に大きな影響を及ぼす

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1063 】

 

 

 

 

 

 

 

人は自分ではそのつもりがなくても、

自分が周囲から『期待』されている通りに

ふるまいます。

 

 

 

自分に貼られた『レッテル』

ポジティブであれ、ネガティブであれ、

その通りに行動しようとしてしまうのです。

 

 

 

 

それはひとつのある面白い法則にも

表れています。

 

 

 

私たちは何かをやり遂げるのに、

どれくらい時間がかかるかを

常に予想してそれに取り掛るはずです。

 

 

 

英国の社会学者パーキンソンが提唱した

【パーキンソンの法則】の第1法則には、

 

 

『仕事の量は、完成のために与えられた

時間をすべて満たすまで膨張する』

というのがあります。

 

 

 

「仕事は割り当てられた時間いっぱいかかる」

ということで、たとえば、

 

 

ある仕事をするのに

3ヶ月という時間が与えられると、

やり遂げるのに3ヶ月かかり、

 

 

もし同じ仕事をするのに6ヶ月

という時間が与えられると、

やり遂げるのに6ヶ月かかってしまうのです。

 

 

 

奇妙な理屈に思えるかもしれませんが、

やり遂げるのに割り当てられた時間は

 

 

その仕事をする人の心づもりに

影響を及ぼして、

結局、期待通りになるのです。

 

 

 

多くの研究によって、

期待をかけることが人々の行動に

 

 

大きな影響を及ぼすことが

明らかになっています。

 

 

 

 

 

Olivia_Myplanner / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

ところであなたは、こんな経験を

したことはないでしょうか?

 

 

 

・「いやな人だ」と予想していた人が

会ってみると、実際にその通りだった。

 

 

・会いたくてワクワクしていた人に

会ってみると、実際に素晴らしい人だった。

 

 

 

 

初対面の人に対して抱いている期待は、

 

実際に会ってみると

その通りであることがよくあります。

 

 

 

やはりこの場合も

あなたは相手に対して、

無意識にメッセージを送っているのです。

 

 

 

 

私もあなたにメルマガをお届けしながら、

いろんなメッセージ(気?)を

送っています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはこんな情報を

欲しがっている人!

 

なんじゃないかなぁと、思いつつ・・・

 

 

ココ!cc

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

あなたが聞くべきなのは

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1062 】

 

 

 

 

 

 

 

知識や技能を身につけても

なかなか成果につながらない

というときには、

 

 

 

気持ちの持ち方である

『マインドセット』に、

問題がある場合があります。

 

 

 

マインドセットというと、

努力や根性、誠意などといった

「精神論」になりがちですが、

 

 

実は考え方を少し変えるだけで、

成果は大きく変わってきます。

 

 

 

 

何かに「チャレンジしたい」

あるいは「こうなりたい」

という気持ちになったとき、

 

 

 

心の中は希望に満ちますが、

同時に「現実的には無理だ」

「自分にとってはハードルが高すぎる」

 

 

などと、自らできない理由を探して、

諦めてしまったことはありませんか?

 

 

 

あるいは他人から、

「そんなの無理だよ」

「失敗するよ」とネガティブな発言を

受けたりしたかもしれませんね。

 

 

 

それが家族や恋人といった

もっとも近しい人からであれば、

 

 

「騙されているかもしれない」

などといった心配からくる

制止もあったでしょう。

 

 

 

自分以外の声は、

嫉妬だったかもしれないし、

 

 

あるいは本当に心配した上での

アドバイスだったかもしれません。

 

 

 

 

けれどもそれらは、

気にするべきことではありません。

 

 

 

 

あなたが聞くべきなのは、

あなた自身の声だけでいいのです。

 

 

 

 

 

たとえば、就職したい会社や

ネットビジネスで言えば、

学んでみたい塾があった場合、

 

 

 

こに行くための件は何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはとても簡単なことで、

『行きたいと思うこと』なのです。

 

 

 

もちろん、行きたいと思っても、

 

スキルの面だったり、

金銭的なことなどで、

 

行けるかどうかわかりません。

 

 

 

しかし、行きたいと思わなければ、

絶対に行けないのです。

 

 

 

あなたは自分自身の

「行きたい!」という声だけを

聞けばいいのです。

 

 

 

 

 

できない理由や限界を決めなければ、

『目標』は簡単に決まります。

 

 

 

そして目標が決まれば、

それを叶えるための

計画と努力が始まります。

 

 

 

そんなふうに

目標を達成させるという願望が

行動とリンクして、

 

 

あなたの進むべき道が

決まってくるのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

大きな説得力で、結果的には双方が『得』

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1061 】

 

 

 

 

 

 

 

今朝、ちょっとしたことで

ほめられました。

 

 

すると今日、一日

とてもいい気分で過ごせました。

 

 

 

 

 

ほめられることは

人間のもっとも深い欲求です。

 

 

人はみな、ほめられたいと

思っています。

 

 

いくらほめられても、

もっとほめてほしいというのが

人々の本音なのです。

 

 

 

 

だからこそ、

『ほめ言葉』は相手の行動を

変える力を持っているのです。

 

 

ほめられた相手は

自分が大切にされていると感じます。

 

 

そしてほめられた内容が正しいと

証明しようとするだけではなく、

 

 

ほめてくれた人の言うことを

素直に聞こうとします。

 

 

どんな人でも、

自分をほめてくれる人には

逆らえないのです。

 

 

 

 

特に、尊敬されることを求め、

認められたいと思う気持ちである

 

 

【自負心】はいつも満たされたいと

思っている欲求で、

 

 

それを満たすことをすれば、

大きな説得力を持つことができます。

 

 

 

 

相手の自負心を満たそうとするならば、

誠実な気持ちで

相手をほめなければなりません。

 

 

 

それで相手が気分よくなれば、

結果的には双方が

『得』をすることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、イギリスの軍人、

ジェームズ・オグルソープの

エピソードは大変参考になります。

 

 

 

新大陸に植民地を建設するためには、

国王ジョージ2世の許可が必要でした。

 

 

ところが、どれほど陳情しても

国王の気持ちはつかめませんでした。

 

 

そこでオルグソープは、

 

国王にちなんだ名前を

植民地につけることを提案したのです。

 

 

 

国王ジョージ2世は態度を急変、

植民地の建設を許可しただけでなく、

 

 

惜しみなく財政支援をし、

必要な人材を派遣することを

約束したのです。

 

 

 

これが「ジョージア州」という

名称の由来だと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

国王の心までも動かす、ほめ言葉。

恐るべし『ほめパワー』ですね。

 

 

 

ちなみに、私が今朝もらったほめ言葉は、

「今日もきれい。ちょっと痩せた?」

でした。

 

 

 

たぶん、挨拶がわりの言葉でしょう。

「今日も」と「ちょっと」が付いて、

 

 

好感度アップの、

ウソくさくない言葉になっています。

 

 

 

まぁ、女性に「きれい」「痩せてる」は

ぜんぜん感じてなくても(笑)

言ってあげるべき言葉かもしれません。

 

 

「頼もしいわぁ♪」

女性の私はコレを使っています(笑)

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

気持ちを上向きにしてくれる『シンプル・イズ・ベスト』

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1060 】

 

 

 

 

 

 

 

前向きに生きようと思っても

人間関係の難しさにうんざりしたり、

 

 

念入りに準備したつもりの企画が

途中で大コケしてしまったりと、

 

 

思い通りにならないことは、

私たちの生活には日常茶飯事です。

 

 

 

 

しかしそんなとき、

心をふっと楽にしてくれ、

 

 

気持ちを上向きにしてくれる

気分転換の方法があります。

 

 

 

誰でも、どんなときにでもできる、

とっておきの方法です。

 

 

とても簡単ですので

ぜひ、あなたもやってみてください。

 

 

 

 

 

それは『深呼吸』です。

 

 

「えっ?」なんて顔をしないで、

ゆっくり息を吸って、

 

ゆっくり吐き出してみてください。

 

 

「んっ?」と思ったら、

それを二、三回くり返してみましょう。

 

 

 

どうでしょう?

「いい感じ」ではありませんか?

 

 

この深呼吸、意外と

リラックス効果があるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「断捨離」ということが

広く認知されるようになって、

 

 

 

『シンプル・イズ・ベスト』

見直されていると思うのですが、

 

 

 

 

なかなかシンプルには暮らせなくとも、

気分転換くらいは

 

 

お金や時間をかけなくても、

シンプルにできたりするのです。

 

 

 

 

 

息を吸うときには

気のパワーを体内に取り込むように、

 

 

そして吐き出すときには、

自分の中に漂っているモヤモヤを

一掃するようにします。

 

 

 

 

ぜひ、明日の朝イチから、

やってみてください。

 

 

 

これで一日のスタートを

爽やかに切った

一週間が始まりますよ。

 

 

 

気に頑張っていきましょうー!

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

ビジネスでの主導権の握り方

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1059 】

 

 

 

 

 

 

 

人との「出会い」や「つながり」を

異業種交流会などに求めても、

 

 

そこではみんな大人なので

表面上は仲良くしてくれますが、

魅力を感じてはもらえません。

 

 

 

ところが、

どのようなこともそうですが、

一緒に何かをしたという記憶ほど

 

 

相手に対して

好感を抱かせるものはありません。

 

 

 

たとえば同じセミナーを

受けていただけというのは

つながり的に薄いですが、

 

 

同じグループで

一緒に課題を解いたとなると、

 

 

がぜん相手に対する

親近感が湧いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に何かをすれば、

自ずと『主導権』を握る

場面も出てきますが、

 

 

 

ビジネスとして

相手とかかわるには

自分が主導権を握ることも大切です。

 

 

 

主導権と聞くと、

相手をコントロールするような

優位な立場を想像しますが、

 

 

決して自分のメリットを先に考えて

動くことではありません。

 

 

 

 

たとえば、

セールスをする立場で考えてみたとき、

相手もセールスをしているならば、

 

 

 

そのときやるべきことは、

自分の商品パンフレットを

 

 

「見てください」と

相手に差し出すことではなく、

 

 

「どんな商品があるんですか?」

と相手の商品パンフレットを

 

 

先に見せてもらったり、

興味を示すことです。

 

 

 

 

どうしても自分のことばかりを

アピールしたくなってしまいますが、

これは間違った主導権の取り方です。

 

 

 

お互いにお店を経営している同士なら、

 

「今度、自分の店に来てください」

というのではなく、

 

自分から相手のお店に足を運ぶのです。

 

 

 

 

どんな仕事であっても、

まず相手のお客さんになってあげれば

自然と人間関係ができてきます。

 

 

 

 

相手のペースにさせて

自分が主導権を握るということが

できるのです。

 

 

 

 

 

メルマガもブログも無料レポートも、

先にあなたがアクションを

起こしてみましょう。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『継続は力なり』その力を見るために

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1058 】

 

 

 

 

 

 

 

『継続は力なり』は言葉通り、

 

何かを継続するための

励みとなる言葉ですが、

 

 

私たちは継続すれば

道が開けるようになることが

理屈ではわかっていても、

 

 

なかなかその継続ができない、

というのも事実です。

 

 

 

 

なぜ私たちは、

継続が効果的だと知りつつ、

続けることができないのでしょうか?

 

 

 

 

それは成果がすぐには

確認できないため、

 

 

心が何かのはずみでマイナスに

かたむいてしまう点があるからです。

 

 

 

たとえば、

作った料理を家族に味見してもらう。

明日のテストに備えて徹夜で勉強する。

 

 

などといったことは、

すぐに成果を確認することができます。

 

 

 

しかし、

国家資格をとる。

英語がペラペラに話せるようになる。

などのようなことは、

 

 

 

成果が現れるまでには

どうしてもある程度の時間がかかり、

すぐに成果を確認することができません。

 

 

 

その間、失敗したり、

壁にぶつかるなどして

 

 

スランプに陥ったりすると、

心がマイナスに

かたむいていってしまうのです。

 

 

 

 

それを防止するためには、

 

なりたい自分やその未来像を

ありありと空想する、

 

『イメージング』が効果的です。

 

 

 

実際に自分がなりたい姿になって

活躍しているのを空想すれば、

気分がワクワクします。

 

 

 

このワクワク感こそが

モチベーションをアップし、

 

 

気持ちを継続へと

つないでいくのです。

 

 

 

 

 

skeeze / Pixabay

 

 

 

 

 

また、継続のためには

『宣言』することも効果的です。

 

 

人は『一貫性』を持ちたがる

生き物です。

 

 

 

たとえば、

「メルマガを発行します!」

 

 

ということをツイッターなどで宣言し、

認識してもらうのです。

 

 

 

メルマガを発行「している」人として

周りに認めてもらえば、

 

 

その一貫性を保とうと

メルマガ発行を続けることができます。

 

 

 

『何かを宣言し、その通りに実行する』

 

このサイクルを続けていれば

いつしか、

 

 

「あの人はすぐに実行できる人だ」

という認識も広まっていきます。

 

 

 

なりたい自分をイメージングして、

宣言したら、実行してみましょう。

 

 

継続していくことが

あなたの力、そのものになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

frankbeckerde / Pixabay

 

 

 

誰かのためだったら、

続けられそうではありませんか。

 

大切な家族、恋人・・・

 

 

 

くじけそうになったら

その人の顔や声を思い出して、

 

ここから、もうひと踏ん張り!

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

すべてが「自分の実力」だと思わない謙虚さと

読了までの目安時間:約 4分

 

【 加南本舗 Vol.1057 】

 

 

 

 

 

 

 

自分に自信が持てない、

という人がいます。

 

 

だから自分の発信するものが

価値あるものだとは思えない、

というのです。

 

 

 

情報発信するには

誰もが見たり聞いたりしたことの

ないような情報でなければならない、

 

 

そんなふうに思い込んで、

ひたすら自分で飛び越えるべき

バーの高さを変えてしまって

 

 

 

挙げ句の果て、

せっかく始めたネットビジネス

そのものをやめてしまうことに

なってしまいます。

 

 

 

 

けれども

自分には何も発信するものがない

って本当でしょうか?

 

 

 

これまでに学んできたことは

今日から学ぼうとしている人たち

からすればすごいことなのに、

 

 

 

「こんなこと、できるうちに入らない」

と勝手に思ってしまうのでは

ないでしょうか。

 

 

 

そしてさらには、

「プロの起業家さんの

メルマガに比べたら・・・」

なんて思ってしまうのです。

 

 

 

別に今の段階から

トップの起業家さんと比べる

必要なんて全然ないのです。

 

 

 

むしろ初級者の人たちは、

ものすごく難しいノウハウや情報が

ほしいわけではないのです。

 

 

 

今の段階でつまずいていること、

それがクリアできたら、

それは価値ある情報なのです。

 

 

 

 

あなたが今持っているものは

他の人から見たら価値あるもの、

 

うらやましいことばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、その自信を過信しすぎて、

すべてを「自分の実力」だとは

思わないことです。

 

 

 

よく成功者は運がいいと言われます。

 

その運の良さというのは、

その運を運んできてくれた

誰かの存在があるのです。

 

 

 

運がいい人は

そうした運を運んできてくれる

人との関係を大切にし、

 

 

感謝し続けていることで、

成功しているのです。

 

 

 

成功には

感謝の心を忘れないでいる

ということも大切ですね。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

潜在意識を引き出すあなたの笑顔

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.1056 】

 

 

 

 

 

 

 

祝日なのに仕事、

しかも今日は勤労感謝の日。

 

 

だけど、笑顔のステキなあの人から

「お疲れさまです!」

 

 

なんてニッコリされたら、

疲れも一気に吹き飛んじゃいますよね。

 

 

 

 

 

 

には心の奥底にある

潜在意識を引き出す力があると

言われています。

 

 

 

そのためスポーツ選手などは

試合でミスをしても、

笑っていることがあります。

 

 

 

とかく失敗したときなどには、

「しまった!失敗してしまった!」

などと苦しそうな顔をしてしまいますが、

 

 

 

そうすると脳にはその表情を通じて、

「失敗した」という記憶が

強く印象づけられるのです。

 

 

 

すると、そのあとも失敗を

引き寄せやすくなってしまいます。

 

 

 

ところが、

失敗したときも笑顔でいると、

 

 

脳がその失敗は

なかったように把握します。

 

 

そのため失敗して動きが

小さくなることを防げるのです。

 

 

 

 

この笑顔でいるということは、

顔の筋肉をゆるい状態にして

脳の状態をよくすることです。

 

 

 

アメリカの野球選手などが

試合中にガムを噛んでいるのは

 

 

一見、お行儀の悪い

行動のように思えますが、

 

 

あえてそういう状態を

作っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方法はスポーツ選手だけでなく、

私たちも取り入れたい方法です。

 

 

 

心理の法則には、

 

『楽しいから笑うのではない、

笑うから楽しいのだ』

 

ということがあります。

 

 

 

日頃から笑顔でいることを心がけ、

心がヘコんでしまうことがあっても、

 

 

できるだけ笑顔を保つようにすることで、

心にプラスのエネルギーが

増えていきます。

 

 

 

 

だからって、

そう簡単に笑えるものではない

かもしれませんね。

 

 

 

そういう人は、

毎朝の洗顔や歯磨きの際に

鏡の前でニコッと笑顔を作ります。

 

 

それを毎日繰り返していると

楽しい気分になっていき、

心もおだやかになっていきます。

 

 

 

 

生きることを楽しむ上で、

生活のところどころに

 

 

『笑う』ことを

織りまぜていくことは、

とても大切なことです。

 

 

 

『笑う』ことの思いがけぬ効用を、

あなたの生活のいろどりに

加えてみてください。

 

 

 

 

これを読み終わったら、

鏡の前でさっそく口角を

キュッと上げてみてください。

 

 

すると、マイナスの感情が

スッとなくなっていくのを

感じることができると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

人生の「貯蔵環境」とは

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1055 】

 

 

 

 

 

 

 

先日のボジョレー・ヌーボー解禁日、

今年のワインを楽しまれたでしょうか。

 

 

それとも「うっ、マズイ・・・」

なぜだかそう口にしてしまうのは、

 

 

 

ボジョレー・ヌーボーが

味わうワインではなく、

 

 

フランスのブルゴーニュ地方

ボジョレー地区で作られる

 

 

ワイン(ボジョレー)の

新酒(ヌーボー)のことだからです。

 

 

つまり、その年に収穫された

ブドウから作られる一番新しいお酒、

 

 

その年のブドウの品質がよいか悪いかを

確認するために作られている

と言われています。

 

 

 

また、解禁日は当初は、

11月15日だったのが、

 

 

日付固定だと年によっては

休日になってしまうなど、

 

 

売れ行きに影響が出るため

毎年11月第3木曜日と決められました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生をワインにたとえるって

ちょっと気取ってる感じがして

妙に照れくさくもあるのですが、

 

 

 

人は本来、年齢を重ねるとともに

衰えるということではなく、

 

 

豊かな風味を醸し出す

ワインのように、時とともに

成熟していくようです。

 

 

 

ワインが「貯蔵環境」が悪いと

発酵を止めてしまうように、

 

 

人生も、その「味覚」を

台無しにしてしまうことがあります。

 

 

 

人生の「貯蔵環境」とは

その人の『心のあり方』であり、

 

 

人を衰えさせるのは、

人生の「発酵」を止めてしまった

その人の内面的なものだと言えます。

 

 

 

たとえば、

「頑張ったって何も変わりはしないよ」

と言う人がいれば、

 

 

その人はいつも他人のすることを

批判したり、文句を言ったりはしますが、

自分では何もしようとはしない人です。

 

 

 

 

たとえ頑張っても

何も変わりはしないかもしれませんが、

 

 

何かを変えようと思うならば、

やはり頑張らなければ

何も変わりはしないのです。

 

 

 

人生を豊かにする

「発酵」も「熟成」も、

 

あなた次第なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

心がプラスに切り替わる目標設定

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.1054 】

 

 

 

 

 

 

 

ポジティブ思考を

すすめることのひとつに、

 

 

『高い目標を持つ』

ということがあります。

 

 

 

目標を高く掲げると、

それをクリアできたときの

達成感が大きく、

 

 

やる気が出るというのが

その理由なのですが、

 

 

 

やみくもに高い目標を立てることは、

ときには心にマイナスの影響を

及ぼしてしまうので注意が必要です。

 

 

 

ゴールばかりを注目してしまい、

目的意識が強くなりすぎると

 

 

目の前の地味な作業が

手につかなくなり、

 

 

先送りしてしまうということに

なってしまうのです。

 

 

 

 

たとえば、

ブログを作るというゴールがあれば、

 

 

最初の一文字から書くという

現実を意識せず、

 

 

すでにたくさんの記事があり、

多くのアクセスに恵まれ、

 

 

たくさんのコメントで

あふれているブログを

想像することと同じです。

 

 

 

実際にブログを始めてみると、

そこにはまっさらなページに

 

 

記事がひとつ、

ポツンとあるだけという現実・・・

 

 

 

夢みた華やかで楽しいゴールとは

大きくかけ離れたその理想と、

 

 

現実とのギャップに苦しんで、

心折れてしまうこともあるのです。

 

 

 

 

そうならないためにも、

目標を立てるときには最初から一気に

 

 

ゴールを見据えるのではなく、

まずは中間地点を目指してみます。

 

 

 

 

「こんな高い目標をクリアするのは

無理かもしれない」という状態から、

 

 

「この目標なら今の自分自身でも

クリアできそうな気がする」

という状態へ変えてみるのです。

 

 

 

すると心がプラスに切り替わり、

現実を受け入れる余裕ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポジティブ思考は

「できない」と考えることを

よくないことだと考えます。

 

 

 

しかし実際には、

今すぐできないこともあり、

そこにゆがみが生じるのです。

 

 

 

現実が理想にほど遠く

落ち込んでしまうのなら、

 

 

発想を切り替えて

理想を今の自分に近いものに

変えてしまえばいいのです。

 

 

 

大切なのは、心おだやかに

目標を追いかけていけることなのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0