オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手の間違いに同意するのは難しいけれど

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.885】

 

 

 

 

 

 

 

 

よりよい人間関係を築くために

必要なスキルに、

 

 

『とにかく、同意する』

というものがあります。

 

 

 

 

たいていの人は、

自分に同意してくれる人に

好感を抱くものです。

 

 

逆に、あからさまに自分に反対する人を、

嫌いになるという傾向があります。

 

 

 

ですから、人とうまく接したいなら、

まず、相手に同意することです。

 

 

同意するだけで、

よい人間関係が作れるのだから

とても身につけやすいスキルですよね。

 

 

 

 

とは言っても・・・

普通は、反対する方が簡単です。

 

 

反対する際にはそれほど理由はいりません。

自分が気に入らないから、

そんな理由だっていいからです。

 

 

 

 

ところが、同意するためには、

まず第一に『心の広さ』が求められます。

 

 

何しろ、相手が間違っているのに

同意してみせるのは難しいものです。

 

 

そんな場合においても、

どうしても必要な場合を除いて

反対しないでおきましょう。

 

 

 

もちろん、

どうしても反対しなければならない

場合もあるでしょう。

 

 

それは仕方ありません。

しかし、そういう場合は、

実際には驚くほど少ないはずです。

 

 

 

 

 

逆に、自分が間違っていた場合は、

 

「私が間違っていました」

「私のミスです」などと、

必ずきっぱりと言いましょう。

 

 

 

自分の間違いを素直に認められるのは、

器の大きな人物にしかできないことです。

 

 

それができるということは、

尊敬に値するということです。

 

 

そういう素直さはいくつになっても

失わないでいたいところです。

 

 

 

 

同意するにはその習慣が身につくよう、

 

心の中に自分が同意している姿を

焼き付ける練習をしているとうまくいきます。

 

 

 

そして同意しているときは、

それを相手に知らせるようにします。

 

 

同意できるだけでは十分でありません。

同意していることが相手に伝わらなければ

意味がないのです。

 

 

そのためには、同意しているとわかるように

うなずくこと、そして相手の顔をしっかり見て、

 

 

「あなたのおっしゃる通りです」

「あなたに賛成します」などと、

はっきり口に出して言いましょう。

 

 

 

 

メルマガにおいては、

みなが驚くような反対の意見を

 

 

ズバっと言うことも、

ブランディングに役立つことがあります。

 

 

しかしそれが十分根拠のあるものでなければ、

逆効果です。

 

 

批判だけをするイタイ人になってしまいます。

メルマガにも心の広さが必要なのですね。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

遅刻癖のある人は要注意

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.884】

 

 

 

 

 

 

 

待ち合わせをしても、

いつも遅れて来る人っていますよね。

 

 

 

私自身もこの「遅刻癖」のある人に

相当、自分の時間を引っ掻き回されました。

 

 

今ではほとんど交流はありませんが、

「やれやれやっと開放された」

というのが正直な感想です。

 

 

 

 

 

この「遅刻癖」の裏には、

主に3つの心理的要因が働いているのです。

 

 

 

■本人が遅刻しないように努力しているのに

 なぜか遅刻してしまうケース。

 

 

本人の潜在意識の中に自己否定の思いが

あることが多く、

 

自分はダメだという気持ちから

誰かに責められたり、

謝らなくてはいけない状況を自ら作り出し、

 

それを自己否定につなげてしまうという

悪いループを繰り返しているのです。

 

 

 

■相手が甘えているケース。

 

 

少しくらい遅れても許してくれるだろう

という心理が時間にルーズにさせています。

 

付き合った頃は遅刻しなかったのに・・・

そんなパターンが多いのではないでしょうか。

 

これを「気を許してくれている」と考えて許すか、

「ナメられている」と怒るかは、あなた次第です。

 

 

 

■本人が意識的に遅刻しているケース

 

 

少々タチが悪く、

相手を待たせることは

時間の主導権を握っていることであり、

 

つまり待っている間の時間は

相手に左右されていることになり、

一時的に優位に立つということです。

 

もったいぶって気を引き、

自分の価値を高めたいという心理の表れです。

 

 

 

 

 

 

「遅刻」というのは、

厳しい言い方をすれば、「犯罪」です。

 

 

相手を待たせた時間は、

相手の命を奪ったのと同じようなものです。

 

 

遅刻の常習犯は、放っておくと

あなたの時間をどんどん盗んでいきます。

 

 

 

 

遅刻をするということは、

目標達成ができないということです。

 

 

なぜなら目標達成は、

時間厳守の積み重ねだからです。

 

 

 

遅刻の常習犯は

人生の目標にも遅刻しますから、

夢は永遠に夢のままなのです。

 

 

 

ところが時間厳守でデキる人というのは、

いつも『前倒し』です。

 

 

前倒しで物事を進めていくので、

夢も早い段階で叶えていきます。

 

 

 

 

もし、あなたに遅刻癖があるのなら、

 

後ろ倒しの人生から

前倒しにシフトしてみましょう。

 

 

 

同じ24時間という一日で、

できることがまったく違ってきます。

 

 

限られた24時間を何倍も

有効活用できるのです。

 

 

 

 

 

時間を大切にできる人は、

命を大切にできる人です。

 

 

自他共に命を大切にできる人に

運が向いてくるのは当たり前のことで、

 

そんな人が成功していくのです。

 

 

 

 

 

 

そう言えば・・・

遅刻癖のある彼女と付き合い初めの頃、

デートにいそいそと出かける彼女に、

 

「いい女は遅れて行くものよ。

男性を待っているなんて余裕なさすぎ!」

 

なぁ~んて自分を「いい女」ぶって

アドバイスしたものです。

 

 

彼氏との待ち合わせに遅れなかったのは

最初のうちだけだったような気がします。

 

彼女が本当にいい女だったのかはナゾです(笑)

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

みんなが「いいね!」と言った本

読了までの目安時間:約 3分

 

2016 5-10a

 

 

 

 

■基本的なルールとは何なのか?

 

ブログやFacebookなどの「コンテンツ」で
成功するためにはどうすればいいのか?
具体的に、いつ、何をどう書けばうまくいくのか?

 

2016 2-27

 

『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』

 

 

 

 

■こんなふうに「人脈」を利用して
顧客を増やすなんて・・・

 

マナー違反でしょうか?

 

10-14

 

『秘・人脈活用術』

 

 

 

 

 

■人生において、あなたと時間との関係全体を
徹底的に再設計することができる、

 

何足ものわらじを履き、創意にあふれた、
エネルギッシュな経営者に向けた特別な本。

 

2016 5-10

 

『社長のための時間の使い方』 

 

 

 

 

 

■知らない間に買っている
「欲しい」が生まれるメカニズム

 

7-25a

 

『脳科学マーケティング100の心理技術』

 

 

 

 

 

■あなたは知っていますか!?
なぜ、商品が良くても潰れる会社があるのか、
なぜ、すべてのお客さんに
  丁寧に接してはいけないのか・・・

 

一生、お客に困らない、
日本人の知らなかった起業術。

 

2016 4-1

 

『フリーエージェント起業術』 

 

 

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:0

自分には価値があると信じることの大切さ

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.883】

 

 

 

 

 

 

 

相手から自分はどう思われているのか?

 

特に初対面の人なら

気になるところですよね。

 

 

 

 

実は自分の印象というものは、

自分自身で左右することができます。

 

 

 

 

相手が誰であろうと、

最初はみな見知らぬ人です。

 

 

だからどのような印象を与えるか

ということは、

 

 

自分がどのように振舞うか、

ということによって決まってくるのです。

 

 

 

 

相手によく思われたい、

敬意を払ってもらいたい、

感心してもらいたい、

 

などと思うのであれば、

 

 

あなた自身がそれにふさわしい

人物であるという印象を、

与える必要があるのです。

 

 

 

 

そのためには、何よりもまず、

あなたが、あなた自身に

 

 

どのような価値を見出しているのか、

ということにかかっています。

 

 

 

 

たとえば職業を聞かれたときに、

「私はごく普通の車のセールスマンです」

と答えた場合、

 

 

これでは相手が

よい印象を持つはずがありません。

 

 

自分から、取るに足らない人物だと

言っているのと同じだからです。

 

 

 

「私はA自動車で働いています。

A自動車では新車の○○の販売に

意欲的に取り組んでいます」

 

などと答えれば、

 

 

相手はまったく違う印象を

受けるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

今、あなたが取り組んでいらっしゃる

ネットビジネスにおいても

 

 

「まだ5000円しか稼げていないのですが」

などと言う人の話なんか聞きたくないですよね。

 

 

『0→1』にすることが

どんなに難しいことか、

 

そしてそれに苦労している人が

どんなにいるかを、

 

 

バッサリと切り落としていることに

気づけないでいるのです。

 

 

そういう人はたぶん、

「5000円しか」で終わる人でしょう。

 

 

 

 

自分の仕事に

どんなに熱意をもっているかを

示しましょう。

 

 

意気込みは相手に伝染します。

 

 

あなた自身の意気込みを

買ってもらえて初めて、

 

 

商品であれ何であれ、

あなたの売ろうとしているものを

買ってもらえるのです。

 

 

 

自分に誇りをもち、敬意を払うこと、

 

『自分には価値がある』と、

信じることが大切なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:4

今までと同じ決断をしていたら、今までの人生を繰り返す

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.882】

 

 

 

 

 

 

 

運がいい人と悪い人・・・

 

運というものは、

果実のように育てていくもの

ということをご存知でしょうか?

 

 

 

果実を大きく実らせ収穫するためには、

あなたの人生そのものを変えたかったら、

 

 

 

 

目の前の決断から変えていくことです。

 

なぜならあなたの人生というのは、

あなたの決断の積み重ねから

成り立っているからです。

 

 

 

 

 

今までと同じ決断をしていたら、

今までの人生を繰り返す。

 

 

このシンプルな真実に気づくことが、

大きな果実を収穫できる、

 

人生を変えていくコツなのです。

 

 

 

 

 

運がいい人の決断の仕方は、

迷った際には

 

 

今すぐ『得をしない方』

選んでいることです。

 

 

 

得をしないにも関わらず、

迷っているというのは、

 

それだけ熱意がある証拠だからです。

 

 

 

 

 

人生において『熱意』ほど

大切なものはありません。

 

 

熱意があれば、

それは必ず周りに伝わります。

 

 

 

すると、どうなるか・・・

 

 

その熱意が周囲を巻き込むのです。

 

応援してくれる人が増えて、

立ちはだかる困難の壁も

乗り越えることができるのです。

 

 

 

 

 

何かを迷っているという状態は、

 

あなたの中の心の天秤が50対50

であるということで、

 

どちらを選んでも結局は同じなのです。

 

 

 

片方を選んでうまくいかなければ、

もう片方を選んでおけばよかったと

後悔するということです。

 

 

 

どうせ後悔するのなら、

今すぐ得をしない方を選んで、

 

 

『運の貯金』をすれば、

あなたの熱意とともに

果実も大きく実るのです。

 

 

 

 

もちろん、迷うことがなければ、

得する方を選べばいいのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

凡人たちが成功者の仲間入りをした秘訣

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.881】

 

 

 

 

 

 

 

成功するための方法のひとつに、

尊敬したり憧れている人の

 

『真似をする』ということがあります。

 

 

 

「こうなりたい」と心底憧れるその人の、

しぐさや表情、服装や持ち物など、

 

 

目に見える部分から、

できれば目に見えない部分、

 

 

その人が読んでいる本や、

聴いている音楽、趣味など、

 

 

そして人との付き合い方から、

仕事のスタンスまで、

 

 

 

 

徹底的に真似して、

 

まるでその人になったかのように

演じてみるのです。

 

 

 

 

 

やってみたらすぐに気づくはずです。

「楽しくてやめられない」と。

 

 

それがあなたの人生を勝ち組へと変える、

一大プロジェクトの始まりなのです。

 

 

 

 

 

実際に、凡人たちが

成功者の仲間入りをした秘訣は、

 

身近な成功者の真似をしたことなのです。

 

 

それも中途半端ではなく、

とことん真似をしてみた結果なのです。

 

 

 

 

 

その「とことん」なのですが、

真似してみれば気づけますが、

 

 

どこまでいっても100パーセントの

真似はできません。

 

 

 

その真似できなかった部分は、

あなたの『個性』ということになります。

 

 

 

 

 

逆に、成功者の仲間入りをできなかった

圧倒的多数の凡人たちは、

 

 

数パーセントさえも

成功者の真似ができなかっただけです。

 

 

 

「真似するなんてみっともない」などと

せこいプライドがあったり、

 

 

「周りを見渡しても憧れる人なんていない」と、

周囲をきちんと見渡す力もなく、

 

愚痴だけで人生を終えていくのです。

 

 

 

 

 

いいと思ったことは、

とことん噛み砕いて自分の中で消化する。

 

 

できるところから丁寧に、

あの人の真似をしてみませんか!?

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

時給で働く生き方から、成果で働く生き方にシフトする

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.880】

 

 

 

 

 

 

 

自己投資が大切だということは、

あなたもよくご存知だと思うのですが、

 

 

中でも最高の自己投資は、

『頭脳への投資』です。

 

 

頭脳に投資したものは、

誰からも盗まれることはありません。

 

 

 

これを徹底しているのが、ユダヤ人です。

 

彼らは子供の教育のためによいと思えば、

たとえ全財産を投げ打っても投資します。

 

 

それだけの価値があることを

熟知しているからであり、

 

 

それが地球上の生物の中で、

もっとも知能指数が高いと言われる

ゆえんかもしれません。

 

 

 

 

将来なりたいもののために投資する、

稼いだお金は永遠に自己投資し続ける、

 

それが一生富続けるコツなのです。

 

 

 

 

 

そしてお金持ちは時給では働かない。

ということに注目してください。

 

 

ここで言う時給とは、

パートやアルバイトのことではありません。

 

 

決まった月給をもらっているということは、

勤務時間で割ったら、

単純に時給が計算できます。

 

 

ただ、この働き方のいいところは、

永遠にお金持ちには

なれないかもしれませんが、

 

 

安定があり、

精神的にラクだということです。

 

 

 

 

仕事なのだから責任はある

と思われるでしょうが、

 

 

完全成果主義で仕事をしている人に対し、

たとえ営業目標を達成できなくとも、

 

 

何ら変わりなく給料が支払われている限り、

責任があるとはいえない、

というのがプロの考え方です。

 

 

 

 

 

お金には意思があります。

 

 

才能を発揮して、

世の中に貢献している人を好む

傾向にあるのです。

 

 

だから、プロスポーツ選手や、

天才経営者のもとには、

 

どんどんお金が流れ込みます。

 

 

 

 

お金持ちになりたければ、

 

時給で働く生き方から、

成果で働く生き方にシフトすることです。

 

 

 

時給思考で働く人は貧乏人生のままです。

 

 

成果思考で働く人こそが、

お金に好かれて、お金持ちになるのです。

 

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』

読了までの目安時間:約 3分

 

 

2016 5-23

 

 

『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』

 

 

 

 

 

あなたは今まで
不思議に思ったことはありませんか?

 

 

なぜ同じ知識を持っていても、
それを生かして成功する人と、
そうでない人がいるのか・・・

 

 

なぜ同じノウハウを知っていても、
それを生かして成功する人と、
そうでない人がいるのか・・・

 

 

なぜたくさんのビジネス本が
出ているにもかかわらず、
成功している人は、常に少数なのか・・・

 

 

この本はその答えになるかもしれません。

 

 

いかに富を引き寄せるか。
そのための、正しい行動とは何か、
が書かれた本です。

 

 

お金儲けに心のブレーキを感じるけど、
収入を増やしたいあなたへ、

 

この本は、あなたからお金に対する恐怖、
罪悪感、先入観を取り払ってくれるでしょう。

 

 

 

著者である、ダン・ケネデイは、
今までに、数多くの社長、起業家を
億万長者に育て上げてきました。

 

 

何千通りも見てきたダン・ケネディだからこそ
語れる『お金・富の引き寄せ方』がここにあります。

 

 

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

 

ダン・ケネディ

 

全米で多くの億万長者を生み出してきて、
「億万長者メーカー」と呼ばれている。

 

彼にはいくつもの顔があり、
講演家としては、9年連続で、
20~27以上のイベントに出演。

 

マーケティング・コンサルタントとしては、
32年のキャリアをもち、
起業家、マーケターにとって
極めて影響力の強い人物である。

 

 

 

 

『億万長者のお金を生み出す26の行動原則 』

 

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

オススメ書籍    コメント:0

ヒット商品を作る【未完成の法則】

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.879】

 

 

 

 

 

 

人は『未完成』なものを、

 

『完成』させていくプロセスを

楽しむというところがあります。

 

 

 

プラモデルやジグゾーパズルは、

作り上げていく過程が楽しいもので、

 

 

完成された商品を買いたいと

思う人はそういないはずです。

 

 

 

 

『未完成であることが魅力』という、

サービスや商品が評判を呼ぶ場合は

意外と多いのです。

 

 

 

この【未完成の法則】は、

ヒット商品を作る戦略のひとつです。

 

 

 

 

 

たとえば、「ブログ」も

あらかじめテンプレートが用意

されていたりしますが、

 

 

そこは個人の自由で、

各ユーザーが書き込む文章や画像などの

コンテンツが重要になってきます。

 

 

簡単に自己表現ができる

キャンパスの役目を果たして、

急激的に広まったのです。

 

 

 

 

 

気軽に始められて、

それなりの充実感がある商品の方が

ブームを作る可能性を秘めています。

 

 

そういうものは世の中にあふれています。

 

 

インターネット上で作成、

公開されている百科事典

「ウィキペディア」は、

 

一般ユーザーが自由に

編集に参加できる集合知の辞典です。

 

 

人工知能を搭載しているロボットは

コミュニケーションを通じて学習し、

次第に高度なことができるようになります。

 

 

食品にしても、焼くだけのピザや、

衣がついて揚げるだけのフライなど、

時短の商品がたくさんあります。

 

 

 

 

 

すべてが「ゼロ」からではなく、

「ある程度の段階」から消費者が

 

 

ものを作り出す力を促進、

『愛着』がもてるように、

 

 

最後の『カスタマイズ』を

ユーザーに任せたり、

 

 

『未完成な部分』をあえて残して、

 

 

完成までの『プロセス』を

楽しめるようにされています。

 

 

 

 

完成形が1だとしたら、

 

『0.8の商品』を作って、

『0.2の余力』をユーザー側に残して

 

商品化するというのが売れる目安なのです。

 

 

 

 

 

メルマガ発行にしても、

完璧を目指す必要はありません。

 

 

読者さんと一緒に作り上げていく、

その過程をあなた自身から

楽しんでみてください。

 

 

企画を一緒に考えたり、

あるいは寄せられた質問を公開、

 

 

その答もきっとひとつではないはずです。

それさえも募集して、

メルマガを作り上げることもできます。

 

 

 

 

あなたのメルマガは、

あなたのものであって、

 

 

すべてがあなたの考えで

成り立っているのではなく、

 

 

そこにはいつも『ニーズ』がある、

完成への『余地』を、

読者さんに託してみてください。

 

 

 

あなたのメルマガの答えを知っているのは、

あなたの読者さんなのですから。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

相手にとっての理由を明確にする

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.878】

 

 

 

 

 

 

 

人間の行動にはすべて『理由』があります。

 

 

ですから、人に何かをしてもらいたいときは、

その人がそれをしなければならない理由、

 

 

『イエス』と答えやすい環境を

整えることが必要です。

 

 

 

もちろん、

この『イエス』と答える理由は、

 

 

『相手にとっての理由』

でなくてはなりません。

 

 

 

あなたに有利に働き、

あなたの利益になるような理由では、

 

相手を動かすことはできません。

 

 

 

そのためには、

あなたが望むことをすれば、

 

 

相手にどんな利益があるのかを

話せばいいのです。

 

 

あなたにどれほど利益があるか

という話は、ご法度です。

 

 

 

 

 

そしてその頼み事も

イエスかノーかで答える質問だと、

 

 

ノー場合、こちらの頼みを

聞いてもらえないことになります。

 

 

それを避けるために

【二者択一】の質問にすると、

 

良い結果を得られる可能性が高くなります。

 

 

 

たとえば、Aさんに面会を頼みたい場合、

 

たいていの場合は「会ってもらえるかどうか」を

尋ねることになりますが、

 

 

その聞き方だと、イエス(つまり会えるか)

ノー(つまり会えないか)の選択肢を

与えることになります。

 

 

要するに『イエス』という返事を

もらう可能性が減るのです。

 

 

 

けれども、

「Aさんのご都合がいいのは、

今日の午後でしょうか?

 

それとも明日の午前か午後の方が

よろしいでしょうか?」などと聞けば、

 

 

 

これは会う時間を選択する質問のため、

 

いずれの場合も会えるので、

『イエス』の答えになります。

 

 

 

このように、どちらの答えを選んでも、

 

こちらがしてほしいことを

せざるを得ない質問をするのがコツです。

 

 

 

 

 

相手が『イエス』と言うと思っているだけでは、

単なる思い込みでしかありません。

 

 

しかし、こちらが『イエス』という返事を

確信していると伝えることができれば、

 

たいていの人は迷ったりしません。

 

 

これは、人間心理をついた

『イエス』の返事を誘導する方法なのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2