オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

無意識に肯定的にさせる「イエス」の効用

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.785】

 

 

 

 

 

 

 

重要な案件があった際に、

相手に「イエス」と言ってほしいときには、

 

いきなり本題から切り出さないようにしましょう。

 

 

 

たとえば、

知り合ってまもない女性に、

 

 

いきなり「付き合ってください!」

と言ったとしても、

 

 

なかなか快諾はされず、

撃沈!というパターンが多くなります。

 

 

しかしそれは、いきなりだったので、

女性の方が面食らい、

即答を避けようとしただけかもしれません。

 

 

そんなときには、

趣味の話などを先にして、

 

 

充分にリラックスしたあとで

同じことを言えば、

相手もイエスと言いやすいのです。

 

 

 

これは商談などで

取引相手と会ったときも同じです。

 

 

会ってしばらくは誰しも少なからずは

緊張しているものです。

 

 

そこにいきなり本題を切り出しては、

相手はさらに身構えてしまうことになります。

 

 

それよりも、相手が応じやすい話題から入って、

警戒心を和らげた方がいいのです。

 

 

それも相手がイエスと肯定しやすい

会話を繰り返していくのがコツです。

 

 

イエスと答え続けているうちに

無意識に肯定的になり、

 

 

本題が持ち出される頃には、

すんなりイエスと言うように

なっているのです。

 

 

 

 

 

また、何かに迷って

なかなか結論を出せない相手には、

 

 

無理に急かせたりはせずに、

選択肢の中から選ばせるように

誘導していきましょう。

 

 

選択肢を出した上で、

「私はこちらの方がおすすめですが」

とさりげなく自分の意見を盛り込んでいけば、

 

 

相手を自分の思い通りに

誘導していくことも可能なのです。

 

 

 

 

誘導する際には

選択肢を出すのもひとつの手ですが、

 

 

優柔不断な人は、

決断して失敗したら・・・

という臆病な心理が潜んでいます。

 

 

ですから、そういう人には

何より安心させてあげることが一番で、

 

 

「これがいいよ!」と自信を持って

こちらが決断して、

強く推奨してあげましょう。

 

 

 

 

 

メルマガなどでも、

最後にURLをひとつだけ載せておくのも、

迷いを消すための戦略なのです。

 

 

私も最後にポンとURLを載せています。

これがいいよー!

どうぞ、クリックしてみてね!

っていうノリです(笑)

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1