オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

相手の自尊心をくすぐるビジネス戦略

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.746】

 

 

 

 

 

 

色にはその年の

『流行色』というものがあります。

 

 

 

昨年の夏には全身「白」にする、

「ホワイトコーデ」なるものが

流行りました。

 

 

また、女性にとって

冬の季節の「白」は、

「モテコーデ」の鉄板でもあります。

 

 

 

 

そういうことを考えると、

売れない色は仕入れず、

 

 

人気の色だけをたくさん店頭に、

並べておけばいいような気がします。

 

 

 

 

しかし、たいていの店では

人気の色だけを並べるのではなく、

 

売れそうもない色の商品も置いてあります。

 

 

 

 

 

この売れそうにない色にこそ、

 

『捨て色』という、

大切な役割があるからです。

 

 

 

お客の視線を引き付けるには、

周囲に他の色を置く、

 

 

その『捨て色』があってこそ、

売りたい色の商品が目立つのです。

 

 

 

 

 

店中に同じような流行色といった

売れ筋の色ばかりが並んでいると、

 

 

色の印象が拡散してしまい、

魅力が伝わりません。

 

 

それを引き立てる色として、

『捨て色』の商品が必要なのです。

 

 

 

そして品揃えが豊富だということは、

「流行だから買った」ではなく、

 

 

「たくさんの中から自分が選んだ」

という意識がお客の自尊心をくすぐるのです。

 

 

 

 

 

このように、ビジネスというのは常に、

【戦略】で成り立っています。

 

 

 

あなたが本当にセールスしたいのは

何なのか、

そのためには何を『引き立て役』にするのか、

 

そこに注力しなければなりません。

 

 

 

 

 

友達を紹介するときに、

わざと自分よりブスの子を連れてくる。

 

 

あるあるですよね。

そういう戦略に嫌悪感を抱くのなら、

 

 

あえてそのおブスちゃんに乗り換える・・・

そういう決断もステキですけどね!

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『ナンバーワン』の見せ方と魅せ方

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.745】

 

 

 

 

 

 

 

ケーキ屋さんの

ショーケースの前に立つと、

なぜか優しい気持ちになりませんか?

 

 

 

そして「人気ナンバーワン」などと

書かれたPOPを見ると、

思わずその商品に目が釘付けになることも・・・

 

 

 

 

 

『ナンバーワン』という言葉は、

 

・昨年度売上ナンバーワン!

・お客様満足度ナンバーワン!

・累計販売数ナンバーワン!

 

などと、至るところで使われています。

 

 

 

この『ナンバーワン』という響きには、

 

注目度を上げ、記憶に残る効果があり、

「すごい!」と思わせてしまうのです。

 

 

 

 

 

その『ナンバーワン』も、

よくよく見ると「○○地区△△年実績」

などとあると、「なーんだ」と思っても、

 

 

「○○地区限定でも、ナンバーワンなのは

事実なのだから」と納得してもらえます。

 

 

 

 

 

ですから、どんな物事でも、

『ナンバーワン』の事実を

探しておくことは大切です。

 

 

すると確実に人々の心に、

「○○はナンバーワン」である

というイメージが定着します。

 

 

 

 

 

そしてそれがないときには、

 

「ナンバーワンを目指します!」という、

『目標宣言』の言葉であっても、

 

「すごい」と思わせることができるのです。

 

 

 

また、「残念ながら、

第2位に終わってしまいました」

というアピールも裏ワザとして使えます。

 

 

『ナンバーワン』になろうとして

努力したけれども、届かなかった

という無念さが伝わって、

 

 

負けた理由を知りたくさせ、

 

弱者に対して「弱いから」と言う理由で、

えこひいきしてしまう

人間心理も期待できるのです。

 

 

 

 

 

同様に、

まだ月収100万円を達成していなければ、

月収100万円売上の方法は

伝えることはできずとも、

 

 

『月収100万円を目指す実践記』なら

書くことができます。

 

 

 

『ナンバーワン』になることは

すごいことではありますが、

 

 

それまでの道のりを

どう表現するかによって、

魅力的に見せる方法はいくらでもあるのです。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

いい人間関係は小さな気遣いひとつから始まる

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.744】

 

 

 

 

 

 

 

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

三連休中日、

まだまだお休みモードかもしれませんが、

明日は月曜日、新たな一週間の始まりということで、

 

 

今夜は『心が和む環境』のお話を……

 

 

 

 

>> 相手を立てることができる人 <<

 

 

 

 

『真実はいつもひとつ!!』

 

 

そう言うのは、

見た目は子供、頭脳は大人、

のキャッチコピーで知られる

 

アニメ「名探偵コナン」くんですが、

 

 

 

 

 

真実を曲げることはできません。

 

しかし時と場合によっては、

その真実を言わないでいたり、

 

 

ちょっとした『脚色』を、

しなくてはならないことがあります。

 

 

【うそも方便】です。

 

 

ことを円滑に運ぶために、

うそを言う結果になることもあります。

 

 

 

 

 

実際に人は誰でも、

数えきれないほどの

うそをつきながら生活をしています。

 

 

体の調子が悪いのに、

「最高のコンデションだ!」と言ったり、

 

よく考えもせずに上辺だけ合わせるように、

「一生懸命頑張ります!」と言ったりします。

 

 

 

 

 

相手に対して言い方を変えたりするのは、

本音を言うと悪いので、

 

 

建前という形を借りてうそをつくとも

言えますが、その境界線は、

 

 

自分が得をしたり有利になったりする

ためのうそは許されない、

ということでしょう。

 

 

 

また、真実を述べないことによって、

結果的にうそをつくことになってしまう

ときがあります。

 

 

 

 

 

正しいことであっても、

 

相手の立場やプライド、

タイミングをはからなくては、

 

人間関係は円滑にできないのです。

 

 

 

真実を言うと、

人のメンツをつぶすようなときは、

 

黙っているのが賢明です。

 

 

 

 

 

たとえば上司や先輩が間違ったことを

人前で言ったようなときに、

 

 

仕事上などで差し支えなければ、

わざわざ指摘する必要はありません。

 

 

そしてあとからこっそり、

事実を告げるのです。

 

 

その際、「あとから考えてみたら」

というひと言を添えます。

 

 

自分もぼんやりしていたという点を示唆し、

少しでも自分の方が頭が良いという

結果にならないように気をつけます。

 

 

 

 

 

ちょっとした気遣いで、

心が和む環境は作れるのです。

 

 

いい人間関係というのは、

最初からあるわけではありません。

 

自分たちで少しずつ作っていくものです。

 

 

たとえそこに小さなうそが存在していても、

その気遣いひとつから始まるのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

現代広告の心理技術101

読了までの目安時間:約 3分

 

本2-2a

現代広告の心理技術101

 

 

 

 

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか?
ということを知ることは非常に重要です。

 

 

 

【どうすればお客は行動を起こすのか?】

 

という顧客の行動心理を徹底的に解明、

 

 

 

あなたが普段何気なく見ている広告、
しかし、その表現の裏側には、
すべて理由があります。

 

 

 

広告の細部にわたって、
ある『秘密』が隠されているのです。

 

 

売れているコピーには
必ず人間心理に基づく技術が使われています。

 

 

 

 

そして、その人間心理に基づいて
あらゆる表現がなされているのです。

 

 

人が行動せざるを得なくなるように、
巧みに心理を突いて誘導しているのです。

 

 

 

 

 

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか?
ということを知ることは非常に重要なのです。

 

 

 

 

 

この本は、

■パワフルな広告、パンフレット、
セールスレター、ウェブサイトの作り方
■あなたの言葉を人に信じさせる方法
■人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
■「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
■広告で絶対にやってはいけないこと

 

 

 

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした顧客を動かす「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

ドルー・エリック・ホイットマン

 

「ドクター・ダイレクト! TM」として知られる
米国ダイレクトレスポンス広告界の第一人者

 

 

 

『現代広告の心理技術101』

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

 

オススメ書籍    コメント:2

【単純接触の原理】をメルマガに活かす

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.743】

 

 

 

 

 

初めて会った頃は

何の感情も抱かなかった人でも、

 

 

何度も繰り返し会っているうちに、

その人に好意を持つようになる現象を、

 

【単純接触の原理】といいます。

 

 

 

 

アメリカの社会心理学者ザイアンスは、

大学の卒業アルバムから抜き分け、

 

 

1回、2回、5回、10回、25回と、

被験者に見せ、それぞれの写真の

人物についての好意度を調べました。

 

 

 

その結果、

見せられた回数の多い写真の人物ほど、

被験者が抱く好意度が高くなったのです。

 

 

 

 

 

また、結婚相手と出会った場所や、

きっかけは?という調査でも、

 

 

常に上位に上がるのは、

「職場や仕事で」という結果があり、

 

 

 

毎日顔を合わせている職場の仲間同士は、

それだけお互いに好意を持ちやすく、

 

 

そこから恋愛感情に発展するケースが

多いということを、物語っています。

 

 

 

 

 

これは【単純接触の原理】の他にも、

距離が近しい相手とは、

 

 

親切にしたり、あるいは何かの折に

手助けしてもらうなどの

 

【心理的報酬】を得やすく、

 

 

それに伴って、好意がさらに大きく

なっていく可能性が高いためです。

 

 

 

職場で日々顔を突き合わせ、

気軽に助け合うような近しい関係が、

最も恋愛関係に陥りやすいという結論なのですが、

 

さらに興味深い事実もあるのです。

 

 

 

実は、横暴上司、意地悪上司、ダメ上司など、

好ましくない上司の下で共に働く者同士は、

 

とりわけ恋愛関係になる確率が高いのです。

 

 

 

これは、同じ苦労を強いられることから、

喜びも怒りも共に

感じ合うことが多くなるためで、

 

 

共通のストレスというのは、

共感を覚えることも重なり、

結びつきもより強くなっていくのです。

 

 

 

 

 

これをただ、他人の恋愛事情だと

スルーしてしまっては、

 

 

あなたはメルマガに関係する大切なことを、

見落としていることになりますよ。

 

 

 

目にする回数が増えるにしたがって、

好意や愛着を持つという現象は、

人間だけでなく、

 

 

漢字や意味のない文字についても、

当てはまることが確かめられています。

 

 

 

 

あなたのメルマガを、

毎日決まった時間に配信すれば・・・

 

 

そしてメルマガの中でも、

喜びや怒りを共に感じ合う内容、

そこに『共通の敵』があるとしたら・・・

 

 

 

あなたと読者さんの結びつきは、

さらに強固なものになるでしょう。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『説得の心理技術』

読了までの目安時間:約 5分

 

12-25

 

 

悪用厳禁!!
これが洗脳プロセスに隠された説得の方程式だ!!
欲しい結果が手に入る『影響力』の作り方

 

『説得の心理技術』

 

 

 

 

同じ商品を売っていても、

売れる営業マンはガンガン注文を取ってきて、
売れない営業マンは全然注文を取れません。

 

 

 

2人とも商品知識のレベルは同じくらいで、

売れない営業マンに熱意が
ないわけでもありませんし、

 

 

売れる営業マンが顧客に
恵まれているわけでもありません。

 

 

 

では、この2人の違いとは
一体何なのでしょうか?

 

 

 

 

営業販売に限らず、
接客、社内コミュニケーション、
友人や家族など、状況や相手を問わず、

 

 

他者を説得するためには
一体何が必要なのでしょうか?

 

 

 

それらの疑問に答えるのが・・・

 

『説得の心理技術』

 

 

 

 

 

顧客の『欲望』に必ず含まれている
6つの欲望をすべて満たせれば、

 

 

顧客はまず間違いなく
商品を購入してくれます。

 

 

 

逆に、6つの欲望を
満たすことができなければ、

 

成約率はがくんと下がってしまうでしょう。

 

 

 

5つのシンプルなステップで
顧客に説明することで、

 

 

この6つの欲望は、
誰でも簡単に満たすことができます。

 
もちろん、これは営業だけでなく
広告・宣伝にも使えるテクニックなのです。

 

 

 
自分が思い描いているビジョンや全体像を
他者に理解させてから、同意を取りつけ、

 

 

自分の望むとおりに
他者に動いてもらうまでの一連のプロセス、
あるいは単純に他者から同意を得ることは、
独自のスキルと科学的知識を要する行為なのです。

 

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

 

デイブ・ラクハニ

 

 

全米屈指の「説得術」のエキスパート。
世界初のビジネスアクセラレーション・ストラテジー企業
「ボールド・アプローチ」社長。
現在は、世界各国の企業に対して、
セールス、マーケティング、
パブリシティを指導して急成長を実現させ、

 

大手新聞、雑誌を始めとしたメディアでも登場、

 

多数の大手企業や組織が彼の広告を採用、
現在はコピーライター、トレーナーとして活躍中。

 

 

 

 

 

『説得の心理技術』

 

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

 

オススメ書籍    コメント:1

情報社会の現代では、メリットだけは納得しない!?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【加南本舗 Vol.742】

 

 

 

 

 

 

人は誰しも、何かの『法則』の中で

生きていると思うのですが、

 

 

それには個人的な法則もあって、

私の中では『家電の法則』

というものがあります。

 

 

『電化製品は壊れると、続けて壊れる』

という、なんとも無情な法則です(泣)

 

 

まぁ、同じ頃に買えば、

同じ頃に寿命を迎えるというのも、

自然の法則なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

新発売の家電を買いに行ったら、

店員さんに、

 

 

「この商品には、こういう不便さもありますが、

最新機能を搭載しています」

なんて説明を受けたことはありませんか?

 

 

 

 

このように、物事の良い面と悪い面を、

両方とも相手に説明することを、

【両面提示】といい、

 

 

逆に、どちらかだけを説明することを、

【片面提示】といいます。

 

 

 

通常、販売の場では、

売ることによって利益を上げるのだから、

 

 

お客が迷うような不安材料を与えまいとする

【片面提示】が多く見られますが、

 

 

情報社会の現代では、

メリットだけを聞かされても、

そう簡単にお客は信用してくれません。

 

 

それどころか【片面提示】の度が過ぎると、

押し売りをされているような気にも

なってしまうのです。

 

 

 

それに比べて、【両面提示】をされると、

その店員さんやお店に好感を持ち、

良心的だと思うようになってくるのです。

 

 

 

また、店側にとっては都合の悪いことを

打ち明けられたお客は、

 

 

自分がそのデメリットを理解する、

知識ある客だと見なされたと感じ、

まんざらでもない気持ちにもなるのです。

 

 

 

さらには、【両面提示】は、

購入の選択をお客自身の選択に任せる

というスタンスで、

 

 

仮に購入した商品があまり気に入らなくとも、

買うと決めたのは自分だからと、

 

 

その店員さんや店に対して

不満を持つ可能性は低いのです。

 

 

 

 

 

あえてデメリットを告げるのも、

高等な販売テクニックです。

 

 

このとき、悪いところを補うような

サービスを提示すればお客の信頼は深まり、

 

 

店側にとっては、

さらに大きなメリットになるのです。

 

 

 

 

 

私たちも何かの教材などを勧める際に、

 

何かしらのサービス(特典)を

つけることによって、

 

成約率を上げることができます。

 

 

 

そのとき、何も

トップアフィリエイターさんたちのような

高等なテクニックの特典でなくとも、

 

 

初心者だった自分がつまずいた点を、

補うものでも充分価値があります。

 

 

 

初心者のことを一番わかるのは、

初心者だった自分なのです。

 

 

あなたにできないことは、

何ひとつないのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3

評価する側にあるということ

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.741】

 

 

 

 

 

 

ビジネスをしていると、

上司やお客様、

 

あるいはネッビジネスでは

トップアフィリエイターさんに、

 

 

賞賛の気持ちを伝えたいときや、

あるいは社交辞令として、

お世辞を言う場面も出てきますよね。

 

 

 

そんなとき、

ほめ言葉だと思って、

 

「お上手ですね」

「感心しました」

「よくやっていますね」

 

などといった賞賛をしていないでしょうか?

 

 

 

 

 

そもそも、ほめるというのは、

相手を『評価』することです。

 

 

ほめる側は、相手の素晴らしさがわかる、

評価する側にあるということです。

 

 

 

つまり、ほめる方とほめられる方では、

常に、ほめる方が上であり、

ほめられる方が下なのです。

 

 

 

 

 

また、あるある的なのが、

プレゼンなどでの部下のセリフに、

 

「課長、責任は私がとりますから、

頑張ってください!」

 

 

一見すると、活発な部下に見えますが、

これを聞いた課長は、

 

 

「そのセリフは俺が言うものだろう!」

ふざけるな!と思っているはずです。

 

 

 

上司が仕事をうまくこなせるのは、

それだけのキャリアを積んでいるからで、

 

 

部下を持つ地位についているのは、

本人の実力が認められたことを

示しているのです。

 

 

 

それを部下から「仕事がお上手」

と言われても、喜んではもらえないのです。

 

 

 

 

 

その際、上司の有能ぶりを賞賛するには、

やはり尊敬の念を示すことがポイントで、

 

 

いいお手本として

学ぶ機会を与えてもらったのなら、

 

「大変いい勉強になりました」

「敬服しました」などが、

 

好かれる部下のお世辞です。

 

 

 

また、ご機嫌取りと思われないためには、

具体的にどこがどう参考になったのか、

 

 

何に対して敬服したのかを、

伝えるのが効果的です。

 

 

 

ばく然としたほめ言葉は

おべっかに聞こえやすいですが、

 

 

具体的な説明をそこに加えると、

「どこを見るべきかわかっている」

と評価されるでしょう。

 

 

 

 

 

というわけで、

しかるべき地位にいる人は、

なかなかほめられないということです。

 

 

ですから、ほめられなくなったら、

それはもしかすると、

 

 

あなたに実力がついてきた証拠、

なのかもしれません。

 

 

 

 

 

尊敬するというのは

ある意味、恋と一緒で勝手にできますが、

 

 

誰かから尊敬されるというのは、

それ相応な人間性であったり、

能力が要求されます。

 

 

 

道のりは遠くとも、

目指す価値あるところですよね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【意向打診型】時間を質問する心理テクニック

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.740】

 

 

 

 

 

 

公共の乗り物で、

人に席を譲るのは

小さな勇気で出来る人は多いですが、

 

 

イヤフォンから流れる耳障りな音や、

携帯電話で話している人を注意するのは、

なかなか難しいものです。

 

 

誰もが遭遇する可能性のある

迷惑なことですよね。

 

 

 

 

 

そんなとき、

相手の行為や立場にも理解を見せると、

不当な行為をやめさせることができます。

 

 

 

電車内で携帯電話をしている人には、

「どのくらい、かかりますか?」

と尋ねます。

 

 

 

大勢人のいる中で

そんな勇気はないと思ってしまっても、

 

 

もし、自宅前に違法駐車をされたら、

これは個人の問題です!

こっちは勇気を出しましょう。

 

 

しかしその場合も

断固、抗議をするのではなく、

 

 

その車の運転手に、

「どのくらい、駐車されますか?」

と問いかけます。

 

 

 

 

 

相手の自尊心を尊重しながら、

こちらの意向を伝える仕組みで、

 

 

『どのくらい?』と時間を質問する、

【意向打診型】の心理テクニックです。

 

 

 

 

 

そもそも人は、

自分が不当行為をしていても、

 

誰かから注意されると反発心がわくのです。

 

 

指示、命令されるのが、

大嫌いなのが人間だからです。

 

 

 

 

 

指示、命令は上から目線での

発言になりますから、

 

 

相手の反発心を呼び、

逆らってやろうという

心理に傾きやすいのです。

 

 

 

 

 

ビジネスの場面でも

これはチョットどうにかしてほしいな、

なんていうことはありますよね。

 

 

相手との険悪なムードにならないためにも、

『どのくらい?』と時間を質問すれば、

 

 

たいていは素直にこちらの意向を

汲み取ってもらえるものなのです。

どうぞ、お試しください。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

【自我関与】のポイントを絞れば、よき理解者になれる

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.739】

 

 

 

 

 

 

 

人は誰しも、ほめられて悪い気はしません。

たとえお世辞だとわかっていても、

つい口元がゆるんでしまいますよね。

 

 

 

 

相手の長所をほめる行為は、

円滑にコミュニケーションをとり、

相手の信頼を得ることに有効です。

 

 

 

よい印象を持ってもらうためには、

 

人によって異なる『ツボ』を、

きちんと押さえる必要があります。

 

 

 

その『ツボ』とは、

本人の『こだわり』や『お気に入り』で、

 

 

常に心に留めていることや、

エネルギーを注いでいる部分を

ほめられたとき、

 

もっとも嬉しいと感じてもらえるのです。

 

 

 

こうした自分が注目してもらいたい部分を、

【自我関与】といい、

 

 

よき理解者になろうとすれば、

相手の【自我関与】を探して

ほめればいいのです。

 

 

 

さらに、よりよい印象を

与えようとする場合、

その【自我関与】のポイントを絞ります。

 

 

 

 

 

仕事ぶりをほめる場合には、

「仕事ができる」という、

相手の仕事ぶり全般を認める言葉よりも、

 

 

「あのアイデアのためにうまくいった」

「先日のトラブルの対処の速さは素晴らしかった」

 

 

などと、行為や成果に焦点を当てたほめ方の方が、

効果は大きいと言えます。

 

 

 

他の人が気づかないところに気づき、

その点をほめることで、

 

『特別な存在』になることができるのです。

 

 

 

 

 

また、会社で部下などをほめる場合、

『公開主義』で『公平無私』の立場で

あることが必要です。

 

 

少しでも不公平が感じられたら

ほめられない人がむくれ、

 

 

ほめられた本人も、

他の人から恨まれる結果になります。

 

 

逆に叱るのは『非公開主義』にします。

決して「見せしめ」に叱るのではなく、

 

 

他の人たちの見えないところで

叱るべきなのです。

 

 

 

 

 

どんなすぐれた手法でも、

使い方を誤ればマイナスの結果となります。

 

 

しかし、それを恐れて使わないのは、

『宝の持ち腐れ』としか、

言いようがありません。

 

 

 

よりよいコミュニケーションの手段を、

ほめられても喜べないほめ方、

 

 

あるいは叱られて、

相手が立つ瀬がなくなるような叱り方を

していませんか?

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1