オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【説得の基本】相手の立場に立って相手のメリットを探る

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.738】

 

 

 

 

 

 

 

何かの交渉をする際に、

最初に「No」を言われた場合、

 

あなたはどうするでしょうか?

 

 

 

 

 

もともと人というのは「No」と言う場合、

 

ストレートに表現しようとせず、

いろいろな理屈を並べ立てて、

 

真の感情を隠したがるものです。

 

 

 

 

 

これに対してこちらが理屈を持って

相手を説得しようとしても、

それは無理な話しなのです。

 

 

 

 

 

相手の理屈の下に隠されている

『真の感情』に訴えなければ、

「Yes」と言わせることは難しいのです。

 

 

 

 

 

拒否されれば、

相手が真に欲しているものは何なのか、

 

拒否する本当の理由は

何なのかを考えるのが一番なのですが、

 

それには相手の立場に立つことです。

 

 

 

相手の立場に立って、

相手のメリットを探ってみるのが

もっとも効果的なのです。

 

 

 

相手の位置に自分を置くことによって、

 

相手の欲求、感情のあり方を感知するのは、

説得の基本のひとつです。

 

 

 

 

 

相手が理屈で立ち向かえば、

こちらも理屈で対抗しがちですが、

 

 

実は相手の理屈というものは、

相手にとって「どうでもいいこと」

であることも多いのです。

 

 

 

 

 

セールスをしようとすれば、

人はどんな悩みを持ち、

 

 

それに対する

心の寄り添い方を知っておけば、

説得もスムーズに行えるということです。

 

 

 

そして自分の気持ちに

寄り添ってもらっただけで心を開くのは、

 

 

何も説得の場面だけではなく、

人間関係の基本かもしれません。

 

 

 

ほんの小さな心遣いが、

ビジネスで最大の力を発揮することもあるのです。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2