オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

将来に目を向ければ、それまでの辛い過去は見えなくなる

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.737】

 

 

 

 

 

 

 

三が日もあっという間に

過ぎていった感じです。

 

楽しいお正月をお過ごしだったでしょうか?

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『逆境における行動や選択』のお話を……

 

 

 

 

>> 今ある自分をおろそかに扱わない <<

 

 

 

 

病に苦しむ人にとって、

特に心の痛みを和らげる力を

持っているのは、

 

 

お医者さんよりも、

同じ病に苦しむ人だといわれます。

 

 

 

挫折も同じで、

逆境のさなかにいるときに、

 

 

逆の立場の順風満帆の人に励まされ、

同情されても嬉しくないのが本心で、

ますます惨めになったりしてしまいます。

 

 

 

そんなときに私たちの心の支えになるのは、

失敗や挫折に打ちのめされている人、

 

あるいはそういう経験を持っている人が

親身になって支えてくれることです。

 

 

苦しみの底にあって、

人はその痛みをわかる人にしか

 

 

心を開けないし、

勇気づけられないものです。

 

 

 

 

 

そして人は逆境でさまざまな

行動を選択、あるいは、

せざるを得ないことがあります。

 

 

そのときに重要なのは、

『その心構え』の方です。

 

 

自分の置かれた環境、境遇を

どうとらえるかにかかっているのです。

 

 

 

人はその身に降りかかることよりも、

 

それをどう考えるかによって

傷つくことの方が多いのです。

 

 

 

 

 

自分の将来に目を向ければ、

それまでの辛い過去は見えなくなります。

 

 

これからの夢や希望が待っている

『過ぎたことは過ぎたこと』と、

 

きちんと割り切る強さが必要なのです。

 

 

 

人生がやり直せないことも、

 

前を向いて歩いていかなければ

ならないこともわかっているのに、

 

そこから動けない人は、

 

 

 

自分が作り上げた『現状』に納得できず、

過去に逃げてグチグチやっているだけの

自分を甘やかせているだけなのです。

 

 

「まだ本気出してないだけ」

という思いが強いのです。

 

 

 

しかし自分にとって一番尊いのは、

『現状の自分』なのです。

 

 

今ある自分をおろそかに扱っていては

そこから一歩も前に進めないのです。

 

 

 

あなたのその一歩を応援しています。

一緒に歩みましょう。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0