オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【エビングハウスの忘却曲線】と『Give』アンド『Give』

読了までの目安時間:約 4分

 

【加南本舗 Vol.735】

 

 

 

 

 

 

 

新年から目標通り、

作業を進められている人は

素晴らしいですね。

 

 

あなたはいかがですか?

 

今年はもっといい年になるよう、

頑張りましょうね。

 

 

 

 

 

そして作業で大切なのは、

『インプット』であり、

『アウトプット』です。

 

 

 

記憶についての有名な法則、

【エビングハウスの忘却曲線】によると、

 

 

人は学んだことを1時間後に56%、

1日後に74%も忘れてしまう

といわれています。

 

 

そのために効果的なのが『復習』で、

 

『インプット』したことは、

情報の提供というカタチで、

 

メルマガなどで『アウトプット』する。

 

 

そうすればあなたの記憶に定着し、

メルマガの記事にも困らなくなります。

 

 

 

 

 

私たちは『Give』アンド『Take』

の中で生きています。

 

 

たとえば、お店でお金を払えば、

それ相応の品物やサービスを

得ることができます。

 

 

 

それは与えられることが前提の

『Give』であり『Take』ですが、

 

 

中には自分から進んで

『Give』ができる人がいます。

 

 

すると必ずそれ相応のものが返ってきて、

『Take』できるのです。

 

 

 

さらにもっとできる人は、

『Give』アンド『Give』をします。

 

 

見返りなどを期待せずに、

「与える」そしてまた「与える」のです。

 

 

 

そんな人は、

「せっかく○○してあげたのに、

お礼の言葉もない」などと思ったりせずに、

 

ただそれだけで自分自身も嬉しいのです。

 

 

そして期待していないのに、

どこからか与えた以上のものが、

 

返ってくる・・・そんな法則があるのです。

 

 

 

 

 

私たちにとって【情報】は財産です。

 

しかしそれを出し惜しみしていては、

それは「死んでいる情報」となります。

 

 

今年は『提供』ということにも

意識してみてください。

 

 

世の中の法則が、

あなたに思いがけないプレゼントを、

与えてくれるかもしれません。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2