オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

スランプがもたらす悪循環からの脱出

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.712】

 

 

 

 

 

 

 

いつもと同じように

やっているつもりなのに、

 

なぜか成果が上がらない・・・

 

 

まるで呪われたように、

目の前の作業につまずいてしまう、

 

 

そんなスランプに

陥る時ってありますよね。

 

 

 

そこで、大半の人は原因について考え、

思いついた対策を試してみたりします。

 

 

 

しかしそう簡単に解決するものではなく、

スランプから抜け出そうと焦って

 

 

もがけばもがくほど、深みにはまってしまう

という悪循環が待っています。

 

 

 

 

 

そのスランプが起きる原因は、

 

ある程度コツをつかんだ作業を

繰り返し行う場合、

 

 

自分は理想的な流れに

合わせているつもりなのに、

 

 

実際の行動がそのイメージと

ズレてしまうことによるのです。

 

 

 

 

まったく同じ状態なのに

なぜか結果が出ない場合、

 

 

人はどうしても焦ってしまい、

普段よりも頑張ろうとします。

 

 

しかし大抵の場合、

解決には結びつきません。

 

 

 

 

むしろズレた状態が繰り返されることで、

本来の理想的なイメージまで狂ってしまい、

 

正しい状態を見失ってしまうのです。

 

 

しかもそのズレは気づかないほど、

小さなものの積み重ねであることが多いのです。

 

 

 

スランプは突然訪れるものではなく、

こういった小さなズレが蓄積していった結果、

起こるものなのです。

 

 

 

そしてスランプの恐ろしいところは、

もがけばもがくほど、

深みにはまってしまうことです。

 

 

 

 

 

その場合、

不安にかられて傷口を広げる前に、

 

 

不調が始まった状態を、

一度リセットすることが、

もっとも簡単で効果的な方法です。

 

 

 

なぜかうまくいかないなと感じたら、

思い切ってそれを一旦ストップし、

その日は別の仕事などに集中してみるのです。

 

 

そして翌朝またフレッシュな

状態で取り組んでみると、

 

 

以前の好調な状態が

戻ってきたりすることがあります。

 

 

 

また、よく使うところを

使いやすいように、

片付けるという方法もあります。

 

 

ただ漠然と片付けるのではなく、

「使いやすいように片付ける」

というのがポイントです。

 

 

そこが使いやすくなれば、

普段の小さなストレスも取り除かれ、

 

 

その状態がスランプ脱出への

近道ともなるのです。

 

 

 

 

何かでスランプに陥った際には、

ぜひお試しください。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

あなたの「少々お待ちください」は、あと何分?

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.711】

 

 

 

 

 

 

何かでわからないことがあったら、

 

まず、自分で調べて、

それでもわからなければ質問をする。

 

 

ということがあると思うのですが、

その際のお返事が早いと感激しますよね。

 

 

 

 

 

日常生活でも、

ちょっと尋ねたいことがあって電話したら、

 

 

受付から担当者に回るまで、

あるいはその質問に答えてもらうまでに、

 

「少々お待ちください」と言われたりします。

 

 

 

 

 

この「少々」って、

一体何分待てばいいのでしょうか。

 

 

「次に何をするか」「次に何が起こるか」

それを知りたいのに、

 

 

「少々お待ちください」は、

その要求にひとつも答えず、

 

 

先のことがわからないまま、

ただボーっと待たされてしまいます。

 

 

 

 

 

この先がわからないというのは、

相手を不安にさせたり、イライラさせます。

 

 

それを逆手に取ったのが「お化け屋敷」で、

何が起こるかわからないという

不安を煽ることで、恐怖を感じさせています。

 

 

 

しかし日常生活は、

「お化け屋敷」ではありません。

 

ワーワー、キャーキャー言っていても、

仕事は進みませんよね。

 

 

 

 

 

だったら、

 

「お調べするのに1分程度かかりますが、

後でかけ直してよろしいですか」

 

「確認いたしますので30秒お待ちいただけますか」

 

 

などと言われる方がスマートだし、

待ち時間としてのイメージもわきます。

 

 

 

 

 

人間というものは不思議なもので、

 

「1分ほど待ってもらえますか」

と言われた1分は短く感じられますが、

 

 

「少々お待ちください」と言われて

待たされる1分は、長く感じるものなのです。

 

 

 

 

 

道路の工事などで

片側通行になったりする際に、

信号機が取り付けられたりします。

 

 

その信号機に待ち時間が

付いているものがあります。

 

 

待ち時間がわかるので、

イライラしなくてすみますよね。

 

 

 

 

 

カップ麺も3分と書いてあるから

食べる人は安心するのです。

 

 

もし「お湯を適量入れて、麺が適度な

柔らかさになったらお召し上りください」

だったらどうでしょう。

 

 

「少々お待ちください」とは、

そんなカップ麺と同じなのです。

 

 

 

 

 

師走に入ると、

「忙しい」というのが口癖の人も、

普段はそういうことを口にしない人までも、

 

忙しく感じるものですよね。

 

 

そんな中、「待たされる」というのは、

本当に忙しい、忙しくないに関わらず、

 

誰にとっても避けて通りたいことでしょう。

 

 

 

「少々」といった

あいまいな表現はなるべく避けて、

定量的な表現や解決策を心がけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

★私の夢は、

「メルマガ届くのが待ち遠しいんですけどぉ」

と、クレームが入ることでしょうか・・・

 

って、ホントにクレーム入れないでくださいね(笑)

翌日にはちゃんとお届けしますから♪

24時間、お待ちくださいネ。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

【対人迎合法】で口説きのタネをまく

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.710】

 

 

 

 

 

 

 

あるコレクションがマニアにとっては

とても価値のあるもので、

 

 

それを手に入れたいと熱望するという

意味の言葉『垂涎(すいぜん)』を使って、

 

「マニア垂涎の・・・」と

表現されることがありますが、

 

 

 

 

 

逆に、人は自分に興味や関心の

ないことに対しては、

 

とても冷淡になれます。

 

 

 

 

興味や関心のないものだと、

それを目の前にぶら下げられても、

 

どうってこともない。

ということになるのです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、野球に興味も関心もない人は、

野球観戦チケットをあげると言われても、

嬉しくはならないはずです。

 

 

一緒に観戦しようと誘っても、

それはありがた迷惑にさえ思われてしまいます。

 

 

 

 

また、嫌いな人、信用できない人、

よく知らない人からの依頼や要求に対しても、

冷淡になれるものです。

 

 

信用がおけないと

評判の立つ人からの申し出は、

 

 

どんなに好条件の話であっても、

半信半疑の気分になり、

どうしても乗り気にはなれないでしょう。

 

 

 

嫌いな同僚から

「帰りに一杯どう?」と誘われるのも、

 

 

馬が合わないのに

どうして誘ってくるのだろう、

 

何か下心でもあるのではないかと警戒し、

疑わしく思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

このように、人を口説くときには、

 

相手がどんなものに興味や関心を

持っているかということを

よく知っておくことが重要であり、

 

 

相手から警戒されないような人物像に、

なっていることが望ましいと言えます。

 

 

 

 

 

 

普段の会話からでも、

相手の興味や関心を探り、

 

 

そこを掘り下げていき、ヒットさえすれば、

相手の口調は軽くなります。

 

 

人が饒舌になるものには、

興味や関心の高いものが多いというわけです。

 

 

 

 

 

 

そして相手が発言する際には、

 

その意見に対し、「さすがですね」

「おっしゃるとおり」などを連発して、

 

 

その提案に対し支援、尊敬する立場を

強調するのです。

 

 

 

人は自尊心を高められたり、

自分の意見に同調されると悪い気はしません。

 

 

誰でも自分の意見には、

少なからず不安を抱いているものです。

 

 

そこに「あなたは正しい」と言ってくれる

味方がいると、心強く思い、

 

その人物に対して好意を持つようになります。

 

 

これを【対人迎合法】といい、

 

 

人は好意を持った人物の考えを

取り入れる傾向にありますので、

 

 

こうしたタネをまいておくのも、

あなたの口説きに対し「YES」と言わせる

有効な手段なのです。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

無神経な人と反応に品格がある人

読了までの目安時間:約 7分

 

【加南本舗 Vol.709】

 

 

 

 

 

 

「ICANNの確認待ちのドメインに到達しました」

 

 

という表示が出て、

メルマガ配信スタンドが

使えない状態でした。

 

 

メルマガ毎日配信を心がけている私としては、

「一体、どうしたらいいのー!!!」

 

 

でしたが、

おかげさまで元に戻りましたので、

 

メルマガをお届けすることができます。

どうぞ、お付き合いくださいませ。

 

 

 

 

 

 

今日は朝からそういうことがあって、

慌てふためいていたのですが、

 

 

そういえばメルマガがあまり届いてないし、

迷惑メールボックスなども確認した際、

 

登録した覚えのないメルマガが・・・

 

 

 

こういうのって時々あるのですが、

広告・宣伝メールを送る場合には、

 

 

あらかじめ相手から同意を得なければ、

『特定電子メール法』に違反します。

 

 

 

 

詳しくは総務省からの

特定電子メールの送信等に関する

ガイドラインに記載されていますので、

こちらからご確認くださいね。

 

『特定電子メール法』

 

 

 

 

 

 

 

 

私はメルマガを発行している関係で、

自分のメールアドレスを明記していますが、

 

 

本当なら個人のプライバシーに関することは、

表立って公表したくはありません。

 

 

 

 

最近は何でも個人情報の保護により、

プライバシーはかなりガードされている

というのが現状のようですが、

 

 

 

中には、社内で付き合うだけ

と思っていたのに、

 

 

住所や電話番号、メールアドレスも

教えてと言ってくる人もいます。

 

 

 

もちろん本人に悪気はないのでしょうが、

無神経に相手のプライバシーに

踏み込むことはNGです。

 

 

 

 

 

 

また、どんな人にも、

「これは聞いてほしくない」という

質問があります。

 

 

 

たとえば、女性の年齢は聞かないのが

礼儀だとされています。

 

 

そして既婚女性に、

子供がいるかどうかを尋ねることも、

 

とてもデリケートなことなので、

あえて触れない方が賢明です。

 

 

 

体型についても、

「あれ、ちょっと太りました?」

なんて言われて喜ぶ人はいません。

 

男女共に、よほど親しい間柄でない限り、

やめておいた方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

その上で、

仕事でもプライベートでも、

 

 

安心してコミュニケーションが

とれる人は、大切な存在ですよね。

 

 

 

その安心感は反応に品格があるかどうか、

ということでもあります。

 

 

 

その品格というのも、

難しいことなど一切なく、

 

 

当たり前だと思われる礼儀やマナーを、

徹底して実践するだけでいいのです。

 

 

 

 

 

そしてさりげなく、

男女で『差』をつけることができれば、

 

そこに自ずと安心感が生まれます。

 

 

 

男性であれば、

レストランや乗り物に乗るときは、

女性を先にすること。

 

 

女性であれば、

レディーファーストが

わかっていない男性に恥をかかせないよう、

うまく振舞うことなどです。

 

 

 

 

 

差別でなく、

『区別』することをわかっていれば、

 

 

男性も女性も、お互いに気持ちよく

接することができるでしょう。

 

 

 

 

 

でも、その区別ができない相手を、

非難する必要はありません。

 

 

ただ自分自身がわかっていて、

行動していればいいのです。

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

天使なのか悪魔なのか・・・『交渉のテクニック』

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.708】

 

 

 

 

 

 

最近、県内で「振り込め詐欺」の

ニュースが多いのですが、

 

 

 

未然に防いだお宅が、

「飼い犬の名前」を、

合言葉にしていたそうです。

 

 

詐欺犯も「当たれ!」と心で念じながらも、

ポピュラーな「ポチ」とでも

答えたのでしょうか。

 

 

あえなく「ブー、不正解」となったようで、

ワンちゃんの名前も凝った名前が、

いいのかもしれませんね。

 

 

 

都合が悪くなっても無言で電話を切らず、

詐欺犯もチャレンジ精神があるというか。

 

 

他には、すぐさま「詐欺!」と叫んだら、

「ブースッ!」と言い返されたのもあるようで、

 

声だけで、ブス?納得いきませんよね(笑)

 

 

でも、声だけで「美人ですね」と言われて、

騙されるよりはいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

「美人」という言葉に弱いのは、

それだけ「美人」がトクすることを

知っているからです。

 

 

 

では、どういった顔立ちが

そう評価されるのか知っていますか?

 

 

 

もちろん、各人の好みによるところも

大きいのですが、実は女性で

「美人」と多くの人が感じる顔は、

 

均整のとれた平均的な顔立ちで、

 

 

実際に行われた実験では、

世界各国の女性たちの顔を複数、

合成していくと、

 

 

多くの顔を用いるほど「魅力的」

と判断される結果が出たのです。

 

 

 

つまり、多くの女性を平均化すると、

「美人」と感じるわけなのです。

 

 

確かにハーフのタレントさんなどを

思い浮かべると、納得できますよね。

 

 

 

 

 

 

大多数の女性を平均化したような顔が

もっとも魅力的で、美人と感じられる女性ですが、

 

 

その正体というのはなかなかつかめません。

あなたも苦労した一人ではないですか?

 

 

 

 

 

女性のホンネとタテマエを考えたとき、

関心を持っている男性に誘われ、

 

 

内心嬉しくても、

「No」と言ってしまったりします。

 

 

 

 

簡単にOKするのでは「軽い女」と

思われかねないと考えることもあるでしょうし、

驚いて反射的に断ってしまうこともあるのでしょう。

 

 

 

 

 

また、女性の「No」にはもうひとつ、

深い意味が隠されているとも考えられています。

 

 

 

「No」と言うことによって、

男性の別の面を引き出そうとしているのです。

 

 

 

これは『交渉のテクニック』のひとつとされています。

 

 

交渉事で「No」と言われた相手は、

もっとよい条件を出そうとします。

 

 

 

 

それと同じく、「No」と言われた男性も、

「Yes」と言わせるために努力し、

 

ホンネをさらけ出すことになるのです。

 

 

 

 

あなたの好きな人が、

天使なのか悪魔なのか・・・

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

【熟知性の法則】をメルマガに利用する

読了までの目安時間:約 6分

 

【加南本舗 Vol.707】

 

 

 

 

 

 

 

12月に入り、

そろそろ来年用のカレンダーを

用意しなくては。

なんて思うのですが、

 

 

 

あなたはカレンダーを「もらう派」ですか?

それともエッチなのではなくても(笑)

 

お気に入りを「買う派」でしょうか。

あっ、「作る派」って人もいますよね。

 

 

 

 

 

この時期になると、

営業の方からもカレンダーをもらいます。

 

 

そんな時だけゆっくり話を聞く、

というわけではないのですが、

 

 

営業の方というのは何度断っても、

めげることなくやって来ますよね。

 

 

新情報を持って来てくれることもあるし、

何しに来たの?って思うくらい、

ただ世間話だけをして去って行くことも。

 

 

 

 

 

そういう人というのは、

最初はまったく興味がなかったはずなのに、

回数を重ねるうちに、

 

 

次第に親しみが生まれ、

ついには商品を買ってしまう、

という関係に発展していくことが多いようです。

 

 

 

 

人は初めて見るものに対しては無関心ですが、

何度も目にすると次第に違和感が消え、

 

そのうち好印象を持つようになります。

 

 

アメリカの心理学者、ザイアンスが名づけた、

【単純接触の原理】または【熟知性の法則】

といいます。

 

 

 

 

 

 

営業の人がめげることなく通いつめるのも、

選挙の立候補者が

ひたすら名前を連呼するのも、

 

その法則を意識しているからです。

 

 

また、タレントの好感度調査に

名前が挙がるのも、

 

テレビなどで露出の多い芸能人が多く、

自然とわきあがっているように見える人気も、

 

 

実は【熟知性の法則】によることが大きいのです。

 

 

 

 

あなたの恋人や好きな人も、

もともとは頻繁に接触していた、

という感じが多いのではないでしょうか。

 

 

もし、気になる人がいるのなら、

何度も会いましょう。

 

 

 

しかしこの法則は第一印象が良い、普通、

であることが大前提です。

 

 

不愉快な人とは何度会っても、

好きになるどころか、

ますます嫌いになってしまうので、

 

そのときは潔くあきらめてくださいね。

 

 

 

 

 

他人事だと思って、あっさりしすぎ?

 

そんなあなたには、

『メルマガ』をオススメしますよ。

 

 

 

もちろん、私からのメルマガは

毎日お読みいただきたいのですが(笑)

 

あなたも毎日配信してください。

 

 

 

何も毎日難しいノウハウの話なんて

しなくていいのです。

 

 

あなたという人を知ってもらって、

好感を持ってもらうようにする。

 

 

そうすれば今度は逆に、

そろそろあの人のメルマガが届く頃だと、

 

あなたからのメルマガを待ってもらえます。

 

 

 

 

 

メルマガは毎日決まった時間に届ける。

 

今はその毎日が大変だとしても、

それを心がけてみてください。

 

 

 

毎日メルマガを届けられるなんて、

すごいことですよ。

 

それができることが、

モチベーションアップにもつながります。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

メルマガにも表情をつける

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.706】

 

 

 

 

 

 

感情と表情に関する先駆的な研究を行った

アメリカの心理学者、ポール・エクマンは、

 

 

人間には、「喜び」「驚き」「悲しみ」

「恐れ」「嫌悪」「怒り」という、

6つの基本表情があることを唱えました。

 

 

 

この6つの表情を思い浮かべてみてください。

あることに気づきませんか?

 

 

 

 

 

ナント、「喜び」の表情を除けば、

残りの5つの表情はすべて、

 

マイナスのものなのです。

 

 

 

つまり、人間の表情には、

ネガティブなものが多いのです。

 

 

 

 

 

その理由には、

文明が発達する以前、人類が何百万年もの間、

 

サバンナの中で生と死の危険と隣り合わせで

生きていたからだと考えられています。

 

 

 

相手が敵意を持っているかどうか、

あるいは、こちらを攻撃してくるものなのか、

 

 

それらを表情から読み取ることができなければ、

身に危険が迫るからです。

 

 

 

 

 

ある実験があります。

 

9つの幸せそうな顔の写真の中に、

ひとつだけ怒った顔を入れるというものです。

 

 

 

 

 

それをパッと一瞬見せられると、

不思議とひとつしかない

怒った顔に目がいくのです。

 

 

 

反対に、怒った顔の写真の中に

ひとつだけ幸せそうな顔を交ぜても、

なかなか気づきません。

 

 

 

 

 

つまり、人間はマイナスの表情の方に、

敏感に反応するということなのです。

 

 

 

これは人間関係においても言えることで、

 

相手の幸せそうな顔は

すぐには思い出せなくても、

 

 

怒った顔や悲しそうな表情は、

なかなか忘れることができません。

 

 

 

また、怖そうな顔をした人は、

よい悪いを別にして、

印象に残るものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

これらをメルマガに応用してみましょう。

 

あなたのメルマガを印象付ける、

目立たせるためには、

 

時にはドキッとするような件名にしたり、

 

 

 

内容も当たり障りないことを書くのではなく、

少し尖っていても自分のカラーが出ていれば、

 

 

人はそのズバッと言い放す口調に、

好感を持ってくれる場合があります。

 

 

 

 

もちろん、そんなのは嫌だという人は、

解除してしまうかもしれません。

 

でも、それでいいのです。

 

 

 

 

解除もクリックもないメルマガは、

読まれていないのです。

 

 

わざわざ解除という反応を示してくれて、

ありがとうなのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3

セールスの基本を知れば ランディングページさえも作れてしまう あなたの力を最大限に引き出す ストーリー構成の定番【AIDAの法則】と 人を行動へと促す15の心理テクニック

読了までの目安時間:約 3分

 

れぽ72

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

☆゚+. タイトル ゚+.

 

 

 

セールスの基本を知れば

ランディングページさえも作れてしまう

 

あなたの力を最大限に引き出す

ストーリー構成の定番【AIDAの法則】と

人を行動へと促す15の心理テクニック

 

 

 

 

 

☆゚+. 目 次 ゚+.

 

 

 

無料プレゼント

ランディングページの目的と構成

ストーリー構成の重要性【AIDAの法則】

15の心理学の応用

アクション導線を設計する

あなたの声を募集しています!!

 

 

 

 

 

☆゚+. 概 要 ゚+.

 

 

 

セールスの基本を理解すれば、

 

効果的なランディングページを

 

作ることも可能になってきます。

 

ランディングページを作成する

 

そもそもの目的から、

 

閲覧者が会員登録や資料請求、商品購入など、

 

あなたの望む行動を起こしやすい法則や、

 

心理学を用いたテクニック、

 

そして効果的な誘導までを解説しています。

 

あなたのランディングページ作りにお役立てください。           。

 

 

 

 

 

ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

【レポート】ビジネススキル    コメント:3

ただの一方通行のおしゃべりにならないために

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.705】

 

 

 

 

 

 

企業が顧客に向かって発するメッセージは、

極論すると、「うちの商品を買ってください」

というたった一言に要約されます。

 

 

 

それでこちらの都合よく、

「はい、そうですか」

などと同意してもらえるわけではなく、

 

 

売り手としては、

「なぜ買わなければならないのか」

ということを様々な切り口や、

資料を添えて相手を説得することになります。

 

これがコミュニケーションの

本質でもあるのです。

 

 

 

その場合、売り込む側としては、

あらゆる説得を試みたいところですが、

 

 

相手にはそれを最後まで付き合い、

聞く義務などはありません。

 

 

 

そこに気づかず、

売る側の都合だけを押し付けていれば、

 

どんな説得も、無意味な焦点のぼやけた

おしゃべりでしかないのです。

 

 

 

 

 

このように話が不明瞭で損をする

ということはたくさんあります。

 

 

その要因は、

たくさん相手に伝えたいという、

『欲』なのです。

 

 

 

事実、相手が詳細なるものを

求めている場合もありますが、

 

 

まずは『誰のために』という部分が

明瞭でなければ、ただの一方通行の

おしゃべりになってしまうのです。

 

 

 

 

 

そういった回りくどい話を

スッキリとさせるには、

 

 

『結論からいえば』『要点からいえば』

などの枕詞を口癖にして、

 

 

開口一番、そのセリフから始める

というテクニックがあります。

 

 

 

 

 

それらの言葉には、

「それ以外にも言うことはあるのだが、

まずはさておいて・・・」

という意味が暗に含まれているのです。

 

 

つまり、結論を切り出したからといって

話が終わるわけではなく、

 

 

むしろ、それが説明を始める

きっかけとなるのです。

 

 

 

 

 

まず結論や要点を真っ先に述べて、

その理由を後から説明する。

 

 

結論や要点は起承転結の『結』ではなく、

『起』であるという、

発想の切り替えが必要なのです。

 

 

 

これはリアルでもネットにおいても、

一緒の発想です。

 

どうぞ『結論』からを、お試しください。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

【転移】の感情をビジネスで活かす

読了までの目安時間:約 5分

 

【加南本舗 Vol.704】

 

 

 

 

 

 

 

映画やドラマによく使われる、

『恋愛の王道』とも言うべき、

 

 

相談に乗ってもらっているうちに、

なんとなく付き合うようになった。

 

 

というカップルの誕生は、

実生活でもよく耳にしますよね。

あなたにも経験はないですか?

 

 

 

 

 

 

これは【転移】と呼ばれる

感情に導かれた結果で、

 

 

【転移】は相談に乗ってもらったり、

何かを指導してもらうという状況で、

 

両者の間に生まれる恋愛に似た感情なのです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、職場である女性が、

「ちょっと相談に乗ってください」

と言ってきた際、

 

 

最初は単なる親切心で

相談に応じていただけなのに、

 

 

会話を重ねるうちに信頼関係が生まれ、

親身になればなるほど

その女性のプライベートにも興味が生じ、

 

次第に恋心に変わっていった・・・

 

 

 

 

 

このパターンは他にも、

教師と生徒、医者と患者、上司と部下など、

 

 

上下関係にある人ほど、

恋愛関係に陥りやすいのは、

 

相談されたり、指導される機会が多いためです。

 

 

 

 

恋愛テクニックとして、

好きな人を振り向かせたいために、

 

 

本当は悩んでもいないことを、

相談するフリをするというのがありますが、

これは心理学的にも有効なのです。

 

 

 

 

 

 

こうした【転移】の感情が利用されるのは、

何も恋愛に限ったことではなく、

 

 

上司に相談を持ちかける部下の場合も、

同じような作用が働きます。

 

 

 

 

 

上司にしてみれば、

部下に相談されるということは、

 

 

自分に頼りがいのある証で、

決して悪い気はしないはずです。

 

 

それどころか、目上の者に対して

教えを乞う、助けてもらうといった部下の姿勢は、

 

素直でかわいいという

印象に結びつき、好感度は上がるでしょう。

 

 

 

 

 

相談を受けた上司は親身になってアドバイスをし、

部下の方は感謝の気持ちを業績などの態度で表す。

 

 

するとこの『相談』を通じて

両者の間には連帯感が生まれ、

 

 

通常の上司と部下という枠を超えた、

心理的距離を近づける効果があるのです。

 

 

 

 

 

もしあなたが今の作業などに

行き詰まりを感じられているのであれば、

 

 

思い切って誰かに相談などを、

されてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

思いがけない人脈が手に入るかもしれませんし、

ひょっとしたら恋が始まるかもしれませんよ(笑)

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:3