オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

とっさの反応、それが試されている

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.642 】

 

 

 

 

 

 

 

私たちは普段の人付き合いや、

職場などにおいて、

 

 

【反応】の連続で生活をしています。

 

 

 

 

 

 

たとえば、朝出勤すれば、

「おはようございます」

 

 

人に何かしてもらえば、

「ありがとうございます」

 

 

などと反応し、

 

 

 

 

それはありふれた会話の中でも

あいづちというもので、

 

 

 

常に相手が一人でも目の前に存在すれば、

コミュニケーション上必ず、

 

 

 

反応というものが必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

そしてそんな中でも、

前向きでチャンスをグイグイと

引きつけている人の共通点は、

 

 

 

『反応がよい』ということです。

 

 

 

 

たとえ付き合いが短くても、

反応がよい人は、打てば響くような

コミュニケーションが取れるのです。

 

 

 

 

 

 

私たちに与えられた時間は有限です。

そういった与えられた時間の中で、

 

 

 

自分をどのように印象付けたいのか、

相手に長々と語っている暇はありません。

 

 

 

それは相手の時間に対しての、

「時間泥棒」です。

 

 

 

 

 

 

そのとき、そのときのとっさの反応で、

相手はあなたがどんな人かを、

確実に判断しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次に注目したいのが、

『いただきものをして怒る人はいない』

ということです。

 

 

 

 

これはいつの世でも当てはまり、

太閤秀吉はこの真理を知っていたから、

天下を獲れたのです。

 

 

 

 

 

 

ただ、秀吉の時代は金以外にも、

贈るものがたくさんありました。

 

 

 

国でも城でも兵器でも女でも、

好きなものを贈り物にできたのです。

 

 

しかし今はこれができません。

 

 

 

 

 

 

現代のような情報社会の中で

生き抜く、成功するには、

 

 

 

持っている情報量の多さが物を言います。

 

 

 

 

 

そのためには反応のよさで、

情報をキャッチする必要があります。

 

 

 

そして情報という贈り物を、

たんまりと差し出せばいいのです。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

必ず打ち返される【嫌悪の報復性】

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.641 】

 

 

 

 

 

 

あなたの人間関係、良好ですか!?

 

 

 

 

「自分が嫌えば必ず自分も嫌われる」

子供の頃、そんなふうに言われ、

 

 

 

だから誰とでも仲良くしなさいと

言われたはずなのに、

 

 

 

 

 

私たちは大人になるほど、はっきりと、

嫌悪の感情を抱いてしまっています。

 

 

 

ただ大人だから、それをあからさまに

表すことをしないだけのようです。

 

 

 

 

 

 

もともと人間の好き・嫌いの感情には、

強いバランス志向があり、

 

 

 

相手と同じ感情状態で、

いようとする傾向が強く働きます。

 

 

 

 

そのためまったくの反対の感情である、

好意と嫌悪ではバランスがとれないのです。

 

 

 

 

 

 

自分を好きになってもらえれば、

自分も相手を好きになり、

 

 

 

自分を嫌っている人に対しては、

自分も同じように嫌う、ということが、

 

 

 

 

バランス上もっとも適した感情なのです。

こういう傾向を【好意の返報性】と言います。

 

 

 

 

 

 

この心理法則に基づけば、

人に好かれるためには、

 

 

 

まず自分が相手を好きになるように

なることが必要になってきます。

 

 

 

 

 

しかし残念ながら、

特に男女間のような一対一の場合は、

 

 

 

好意を発したからといって、

思い通りの好意が返ってこないことも、

あるようです。

 

 

 

 

 

 

ところが、嫌悪の方ははっきりしています。

 

 

嫌われることはプライドを傷つけられるなど、

他のマイナス感情も生じますので、

 

 

 

嫌悪に対してはほとんど必ずと言っていいほど、

嫌悪が返ってきます。

 

 

 

これが【嫌悪の報復性】です。

子供の頃の教えは正しかったんですね。

 

 

 

 

 

 

ですから、相手に嫌われないためには、

イヤなやつだと思っても、

 

 

 

その気持ちをひとまず心の内にしまって、

付き合うことが大切です。

 

 

 

 

 

 

また、ちょっとした相手のしぐさや言葉で、

自分を嫌っているのではないかと

早合点はしないことです。

 

 

 

特に自尊心が傷つきやすい人は、

相手に嫌われることに非常に過敏ですが、

それは決してよい結果を生みません。

 

 

 

 

 

とにかく、最初に嫌わない、

嫌われていると思わないことが大切なのです。

 

 

 

 

あなたの良好な人間関係を

お祈りしています。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

『疑似体験』のパワーに人は動かされる

読了までの目安時間:約 5分

 

【 加南本舗 Vol.640 】

 

 

 

 

 

 

 

先日、物産展に行ったのですが、

そこでいろんな試食をしました。

 

 

 

もちろん、試食だけでなく、

買いましたよ~♪

 

 

 

 

 

 

こんなふうに、デパ地下の惣菜売り場や、

お菓子売り場では、店員さんが

しきりに試食をすすめてきますよね。

 

 

 

 

洋服を見ていても試着をすすめられたりと、

あまり買う気がなさそうな人にも

試すことをすすめるのは、

 

 

 

 

実際に体験することで、

客が関心を持つようになるからです。

 

 

 

 

 

 

同じように、

 

 

「もし、あなたが今ガンになったら

どうしますか?」

 

 

「ご家族の方はさぞかし大変でしょうね」

 

 

保険の外交員ならばこんな話をするでしょう。

 

 

 

 

 

 

客はそう言われたことで、

ガンの『疑似体験』をします。

 

 

 

 

するとにわかに心配になり、

備えを考えたり、「もしも対策」を

見直したりするでしょう。

 

 

 

 

「ガンになる」という

疑似体験で客の不安をあおり、

保険に勧誘しようとする手法です。

 

 

 

 

 

 

疑似体験による説得法は、

それが自分に身近なものであればあるほど、

大きな効果を発揮します。

 

 

 

 

 

 

人は皆、一度経験してみないと、

そのものについて本当のところ、

わからないものです。

 

 

 

 

自分が親になってみて、

初めて親の気持ちがわかった。

ということもよく耳にしますよね。

 

 

 

 

 

 

人は、セールストークよりも、

実際に見たり、食べたり、感じたりする

『疑似体験』の方が説得されやすいのです。

 

 

 

 

 

 

私たちのビジネスにおいても、

「お試し期間」などがありますよね。

 

 

 

そういうものを積極的に利用してみるのも、

アリかもしれません。

 

 

 

 

ただ、試しもせず、

よくも知りもしないのに、

 

 

 

批判だけするのは、

口先だけの残念な人になっちゃうので、

気をつけたいですね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

自ら言えば、マイナスの価値になってしまう

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.639】

休日の今日、ゆっくりお休みになられましたか?

 

あなたがステキな時間をお過ごしだったら嬉しいです。

 

 

 

 

では明日からの新たな一週間の始まりに、

 

今夜は『余計なひとこと』のお話を……

 

 

 

 

 

>> 自分の価値観を安易に口にすると <<

 

 

 

 

 

 

心密かに自慢したいと思うことは、

人に誇るべきことです。

 

 

 

しかし、表現の仕方によって、

人に嫌われる結果になったりします。

 

 

 

 

 

 

そもそも「自慢する」というのは、

 

自分の誇るべき点を人が知らなかったり、

認めてくれなかったりするので、

 

 

その点を人に押し付けようとする行為です。

 

 

 

 

 

 

相手にとってどんなによいことであっても、

「押しつけ」の要素があるときは、

必ず人々の反感を買います。

 

 

 

 

 

 

自分が自慢したいと思うことは、

言わない方がいいのです。

 

 

 

黙っていれば価値がありますが、

自ら人に言ってしまえば、

 

 

マイナスの価値になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてどんな状況であっても、

決して使ってはならない言葉

というものがあります。

 

 

 

 

ビジネスシーンにでも、

ついうっかり言ってしまう言葉に、

 

 

 

 

「いつも能天気でいられていいよね。

悩みなんてないでしょう」

 

 

「何も考えない仕事って、楽だよね。

体使えばいいんだから」

 

 

「エリートはいいよなぁ。こんな仕事、

簡単すぎるでしょう」

 

 

「好きなことが仕事でいいよな。羨ましいよ」

 

 

などで、気づかぬうちに使っていたりします。

 

 

 

 

 

 

相手の状況や悩み、苦労も知らずに、

自分の価値観で思いついたことを

安易に言うのは、社会人として失格です。

 

 

 

 

 

 

仕事場ではとても能天気に見える人でも、

家に帰れば、親の介護で大変な苦労を

しているかもしれません。

 

 

 

エリートにはエリートにしかわからない

圧迫感を抱えていたり、

 

 

 

いつも明るく元気に振舞うのは、

弱い自分を見せたくないからかもしれません。

 

 

 

 

 

 

人は見かけによらぬものです。

「お気楽ね」などという、そのひとことが、

 

 

 

人を大きく傷つけている

ことだってあるのです。

 

 

 

 

 

 

自慢はある程度理性で

抑えることができても、

 

 

仕事に行き詰まっているときや

イライラしているときに、

 

 

 

つい周りの人がとても恵まれて

いるように見えて、

 

 

 

つっけどんな言い方に

なってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

けれども相手の好意を無にしたり、

傷つけるのがよくないことは、

冷静になればわかることです。

 

 

 

その心を忘れないで、

余計なひとことで相手を悲しませないよう、

心がけていきましょう。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

バーチャルCEO

読了までの目安時間:約 5分

 

9-26

 

 

『バーチャルCEO』

 

 

 

 

「もう一人自分がほしい」
誰もが一度はそう考えたことであろう、
もう一人の自分の存在。

 

 

 

 

 

今、手一杯の仕事をテキパキと
こなしてくれれば、
やりたい仕事に専念できる・・・

 

 

 

 

 

そんなもう一人の自分を実現できるのが、
バーチャル・アシスタント(BA)です。

 

 

 

 

 

バーチャル・アシスタントを活用すれば、
ビジネスに必要なことだけ、したいことだけ、

 

 

自分に向いていること以外は全て
アウトソースすることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

インターネットを使っていかに
業務をアウトソーシング化し、
スタッフを指導・管理していけばいいのか?

 

 

 

 

 

アウトソーシングすべきタスクの見極め方、
バーチャル・アシスタントの探し方の4つコツ。

 

 

 

バーチャル・アシスタントの能力を
最大限に活用する『成功方程式』

バーシャル・アシスタントの生産性を維持する
職種別のテクニックなど、

 

 
あなたのビジネスを成功させるために
欠かせない究極の方法が満載。

 

 
忙しい経営者が売り上げを維持しつつ、
自分の時間を作っていくために
必要なことが全て書いてある最高の手引書です。

 

 

 

 
『バーチャルCEO』とは、
バーチャル・アシスタントを活用して、
効率よくビジネスを運営する経営者、
あるい起業家のことを言います。

 

 

 

 

 

あれもこれも全部やるのは、
戦略ではない。
経営はわかりやすさが大事。

 

 

 

本当に大切な1%に100%集中する。
シンプルに考えなければ、
何も成し遂げることはできない。

 

 

 

 

 

あなたは、
一人で何でもできると過信していませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆゚+. 著者紹介 ゚+.☆

 

 

クリス・ダッカー(Chris Ducker)

 

 

アウトソーシングやバーチャル・スタッフ問題の

第一人者として大きく注目されている。

 

 

現在はコールセンター、VAの斡旋サービス、
スタートアップ起業家のための

 

コワーキング・スペース(異なる職業の人々が
同時に利用できる共有オフィス)と、
3つの事業を運営しながら、

 

 

数々の国際会議で基調講演を行い、
ブロガー、ポッドキャスターとしても活躍している。

 

 

 

 

 

『バーチャルCEO』

 

 

 

販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

 

 

 

 

オススメ書籍    コメント:0

【高価格!!】値段で商品が判断される!?

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.637 】

 

 

 

 

 

 

 

安倍首相が再選を正式に承認された

記者会見の席で、

 

 

 

「デフレ脱却はもう目の前だ」との

発言をされましたね。

 

 

 

ムムム???

 

 

 

 

 

 

デフレとは

モノの値段が下がり、

お金の価値が上がり続ける状態で、

 

 

 

モノの値段が全体的に上がり、

お金の価値が下がる、

インフレとは逆になります。

 

 

 

 

 

 

そういうことは

私たちが生活していく上で、

痛いほど感じていますよね。

 

 

 

 

 

 

日本がデフレ時代に突入し、

100円ショップが大人気を博し、

 

 

 

身の回りのものもそこで購入したものが、

便利グッズとして大活躍したりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそんな時代にあっても、

なぜか驚くような高値の商品もまた、

人気を集めています。

 

 

 

 

 

 

高級ブランド品や高級マンション、

アイスクリームにだって「えっ?」

ってくらいの高級品が売り出され、

 

 

それが次々と売れているのです。

 

 

 

 

 

 

 

実際、先日も、

レジ待ちの前のお姉さんのカゴに、

無造作に「●ーゲン●ッツ」が

入れてありました。

 

 

 

きっと彼氏と食べるのね。

と、人の買い物カゴ覗いて

想像しました、いろいろと(笑)

 

 

 

 

まぁ、お姉さんの事情は置いといて、

メーカーがあえて高い商品を売るのには、

 

 

 

『高級なものは、品質がよいはず』だと、

私たちが信じているからです。

 

 

 

 

 

 

価格が安ければ、粗悪品。

高ければ、この値段なのだから、

きっといいものに違いないと思い込む。

 

 

 

といった消費者心理を、

メーカー側が利用しているからなのです。

 

 

 

 

 

 

ですから、

私たちがオファーをする際にも、

 

 

 

『高いから』という理由だけで、

ためらう必要はありません。

 

 

 

 

それに本当に高いものは、

高いなりの理由があるはずですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはどうでしょうか。

 

 

 

ドバイではバニラに金箔をあしらった

10万円のアイスが発売されて、

話題になりましたよね。

 

 

 

 

 

 

ベルサーチの小鉢とスプーンは、

持ち帰り可能だそうですが、

 

 

 

10万円のアイスを食べることができる

お金持ちが、果たして器やスプーンを

持ち帰るのか・・・

 

 

 

 

日本でいうところの駅弁ですか。

 

 

可愛いお弁当箱とか、

小鉢として使えそうな陶器も

ありますもんね。

 

 

 

 

 

 

あー、自分もそんなアイス、

食べてみたい!!

 

 

そう思ったあなたは・・・

 

 

 

作業を頑張りましょうか。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

難攻不落の相手も【スリーパー効果】で落とす

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.636 】

 

 

 

 

 

 

 

いくら手を尽くして説得しても、

まったく進展しない・・・

 

 

 

 

あなたはそんなとき、

どうしていますか?

 

 

 

 

 

 

そんな場合は、

とりあえず放っておくのも、

ひとつの手です。

 

 

 

 

 

 

通常、説得効果が高まるのは、

説得する人の信頼度が高いからです。

 

 

 

たとえば貧乏な人が、

金持ちになる方法を説いても信用されません。

 

 

 

ところが、時間の経過とともに、

効果が表れることがあります。

 

 

 

 

【スリーパー効果】と呼ばれるもので、

時間の経過によって、

説得の際の話の内容が、

 

 

 

純粋に情報として相手に、

理解されるために生じるのです。

 

 

 

 

 

 

人は、相手の話を聞くときに、

相手のしぐさや表情と一緒に、

内容を聞き入れています。

 

 

 

 

 

 

ところが時間が経過すると、

話した人に対する情報と、

話の内容が分離して、

 

 

 

話の内容によって、

判断が下せるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

ですから難航しているからといって、

次々と攻め続けるのは、

 

 

 

関係を悪化させてしまうことにも、

なりかねないのです。

 

 

 

 

 

 

むしろ冷却期間をおき、

スリーパー効果が表れる頃を見計らって、

 

 

 

再び説得を開始する方が、

よい結果をもたらすことがあるのです。

 

 

 

その期間はおよそ一週間から、

一ヶ月の幅があると言われています。

 

 

 

 

 

 

その効果を考えれば、

こちらの話にまったく乗ってこない相手にでも、

 

 

 

言いたいことだけはきちんと、

伝えておくことが大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

難攻不落に思えた相手も、

眠りから覚めれば、

 

 

 

思いがけない進展につながるかも

しれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

意中の相手にNoを言われた場合も、

しばしの休眠期間を何度か取りながら

繰り返しアプローチすれば・・・

 

 

 

何とかなるかもしれません。

自己責任でお願いしますね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オファーする際、

初日は当然ですが、

最終日もまた成約率が上がります。

 

 

 

 

初日、思ったように成約されないからと

諦めたりせずに、

 

 

 

最終日にもトライしてみましょう。

思わぬスリーパー効果が

あるかもしれません。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

時々、心をウソ発見器にかけてみる

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.635 】

 

 

 

 

 

 

 

あなたは今日、何度ウソをつきましたか?

 

 

 

ウソなんて一度もついてない?

はい、1カウント!

 

 

 

知らぬ間についてる

平和なウソもあります(笑)

 

 

けれどもウソを隠すとなると・・・

 

 

 

 

 

 

ウソがバレそうになると、

表情や身体に必ず変化が起こります。

 

 

 

いつもと違うしぐさをしたり、

表情筋がピクリと動いたり、

 

 

 

話し方も言い直しが多くなったり、

早口やしどろもどろになってしまいます。

 

 

 

まばたきが多くなったり、

すぐに目をそらすか、あるいは

必要以上に見つめるか・・・

 

 

 

 

 

 

そんなふうに身体のどこかに

ウソが出るとはいえ、

 

 

 

手慣れたセールスマンなどがつくウソは、

なかなか見破れないと言われています。

 

 

 

 

 

 

そのセールスマンのウソを見抜く実験が

行われたことがありました。

 

 

 

見破るのは人のウソを見抜くのを

得意としている税関の役人や、

警察関係の人たちでした。

 

 

 

 

 

しかし彼らをもっても、

ウソを見破ることができた確率は、

 

 

 

50パーセントをわずかに超えたに

過ぎなかったのです。

 

 

 

 

確率が50パーセントというのは、

見破れないに等しいですよね。

 

 

 

 

 

 

だったら機械はというと、

 

 

皮膚の電気反応を使って

人間の緊張や興奮の度合いを調べる、

 

 

『ウソ発見器』がありますが、

 

 

 

 

この器械でウソを見破ることが

できる確率は、75パーセントくらいで、

完全に信用できないとも言われています。

 

 

 

機器にかけられただけで、

緊張する人も多くいるからです。

 

 

 

 

 

 

もっとも、ウソ発見器にかけられると

心理的にウソがつきにくくなりますから、

 

 

 

その場に置いてあるだけでも

役に立つものです。

 

 

 

 

心の中やパソコンの側にも一台、

あればいいかもしれませんね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うそーん、今日でお休み終了」

こちらは嘆きのつぶやき。

 

 

 

 

 

 

長かったお休みも今日で終わり、

そういう人がほとんどかもしれません。

 

 

 

また、まったくお休みなしで

働かれていた人もいらっしゃったでしょう。

 

 

 

 

 

 

誰も「昨日」はもう取り戻せません。

後悔のないように、作業は進みましたか?

 

 

 

自分に都合のいい言い訳や、

ウソをついたりしていませんでしたか?

 

 

 

 

あなたの心がチクリと痛んだのなら、

明日からまた、共に頑張りましょう。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

好意を持たれ、いい評価をされる簡単な方法

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.634 】

 

 

 

 

 

 

 

自分が話しているときに、

 

 

相手がうなずいてくれたり、

あるいは適度なあいづちを打ちながら

真面目に聞いてくれると、

 

 

思わず嬉しくなり、話がはずみますよね。

 

 

 

 

 

 

人は話すことによって、

自分自身を表現したいわけですが、

 

 

 

同時に話すことによって、

認められたいという欲求もあるのです。

 

 

 

 

 

 

また、話をしているときには絶えず、

こんなことを言ってしまって

 

 

 

変ではないだろうか、

面白くないと思われてないだろうか、

などと心配し、不安も抱いているのです。

 

 

 

 

 

 

しかし、そんな不安や心配も、

相手がうまくうなずいてくれたり、

あいづちを打ってくれることで、

なくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

逆に言えば、

話している人に好かれようと思ったら、

 

 

 

まず聞き上手になることを

心がけましょう。

 

 

 

 

うなずきやあいづちは、

話している人を

認めていることを表すので、

 

 

相手の自尊心を高めます。

 

 

 

 

相手の話をちゃんと受け止めてあげること、

そうすれば、あなたは理解者となり、

好意を持たれ、いい評価をされるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型連休はメルマガの開封率が

下がると言われています。

 

 

 

 

だからといって

手を抜くわけにもいきません。

一配信、全力投球です♪

 

 

 

 

とは言っても、

読んでもらえないのかなぁ・・・

と思っていたところ、

 

 

 

 

さすが、私の読者さんは

勉強熱心な方ばかりです。

 

 

 

連日、たくさんクリック

していただいています。

ありがとうございます!

 

 

 

 

 

クリックはいわばメルマガにとって、

うなずきやあいづちです。

 

 

 

当然私は気分がいいですし、

そういう人のことを好きになります。

 

 

 

 

 

 

そんな勉強熱心なあなたに、

特別な何かをと考えていたら・・・

 

 

 

私の頭上に電球マーク点灯!!

「あれだぁぁぁ~~!!」とひらめきました。

ぜひ、楽しみにお待ちくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたも頭上に電球点灯マークのような

ひらめきを大切にしてください。

 

 

 

「いいな」と思ったら、

とりあえず走って行って

それをつかんでみるのです。

 

 

 

 

バーゲンセールでも、

とりあえず、「いいな」って思ったら、

サイズも関係なく(笑)つかみとります。

 

 

 

 

そのあとでゆっくり、

これ、ダイエットしたら何とかなるかも・・・

 

 

 

と、バーゲン品と痩せた自分、

両方をゲットできるのです。

 

 

 

 

 

 

これ、頑張ったら何とかイケるかも・・・

 

 

 

あなたが手にするのは、

斬新なノウハウと報酬です。

 

 

 

 

もう迷うことはありませんね。

ダッシュしてみてください。

 

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

人生の流れを変えてくれる力

読了までの目安時間:約 6分

 

【 加南本舗 Vol.633 】

 

 

 

 

 

 

大型連休に、旅行をされている方も

多いようですね。

 

 

 

 

純粋に楽しむのはもちろんですが、

 

 

旅は、日常の自分を振り返るための

貴重な時間でもあると言えます。

 

 

 

 

 

 

旅に出る前に、

思っていることや悩みなどを

書き出して帰ってくると、

 

 

 

自分の『意識のズレ』を、

感じることができます。

 

 

 

 

 

 

旅に出る前に悩んでいたことが、

家に帰ってきた時には

すっかりなくなっていたなどと、

 

 

 

 

非日常が日常に変わっていく瞬間には、

人を変える力がある、

 

 

 

自分にとって本当に必要なものを、

明確にしてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

そんなふうに、

旅には人生の流れを

変えてくれる力があります。

 

 

 

 

 

 

とは言っても、

旅をするお金も、

時間的余裕もないときには、

 

 

 

週末のプチおでかけでも、

会社からの帰り道を

ちょっと遠回りするだけでも、旅になります。

 

 

 

 

 

 

新しい自分に変われる体験は、

少しの変化でも応用できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして旅の中で、

思いっきり違った自分になるのも

いいですが、

 

 

 

忘れてはならないことが、

『旅の恥はかき捨て』です。

 

 

 

 

 

 

これはあとで会う機会もないのだから、

多少は無作法なことをしても、

とやかく言われることはないなどという、

 

 

 

旅行者がマナー違反をしたときの

免罪符に使うものではなく、

 

 

 

 

厚かましく、恥知らずなさまという

『厚顔無恥』の例えで、

 

 

 

「してもよい」ではなく、

「困ったものだ」という意味なのです。

 

 

 

 

 

 

知らない人だと思っていても、

もしかすると知人や友人の

知り合いであるかもしれません。

 

 

 

それに、その時は知らない人でも、

あとで知り合ったりするかもしれないのです。

 

 

 

いつまでも「知らない人」であり続ける

保証はありません。

 

 

 

 

 

 

 

旅に出たら、

普段はできないけれども、

 

 

 

少し勇気を出してその土地の人に

話しかけてみる。あるいは、

小さな親切を心がけてみる。

 

 

 

といったものに変えて、

残りの休日をエンジョイしてみてくださいね。

 

 

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1