オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

【限定性】で行動へと導く

読了までの目安時間:約 4分

 

 

手にしたスーパーのクーポン券は、

 

「限定200枚 食パン全品⇒50円引き」

 

 

たかが、50円 されど50円 なのです、私にとって!

 

しかも限定200の中に入れたのですよ!

 

んっ?私のこの行動、スーパーに踊らされている?

 

 

 

 

このように人は【希少性】があると

 

ものぐさな私のような人間でも 、「急がなくっちゃ 」となります。

 

人は、【今すぐ決断しなくては手に入らないもの】

 

 

【 数自体が少ないもの】に対しては、

 

心揺さぶられて、考える時間もなく行動してしまいます。

 

 

 

 

ビジネスではこの【希少性の原理】がよく使われていますよ。

 

・「○月○日で販売中止です」

・「○○セミナーは50席限定です」

 

などがこれにあたります。

 

 

 

 

 

また、ただプレゼントとするよりは、

 

「○○のプレゼントはあと三日間だけです」

 

と伝えた方が効果が増します。

 

 

 

 

 

なにかしらの【限定性】を加えることにより、

 

人は【失うという恐怖】を感じます。

 

これが人を更に【行動】へと導くのです。

 

 

 

 

 

『得られる利益よりも、失うことによる苦痛の方が大きい』

 

まさに【損失回避性の原理】が働いているのです。

 

 

 

 

 

それには、【数】【期間】【特典】

 

という 三つの限定性があります。

 

 

 

 

「50個限定」「残りあと3枠です」の 【数】に対するものや、

 

ある時点で必ず販売終了となる、

 

「5日限りの限定販売」と、【期間】の限定性はかなり強力ですよ。

 

 

 

 

また、ネットビジネスに多い【特典】の限定性、

 

時間と共にその特典をひとつずつ削っていくと、

 

限定性を前面に出すことができます。

 

 

 

 

「限られた原料で丁寧に手作りしているため」

 

などと理由もつけることができれば、

 

 

 

 

信頼感も増して、完璧な限定性の出来上がりです。

 

心理テクニック    コメント:0

【初頭効果】で、ハートを鷲掴み!

読了までの目安時間:約 4分

 

 

メルマガで大事なのは【件名】ですが、

 

メルマガの肝となる【本文】もまた然り、

 

【オープニング】でがっちりと読み手の

 

 

ハートを掴まなくてはなりません。

 

 

 

 

そのためには……

 

あなたにとっておきの効果をお伝えしますね。

 

まず、テレビのCMを例にご説明します。

 

 

 

 

『青空と雪をかぶったアルプスの山々……』

 

 

これだけで私達は、

 

これから紹介される商品が、

 

「爽やかなイメージのものに違いない」

 

という印象を持ってしまいます。

 

 

 

 

広告やチラシに大きな文字で、

 

 

『限定販売』『決算大売出し』といった【アイキャッチ】も、

 

「早く買わなきゃなくなってしまう」という、

 

イメージを私達に作らせてしまうのです。

 

 

こうした受け取る側に【予断を与えてしまう効果】は、

 

さまざまな分野で利用されています。

 

 

 

 

最初に書かれた文章など(第一印象)が

 

残りの要素の解釈に影響をあたえてしまう現象を、

 

心理学では【初頭効果】といいます。

 

 

これを賢く【オープニング】に利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

また余談ですが、

 

恋愛においてもこの【初頭効果】は大きくものをいいます。

 

『第一印象』というものです。

 

 

 

ぱっと見た時の相手のルックスがステキだから、

 

あの芸能人に似ているから、

 

 

「きっとマナーも性格も素晴らしい人に違いない……」

 

 

 

と思い込むのは【初頭効果】以外のなにものでもありません。

 

ふふっ、あなたにも心当たりがおありなのでは?

 

 

心理テクニック    コメント:0

【後光効果】コネも人格のうちです

読了までの目安時間:約 4分

 

 

仏像や聖像、聖画には、

 

【後光】というものがついているものが多く、

 

 

また太陽や月にかかるカサを意味する言葉を

 

【ハロー】と言います。

 

 

 

後光のある聖像は荘厳に見えるし、

 

カサのかかった太陽や月は、

 

普段より大きく見えますよね。

 

 

いわゆる【後光がさす】と言われるものです。

 

 

このことから、

 

その人間の後ろにあるものが、

 

その人の評価を高めることを

 

【後光効果 (ハロー・イフェクト)】と言います。

 

 

 

 

それをビジネスに利用したら……

 

 

A社に営業に出かけたが、

担当者にまるで相手にされなかった。

 

 

けれどもA社に顔のきくS氏に、

紹介状を書いてもらって再度訪問したら、

担当者が打って変わって丁寧になった。

 

 

 

これは紹介状を書いた人物が

 

信用できる人物だったがゆえ、

 

商談もスムーズに進んだのですが、

 

 

こういうケースは、

 

私達の周りにはよくあることですよね。

 

 

 

社会的には、ある人間を評価をする際、

 

【その人物の背後関係からその人を評価する】

 

という心理的な傾向があります。

 

 

 

この【後光効果】を積極的に利用すれば、

 

初対面の相手でも

 

あなたを簡単に【信用】してくれるようになりますよ。

 

 

 

詐欺犯や結婚詐欺が、

大物政治家などとのつながりをわざと語ったり、

 

医師や弁護士などの肩書きを振り回して

相手を信用させて騙す手口も、

 

この効果を利用しているからです。

 

 

こういうデタラメな後光はNGですが、

 

あなたに【正当な後光】があるのなら、

 

どんどん利用しましょう。

 

 

 

【コネも人格のうちです!!】

 

 

それだけのコネをもっている人間ならば、

 

信用できるにちがいない、

 

という目で人は見てくれます。

 

 

 

要は、コネは恥じるべきことではなく、

 

【そのコネに恥じない行動をすればいい】

 

だけのことなのです。

 

 

心理テクニック    コメント:0

心理的急所を攻める

読了までの目安時間:約 4分

 

 

あなたがバーゲンセールをしているショップに行ったら、

 

既にもうたくさんの人が押し寄せていた。

 

 

そんな光景を目にしたことはありませんか?

 

 

すると、あなたの脳は……

 

こんなに人が集まっているのだから、

きっと素晴らしくいいセールだ。

早く買わなければ、なくなってしまう。

 

 

たぶんこんな指令を出したはずです。

 

 

 

心理学用語に【準拠集団】というものがあり、

 

これは自分が属する集団を指しているのですが、

 

 

たいていの人はこの【準拠集団】に属する人と、

 

同じようにふるまいたがります。

 

 

 

 

先ほどのバーゲンセールが

 

まさにそれにあたります。

 

 

セールに出向くという自分と似たような人が、

 

商品に群がるのを見て、

 

自分も同じような行動をとろうとする……

 

 

 

 

そこで、有能なセールスマンは、

 

この心理を巧みについてきます。

 

 

「どちらのご家庭でも

 

これをお使いになっていらっしゃいます」

 

 

 

すると大半の日本人は、

 

自分を中流クラスだと思っているので、

 

自分の属する【準拠集団】からは

 

離れたくない心理が働き、

 

【購入】へと導くことができるのです。

 

 

 

 

このように商品販売の決め手として

 

大いに効果を発揮する、

 

他の人と同じようにふるまうことを、

 

【同調行動】と呼びますが、

 

 

人間のその不安な

 

【心理的急所】を攻めることで、

 

交渉がガラリと有利に運ぶと

 

いうことを覚えておきましょう。

 

 

 

「たくさんの人にお買い上げいただきました」

 

この一言を添えて、

 

あなたのビジネスチャンスに

 

役立ててくださいね。

 

 

 

力強い武器になること、間違いなしですよ。

 

心理テクニック    コメント:0