オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

言葉にできないときは無理をする必要はないのだから

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1456 】

 

 

 

 

 

年の瀬に

今年の反省をしていたら、

落ち込みました。

んー、結構、深い・・・

 

 

 

 

落ち込んでいるときに

慰められると、

 

ますます落ち込んでしまう

ということがあります。

 

 

 

落ち込んでいる相手に

「放っておいてくれ」

と言われて放っておくのは、

 

 

自分が冷たいことを

しているような気持ちになって、

 

それを鎮めるのは

エネルギーのいることです。

 

 

 

しかし相手が

放っておいてほしいときは、

 

放っておいてあげるのも

ひとつの優しさです。

 

 

自分の満足だけで動いては

ならないのです。

 

 

 

 

johnhain / Pixabay

 

 

 

 

それに、放ってほしい時間は

そんなに長くは続きません。

やがて手助けがほしいときがきます。

 

 

そのサインを見逃さず、

さっと手を差し伸べてあげられたら

それでいいのです。

 

 

 

これはサービスと同じです。

 

商品を見たいだけなのに、

「何かお探しですか」と

お店の人に近寄られると

うるさく感じます。

 

 

 

ちょうどいいタイミング

というのを感じられること、

お節介をやく必要はありません。

 

 

 

 

相手を慰めるときに限らず、

気持ちが重くなり過ぎて

 

言葉にできない

というときもあります。

 

 

 

これを無理矢理

言葉にしようとすると、

 

かえって相手を思う

その思から離れていく

こともあります。

 

 

 

ですから、

言葉にできないときは

無理をする必要はありません。

 

 

 

ただ言葉にならないときには

しぐさや態度で表すだけでも

思いは十分に伝わります。

 

 

 

言葉ほど、

自分の思いを伝えるのに

大切なものはありません。

 

 

それと同時に、

自分の思いを伝えるのは、

言葉だけではないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち込んで、

そして立ち直るために

立ち上がったら、

 

前をまっすぐ見つめて

歩き出しましょう。

 

 

転んだっていいじゃない。

また、立ち上がれば。

 

 

あっ、転ぶときには

骨折に気をつけて!

って、私だけか・・・(笑)

 

 

今年は後半に骨折をしてしまい

痛い思いをした年でしたが、

 

目標に向かって突き進むのに

転ぶことを恐れるな

という気持ちは変わっていません。

 

 

これ、あなたの「杖」になれば・・・

年寄り扱いじゃないですよ(笑)

 

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

あなたの中に眠っている資源を見つけるには

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

【超オススメ】

目標達成のための秘訣、

達成する人の法則を知って

あなたの目標を達成してください。

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1455 】

 

 

 

 

 

最初の困難に出会うと

多くの人は、

 

「どうせ無理だから」

「前例がないから」

「もう歳だから」

 

 

などと言い訳をして、

最初から挑戦することを

諦めてしまいます。

 

 

 

そうやって最初から

諦めている人に

幸運はやってきません。

 

 

 

この世に生まれてきた

発明や新しい商品の開発は、

 

 

みんなが諦めて

無理だと思っていたことに

チャレンジしたから、

生まれたのです。

 

 

 

みんなと同じことを

同じようにやっていれば、

 

みんなと同じものしか

手に入りません。

 

 

 

みんなと明らかに違うものを

手にできる人は、

 

 

他の人が「無理だ」

「できない」と思っていることに

チャレンジした人なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『自分の中に存在する能力を

一生の間にすべて使い果たす人は

ほとんどいない。

 

まったく使われないままになっている

強さの井戸がある』

 

 

米国の探検家

リチャード・バードの言葉です。

 

 

 

自分のポジティブな資源に

意識を向ければ、

 

 

物事に挑戦し、成功を目指す

勇気と強さと自信を

持つことができるでしょう。

 

 

 

 

あなたには自分でも

信じられないくらいの

力が秘められているのです。

 

 

 

だから「自分には無理だ」

と思っていたことでも、

成し遂げることができます。

 

 

 

あなたを限定するのは、

あなた自身が心の中に

抱いている限定だけです。

 

 

 

「自分は生まれつき成功しない」

というネガティブな信念を

乗り越えるかは、

 

あなた次第なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

直感の鋭い人ほど人生にムダがない

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1454 】

 

 

 

 

 

直感の鋭い人ほど

セレクションがうまく、

人生にムダがありません。

 

 

 

そんな信頼度の高い直感力を

日常の場面でも

磨くことができます。

 

 

 

たとえば

ウィンドウショッピングを

する際には、

 

 

何となくお店を見て回るのではなく、

 

店先に並んだ服や小物を

自分が買うとしたら

どの順に買っていくかを考え、

 

 

頭の中で瞬時に

買い物リストを作るのです。

 

 

 

この訓練を繰り返すことで

感性を刺激し、

 

とっさに判断する力を

養うことができます。

 

 

 

 

 

jarmoluk / Pixabay

 

 

 

 

また、仕事終わりの

帰りの電車の中も

いい訓練の場になります。

 

 

乗客の中から5人ほど選び、

先に降りそうな人から

順位をつけていくのです。

 

 

当てるコツは

相手をよく観察することです。

 

 

人は自分の降りる駅が近づくと

何らかのアクションを

起こします。

 

 

そういうちょっとした行為が

何を意味するかを観察によって、

見極めていくのです。

 

 

 

はじめはまったく当たらなくても、

繰り返すうちに少しずつ

的中率は上がってきます。

 

 

すると相手をパッと見ただけで、

その人の思考や行動を

 

予測することが

できるようになります。

 

 

 

こうした訓練を積むことで

直感は鋭くなっていきます。

 

 

 

直感力が十分身に付けば

相手の機嫌などもわかり、

 

 

人間関係のトラブルを

事前に察知して、

回避することもできます。

 

 

また、初対面の場であれば

自分ともっとも気の合いそうな人も

それとなくわかるようになります。

 

 

 

チャンスをものにするのは、

一瞬の判断の場合も多くあります。

 

 

だから、運のいい人はみんな

「カン」がいいのです。

 

 

 

右か左か、

この人かあの人か、

 

 

みんな直感力が

作用しているのです。

侮るなかれ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

まっすぐに、そして時にはしなやかに

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1453 】

 

 

 

 

 

竹が地上から芽を出すには

長い年月が必要なのを

ご存知でしょうか。

 

 

 

最初の4年間というのは、

目に見える成長はありません。

 

しかし、5年目に入ると

ようやく地中から芽を出します。

 

 

 

4年の間に地下茎を張り巡らせ

それを土台にして、

 

 

そここらわずか6週間で、

30メートルくらいにまで伸びて

頑丈な竹に成長します。

 

 

 

さて、竹が30メートル

伸びるのに要した期間は、

 

4年でしょうか、

それとも6週間なのでしょうか?

 

 

 

 

Unsplash / Pixabay

 

 

 

 

人間の成長も、竹の成長と

似ているところがありますね。

 

 

 

短期間で急成長を遂げるように

見えるえることがあっても、

実はそうではないのです。

 

 

 

あなたが目標にしたり、

あるいは羨ましがっている人は、

 

 

それまでの地道な努力が

その人の成功を可能に

しているのであって、

 

 

急に成功者になったわけでは

ないのです。

 

 

 

ほんの少しの努力で

成し遂げられることばかり

してきたなら、

 

 

あなたは今以上に

成長することはないでしょう。

 

 

苦闘は強さを獲得する上で

必要なのです。

 

 

 

 

人生は試練の連続です。

 

しかし、その苦難がなければ、

私たちは本来の強さを

発揮することができなくなります。

 

逆境は成長の機会でもあるのです。

 

 

 

次に苦しい状況に遭遇したら、

それが成長の機会だと

前を向いて進んでください。

 

 

 

そういう前向きな姿勢が

あなたをあの竹のように

まっすぐに、

 

そして時にはしなやかに、

成長させてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

分を成長させるために

あなたは何をしますか?

 

 

先人たちの知恵を

借りるのであれば、

読書はうってつけです。

 

 

特にあなたのパワーになる

厳選された

 

2017年もっとも読まれた本、

「ベスト5」をご紹介いたします。

 

 

 

あなたの成功の

アイテムになさってみては

いかがでしょう。

 

きっとあの人も読んでいる本です。

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

自分の人生を切り開くためには

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

【超オススメ】

あなたの知識・経験・情熱を

オンラインで売り出すための

ノウハウをまとめた1冊。

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1452 】

 

 

 

 

 

今年も本当に残りわずかですね。

 

なのに、やらなきゃならない

ことはどんどんたまっていく・・・

 

 

特に師走は、

あっという間に時間が

過ぎていく感がハンパないです。

 

これって老いも

関係あるのでしょうか。

一番認めたくないですね。

 

なんとか、

うまい理由はないでしょうか・・・

 

 

 

 

成功のカギを握る大切な

要素のひとつは、

時間をうまく使うことです。

 

 

たいていの場合、

成否の分かれ目となるのは

 

「時間がなかった」という

言葉に集約されます。

 

 

 

そのことからもわかるように、

自分の人生を切り開くためには

 

時間をしっかり管理する

必要があるのです。

 

 

 

 

 

camera4u / Pixabay

 

 

 

 

時間を管理するとは、

人生を管理することなのです。

 

 

 

そのためには、

毎日課題をリストアップする

習慣を身に付けましょう。

 

 

優先順位を付け、

最後までやり遂げたら

 

次の課題に

取り掛かるようにします。

 

 

その際、リストにある

すべての課題を終えることが

できなくても心配ありません。

 

 

リストに沿って

重要な課題のいくつかを

やり遂げることができたはずです。

 

 

このリストは

重要な課題に意識を集中し、

 

重要でないことに

時間を浪費しない効果があります。

 

 

 

また、一日の途中で立ち止まって、

「自分は今、目標に近づくための

行動をしているだろうか?」

と自問することも大切です。

 

 

 

明日の成功は

今日の計画の結果です。

 

 

 

時間を増やすことは

できませんが、

 

時間の価値を

増やすことならできます。

 

 

うまく時間を管理できる

成功習慣を身に着けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

お金を払う行為を将来の自分につなげる

読了までの目安時間:約 7分

 

 

 

【超オススメ】

パソコン1台でできる、

理想のビジネス構築法

90日で新しい収入源が作れます!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1451 】

 

 

 

 

 

これから年末年始、

何かと出費もかさみますが、

 

ボーナスもあることだしと、

財布の紐も少しは緩みがち?

かもしれませんね。

 

 

そんなとき、果たして、

自分のお金の使い方は

大丈夫なのか?

 

今ほしいあの商品は

買うべきなのか?

 

 

そういった疑問に

簡単に答ええられる

方法があります。

 

 

 

それはお金を使うときに、

『投資』『消費』『浪費』の

 

どれに当たるかを

判断することです。

 

 

 

『投資』とは、

自分の稼ぎを増やしたり

生きがいを見つけたりと、

 

将来に見返りがあることを

期待したお金の使い方です。

 

なお、ここでいう投資は、

金融商品への投資のことではなく

もっと広い意味で使っています。

 

 

『消費』は食費や住居費、

被服費や交通費など

 

生活するために必要な

ものやサービスへの支出です。

 

 

『浪費』は投資でも消費でもない

支出のことで、ストレスの解消や

 

一時的な快楽を得るための

支出が代表的です。

 

 

 

さて、あなたの支出は

これらの割合が

どうなっているでしょうか。

 

 

自分なりに定義付した結果、

投資が少なく、浪費が多い

 

というのがよくあるパターン

ではありますが、

 

ここでの分析は

そういうことは必要ありません。

 

 

重要なのはこれからどうするか

ということなのです。

 

 

 

nattanan23 / Pixabay

 

 

 

 

ここで思い切って、

『投資を100%にするには』

どうしたらよいかを

考えてみるのです。

 

 

すべてのお金を払う行為に対して

理由を考える。

 

その上で、それが将来の自分に

どうつながるかを見出すのです。

 

 

 

たとえば

必要なカロリーを摂取するための

食材の買い物は、

消費という位置付けです。

 

 

健康を維持するために

栄養のバランスがとれた食材を

買うのも、まだ消費の域を

出ていません。

 

 

 

では、食べるということが

自分の将来にどう影響するか

ということに焦点を当ててみます。

 

 

 

今日食べたものは1ヶ月後の

体を作ると言われています。

 

 

そうであれば

1ヶ月後にどういう体に

なっているか、

 

 

その目標を達成するために

食べ物を摂取するようになれば、

それは投資になるのです。

 

 

 

消費する前に

投資につながる道筋を

イメージしてみれば、

 

 

必要ないものを

衝動買いしてしまうことを

防ぐことができます。

 

 

 

考え方によっては

すべてのお金を使う行動を

投資に変えることができる。

 

 

お金の価値は

自分で決められる、

ということなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

ブレイクスルーは突然に・・・

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1450 】

 

 

 

 

 

 

 

年末、そして新年が近づくと

どのメルマガも

『目標ネタ』が多いですね。

 

まぁ、今語らなければ、

ということで、

 

お付き合いください。

決して、居眠りはさせませんよ。

 

読み終わった後には

紙に大きく2018年の目標を

書いていることでしょう(笑)

 

 

 

 

多くの人が目標を

達成しそこなう理由は、

 

障害に打ち当たったときに

簡単に諦めてしまうからです。

 

 

 

いつでもすぐに結果が

出るものではありません。

 

粘り強く努力を積み重ねて

はじめて結果が出るのです。

 

 

 

そのあともう少しを、

貼り強く続けるかどうかが

偉人と凡人との違いなのです。

 

 

 

それは、金鉱を掘り当てようと

穴を掘り続けていたのを、

 

諦めてやめてしまうことと

似ています。

 

あと1メートル先に

お宝があったかもしれないのです。

 

 

 

 

Brett_Hondow / Pixabay

 

 

『絶対に、絶対に、諦めるな』

英国のチャーチル首相の言葉です。

 

 

粘り強さは成功を収めるうえで

不可欠な要素です。

 

 

 

ただし、粘り強さと

頑固さを混同してはいけません。

 

 

立ち止まって

状況を判断することや、

 

場合によっては

別のやり方を試してみる必要が

あるかもしれないからです。

 

 

 

的確な判断をしながら

粘り強く前進すれば、

自ずと自信もついてきます。

 

 

 

その粘り強さで

ほとんどのことは

達成できます。

 

 

 

くじけて諦めそうに

なったときは、

あともう少し粘ってみましょう。

 

 

まもなく「金脈」が

見つかるはずですから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

自信を持ち続けることでもっとも重要なことは

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

【超オススメ】

あなたの大好きなことを

デジタル商品にして

オンラインで売り出す方法。

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1449】

 

 

 

 

 

エジソンの白熱電球の発明に

関する有名なセリフに、

 

 

「うまくいかない5000通りの

方法を発見するのに成功した」

という言葉があります。

 

 

ビジネスを続けていくなかで

失敗や続けることの意味などの

訓示として、

 

多く耳にしてきた

のではないでしょうか。

 

 

 

その言葉の通り、

エジソンは失敗を成功への

布石と考えて努力を重ねました。

 

 

週に100時間以上も働き、

世界史上もっとも多くの発明をし、

 

生涯に1000を超える特許を

取得したことで知られています。

 

 

 

自信を持ち続けることで

もっとも重要なことは、

 

エジソンのように

失敗を前向きにとらえることです。

 

 

失敗したからといって、

「失敗者」ではありません。

 

 

失敗は成功の価値を理解するための

「授業料」なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗への恐怖に

とらわれている限り、

 

 

困難な課題に取り組むことが

できにくくなります。

 

 

それは、まるで心に

ブレーキをかけながら

人生を歩むようなものです。

 

 

 

失敗への恐怖心は、

知らず知らずのうちに

 

成功の可能性を潰してしまいます。

 

 

 

失敗への恐怖について

落ち着いて考えることが大切です。

 

 

あのエジソンのように、

私たちは失敗から

多くのことを学べます。

 

 

 

本当の失敗とは、

挑戦することを諦めることです。

 

 

 

失敗は一時的な回り道に過ぎず、

さらに前進するための

起爆剤なのです。

 

 

 

 

あなたは何度

うまくいかない方法を

見つけたでしょうか?

 

 

それはそのまま、

あなたの努力の勲章です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

人生でもっとも必要としているのは

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1448 】

 

 

 

 

 

不安を感じながら

目標に向かって前進するとき、

 

人はみな側で応援してくれる

人を必要とします。

 

 

 

誰かの励ましがあれば

ベストを尽くす

動機づけになり、

 

 

その励ましの言葉こそ、

心の栄養剤になるのです。

 

 

 

身近な人に支えてもらい、

「あなたは素晴らしい」

と言ってもらえれば、

 

がぜん、やる気が出てきます。

 

 

この「乗せる」という効果は、

人の可能性を開発するものなのです。

 

 

 

私たちが人生で

もっとも必要としているのは、

 

自分の能力を

引き出してくれる人です。

 

 

そして、もっとも有意義な

経験のひとつは、

 

誰かの能力を引き出す存在に

なることなのです。

 

 

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

どのような状況においても

周囲の人を励ますことを

心がけましょう。

 

 

 

相手が成し遂げようと

していることに

 

純粋に興味を持って

励ましの言葉をかけること、

 

 

「ちょっとやりすぎだよ」

と思っても、

 

それは気落ちしたときに

基礎体力となって効いてきます。

 

 

 

口先の励ましだけで

気休めを言う人は

ありがたくないのですが、

 

 

かと言って

いかに親身になってくれようと

批判の多い人は、ごめんだ

というのも人情なのです。

 

 

 

自分を励ましてくれる人は

人生の応援団です。

 

 

 

実際、誰かを励ますことによって

得られる幸福感ほど、

すばらしいものはありません。

 

 

 

相手を認めて、励ますことで

その人の気分を高揚させることは、

 

自分の気分を高揚させる

最高の方法でもあるのです。

 

 

 

気分が高揚すれば、

何にだって挑戦してみようという

チャレンジ精神が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

次を目指すためにポジティブに忘れる

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1447 】

 

 

 

 

 

生きていると、私たちは

いろいろな悩みにぶつかります。

 

 

 

どんな悩みも

「考えて結論を出そう」と

思えば思うほど、

 

 

迷路に迷い込むように

結論がどんどん遠のいていく

感覚になってしまい、

 

 

「なんて問題解決力がないんだ」と、

さらに落ち込む羽目にも

なってしまいます。

 

 

 

そして最悪なのは、

「こんなに頑張っているのに

誰も認めてくれない」と、

 

 

落ち込んでいる

自分そのものに酔ってしまい、

悲劇のヒロイン化してみたり、

 

 

 

「こんなひどい目に遭っているのは

自分が悪いからじゃない!」と

ついには逆ギレして、

 

 

結果的にいろいろな機会を

台無しにしてしまうのです。

 

 

 

こういう自意識過剰系の悩みは

もっとも残念なケースで、

 

 

こんなふうに気持ちが

出口を見失って

堂々巡りをしてしまう前に、

 

 

「ここで悶々としているのは

今の自分に得なことなのか?」と、

自問してみましょう。

 

 

 

Goumbik / Pixabay

 

 

 

 

現時点での自分は

まだまだ未熟なのです。

 

 

未熟な頭でいくら必死に

悩んで考えても、

 

大した結論など出ないことが

ほとんどなのです。

 

 

それならば、

「ポジティブに忘れる!」

ことです。

 

 

 

「自分はしょせんできない」

ということを

ポジティブに考えるのです。

 

 

そしてほんの30秒だけ

落ち込んで、

 

 

「自分は、まだまだ」と

次のことだけを考える思考を

身に付けるのです。

 

 

 

未熟な自分には

今すぐにはできないことが

ほとんどなのだからと、

 

ゆっくり進めばいいのです。

 

 

 

未熟でできないことだらけ

ということは、

 

決して悲観的なことでは

ありません。

 

 

最初は誰だって

できないことだらけなのです。

 

 

 

選択肢がそんなにたくさん

あるのですから、

 

気持ちを早く切替えて

次を目指せばいいのです。

 

 

もちろん、できないことを

片っ端から放るのではなく、

 

どうすればできるかと

違う角度から見ることも

 

次の新しい選択肢、

というわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1