オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

祇園のお茶屋にみるブランドイメージ

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1471 】

 

 

 

 

 

 

 

世の中には

「もったいつける」という、

 

ジラシのテクニックで

成功している事例が

たくさんあります。

 

 

 

あなたの恋愛を

振り返ってみても、

ジラシたり、ジラされたり、

 

 

そんな駆け引きがあって、

苦労して手に入れられた

「宝石」ではありませんか?

 

 

 

そういった個人的嗜好の

ジラシから、

格式を感じさせるものとしては、

 

 

京都の祇園のお茶屋の多くは

古くからのからのしきたりで、

 

「一見さんお断り」という

 

 

このご時世になってもなお、

飛び込みの客は

受け付けないという

姿勢を貫いています。

 

 

もったいつけやがって

と不快に思う人は、

 

そういうところに

出入りできるような

実力をつければいいわけで、

 

 

 

揺らぐことのない姿勢が

祇園の格式を保ち、

 

高級感あふれる

『ブランドイメージ』を

 

持続し続けることを

成功させているのです。

 

 

 

 

 

Soorelis / Pixabay

 

 

 

これと同じで

ビジネスの場面でも

時にはもったいぶることで、

 

自分を高く

見せることができます。

 

 

 

もちろん、ヒマ=無能

というわけではありませんが、

 

 

ビジネスの世界には

いつも忙しい人=仕事がデキる有能な人

というイメージがあります。

 

 

 

忙しさをアピールするために

問い合わせの返事を遅らせる

なんていうのは言語同断ですが、

 

 

「たくさんの方からお問い合わせ

いただいています」

 

くらいの方便は

許されるのではないでしょうか。

 

 

 

とは言え、

やたら多忙ぶりをアピールすると、

 

化けの皮がはがれやすいのも

また事実です。

 

 

 

そもそも本当に有能な人は

多忙ぶりを感じさせない

余裕を持ちあわせています。

 

 

 

どんなに忙しくても、

「目の回る忙しさで」

「てんてこ舞いしてまして」

などといったセリフはNGワードです。

 

 

 

大人ともなれば

程度の差こそあれ、

誰もが多忙なのは当たり前。

 

一人多忙ぶるのは

逆に恥ずかしいことなのです。

 

 

 

それに、

ネットビジネスの成功者は、

 

「悠々自適、自由でヒマ」が

売り物ですからね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

精神的エネルギーを浪費させる人との訣別

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1470 】

 

 

 

 

 

 

 

私たちの日常生活の中には

いろんなやりにくい人がいて、

 

 

そんな人たちとやっていくのは

多くのストレスを

感じてしまいますよね。

 

 

特に、誰にとっても辛いのが

批判し、叱責して

自尊心を傷つける相手です。

 

 

 

自尊心とは、

いわゆる自己肯定感のことで、

 

プライドや傲慢、うぬぼれ、

驕りとは異なる、

人が生きてゆく支えです。

 

 

これが傷つけられると

情緒の安定を失い、

 

自分を信用することが

できなくなってしまうのです。

 

 

 

 

Jhonatan_Perez / Pixabay

 

 

 

 

 

しかし、彼らは

自分の行為の罪深さを

これっぽちも認識していません。

 

 

「当然のことを言ったまでだ」

「相手のためを思って

一肌脱いでやった」と、

 

 

彼らの信念はまさに、

『良薬口に苦し』で、

 

批判してこそ相手は変わる、

それが人間関係を作ると

信じているのです。

 

 

 

また、批判するには

自分を正当化する必要があります。

 

 

そのために

相手が悪くなくてはいけない

というふうに、

 

問題がいつの間にか

すり替わってしまい、

 

そうなると

相手をよくするために

批判するのではなく、

 

 

自分を正当化するために

批判し続けるような形に

なってしまうのです。

 

 

 

世間では

身体が傷つけられると

大騒ぎになりますが、

 

心を傷つけることには

極めて無頓着です。

 

 

 

 

古くからの付き合いだったり、

大切に思っている人がいたら、

 

 

その人は決してあなたを

批判してこなかったはずです。

 

 

逆に、あなたを批判し、

言葉で屈服させてきた人は

 

交友関係から自然と脱落

していったのではないでしょうか。

 

 

だからこそ、相手を批判して

人間関係を作ることは

不可能なのです。

 

 

ビジネスの基本も

人間関係です・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

さまざまな情報を吸収するためのポケット

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1469 】

 

 

 

 

 

 

 

あるある的な

「そんなぁー」の話の中に、

 

 

「グラマラスなナイスバディ」と

聞いていた女性に

 

ワクワクしながら実際に

お目にかかってみると、

 

 

ただの「太め」だったりする

ことって・・・よくあります。

 

ねっ?そうですよね(笑)

 

 

 

『何事も、見る人、見る視点

によって違って見える』

ということです。

 

 

 

これは情報収集の際にも

気をつけておきたいポイントで、

 

 

自分の常識が

世の中の常識とは限らないのです。

 

 

 

 

 

Gellinger / Pixabay

 

 

 

 

そんなリスクを避けるためには、

 

さまざまな視点からの

情報の入手先を持っておく

ことが必要になります。

 

 

 

時には情報が『物々交換』に

なることもあるでしょう。

 

 

 

貴重な情報というものは

ナマの情報で、

 

それらはお金さえ払えば

手に入るというものでは

ない場合もあるのです。

 

 

その際には

必ず持参する手土産には

 

こちらが日頃の活動で得た

情報を持っていくこと、

 

 

情報の物々交換は、

相手が苦手な分野の情報を

手土産にするのが最良です。

 

 

 

これは商売の鉄則に

基づいたもので、

 

 

つまりは、ミカンは

ミカンの採れないところに

運んで行って売れということで、

 

まさに『砂漠で水を売る』

という発想と同じです。

 

 

 

そして集めた情報は、

そこに常に『連想する力』を

働かせることです。

 

 

 

成功している事例を見たならば、

これを自分の仕事に

 

応用できないだろうか

と考えてみることです。

 

 

 

ただ、

少し注意が必要なのは、

 

自分の仕事に関連したことしか

情報を持っていない場合は、

 

 

連想によって新しいアイデアを

作ることが難しくなってきます。

 

 

そのために

さまざまな情報を吸収するための

 

いくつかのポケットを、

作っておくことが

必要になってきます。

 

 

まさに、情報は

さまざまな視点の集まりなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

基本、『頭の頼みより足の頼み』だから

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1468 】

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの世界には昔から、

 

『頭の頼みより足の頼み』

という言葉があります。

 

 

 

手紙や電話、

メールでお願いするよりも、

 

足を運び、顔を合わせて

お願いする方が、

 

話をよく聞いてもらえる

という意味です。

 

 

 

実際、営業マンが

ある会社を訪問したものの、

 

担当者に「いらない。もう来るな」

と追い返されました。

 

 

しかし、それでも訪問して、

「来るなと言っただろう」

と怒られても、

 

「また叱られに来ました」

と訪問を続けたところ、

 

とうとうその担当者は

上司に取り次いでくれたばかりか、

 

バックアップまでしてくれた

というような話は

たくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、アパートで隣の住人の

声や物音がうるさいと

ケンカになるのは、

 

互いに顔を知らないという

ケースが多く、

 

 

それが顔見知り同士なら

少々部屋で騒いでいても、

 

「お隣さん、今日は友達と

楽しんでいるのだな」

と我慢できてしまい、

 

 

顔も知らない人間だから

「うるさい!」と頭きて、

 

文句のひとつも

言いたくなるのです。

 

 

 

つまり、

互いに顔なじみの人間ほど、

 

相手のことを思いやることが

できるということです。

 

 

 

ビジネスでも

何度も顔を合わせていれば

相手に親近感がわいてきて、

 

 

やがて大きな違いになって

あらわれてきます。

 

 

 

一方、顔を合わす機会

ということが

基本的に少ない

ネットの世界では、

 

 

どんな田舎にいても

対等に商売できるという

利点もあります。

 

 

だから対面での

商売の感覚なんて必要ない

ということではないのです。

 

 

 

相手のことを思いやるという基本、

どうすれば好かれるか、

信用してもらえるかというのは

 

ネットであろうと、リアルであろうと

同じだからです。

 

 

 

たとえば、質問されたことを

メールで返す以外にも

 

音声にしたり、動画にしたり

いくらでも工夫ができます。

 

 

それは相手のことを

思いやってのことです。

 

 

そこにあなたにしか

できないことを

加えるとしたら・・・

 

 

もうそれは顔なじみのような

特別感満載の人、という

 

立ち位置をキープしたも

同然なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

あなたの2018年を最高の年にするために・・・

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1467 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功する人は

自分の才能を発揮して、

 

勝利をおさめるだけの

明確な生まれつきの

 

性質という、

資質を備えています。

 

 

 

それは次の通りです。

 

・楽しくなるほどの情熱

・ポジティブな心の姿勢

・自分を信じる気持ち

 

・自分の強みを

生かそうとする気構え

・卓越性を追求する向上心

 

・困難を乗り越える粘り強さ

・自分を甘やかさず

厳しく律する態度

・願望を実現する精神力

 

・失敗には恩恵が隠されている

と思う楽天主義

・苦しくても目標を

達成しようとする決意

 

以上の10の資質です。

 

 

 

 

 

uwekern / Pixabay

 

 

 

 

あなたには成功者に共通する

資質があったでしょうか?

 

 

 

もし、答えがノーであっても、

心配する必要はありません。

 

 

その資質を身につけるよう、

これから努力すればいいからです。

 

 

自分は発展途上にあるという

希望があなたを強くしてくれます。

 

 

 

仕事ができる人というのは、

起きている時間の三分の一以上を

仕事に使うなど、

 

仕事に徹する人のことです。

 

 

 

彼らは自分のしていることを

「仕事」だとは考えずに、

 

 

最高の状態で情熱を傾けて

楽しみながらする

「活動」だと考えています。

 

 

 

働くことの幸せは、

自分が楽しんでできることから来ます。

もし、あなたにとって

 

 

働くことが楽しいことでなければ、

それは変化を起こすとき

なのかもしれません。

 

 

もし、働くことが楽しいのなら、

最高の状態で働くようにしましょう。

 

あなたの2018年を

最高の年にするために・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

人生を決定するのは「何を求めるか」ではなくて・・・

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1466 】

 

 

 

 

 

 

 

初詣にひいたおみくじが

今年は大吉で、

いいことありそうな予感のまま

毎日を過ごしています♪

 

 

この、浮かれ感、

実はとっても大切なものなのです。

 

 

 

と言うのも、

あなたが予想するものが

何であれ、

 

 

それを強く確信すると

たいていの場合、

それは現実になるからです。

 

 

 

なぜなら、

人は何らかの結果を予想すると、

 

それが現実になるような

行動をしてしまうのです。

 

 

まるで自分の占いをして、

それを自分で現実にしている

ようなものです。

 

 

 

moritz320 / Pixabay

 

 

 

 

まさしく、

人生を決定するのは

「何を求めるか」ではなくて、

 

「何を予想するか」なのです。

 

 

 

悪いことが起こると予想し、

それを確信すると

 

たいていの場合、

その通りになるということは、

 

 

逆に「自分は必ず成功する」

と予想し、それを確信すると

 

たいていの場合、成功する。

ということになります。

 

 

 

大きな業績を上げる人は

自分に自信を持ち、

 

ポジティブな予想をし、

「自分は必ず成功する」

と確信しています。

 

 

 

ポジティブな予想をし、

「自分はできる!」

と言い聞かせて

 

その確信にもとづいて

行動すれば、

それは現実になるのです。

 

 

 

あなたは今年、

何ができるのでしょうか?

 

自分に言い聞かせて、

確信しましょう。

 

 

そして寒さなんかに負けず、

背筋をピシッと伸ばして

颯爽と歩いてみましょう。

 

 

姿も成功者そのもの!です。

 

さぁ、あとはそのまま

夢や目標に向かって

まっすぐ突き進むだけす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

自分の心を幸せにするのは、自分自身です!

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1465 】

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月、食べ過ぎた・・・

 

 

結果、太る。

正しい図式です。

 

 

それを嘆こうものなら、

なぜか女性たちの返しは

違います。

 

 

平然と彼女たちは言います。

「全然、太ってないよ」

 

 

明らかにワンサイズ

変わってるだろって場合も、

 

そのお年玉的ほめ言葉を

引っ込めません。

 

 

もはやここまでくると

ほめ言葉では

ないのかもしれませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

人は時として、

そんなほめ言葉のような

 

フォローの効いた言葉に

包まれてみたい

ということがあります。

 

 

 

「どうせ、自分はできない」

「自分なんて、何の才能もないし」

 

などと、自分を卑下する

発言をしてしまうのには、

 

 

 

「そんなことないよ」

という言葉を期待し、

 

周囲の人に励ましてもらいたい

場合もあるのです。

 

 

 

しかしそのような下心を持って

自分を卑下するような

発言を続けることは、

 

 

大量のマイナスエネルギーを

相手にも、自分にも

 

浴びせることになり、

お互いが疲れてしまいます。

 

 

 

そうならないためには

自分を卑下する言葉、

 

「どうせ」や「なんて」

という言葉を封印

してしまいましょう。

 

 

 

自分の心を幸せにするのは

自分自身です。

 

 

誰かに励ましてもらったり、

ほめてもらったりして、

 

自分を救いあげてもらおう

という気持ちは捨てましょう。

 

 

 

他人を頼るのではなく、

自分の言葉を変えることで

心は強くなっていきます。

 

 

 

自分の心に

プラスのエネルギーを

増やすためには、

 

自分で自分をほめることが

有効です。

 

 

それに自分なら、

ここをほめられると嬉しい

というポイントもわかっています。

 

 

 

朝起きて、顔を洗った後や、

出がけに玄関で身だしなみを

チェックしているとき、

 

トイレで手を洗いながら

鏡を見るときなど、

 

自分に向かって

ほめ言葉をかけるチャンスは

いくらでもあります。

 

 

 

できないところに

スポットライトをあてて

嘆くのではなく、

 

 

ほめポイント目がけて

ほめシャワーを

浴びせさせるのです。

 

 

 

それがいつしか

揺らぐことのない自信へと

変わっていくのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

今までスムーズだった流れがよどんでしまったら

読了までの目安時間:約 7分

 

【 加南本舗 Vol.1464 】

 

 

 

 

 

 

 

まだお正月休みなのか、

成人式を含む三連休なのか

よくわからなくなりますが、

 

 

すでに、お正月気分も抜けて

目標に向かって

走り出されていることでしょう。

 

 

 

そうやって目標を目指し

突き進んで行くのはいいのですが、

 

 

 

スムーズに運んでいたことが

急にとどこおり、

 

そこからは何をやっても

うまくいかなくなってしまう・・・

 

 

 

人生にはときどき、

そんな谷間から抜け出せない

時期というのが巡ってきます。

 

 

 

「人生山あり谷あり」なのだから

きっとそこから抜け出せると

信じていても、

 

じっとしていられなく

なってしまうのでしょう。

 

 

 

しかし、そういうときこそ、

ジタバタしないで

潔くそこから離れることです。

 

 

 

別の方法を試みるように

あの手、この手を尽くしても、

 

 

結局は目の前のことだけを

見つめて掘り下げるだけで、

 

視野はどんどん狭くなる

ばかりです。

 

 

 

さまざまな可能性を考え、

懸命に頭を巡らせている

つもりでも、

 

 

実際には堂々巡りをしているに

過ぎないのです。

 

 

 

 

 

 

それは出会いがある以上、

残念ながら別れがある

恋愛によく似ています。

 

 

 

好きでなくなった相手に

別れを切り出して、

 

たとえどんなに

相手に引き止められても、

 

 

もう心は以前と同じに

ならないことを

知っている人は、

 

逆に相手から

別れを切り出されても、

 

 

相手を深追いすることの

愚かさを知っています。

 

 

 

フラれるのも辛いけど、

振る方も十分辛いのを

知っているのが大人です。

 

 

 

 

何であれ、小手先で

どうにかしようとしても

決してうまくいきません。

 

 

 

今までスムーズだった流れが

よどんでしまったら、

 

 

それは発想を転換しなさい

という合図です。

 

 

 

ですから、しがみつくことなく、

一度そこから離れ、

 

まったく違うことなどに

目を向けてみましょう。

 

 

 

意識して目線を変えることで

再び視野が広がり、

 

気分はリフレッシュされます。

 

 

 

すると、

思いもよらないアイデアが

飛び出すかもしれません。

 

 

 

うまくいかないときは

よりよい結果を引き出すための

絶好のチャンスです。

 

 

 

そこで焦ったり、

諦めたりしてはいけません。

 

 

 

その壁を乗り越えたところに

大きな成功があるのだから。

 

 

 

 

 

別れや失うことが辛いから、

誰とも出会わずに過ごす人生

というものもわびしいもの。

 

 

失恋も決して無駄じゃない。

それを知っているのも

ステキな大人です・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

世の中にはいろいろな考え方があるのだから

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1463 】

 

 

 

 

 

人にはそれぞれ『価値観』

というものがあります。

 

 

 

それはいろんなケースに

ついて回わり、

 

趣味であっても

ゴルフの好きな人もいれば、

嫌いな人もいる。

 

 

野球の熱狂的なファンもいれば、

全然興味のない人もいる。

などとさまざまなのです。

 

 

 

そこに価値観の押し付け、

というものが発生したとしたら・・・

 

 

 

ゴルフに熱中している人に、

 

「玉を棒で叩いて穴に入れて

何が面白いんだ」と言ったり、

 

 

応援に夢中な野球ファンに、

 

「野球をぼーっと眺めてる

だけなんて時間がもったいない」

と言ったりしたら、

 

 

確実に人間関係を

悪化させてしまいます。

 

 

 

TeroVesalainen / Pixabay

 

 

 

ただ、ゴルフを批判しても

同じくゴルフ嫌いの人なら

 

賛同し、気分を害するどころか

かえって喜ぶことも考えられます。

 

 

 

しかし、

同じくゴルフ嫌いであっても、

 

他人が断定口調でゴルフを批判し、

自分の考え方、感じ方に

選択の自由が与えられないとしたら、

 

 

普通は側で聞いていても

不快に思うものです。

 

 

 

意見や価値観の押し付けは、

相手に「選択の自由」を

認めていないことになるからです。

 

 

 

そのようにならないためには、

 

「玉を棒で叩いて穴に入れて

何が面白いんだ。と私は思うけどね」

 

 

「野球観戦なんか時間がもったいない

人生にはもっとやるべきことがある。

というのは個人的な考えなんだけどね」

 

 

と主語が自分(=I)

アイ・メッセージで語れば、

ずいぶん柔らかくなります。

 

 

 

しかし、相手の価値観に

挑戦する言葉であるのは

変わりありません。

 

 

「ゴルフはあまり好きじゃないんです」

「野球は面白いですけど、

時間がかかりますからね」

 

と婉曲に発言するのが無難でしょう。

 

 

 

 

世の中にはいろいろな

考え方があります。

 

 

本当に必要な場合をのぞいて

自分の意見や価値観を、

 

客観的な断定形で

発言することはやめるべきなのです。

 

 

 

メルマガやブログといった

メッセージを

 

送る立場にある私たちは、

気をつけたいことのひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

そのプロセスを大切にする

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1462 】

 

 

 

 

 

 

 

人は信頼している人から

でなければものを買わないなど、

 

ビジネスにおいて

『信頼』はとても大切なものです。

 

 

そしてその信頼を得るために、

相手に対して『共感』することが

とても重要なポイントになってきます。

 

 

そんな共感って、

どういう感じなんだろうと

思ったことはないでしょうか?

 

 

 

たとえば、

何かに怯えて泣いている

子供がいたとして、

 

 

その子供に向かって強い口調で、

「怖くないって言ってるでしょ!」

「いつまで泣いてるの、おいていくよ」

などと叱っては逆効果です。

 

 

そうではなく、

「そうよね、怖いよね、よしよし」と、

心を抱きしめてあげるように

 

安心させてあげないと、

怯えた感情はおさまりません。

 

 

 

共感とは、

そのプロセスだと言えます。

 

 

自分の感情を持ち込まずに、

相手の気持ちになって

寄り添うことなのです。

 

 

 

 

markzfilter / Pixabay

 

 

 

それは「かわいそう」

と思うこととも少し違います。

 

 

 

もし、目の前に

猛勉強をして試験に臨んだ友人が

その試験に落ちたとして、

 

 

試験に落ちた相手に

かわいそうを連発していれば、

 

せっかく相手は次を目指して

立ち直ろうとしているのに、

 

気持ちの上で

邪魔することになります。

 

 

 

共感がいつの間にか

同情にすり替わっているケースで、

 

それはいつも相手のためを

思っているとは限りません。

 

 

 

同情という感情の中には、

自分のエゴも混じっています。

 

 

その中には何となく相手に対して

優位に立っているような

気持ちもあり、

 

ある種の自己満足にもなり得るのです。

 

 

 

同情することで

いい人のように振舞っていますが、

 

実は相手より上に立ちたいだけ

という場合も少なくないのです。

 

 

同情ばかりする人と話すと

イライラしてくるのは、

こんな原因があるからです。

 

 

 

人は共感されると、

「この人は私の本当の気持ちを

わかってくれている」

と嬉しくなります。

 

 

その嬉しさが

信頼へと変わっていくのです。

 

 

それは決して

「かわいそう」という、

 

同情から生まれたものでは

ないのです。

 

 

 

落ち込んでいる人がいたら

同情するよりも、

 

ただ相手の話を聞いて

うなずいてあげた方が、

 

相手を元気づけることに

なるかもしれません。

 

 

 

プロセスを

大切にしてみてください。

 

それはネットだって

変わりはありませんよ。

 

あなたが人を相手にしている限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0