オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

心の温度差につながるほんの些細なこと

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1481 】

 

 

 

 

 

 

 

デキる人とデキない人の

違いというのは、

 

ほんの些細なことから

始まります。

 

 

 

すぐに仕事に取り掛かかろう

とするのがデキる人で、

いつの間にか終えてしまいます。

 

 

 

デキない人は後でやろうと

先延ばししてしまい、

 

未処理の仕事の山に

埋もれてしまうのです。

 

 

 

たとえば、メール処理の場合、

仕事がデキる人は

メールを二度読んだりはしません。

 

 

一度読んだときに、

すぐに返事を書くか削除するという

アクションを起こすからです。

 

あえて保存したいときにだけ、

特別のフォルダに入れておきます。

 

 

 

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

 

 

一方、仕事をためてしまう人は

一度読んだメールに、

後で返事をしようとします。

 

そういうメールを

いくつもためてしまいます。

 

 

そしてある程度たまってから、

ひとつずつ

もう一度読み返して

返事を書きます。

 

 

ためてしまったために

作業に余分な時間がかかったり、

 

最悪、すでに手遅れに

なっていることだって

あるのです。

 

 

 

メールの差出人は

すぐにでも返事がほしいのです。

 

 

しかもその返事は

何もその場できちんとした

答えが出せなくてもいいのです。

 

 

 

連絡はきちんと届いて、

その内容を理解している

 

ということをいち早く

意思表示することが大切で、

 

 

「読みました。ありがとう」的な

短い返事でいいのが

ほとんどなのです。

 

 

 

そういった

返事をするのに

何分かかるというのでしょう。

 

 

後から返事したときには、

すでに大きな仕事が

 

ライバルに渡っている

かもしれません。

 

 

 

レスの時間差は

心の温度差につながります。

 

 

 

仕事を先送りするような

完璧主義になってしまうと、

 

最初の一歩が

なかなか踏み出せなく

なってしまいます。

 

 

完璧は追求しだすと

キリがありませんし、

 

特にメールなど

相手があるものは

正解などないに等しいので、

 

 

まずは相手を安心させることを

第一優先に努めましょう。

 

 

それが信頼へとつながり、

デキる人として

認識される要因のひとつなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

その気配りこそが、上質な仕事のできる人

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1480 】

 

 

 

 

 

 

 

頼まれたことや、

やらなければ

ならないこと以外に、

 

少しだけ余分な仕事が

できる人は、

人から信頼されます。

 

 

 

少しだけ余計な仕事とは、

 

たとえば、

会議用の資料のコピーを

頼まれたとしたら、

 

 

コピーだけで終わるのでなく、

次の展開を考えて

少し手を加えることです。

 

 

 

資料として使いやすいように

ひと組ずつをクリップや

ホッチキスでとじたり、

 

外部の人が参加されるなら

書類を社名入りの封筒に

入れるなど、

 

 

 

他の人が

言われなければやらないことを、

 

自分から進んでできる

一歩先を読む気配りが

信頼を得る近道なのです。

 

 

 

 

 

 

TeroVesalainen / Pixabay

 

 

 

 

学生時代なら言われたことを

きちんとするだけで

評価されたでしょうが、

 

 

社会に出ると

そのハードルは高くなります。

 

 

 

すべての指示を出さなくても

一歩先を読んで

仕事をする力が求められ、

 

 

その気配りこそが

上質な仕事のできる人の

証なのです。

 

 

 

 

また、

ひとつのバロメーターとして、

 

人から頼み事をされるか

というものがあります。

 

 

 

人は無意識のうちに

信頼できる人や

優しそうな相手を選んで

 

頼み事をするものです。

 

 

 

もし自分があまり用事を

頼まれることがない

という場合は、

 

 

周囲との距離を縮める

ためにも

 

 

魔法の言葉、

「私で力になれることがあれば、

遠慮なく言ってくださいね」

 

というひと言を

使ってみませんか?

 

 

メールやメルマガの最後に

その一言を付け加えるのも

いいでしょう。

 

 

 

人の頼み事に応じることは

人のために自分の力を貸す

ということです。

 

 

自分のエネルギーを人に与え、

相手を手助けする、

 

 

頼まれたことでありながらも

一歩先を読んだ気配り、

 

 

これもまた少しだけ余分な

愛のある仕事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

あなたの考え方がそのまま現実に・・・

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1479 】

 

 

 

 

 

 

 

人生を有意義なものに

するためには、

 

 

変化に適応する能力が

必要になってきます。

 

 

 

しかし実際には

変化は未知の要素を

含んでいるため

不安を感じてしまいやすく、

 

 

私たちが変化に直面した場合、

自分が持っていたものを

失うことを恐れるあまり、

 

それをすぐさま

受け入れようとはしません。

 

 

しかし、いつまでも変化を

避けて通ることはできません。

 

 

変化を受け入れることで

成長し、新しい経験を

することができます。

 

 

 

kaleen / Pixabay

 

 

 

そして、つい、

忘れがちなことですが、

 

 

「毎日」も変化の連続です。

 

同じ日というのは

人生において、一日たりとも

ないはずです。

 

 

それは小さな心がけからも

変わってきます。

 

 

 

朝起きたときに

「やれやれ、今日もまた嫌な

一日になりそうだ」と考えるか、

 

「さぁ、これから素晴らしい一日が

始まるぞ!」と考えるか・・・

 

 

 

一日の見通しが悲観的だと

不愉快な一日を経験する

結果になりやすいのです。

 

 

 

それに対し、

楽天的な見通しを持っていると

愉快な一日を過ごせる

可能性が高くなる・・・

 

 

 

最悪の結果を予想し、

障害に対しすぐに諦めてしまう

悲観主義者に対し、

 

 

 

楽観主義者は

どのような状況に遭遇しても

前向きな見方をし、問題を解決して

 

目標を達成するために

全力を尽くします。

 

 

 

彼らは自分たちが

不条理な世の中に

生きていることを認めつつ、

 

 

うまくいっている部分に

意識を向け、挫折や悲劇、

障害を受け入れ、

 

そこから教訓を学び取り

試練を見事に乗り越えるのです。

 

 

 

悲観的な思考で心の中が

いっぱいになっていると

ネガティブな人や環境を

引き寄せます。

 

 

 

楽観的な思考で変化をとらえ、

心の中を満たすと

ポジティブな人や環境を

引き寄せます。

 

 

 

どちらの思考も、

驚異的な正確さで

現実になります。

 

これも人生に起きる

変化のひとつです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

やりたいと思ったときがスタートのとき、適齢期なのです!

読了までの目安時間:約 8分

 

 

【 加南本舗 Vol.1478 】

 

 

 

 

 

 

 

第35代アメリカ合衆国大統領

ジョン・F・ケネディが、

 

 

「この10年のうちに人類を月に送る」

という有名なスピーチをしたのは、

1962年のことでした。

 

 

 

それを聞いて感動した

大学生たちが

 

設立されたばかりの

アメリカ航空宇宙局

NASAに入り、

 

「アポロ計画」の月面着陸を

成し遂げたのは、

 

 

それから7年後の1969年、

その時のエンジニアの平均年齢は

28歳でした。

 

 

 

これを拡大解釈すれば、

7年努力すると、

 

とてつもないことが

できる可能性がある

と言うことができそうです。

 

 

 

普通の会社勤めなどなら

「石の上にも三年」などと

言ったりして、

 

3年くらい一生懸命やれば

形になる可能性が高いでしょう。

 

 

 

 

 

Unsplash / Pixabay

 

 

 

 

 

一方、ひとつのことを継続し、

成功させるのにある程度の

年月が必要だとしても

 

 

何かを始めるには、

さほど年齢というのは

関係ないようです。

 

 

やりたいと思ったときが

スタートのとき、

適齢期なのです。

 

 

 

だから50歳を超えていても

まだまだ大丈夫!

ということなのです。

 

 

だって、知っていますか?

 

 

江戸時代に日本の実測地図を

初めて作った伊能忠敬が

測量を始めたのは、

 

55歳のときなんですよ。

 

 

それから17年という歳月をかけて

完成させたのです。

 

 

昔の人の平均寿命からすると

すごいパワーですよね。

 

 

 

また、現代の話で言えば、

レイ・クロックがマクドナルドを

始めたのは52歳のときです。

 

 

 

最近ご結婚された

浅野ゆう子さんも、

57歳ですよ。関係ないかな(笑)

 

 

ただ、彼女のコメントの

「お互いこの年齢で・・・

とも思いましたが、この年齢だからこそ」

 

というところ、いいですね!

 

 

めっちゃ、共感しとるやんっ!

 

・・・ですね。

ゆう子さん、勇気づけられます(笑)

 

 

 

 

ビジネスの成功者の例から

少し脱線してしまいましたが、

 

 

成功へのチャンスは

誰にでも、いつでも、

あるのではないでしょうか。

 

 

それは目標が

壮大であるかとか、身近である

などには関係ないのです。

 

 

 

そして大切なのは

目標や夢を、

 

自分の能力の範囲の中で

とらえないことです。

 

 

 

なぜなら、今想像している

理想や成功は、

 

今の自分が想定しているものに

過ぎないからです。

 

 

 

今、備わっている能力などを

前提にして弾き出されたものを

ゴールとする限り、

 

それ以上の大きな飛躍は

望めないでしょう。

 

 

 

人生の成功は常に行動し、

前進していかなければ

 

見えてこないし、

つかめないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

んだっていい、

常に行動することが大切!

 

 

 

でも、正しい道、

歩んでいますか?

 

何もみすみす遠回り

することはありません。

 

 

あなたの近道、見つけてください。

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

相手の感情を承認すれば何事も上手くいく

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1477 】

 

 

 

 

 

 

 

お客のクレームを

一手に引き受ける

苦情処理という仕事には、

 

『お客の感情を承認する』

という鉄則があります。

 

 

感情を承認するとは、

相手の感情を肯定することです。

 

 

 

そもそも、人間は

『感情の動物』と言われます。

 

 

そのため、

感情(気持ち)の否定は

人格の否定につながり、

相手は感情的になります。

 

 

逆に、感情(気持ち)を

肯定すれば、

人格を肯定していることになり

相手は理性的になるのです。

 

 

 

クレーム処理の場合、

理由はどうであれ

 

嫌な思いをしたのは、

そのお客にとって事実です。

 

 

 

しかし、だからといって

お客の見解に同意する

必要もなければ、

 

お客の要求を受け入れる

必要もありません。

 

 

その点を

混同してはならないのです。

 

 

 

なぜなら、

感情の承認と意見の同意は

まったくの別ものだからです。

 

 

 

 

 

3dman_eu / Pixabay

 

 

 

 

たとえば、

購入1ヶ月で立ち上がらなくなった

パソコンを交換してほしい

という内容の苦情があった場合、

 

 

 

「なるほど、1ヶ月前に

お買い上げいただいたパソコンが

立ち上がらなくなった

ということですね。

 

お忙しいところ

ご迷惑お掛けいたしまして、

誠に申し訳ございません」

 

 

というふうに、

相手のクレームをそのまま

復唱(おうむ返し)すれば、

 

それは相手の感情を

肯定した承認になります。

 

 

 

しかし、交換に応じるかどうか

というのは、まったくの

別問題であるわけです。

 

 

 

まず、感情を承認する。

それでお客の感情面の

ガス抜きが十分終わった時点で、

理性的な話に入るのです。

 

 

 

そうして

修理品をお客の負担で

持ち込んでもらうとか、

修理できるまで待ってもらうなど、

 

 

めいっぱいの譲歩を

お客から引き出すわけです。

 

 

 

それができるのも

承認というものに

驚くほどのパワーがあり、

 

 

それは人間が

感情の動物だからこそ使える

ことなのです。

 

 

 

ビジネスをしていれば

クレームというものに

出会うこともあるでしょう。

 

 

その際には、

きちんと相手の気持ちを

受け止めることを

してみてください。

 

 

それは人間関係を

良好に保つ大事な条件でも

あるのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

注意!その反対がうまくいく方法ではありません!

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1476 】

 

 

 

 

 

 

 

人はなぜ、

お金を稼ぐのでしょうか?

 

 

 

それはたったひとつのことに

集約されます。

 

 

 

お金を稼ぐ考え方は、

たくさんの人を

喜ばせることです。

 

 

すなわち、売上とは、

どれだけたくさんの人に

受け入れられたか。

 

 

利益とは、

どれだけたくさんの人に

喜んでもらえたかに

よるものなのです。

 

 

 

その手段については、

明確なものはありません。

 

 

なぜなら、私たちが知っている

うまくいくやり方は、

 

すでに他の人がやってしまって

いるからです。

 

 

同じことをやっても、

その人以上にはなれないのです。

 

 

 

しかし、

こうするとうまくいかない

ということはあります。

 

 

 

だからと言って、

その反対がうまくいく方法

ではないため、

 

 

儲からない考え方から

脱却できただけであって、

 

それによって儲かる

というわけではないのです。

 

 

 

 

ThomasWolter / Pixabay

 

 

 

分かりやすく言えば、

 

満足を感じられない出来事と

不満足を感じる出来事は、

 

違うということです。

 

 

 

 

たとえば

会社の方針が気に入らない、

労働条件や給料、

同僚との関係が不満・・・

 

これらは『衛生要因』と言いますが、

 

 

これらが解消されたからといって

満足とはいかないのです。

 

 

不満がなくなるだけであって

満足にはならないのです。

 

 

 

満足を感じる出来事とは、

何かを達成したときや、

受け入れられたとき。

 

 

仕事そのものが面白いとか、

責任を果たせたり、

昇進したとか、

 

 

自分が成長したことを

感じられたときなどの

満足であって、

 

 

衛生要因の解消とは

全然関係ないことなのです。

 

 

 

ですから

うまくいかないことも同じで、

 

 

うまくいくやり方は

うまくいかないやり方の

反対にはならないのです。

 

 

 

裏返しのようで

裏返しでないことは、

実はよくあることなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

短所を直し、長所を伸ばす!?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1475 】

 

 

 

 

 

人はある程度

年齢を重ねてくると

 

部下ができたり、子供を得たりと、

自分が彼らを監督するような

立場になっていきます。

 

 

 

その際に、彼らの

短所を直すべきなのか、

長所を伸ばすべきなのか

ということになると、

 

 

誰もが「どちらも必要」

と答えるでしょう。

 

短所を直すだけ、

あるいは長所を伸ばすだけでは

不完全であるのは当然です。

 

 

 

しかし、そこに問題が

隠されていることにも

気づかなくてはなりません。

 

 

 

 

ElisaRiva / Pixabay

 

 

 

 

短所や長所に関する考え方は

だいたいが、次のように

二分されます。

 

 

・長所は放っておいても伸びる。

それよりも短所を直すべきだ。

 

・人間の短所はそうは直らない。

だから短所は諦めて

長所をもっと伸ばすべきだ。

 

 

 

前者は人に対して

「減点主義」で、

後者は「加点主義」と言えます。

 

 

前者は人を指導する際に

説教という

 

短所を指摘し、批判して矯正する

指導法を用いるため、

 

いくら面倒を見ても嫌われ、

人は去っていくことになります。

 

 

説教されるのが

好きな人はいません。

 

 

たとえ必要な場合であっても、

その根底に批判があれば、

 

相手を変えたいという

情熱があっても

うまくいかないのです。

 

 

また、うまくいったように

見えても、

 

相手は屈服したに過ぎず、

感情的なしこりが残るものです。

 

 

 

逆に、プラスの面を見つけて

伸ばす加点主義であれば、

 

相手のさらなる意欲を

かき立てることができます。

 

 

 

人を育てるということに

マイナスの目はいらない

ということでもあります。

 

 

 

できない理由を探さない。

なんだかよく似ていますね。

 

 

 

「できる!」

 

人を伸ばすのは、

そんな小さな掛け声から

始まるのかもしれません。

 

前に進む際の「おまじない」に

してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

どれだけ苦しんだかは自慢にはならない

読了までの目安時間:約 7分

 

 

【 加南本舗 Vol.1474 】

 

 

 

 

 

メルマガの解除をされると

自分が嫌われたような

気持ちになってヘコみます。

 

 

というご相談を

よくいただくのですが、

 

 

メルマガ解除に関しては

「当たり前」

むしろ、喜ぶべきことです。

 

 

 

あなたの話に共感できない人、

求めているものが違う人、

 

そういう人は

最終的にあなたのお客さまには

なりません。

 

 

それよりも早めに

解除してもらった方がいいのです。

 

 

 

読んでくれない読者が

1000人いるよりも、

 

 

しっかり読んで反応してくれる

100人の読者さんがいて、

 

その人たちと共に

進んでいく方がいいからです。

 

 

だから「解除=嫌われた」

ということではないのです。

 

 

 

 

 

Engin_Akyurt / Pixabay

 

 

 

 

一方、実生活においては、

 

人はいったん嫌われたら

よほどのことがない限り、

嫌われたままです。

 

 

私たちは一度自分が

下した印象をおいそれと

変えない傾向にあります。

 

 

 

たとえば、

上司や社内の人と

どうしてもソリが合わなかったら、

 

上司や周りの人を変える。

すなわち、新しい職場に移って

 

自分の印象を一から

作り直したっていいのです。

 

 

 

マイナスの評価を

プラスにひっくり返すのは

なかなか難しく、

 

まっさらな状態の初対面の人に

好かれる方が、はるかに

簡単だからです。

 

 

 

「それは問題から逃げているだけで、

何の解決にもなっていない」

と言う人がいるかもしれませんが、

 

 

そこで無理にあがいてしまうと、

かえって溝は深まるばかりです。

 

 

 

ただ、すぐさま職場を変えることに

抵抗があるなら、

 

適度な距離をとりながら

仕事で必要な事務的な連絡だけは

欠かさずにするとか、

 

挨拶だけはきちんとする

くらいで十分なのです。

 

 

 

自分を嫌いな人は嫌いなままでいい。

もっと別のところで人脈を増やせば

いいのだから・・・

 

というくらいの気持ちでいた方が

精神的にもプレッシャーを

感じることもありません。

 

 

 

人間関係は

「頑張れば何とかなる」

というものではありません。

 

 

どうしても無理なものは

やはり無理なのです。

 

 

 

どれだけ苦しんだかは

自慢にはなりません。

 

 

人生は苦しいことばかり

ではなく、楽しいことも

たくさんあります。

 

 

 

人生をどれだけ

楽しんできたか・・・

 

 

自慢するのだったら、

それを自慢する方がいいのです。

 

 

 

 

 

解除も、全然気にすること

ありませんよ~。

 

 

って、そんなこと言いながら、

淋しくてヘコみそうなので、

あなたは解除しないでね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

理解できる話にある3つの特徴

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1473 】

 

 

 

 

 

 

 

情報の伝達というのは

簡単なことを難しく話すより、

 

難しいことを簡単に話すことを

求められます。

 

 

そのため、

相手がよく理解できるように

話してくれる人は好かれます。

 

 

 

そういう人の話には

3つの特徴があります。

 

 

■話が論理的

 

「あの店は、これから流行るよ」

といった意見や仮説の後に、

 

「どうしてかと言うとね・・・」

理由や検証が続きます。

 

そうすると、

論理的になり説得力が増すのです。

 

 

■言いたいことは3つまで

 

「どうしてかというと、

まず、店員さんが感じがいいから。

 

次に、品物が豊富。

 

それに、ディスプレイが

洗練されていて美しいから」

 

などと、3つに絞ると

相手にわかりやすく伝わります。

 

 

■具体例がある

 

「そこの店員さんが感じがいい

と思ったのは、

 

商品を尋ねたときに、

あちらにございますと

ものの在りかだけを伝えるのではなく、

 

こちらにございますと笑顔で

案内しながら商品説明をしてくれたから」

 

といったように

具体的なエピソードを語った方が、

 

抽象的な言葉を並べるより

共感が得られます。

 

 

 

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

 

 

要は、相手の立場になって、

わかりやすいように話す

ということなのですが、

 

 

そもそも会話とは、

その量を増やせば、

 

比例するように相手からの

信頼を得ることが

できるようになっています。

 

 

 

単純に考えても、

会話をする時間が長くなれば、

 

それだけお互いに交わす

メッセージも長くなり、

 

その分だけ人間関係の絆は

深まっていくからです。

 

 

 

コメントや感想を

伝えるときなど、

 

会話というものを

意識してみてください。

 

 

 

あまりしゃべらない人と、

どんどん積極的に

話しかける人がいたとしたら、

 

当然人気者になれるのは

積極的に話しかける

タイプの人です。

 

 

 

言葉を交わすというのは

心を通じ合わせることにつながり、

 

会話をすればするほど、

相手の心を惹きつけることが

できるのです。

 

 

伝わりやすい話し方を意識して、

どんどん話しかけてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

幸せの秘訣を見つけ出すには

読了までの目安時間:約 5分

 

 

【 加南本舗 Vol.1472 】

 

 

 

 

 

 

 

成功の定義は

人によってさまざまです。

 

 

 

お金をたくさん儲けることが

成功だと思っている人もいるし、

 

それ以外のことを

成功だと思う人もいます。

 

 

 

いずれにせよ、

自分に幸せと満足を

もたらしてくれるものを

 

手に入れることが、

成功というものです。

 

 

 

そして、成功の定義に関係なく

成功をおさめるためには、

努力をしなければなりません。

 

 

 

なぜなら成功は

向こうからやってくるのではなく、

 

自分から追い求めなければ

手に入らないからです。

 

 

 

wofra60 / Pixabay

 

 

 

 

昔、

オリンポス山に住む神々が

幸せの秘訣をどこに隠せば、

 

 

人間がそれを見つけたときに

もっとも感謝するかを

話し合ったと言われます。

 

 

 

高い山の上、地中深く、

深海の底・・・など、

さまざまな意見が出たあとで

 

 

「人間の心の奥深くに

隠すのが一番いい」

ということに決まりました。

 

 

 

そしてどうなったか・・・

 

 

人間は幸せの秘訣が隠された

場所を見つけることが

できませんでした・・・

 

 

 

あなたはどうでしょうか?

静かに自分に問うてみてください。

 

 

自分の心の奥深くに

隠されている、幸せの秘訣・・・

 

 

 

アメリカの実業家である

ジョン・ロックフェラーは

言っています。

 

 

 

『幸福への道は、

二つの簡単な原則に集約される。

 

一つ目は興味があり、

自分が得意とするものを見つけること。

 

二つ目は、一つ目で見つけたものに、

情熱と才能とエネルギー、

持てるもののすべてを注ぎ込んで

 

全力でそれにあたることである』

 

 

 

幸せを手に入れる方法は、

二つの単純な原理です。

 

 

 

さぁ、動き出してみてください。

自分の心の奥底に隠されている

 

幸せの秘訣を見つけ出すために・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0