オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

一瞬にして精神状態を変える力

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【超オススメ】

デジタル商品を使った

オンラインビジネスを始めたいなら

この本を無料で差し上げます。

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1383 】

 

 

 

 

 

特定のきっかけによって

いつでも決まった反応が

起きるような条件づけを、

 

『アンカリング』と言います。

 

 

そのアンカリングは、

プラスにもマイナスにも働きます。

 

 

 

 

cocoparisienne / Pixabay

 

 

 

 

 

大きな影響力を持つ指導者は、

アンカリングの仕方が巧みです。

 

 

歴史を振り返れば、

ヒトラーはアンカリングの

天才でした。

 

 

 

彼は人々を緊張状態におき、

「ハイル」と言いながら

腕を上げる独特の動作をさせました。

 

 

 

ハイルとはドイツ語の「万歳」

に相当する意味の表現で、

 

 

「ハイル・ヒトラー」は、

ナチス・ドイツにおける

 

 

総統ヒトラーへの

称賛と忠誠を示す掛け声

となりました。

 

 

 

こうしてヒトラーは

国民の感情を操作し、

 

 

国際情勢や動静を

支配したのです。

 

 

 

 

アンカリングには

一瞬にして精神状態を

変える力があります。

 

 

 

「積み重ねる」ことで

より効果を高められ、

 

 

同じように能力を

発揮できたときの経験を

次々と蓄積していくのです。

 

 

 

 

私たちの周囲には

さまざまな感覚を刺激する

きっかけがあります。

 

 

 

上手に利用すれば

ある言葉や言い回し、

感触が何かと強く結びつき、

 

 

たちまち力が身体に

満ち溢れてくるでしょう。

 

 

 

そして、自身における

最高のパフォーマンスを

発揮したときのことを思い出し、

 

 

その自信に満ちた精神で

物事にのぞめば

最高の自分に変身できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

高のパフォーマンスを

発揮するならば、

 

最高の師から学ぶのも

ひとつの方法です!

 

 

 

もし、あなたが頑張っても

満足な収入になっていない

としたら・・・

 

 

根本的なところから

ズレているから、

かもしれません。

 

 

 

今、話題の

最高の師のもとで学べば

あなたもきっと・・・

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

限りある『時間』に常に挑戦し続ける

読了までの目安時間:約 5分

 

 

 

【超オススメ】

もっとも成功率が高い

『ある法則』でビジネスをすれば

3ヶ月後には確実に人生が変わる!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1382 】

 

 

 

 

 

自分を高めていくために

必要なのは、

 

 

日常の生活の中で

現状に対する不満を持つことが

あるかどうかです。

 

 

 

なぜなら、その不満こそが

生活や能力の向上への意欲に

つながることが多いからです。

 

 

 

そしてその不満を

改善していくために、

 

次のステップを確実に

踏んでいくことが重要です。

 

 

 

 

HypnoArt / Pixabay

 

 

 

人間の性質の中には、

その人がそうなりたいと

習慣的に考えると、

 

 

その通りになるという

傾向があるため、

強く願望を抱くことをします。

 

 

 

そして、絶えず自分の願望、

計画、目的、それらを強く意識して、

それに向かって集中努力します。

 

 

 

また、それらを

周囲に向かって公言するのです。

 

 

声に出すことによって

やらなくてはならないことへの

一層の自覚と、

 

 

他人に聞いてもらうことによって

もう逃げられないという

切迫した状態に

追い込むことができます。

 

そしてあとは行動あるのみです。

 

 

 

今日できることを

明日に延ばすなの精神で、

 

 

限りある『時間』に

常に挑戦し続けることが

大切なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

分を高めた結果を

もっとよりよく、

効果的に活用してみませんか!?

 

 

そして、90日以内にあなたの

大ヒット商品を完成させて、

 

オンラインで売り出すことも

可能なのです。

 

 

その方法が、

じっくり学べます!

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

相手の脳をコントロールする組み立て

読了までの目安時間:約 7分

 

 

【 加南本舗 Vol.1381 】

 

 

 

 

 

 

 

私たちの脳は

右脳と左脳に分かれています。

 

右脳は感覚を、左脳は理性を

つかさどっていると言われています。

 

 

 

その役割に従い、

まず感情が動き、その後理性が動いて

それが正しいかどうか、

 

論理的かどうかを

判断するようにできているのです。

 

 

 

したがって

交渉戦略を立てる際には、

 

 

『感情から理性へ』となるような

相手の脳をコントロールする

組み立て方が必要になります。

 

 

 

 

mohamed1982eg / Pixabay

 

 

 

 

 

 

たとえば、

車のセールスマンの場合、

お客が「なぜこの車がほしいのか」

を突きとめます。

 

 

 

ほとんどのお客は、

タイヤやサスペンションが

どうのこうといったことに注目して

車を選んでいるのではありません。

 

 

 

乗り心地や運転しやすさ、

家族をそこに乗せたときのこと、

恋人とのドライブ・・・

などといった、

 

 

 

将来の楽しさ、快適さ、

ステイタスなど、

 

『夢』という感情から

購買意欲がかき立てられ、

 

 

 

その後はじめて、

タイヤやサスペンション、

 

値段などについて、

理性での検討に入るのです。

 

 

 

そう考えると

車の機能や値段といった

ことから説明するのは、

 

 

売れないセールスマンが

やってしまうことだとわかります。

 

 

そうではなく、

まず、お客の望みを突きとめ、

相手の夢を膨らませる

ところから入っていき、

 

 

 

車を選定して、

その車がいかに夢の実現に

役立つかを説明するのです。

 

 

 

購入後、

お客は「ステアリングがよくて

走りの快適さから選んだ」

などと言うかもしれません。

 

 

 

しかし実際は違います。

 

夢を実現するために

購買行動をかき立てられ、

 

 

それを正当化するために、

理性がステアリングや

走りの快適さで、

 

『理由付け』をしたに

すぎないのです。

 

 

 

自分の購買行動が

正しかったことを

自分に納得させるために

脳が働いているのです。

 

 

 

こんなふうに

脳の働きがわかれば、

 

 

感情を動かしやすい順番で

話を組み立てて

本題に入るという、

 

 

相手の脳をコントロールする

交渉シナリオを描くことも、

可能になってくるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

をコントロールするには、

 

成功のゴールデンルールを

知っていれば

最速最短でゴールを目指せます。

 

 

 

まったくのゼロの初心者であっても

自然な流れで稼いでいくことが

できるため、

 

驚異的な成功率となります。

 

ゴールデンルールを、

あなたの脳にインストール

してみてください。

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

火事場の馬鹿力的なチカラって

読了までの目安時間:約 7分

 

 

【 加南本舗 Vol.1380 】

 

 

 

 

 

 

 

9月に人生初の骨折を

してしまい、

ご心配おかけいたしました。

 

 

また、お見舞いのメール

などをいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

昨日の夕方、ギプスを

外すことができました。

 

 

その日に外すことは

前々から決まっていたので、

指折り数えて待っていました。

 

 

「晴れて自由の身じゃー」

なんてね・・・

 

 

 

そして、晴れての瞬間が

訪れましたが、

 

腫れたままの手が

現れただけでした。

 

 

 

手首から下に曲げて

固定された手は、

 

水平に持ち上げる

ことすらできず、

 

指は曲げることすら

できませんでした。

 

 

なぜ、ギプスが外れた瞬間、

手が自由に動かせると

思ったのか・・・

 

 

 

qimono / Pixabay

 

 

 

何の根拠もない

自分に都合のいい思い込みって、

 

 

どんな場面でも

してしまいがちですよね。

 

 

 

メルマガを発行すれば、

読者さん全員が読んでくれる。

 

 

みんながクリックしてくれて、

自分は愛されて、

必要とされている・・・

 

 

寝て起きたら

メールボックスには

 

売上報告のメールが

ずら~っと並んでいる・・・

 

 

 

何の努力もしなかったら

こんな都合のいいこと、

 

100年経っても

起きませんよね。

 

 

 

土を耕して種をまいたら、

水をやりましょう。

肥料も与えましょう。

 

 

花が開いて実がつくまでに

どんなことをすればいいか

考えて、実行しましょう。

 

 

 

私もリハビリを

ゆっくり頑張ります。

 

 

 

パソコン操作も

ギプスがあった頃は

シフトキーを

ポンと押すくらいは

できていたのですが、

 

 

ガードしてくれるものが

なくなった分、痛みがあり

今は何もできません。

 

 

でも、水が使えるようになったし、

袖が細くて入らなかった

長袖の服がやっと着られる!

 

 

もう10月なのに、

まだ、半袖?ですよね。

 

 

東京の人が寒~って

言っているときも、

北海道の積雪のニュースを見ても、

 

 

「ごめん。まだ半袖」

って感じだったのです。

 

てか、30度近くあるし。

夏やん!って感じの日が

多かったのです。

 

 

これからは

ファッションにも

気合い入れますよ~♪

 

 

 

 

今はほとんど

手を動かすことができませんが、

 

目の前に1万円札が落ちてたら

サッと拾えるかもしれません。

 

 

そういうときって、

やっぱり利き手が

出るもんでしょう(笑)

 

 

 

火事場の馬鹿力的な

チカラってありますよ!

 

 

だから、

たとえ辛いことがあっても、

 

まだまだ諦めないで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

『特別扱い』することで顧客との距離を縮める

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【超オススメ】

キャンセル待ちまで続出した

『伝説のセミナー講義』を、

豪華特典とともに完全無料で公開!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1379 】

 

 

 

 

 

『売上の8割は、全従業員

のうちの2割で生み出している』

 

 

という言葉を

聞いたことはないでしょうか?

 

 

 

【パレートの法則】と呼ばれるもので、

 

全体の数値の大部分は、

全体を構成するうちの

 

一部の要素が生み出している

という理論です。

 

 

 

ビジネスにおいては、

 

『売上の8割は、全顧客の

2割が生み出している』

と言われ、

 

 

 

マーケティング戦略的には、

 

売上を伸ばすには

顧客全員を対象とした

サービスを行うよりも、

 

 

2割の顧客に的を絞った

サービスを行う方が

効率的であるということです。

 

 

 

2割の優良顧客を見極め

ターゲットとしてとらえ、

 

 

『常連』にする、

それが勝利への近道なのです。

 

 

 

 

 

falco / Pixabay

 

 

 

 

『特別扱い』することで

 

顧客との距離を縮め、

密度の濃い関係を築いていきます。

 

 

 

誰しも他の人より優遇されれば

嬉しいですし、

 

 

頻繁に顔を合わせれば

親しみがわきます。

 

 

プレゼントをされれば、

「お返ししなければ」という

気持ちも生まれます・・・

 

 

 

サービスすればするほど、

『絆』が深まり、

 

 

「お客様だけに特別にご紹介する

逸品です」と言われれば、

つい購入してしまうのが人情です。

 

 

 

月に1回の買い物が

2回になれば、

売上は倍増します。

 

 

気に入ってもらえれば、

他の顧客の紹介もあるでしょう。

 

 

的を絞ったサービスで、

ビジネスの強化を図りましょう。

 

 

 

 

メルマガにおいても、

裏メルマガへ招待したりすれば

 

 

特別感を与えることが

できますよね。

 

 

その際の2割の優良読者さんを

あなたは見極めることが

できますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

の優良読者さんの

あなたへは

 

特別にこれ、

教えちゃいます!

 

 

 

ついに解禁、

いまだ誰も手にした

ことのないチャンスです!

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

自分の要求をスムーズに通しやすくするには

読了までの目安時間:約 8分

 

 

【 加南本舗 Vol.1378 】

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスをしていると

相手の要求に、

 

断らなければならない場合も

出てきます。

 

 

 

その際には、

なるべく理由をつけた方が

断りやすくなりますが、

 

 

 

理由付けを示す

『~ので』という言葉を使えば、

 

 

自分の要求をスムーズに

通しやすくなります。

 

 

 

多くの人は

『~ので』と付けられると、

 

 

盲目的に、論理的な理由がある

と感じてしまうのです。

 

 

 

それを示した実験があります。

 

コピー待ちの学生に列に

先にコピーをさせともらうよう

割り込みを依頼するものですが、

 

 

 

「先に使っていいですか?」

と、ただ尋ねただけでは、

 

割り込みをさせてくれた人は

60%でしたが、

 

 

 

「実はとても急いでいるので」

「実はコピーをとらないといけないので」

などと言った場合は、

 

90%以上で

割り込みに成功しました。

 

 

 

しかし、よく考えると

おかしなことに気づきますよね。

 

 

「コピーをとらないといけないので」

とは、一見理由付けをしている

ようにみえて、

 

 

実は、

何の理由にもなっていませんよね。

 

 

 

「コピーをとらないといけないから、

コピーをとる」というのは、

 

そのコピー機に並んでいる

学生なら皆そうです。

 

 

しかし、そのような依頼に対して、

ほとんどの人が応じているのです。

 

 

 

 

 

 

TeroVesalainen / Pixabay

 

 

 

 

 

実験からわかるように、

相手の欲求を断るときは、

 

 

内容は何でもいいので、

理由を付ける方が、

 

 

相手の納得を

得られやすくなるのです。

 

 

 

さらに理由については、

なるべく自分の都合にした方が

相手は引き下がりやすくなります。

 

 

 

たとえば、

「これは買えません。なぜなら

値段が高いからです」と言えば、

 

 

相手は、値段の正当性や

理由などを付けて

食い下がってきます。

 

 

断る理由を相手のせいにすると

相手の自尊心を傷つけ、

反発されることになるのです。

 

 

 

せめて断る際には

角が立たないように

自分のせいにする、

 

 

それだけでも

物事はスムーズに

流れていきますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

リックしてほしいので、

クリックしてください。

 

 

 

そんな理由では

賢いあなたは応じて

くれないでしょう。

 

 

あなたのためです!

なぁーんて言っても、無理・・・

 

 

 

これを今まであなたに

お伝えできなかったのは、

 

情報発信者としての私の

落ち度です。

 

反省していますので・・・

 

 

 

 

実は、LINE@を使うだけで

メルマガでは出来ないような

機能を使って儲けることが

できるんです!

 

 

たとえば、

メルマガと比較してみると、

 

 

クリック率が12倍!

成約率が5倍!

開封率が20倍!

 

 

 

わぁ、お詫びのつもりが

延々としゃべりそう・・・

 

 

 

続きはこちらで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

エネルギーをそこからチャージしてください

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【超オススメ】

「Instagramは稼げない」

常識を覆す、Instagramを

ビジネスに活用する攻略法!!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1377 】

 

 

 

 

 

あなたの中の『努力』とは

どういうイメージでしょうか。

 

 

 

努力と聞くだけで、

面倒くさい、古くさい、

かっこ悪いといった

 

 

マイナスのイメージが

先行してしまうのは、

 

 

たいした努力もせずに

「どうせ報われないから」と、

 

 

逃げてばかりの場合が

多いようですが・・・

 

 

 

しかし、努力することは

 

『進化』することで、

ポジティブなことなのです。

 

 

 

たとえば、叶えたい夢を持つと

人は努力するようになります。

 

 

 

好きな人ができた女性は

その人と両思いになりたい

と願って

 

 

オシャレをしたり、

ダイエットも始めたりして

一生懸命美しくなる努力をします。

 

 

 

「恋をすると女性は美しくなる」

と言われるのは、

 

 

心がプラスのエネルギーで

あふれているからという理由の他に、

努力の結果もあるからなのです。

 

 

 

 

 

RondellMelling / Pixabay

 

 

 

 

 

あなたがネットビジネスを

頑張ろうとしているのも、

 

 

そこに叶えたい夢が

あるからです。

 

 

眠いけど、

あともうひと踏ん張りと

努力しているのは、

 

成功を夢見ているからです。

 

 

 

夢を持ってください。

 

たくさん努力をするための

エネルギーを

そこからチャージしてください。

 

 

 

夢が叶うか、叶わないかは

関係ありません。

 

 

考えただけでワクワクする

夢を持って

 

 

そのための努力を重ねれば、

ずっと進化していられるのです。

 

 

 

マーク・トウェイン

言っています。

 

 

『夢を捨ててはいけない。

夢がなくても、

この世にとどまることはできる。

 

しかし、そんな君はもう

生きることをやめてしまったのだ』

 

 

 

ドキッとしたなら、大丈夫!

夢に向かって努力を続けてください。

 

そんなあなたを応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

一歩先のニーズにヒットの法則

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1376 】

 

 

 

 

 

 

 

ヒット商品が生まれると、

「二番煎じ」「三番煎じ」の

類似品がどっと出回ります。

 

 

お菓子でも、カップ麺でも、

アイドルグループでも・・・

 

 

誰もが柳の下の二匹目や、

三匹目のドジョウを

狙っているからです。

 

 

 

 

しかし、後追いでは

スピード化が主流の今、

少々遅すぎると言えます。

 

 

 

柳の下のドジョウも、

「柳の下にいつもドジョウはいない」

 

 

一度うまくいったからといって、

いつも同じようにうまくいく

わけではないのです。

 

 

 

 

それなら一番手から

遅れてスタートするより、

 

 

ヒット商品に付属して

生まれる

 

 

『次のニーズ』を

キャッチする方が、

ずっと戦略的なのです。

 

 

 

TerriC / Pixabay

 

 

 

 

ある商品がヒットすれば、

 

その周辺にもヒット商品が

生まれる可能性があります。

 

 

 

その流れを読んで

「次」の「売れ筋」を

 

 

探していくのが

『付属の法則』です。

 

 

 

たとえば、

新型洗濯機が売れているとしたら、

 

 

同じような洗濯機を

開発しようとする思考ではなく、

 

 

洗濯機は衣服の汚れを

落とすものという発想から、

 

 

新しい洗剤や柔軟剤の

開発に目を向けるということです。

 

 

 

 

主流から発生する

ニーズの中には、

 

 

角度をずらして見れば

多くのチャンスが隠れています。

 

 

ビジネスには常に

柔軟な発想が大切なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

軟な発想をするために、

見ておきたい動画があります。

 

 

 

コメント数1000件突破!

 

SNSで集客している講師は

みんな見ている動画、

 

 

話題沸騰中の

『新しい年収1千万円理念ビジネス』

100歳まで可能です。

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

※『有名人との2ショット写真を

Facebookに上げると、

あなたは終わる』

 

・・・登録したら見られるけど、

めっちゃ気になる動画タイトル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

全面否定せずに「ノー」と言うには

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1375 】

 

 

 

 

 

 

 

相手に何か頼まれたり

要求されたりしたとき、

 

 

それを断わらなければならない

ときって結構大変ですよね。

 

 

 

とくに気弱な人というのは

気持ちに優しさのベースが

濃くあるので、

 

 

相手の要求をなかなか

断ることができません。

 

 

 

そのうえ、相手が強引であれば

状況とは反対に「イエス」と

言ってしまいがちです。

 

 

 

なぜなら、「ノー」と言うことで

相手を傷つけたり、

 

 

人間関係にヒビが入ってしまうことを

恐れてしまうからです。

 

 

 

相手の要求に対して

全面的に「できません」

と言うのは勇気が必要です。

 

 

かなりの心理的抵抗のあるそれに、

 

相手の要求を全面否定

している印象を与えないように

 

 

「ノー」と言うことができれば、

気分はずいぶん違ってきますよね。

 

 

それには

全面否定しているわけでなく、

 

 

肯定する余地もある

ということを

暗に伝えればいいのです。

 

 

 

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

そのための方法に

『時を分割する』という、

 

 

時間の流れを現在と未来に

分割する方法があります。

 

 

 

「現状では無理です」と言えば、

 

将来的には「イエス」の

余地が残されているため、

 

 

相手は完全否定されたという

印象を持ちにくくなります。

 

 

あるいは、

「どうしても即答しなければ

ならないとしたら、無理です」

と言えば、

 

 

今は「ノー」だけれども、

それは現在の段階のことであって、

 

 

将来的に条件が整えば

「イエス」ですよ。

 

 

という印象を与えることができ、

相手に今後の可能性を

感じさせることができます。

 

 

 

ただ、このような断り方をすると、

「じゃあ、いつならいいのか?」

などと迫られる場合もありますが、

 

 

いったん「ノー」と言えれば

こちらのペースで

押し切って大丈夫です。

 

 

「現時点ではわかりません。

現状でお答えするとなると

無理というだけであって、

 

将来のことは、またそのときに

十分検討させていただきます」

 

 

と答えられれば

完璧なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

えっ?

なんだか、飲み屋で

お目当ての女性を口説いた

ときの光景に似ている?

 

 

じゃ、可能性は限りなく

低いのかもしれません。

 

 

でも「今はダメでも・・・」

これに希望を見出しましょう。

 

 

何事も、諦めたら

そこでゲームオーバーですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:2

『急ぐ仕事は忙しい人に頼め』の頼まれ側になるには

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

【超オススメ】

集客力が20倍になる

『強み発掘テンプレート』

一生使えるので、今すぐゲット!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1374 】

 

 

 

 

 

ビジネスの現場では

『急ぐ仕事は忙しい人に頼め』

というルールがあります。

 

 

 

忙しい人は次から次へと

仕事が入ってきますから

頼まれたらすぐにやるからです。

 

 

 

一方、仕事のできない人や

見るからにヒマそうな人は、

 

時間があるので

後からやろうとします。

 

 

しかし、後になれば忘れるか、

他の仕事が入ってきたりして

 

 

仕事の中に埋もれてしまい、

結果的には忘れられてしまいます。

 

 

 

頼まれたことをついうっかり

やらなかったばかりに、

 

 

今まで積み上げてきた信用を

すべて失うことだってあります。

 

 

次から気をつけようと思っても、

もう次のチャンスもなくなるのです。

 

 

 

 

Goumbik / Pixabay

 

 

 

 

そうならないための訓練として、

 

『今日やるべきことは、

今日中に終わらせ、明日に持ち越さない』

 

 

という意識を持って、

習慣化させることが大切です。

 

 

 

ところが人間、

なぜかその逆をやりたがります。

 

「今日は疲れたから」

「このテレビを見たいから」

 

 

などといった理由で

今日やるべきことを、

明日に持ち越してしまう・・・

 

 

 

この感情を放っておくと、

先送りすることに

 

 

抵抗を感じなくなり、

行動力がどんどん低下していきます。

 

 

 

やるべきことは先送りせず、

 

『今日やるべきことは、

今日中に終わらせ、明日に持ち越さない』

 

 

を口グセに何事も取り組んでいくと

いいでしょう。

 

 

 

 

すぐに行動に移せる人間になれば、

問題が起きても

大事に至らないですむようになります。

 

 

そこから飛躍、発展の

チャンスをつかむことができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

るべきことをやるために

大切なのは『目標』

 

 

 

ところが、成功に必要なのは

明確な目標とガムシャラな努力、

だけではないのです。

 

 

あなたの能力を

最大限発揮させるために

必要なものがわかります。

 

 

あなたがデキる人になるための

近道がここにあります!

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

1 2 3 94