オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

メルマガ発行の労力と時給換算

読了までの目安時間:約 3分

 

メルマガというものは、

 

たとえ読者さんが1人でも、

あるいは数万人いたとしても、

 

 

行う作業や文章構成に使う労力は、

まったく変わりません。

 

 

 

 

 

1本のメルマガを執筆するのに、

1時間かかるとして、

 

 

その読者数が何万人になったとしても、

その1時間は1時間のままなのです。

 

 

 

 

 

労力と報酬の相関を見るときに、

もっともわかりやすい単位が『時給』ですが、

 

 

 

まったく同じ労力なのに対し、

報酬に関しては、読者さんの数に応じて、

大きく変わってきます。

 

 

 

 

例えば、

100人のメルマガ読者さんがいて、

毎月報酬を1万円あげたとすると、

 

 

 

週1回の休日を挟み、月の労働日数が25日、

1日1時間の労働をしたとして、

時給400円となります。

この金額は大きくはありません。

 

 

 

 

 

ところが、

読者さんの数が1000人になったとしたら……

 

 

単純に労働時間は変わりませんが、

報酬が10倍になるということで、

時給4000円になります。

 

 

 

に、読者さんの数が増えれば

報酬も大きくなるので、

どんどんと時給は上がっていくことになります。

 

 

 

れだけ効率的にお金を稼ぐことが出来るビジネスが、

メルマガ発行には付随してくるのです。

 

 

ネットビジネス    コメント:0

メルマガアフィリエイトによる仕組みとメリット

読了までの目安時間:約 3分

 

 

メルマガによるアフィリエイトの『仕組み』は、

 

読者を増やす⇒読者と信頼関係を深める

⇒読者に登録 or購入してもらう

 

と、いたってシンプルで、

たったこれだけのことで報酬が生まれます。

 

 

 

 

アフィリエイトの大きな『メリット』は、

 

自分自身で商品を持っている必要が無いので、

商品の開発に時間がかからず、

消費者のニーズに合った商品を

【紹介】すればいいだけです。

 

 

 

 

 

報酬をどんどん右肩上がりにしていこうと思えば、

・『精読率を上げる』

・『読者を増やす』

という工夫が必要になってきます。

 

 

 

 

 

特に精読率という単語に注目してください。

 

 

極端な例ですが、精読率100%なら、

たった100名のメルマガ読者さんであっても、

精読者は100人になります。

報酬単価が1000円だとすれば。

それだけで10万円になる計算です。

 

 

 

しかし逆に、

精読率が1%に満たない場合は、

同じ報酬単価であったとしても、

10万円稼ぎ出すには1万人の読者さんを

集めなければならないことになります。

 

 

 

そう考えると、この『精読率』と『読者数』は、

どちらもおろそかにできません。

 

 

 

 

 

メルマガアフィリエイトの鉄則は、

 

【精読率を上げ、さらに読者さんを増やしていく】

ことなのです。

 

 

 

 

特に『精読率』はおろそかにできません。

内容がつまらないものであれば、

読まれないメルマガとなり、

読者数も減っていくということになるからです。

 

 

 

 

ネットビジネス    コメント:0

メルマガをまず数字で考える【読者数】【報酬単価】

読了までの目安時間:約 3分

 

■読者数

 

読者数は、あなたのメルマガを読んでくださっている、

読者さんの数ですが、

 

たとえ読んでもらっていなかったとしても数に含みます。

 

 

 

メルマガ登録している人がきちんと読んでいる人の割合は、

精読率(開封率やクリック率)で判断します。

 

 

 

読者数を増やせば、仮に同じ精読率だとしても、

報酬が増えるということが、

計算式にも当てはめてみても分かります。

 

 

 

精読率が10%だったとして、

読者数が100人なら精読している人が10人。

読者数を1000人まで増やせば、

精読している人が100人になるということです。

 

 

 

 

 

 

■報酬単価

 

ひとつ売れるたびにあなたへ支払われる報酬の金額で

 

 

無料オファーなどでは、1件あたり300~800円、

有料の商材でしたら、1件あたり千円~数千円になります。

 

 

あくまで単価なので、ひとつ売れるごと、

もしくは1人登録するごとに入る報酬になります。

 

 

 

たとえば、100人の精読してくれている

読者さんに対してオファーをして、

100円の報酬が上がった場合には、

単価に計算しなおすために、

100円÷100人で1人あたり11円という

報酬単価になります。

 

 

ネットビジネス    コメント:0

メルマガをまず数字で考える【開封率】【クリック率】

読了までの目安時間:約 3分

 

■開封率

 

 

メルマガの開封率とは、何%の人がメルマガを

開いてくれたかと言う割合です。

 

【開封率(%)={開封数/(配信数-エラー数)}×100

 

エラー数はメールアドレスが変わったなどで、

メールが届かなかった数です。

 

 

開封率は精読率を見る上で非常に役に立つ数値なのですが、

2つ欠点があります。

 

 

・アウトルックなどのメーラーでは、

メールを開かなくても内容が見れるので、

正確な測定が出来ない。

 

 

・テキスト形式のメールでは測定が出来ないため、

HTMLメールを使用しなければならない。

 

しかし、最近のメーラーがHTMLメールを

受信しなかったりするので、

メールの到達率が、低くなってしまっていますので、

最近ではアフィリエイトをする人で

HTMLメールを使っている人はとても少ないです。

 

 

 

 

 

■クリック率

 

メールの中にあるURLをクリックされた割合を表します。

 

 

【クリック率(%)={クリック数/(配信数-エラー数)}×100

 

 

クリック率は、正確に数値を測る事が出来ますので、

反応を見るのに適していますが、

全ての人がクリックをしてくれる訳ではないので、

精読率を測るには複数回URLを案内する必要があります。

 

 

メルマガアフィリエイトをする上で、

クリック率は非常に重要な数値となりますので、

必ず毎回測るようにしましょう。

 

 

ネットビジネス    コメント:0

メルマガをまず数字で考える【精読率】

読了までの目安時間:約 3分

 

 

メルマガアフィリエイトの報酬は、

 

【精読率×読者数×報酬単価=報酬】

 

という数式で表すことができます。

 

 

 

 

 

■精読率

 

 

精読とは、

「細かいところまで丁寧に読み進める」ことです。

 

 

そして大切なのは、

読者さんに精読をしてもらうのを望むのではなく、

 

 

発行者であるあなた自身が

【精読させる文章のメルマガ】

を発行しなければならないのです。

 

 

 

 

一字一句、隅から隅まで読みたくなる。

そして読み終えても、

また読みたくなるようなメルマガを発行して、

精読してくれている読者さんを

増やす努力をしてなければならないのです。

 

 

 

 

 

そのためには、

 

メルマガアフィリエイトは、

読者さんとの【信頼関係を構築】していくことが

重要になってきます。

 

 

 

様々なテクニックがある中で、

読者さんを思って、ためになること、

役に立つことを常に念頭に置いて、

メルマガを書いていくようにしましょう。

 

 

 

 

 

この精読率は、単純には

精読してくれる人を読者さんの数で割れば出るのですが、

精読してくれている人の数を正確に知ることは出来ません。

 

 

 

そこで、良く用いられるのが、

メルマガの【開封率】【クリック率】を測定して、

どれだけの人が読んでくれているのかを測るのです。

 

 

ネットビジネス    コメント:0

メルマガをまず数字で考える

読了までの目安時間:約 5分

 

メルマガというものは、

 

読者さん各個人に一通ずつ配信されます。

 

 

 

つまり、読者さん個人に宛てた、

 

文章ということになるのです。

 

 

 

たとえば、印刷された年賀状が届けば

 

応目を通して、誰からなのか、

 

んなデザインなのかを確認するでしょう。

 

 

 

これが手書きの年賀状ならどうでしょうか。

 

さらによく目を通し、

ひとりひとりに書いてくれているんだな」

「きれいな字だな」などと、

印刷の年賀状よりじっくりと見るはずです。

 

 

 

 

 

メルマガでは、手書きということはありませんが、

 

きちんと思いを込め、

 

【あなただけにこのメルマガを送っているのですよ】

 

と思ってもらえる手段があります。

 

 

 

 

 

ただ定型文を送っているだけでは、

 

ランダムに発送されたダイレクトメールと同じように、

 

開封もせずゴミ箱行きになってしまいます。

 

 

 

 

 

そうならないためにはどうすればいいのか、

 

そのテクニックを学習し、

 

読者さんの気持ちをどんどん掴んでいけば、

 

あなたの報酬はうなぎのぼりになるはずです。

 

 

 

 

 

 

そしてその夢を叶える、

 

『メルマガアフィリエイト』を始める上で、

 

一番良くない考え方は、

 

 

 

 

 

ただなんとなく、読者数が増え、

 

だいたいこれぐらいの報酬単価だから、

 

総報酬はこんなもんかな。

 

という曖昧な考え方です。

 

 

 

 

 

 

このような意識のもち方では、

 

どんなビジネスをしても

 

成功するはずはありません。

 

 

 

 

 

アフィリエイトで収入を得て、

 

理想の人生を送るという

 

壮大な目標に向かうためには、

 

 

 

 

 

自分の報酬がどのように得られるのか、

 

どうすれば増やすことが出来るのかについて、

 

具体的に知っておかなければならないのです。

 

 

 

 

まずきちんと数字として考える感覚を身につけましょう。

 

 

ネットビジネス    コメント:0

知識がなくとも、【やる気】がある人であれ

読了までの目安時間:約 4分

 

 

たとえばあなたがインターネットを始めようとして、

 

これまでにインターネットでサイトを訪れ、

 

会員登録も買い物もしたことがない。

 

パソコンに関しても、「ショートカット」すら知らない。

 

 

 

そうだとしても、全く問題はありません。

 

これから覚えたり、学べばいいのですから。

 

 

 

 

 

つまり、

 

『やる気はないが知識がある人』

 

『やる気はあるが知識がない人』

 

この違いなのです。

 

 

 

 

 

 

 

前者は起業には向いていません。

 

どんな素晴らしい知識があっても、

 

そのビジネスは成功しません。

 

 

 

 

 

知識がないのは、

 

覚えようとする【やる気】があれば、

 

いくらでも補うことができるのです。

 

 

 

その上でどうすれば効率よく作業ができるかを、

 

工夫すればいいのです。

 

 

 

 

 

 

パソコンに慣れていないのなら、

 

ショートカットの学習をする。

 

 

 

 

インターネットビジネスを起業するには、

 

文章の執筆は業務の中でも時間をとられる部分です。

 

それがその学習をすることで時間短縮ができたら、

 

当面の浮いた時間を別の作業にあてれば、

 

ビジネスの進行速度はより増していくのです。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスというものは、【効率】がものを言うのです。

 

 

 

同じ作業をするなら、

 

・少しでも【楽に】

 

・少しでも【短い時間で】

 

・少しでも【労力をかけずに】

 

これが基本なのです。

 

 

 

 

インターネットにつながっているパソコンというものを

 

媒体にしているわけですから、

 

それに付随している機能をフルに使いこなさなければ

 

もったいないのです。

 

 

 

 

 

そして知らない単語や言い回しがどんどん出てきても、

 

【やる気】つまり、【マインド】があれば、

 

どんどん吸収して自分のものにできるのです。

 

 

ネットビジネス    コメント:0

【あなたになら】そういうビジネスを目指す

読了までの目安時間:約 6分

 

 

ものを売るということを考えたとき、

 

たとえば、

 

 

 

値段も安く、在庫もある、量販店と、

 

町の電気屋さんと呼ばれる個人商店の電気店が

 

あった場合、

 

 

 

 

 

 

量販店では5万円で買える品物が、

 

小さな電気店では同じ商品が8万円もする

 

なんてこともあります。

 

 

 

 

 

欲しい商品も町の電気屋さんでは、

 

メーカーや型番までこだわると、

 

取り寄せに何週間もかかることは日常茶飯事です。

 

 

 

 

 

『値段』『在庫』、これだけが購買に結びつくなら、

 

町の電気屋さんに勝ち目はありません。

 

 

 

 

 

つまり商売を続けてお店を開けていけることさえ、

 

不思議なはずです。

 

 

 

 

 

 

なぜこのようなお店がやっていけているのか、

 

そこには【人柄】【付き合い】がカギとなっているのです。

 

ビジネスは、この【人柄】や【付き合い】抜きには、

 

 語れないものなのです。

 

 

 

 

 

「5万円で買えるものだけど、

 

あの人からなら8万円で買ってもいい。」

 

 

「あの店なら、取り寄せは1週間ぐらいなら待ってもいい。」

 

 

 

これが人と人との関わり合いのあるビジネスの原点です。

 

 

 

 

 

 

何かを買ってもらう為に必要なことは、

 

どんな商品にしても、セールスマンの【人柄】です。

 

 

 

 

 

 

 

確かに、値段が安いというのも、

 

購買してもらう上で重要な項目ですが、

 

セールスマンが横柄であったりした場合、

 

どれだけ安い値段を提示されても、

 

購買までは至らないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

まず、セールスマンでありお店のオーナーである

 

あなたを、知ってもらうことがとても大事なことなのです。

 

 

深く知ってもらい、信頼される。

 

そうして初めて人は、

 

あなたの話に耳を傾けるようになるのです。

 

 

 

 

全くの他人が突然家に訪問してきて、

 

「今だけのお値打ちですよ」

 

「いいものを安く売りますよ」

 

こんなことを言われても誰も買う気にはならないはずです。

 

 

 

 

 

 

インターネットで自分をわかってもらうには、

 

動画や音声をサイト上に載せることは可能ですが、

 

主に文面でしか表現することはできません。

 

 

 

 

 

他人の誹謗中傷やネガティブなことばかり叫んでいても、

 

誰も共感してくれませんし、

 

あなたという人が信頼できる人になる確率は、

 

かなり低くくなるはずです。

 

 

 

 

 

そのためにもあなたの発信するものは、

 

あなたが読者になったときに、

 

 

 

この文面でどういった印象を受けるのか?

 

今一度読み返し確認することを日々、

 

怠ってはいけないのです。

 

ネットビジネス    コメント:0

アフィリエイトで起業

読了までの目安時間:約 5分

 

 

アフィリエイトで収入を得るまでの主なものに

 

・ブログ

 

・メールマガジン

 

無料レポート

 

などがあります。

 

 

 

 

 

メールマガジンと並行してブログ・無料レポートを

 

行うことにより、より効果的に

 

アフィリエイトを行うことができます。

 

 

 

 

 

 

ブログとメールマガジン、無料レポートの地盤を作成し、

 

それをつないでいくことによって、

 

目に見える相乗効果が期待できるのです。

 

 

 

 

 

それらの主な役割を

 

リアルのビジネスに置き換えてみますと、

 

 

・メールマガジン ⇒ ビラ・看板

 

 

・サイト・ブログ ⇒ 店舗

 

 

・無料レポート ⇒ パンフレット

 

 

 

 

 

メールマガジンで購買可能客をつかみ、

 

店舗へ引き込み、営業をして買ってもらうのです。

 

 

 

 

 

 

本来、ビラやダイレクトメールを作るのは、

 

デザインを考え企画し、印刷代が必要です。

 

そして、ひとりで大量のビラを配布するのは

 

大変ですし、DMでは郵送費もかかってしまいます。

 

店舗を用意するにも多額の費用がかかります。

 

 

 

 

 

 

しかし、インターネットビジネスでは、

 

こういった費用が全くかからないのです。

 

サーバーレンタル代や配信スタンドなどの

 

少額な費用はかかりますが、

 

リアルで商売をするのに比べたら

 

たかが知れている金額です。

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットビジネスではこういった

 

起業時の必要資金の少なさが、

 

最大のメリットなのです。

 

 

 

 

 

もちろん、起業するには資金は潤沢であった方が

 

いいに越したことはありません。

 

 

 

 

 

しかし、このネットビジネスでは、最小限の資金で

 

莫大な資金を所持している企業と肩を並べる。

 

しくは追い抜ける可能性を秘めているのです。

 

 

 

 

 

現在までネットビジネスで成功している人たちは、

 

最初から膨大な資金を持っていた人はほとんどいません。

 

 

 

 

 

 

 

頑張り次第、テクニック次第、商材次第。

 

そして心構え、気持ちの持ちよう、マインドが

 

しっかりしていたからなのです。

 

 

 

 

ネットビジネス    コメント:0

メールマガジンを配信するということ

読了までの目安時間:約 8分

 

 

メールマガジンをあなたの読者さんに

 

配信するということは、

 

 

 

 

 

あなたの読者さんは、

 

あなたのことを予め認識しています。

 

つまり、商売をする上で親類・知人と

 

同レベルであると言えるのです。

 

 

 

 

 

相手はまずあなたの話を聞こうとしてくれています。

 

の方々へ広告を発信するわけですから、

 

メリットは多大です。

 

 

 

 

メールボックスという各個人の私書箱に

 

リアルタイムに届くため、

 

その瞬間の時事を絡めやすいというメリットも

 

兼ね備えています。

 

 

 

 

 

 

これがダイレクトメールであれば、

 

企画・構成・印刷・発信などと、

 

ひとつの情報を発信するのに膨大な時間がかかってしまいます。

 

場合によっては1か月程度かかってしまうかもしれません。

 

 

 

読み手のもとに届いたときには既に時代遅れのニュースに

 

なっている可能性がでてきます。

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジンの読者さんは、

 

リアルタイムで且つ、能動的に

 

情報を得たいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのメールマガジンの読者さんは、

 

自分からあなたという人物、

 

もしくはあなたの紹介する商材に興味があり、

 

自分からあなたのメルマガに登録しているわけですから、

 

必ずといっていいほど

 

あなたの話を聞く耳を持っています。

 

つまり100%見込み客という上客なのですから、

 

今後の展望や、収入が増えた場合や減った場合のプランを

 

見積もりやすくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんデメリットもあります。

 

メールマガジンはあくまで媒体であり、

 

リアルタイムでしか機能しないということです。

 

 

 

 

 

 

あなたの送信したタイミングで、

 

その時点で登録している方々にしか配信されず、

 

その1秒でも後に登録した人には、

 

目に触れることさえできないわけです。

 

 

 

つまり、配信を止めると、

 

その瞬間に収入は途絶えてしまいますし、

 

 

 

さらに途中から読み始めたり、登録した読者さんが

 

ほとんどなのですから、

 

第一号からずっと読んでくれている読者さんは

 

ほとんどいないのです。

 

 

 

 

 

 

 

前回の話の続編ばかり掲載していては、

 

途中参加の読者さんは意味が支離滅裂となり、

 

離れていってしまうものです。

 

 

 

 

週刊で連載されているマンガをいきなり読み始めても、

 

おもしろくもなんともないと思われるでしょう。

 

それとまったく同じです。

 

 

 

 

 

ということは、【毎回新しい情報】【1話区切り】

 

発信していかなければなりません。

 

更にメールマガジンの記事は【使い捨て】です。

 

過去の記事については、

 

よほど人気が出て総集編などで出版でもされない限り、

 

まず読まれることはありません。

 

 

 

 

かといって、同じ内容の文章を載せれば、

 

当初から登録されている読者さんからすれば、

 

同じ記事を何度も読まされるわけですから、

 

興味が一気にうせてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ういったことを念頭に置いて、

 

常に【相手の立場】で物事を考え、

 

 

・もし今回から自分が読み始めたらどうなのか?

 

・もし読者さんが自分なら、このメルマガを継続して

 読みたいと思うのか?

 

 

という視点で発信していけば、

 

必ず読者さんは増えていくことは間違いないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のメルマガはこちらから登録できます。

 

 

 

ネットビジネス    コメント:0