オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

LINEでステップメールを組める!驚きのwebマーケティング手法

読了までの目安時間:約 8分

 

 

 

 

 

 

今、メルマガを読んでくれる人が

かなり少なくなってきています。

 

現場から

「反応が悪くなってきた」という声も

よく聞きます。

 

 

今までは『メール』が主流だったので

メルマガが一番読まれていました。

 

 

 

そのため、商品を売る場合も

メールを使えばどんどん成約し、

売上をあげることが出来たのです。

 

 

 

 

しかし、現在では

メールよりも『LINE』の時代となり、

 

6,800万人が利用している

LINEを主流に使う方が成約率が高いことが

データとして証明されているのです!

 

 

 

 

これからの時代、

『LINE』に切り替えた方がいい

理由はたくさんあります。

 

 

 

■到達率が100%

⇒メールと違って届かないことがない。

 

 

 

■開封率がメルマガの最大20倍

⇒未読の表示が出るので、開いてしまう!

 

 

■リストを簡単に集められる

⇒「LINEで友達になりましょう」

 と言えばいいので、

 お客さんも登録へのハードルが低い。

 

 

 

■1:1トークが出来き、セールスしやすい。

⇒メルマガでは返信をもらうことがなかったが、

 LINEは返事をしてもらえる。

 

 

 

■リアルタイムなやり取りができる。

⇒見込み客の悩みをLINE上で

 やりとりできるので成約率がかなり高い。

 

 

 

■動画や画像を直接送れるので、

 感情に訴えかけるアプローチがしやすい。

⇒メルマガだと文章だけでしか伝えられませんが、

 LINEだと感情が動くような画像を直接見てもらえるので

 かなり成約率が高くなる。

 

 

 

などなど、理由はたくさんあります。

しかし、LINEに切り替えたら、

 

 

・ステップが組めないでしょ?

・全部個別にLINEを送るんでしょ?

 

そんなマメなことやっている

ヒマはない!

 

と思われているのでは

ないでしょうか?

 

 

 

ところが、

今回新たに開発されたシステムは、

 

『LINE上でステップメールと同じ流れを

 組むことができる~LINEステップ~』

 

 

ビジネス用のLINEである

LINE@をPC上で管理して、

 

 

見込み客にあったステップを

組むことが出来るのが

この『LINEステップ』の強みなのです。

 

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

 

 

たとえ反応が悪くなったとは言え、

まだまだ世間ではメルマガを

使っている方が多いですし、

 

メルマガのやり方を教えている

塾もたくさんあります。

 

 

そう、ライバルはまだ、

「メルマガのリストを集めること」

に必死なのです。

 

 

 

つまり、

これはチャンスということです!

 

 

同業他社がメルマガで成約率を

上げることに必死になっている間に、

 

 

「もうこれからの時代は

LINEに切り替えていくべきだ」

 

と気づいた私達は、

 

 

『LINE@のリスト』を

積極的に集めていくべきなのです!

 

 

 

 

これこそ、先行者利益です!

 

そして誰よりも早く

LINEでステップを組み、

 

これまでメルマガで

取りこぼしてきたお客様を

拾いあげて成約にしていきましょう!

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

 

 

時代が『メール』なら

メルマガを使えば効果があるし、

 

時代が『LINE』なら

LINEを使えば効果が上がる・・・

 

 

とてもシンプルですよね!

 

 

 

 

ですが今、

「どうやらLINE@が良いらしい」と

 

周りの人がやっているのを見て

マネしてるだけのLINE@利用者が

非常に多いのです。

 

 

 

LINE@の良いところを理解して、

フル活用できている人は

まだ、本当にごく一握りです。

 

 

 

 

今の時代の流れを踏まえて、

一番効果が出やすいものを選んで

ビジネスに活用していきましょう。

 

先手必勝です!

 

 

※こちらからご覧になれます。

 

 

 

 

オススメ無料案件    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: