オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

やりたいと思ったときがスタートのとき、適齢期なのです!

読了までの目安時間:約 8分

 

 

【 加南本舗 Vol.1478 】

 

 

 

 

 

 

 

第35代アメリカ合衆国大統領

ジョン・F・ケネディが、

 

 

「この10年のうちに人類を月に送る」

という有名なスピーチをしたのは、

1962年のことでした。

 

 

 

それを聞いて感動した

大学生たちが

 

設立されたばかりの

アメリカ航空宇宙局

NASAに入り、

 

「アポロ計画」の月面着陸を

成し遂げたのは、

 

 

それから7年後の1969年、

その時のエンジニアの平均年齢は

28歳でした。

 

 

 

これを拡大解釈すれば、

7年努力すると、

 

とてつもないことが

できる可能性がある

と言うことができそうです。

 

 

 

普通の会社勤めなどなら

「石の上にも三年」などと

言ったりして、

 

3年くらい一生懸命やれば

形になる可能性が高いでしょう。

 

 

 

 

 

Unsplash / Pixabay

 

 

 

 

 

一方、ひとつのことを継続し、

成功させるのにある程度の

年月が必要だとしても

 

 

何かを始めるには、

さほど年齢というのは

関係ないようです。

 

 

やりたいと思ったときが

スタートのとき、

適齢期なのです。

 

 

 

だから50歳を超えていても

まだまだ大丈夫!

ということなのです。

 

 

だって、知っていますか?

 

 

江戸時代に日本の実測地図を

初めて作った伊能忠敬が

測量を始めたのは、

 

55歳のときなんですよ。

 

 

それから17年という歳月をかけて

完成させたのです。

 

 

昔の人の平均寿命からすると

すごいパワーですよね。

 

 

 

また、現代の話で言えば、

レイ・クロックがマクドナルドを

始めたのは52歳のときです。

 

 

 

最近ご結婚された

浅野ゆう子さんも、

57歳ですよ。関係ないかな(笑)

 

 

ただ、彼女のコメントの

「お互いこの年齢で・・・

とも思いましたが、この年齢だからこそ」

 

というところ、いいですね!

 

 

めっちゃ、共感しとるやんっ!

 

・・・ですね。

ゆう子さん、勇気づけられます(笑)

 

 

 

 

ビジネスの成功者の例から

少し脱線してしまいましたが、

 

 

成功へのチャンスは

誰にでも、いつでも、

あるのではないでしょうか。

 

 

それは目標が

壮大であるかとか、身近である

などには関係ないのです。

 

 

 

そして大切なのは

目標や夢を、

 

自分の能力の範囲の中で

とらえないことです。

 

 

 

なぜなら、今想像している

理想や成功は、

 

今の自分が想定しているものに

過ぎないからです。

 

 

 

今、備わっている能力などを

前提にして弾き出されたものを

ゴールとする限り、

 

それ以上の大きな飛躍は

望めないでしょう。

 

 

 

人生の成功は常に行動し、

前進していかなければ

 

見えてこないし、

つかめないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

んだっていい、

常に行動することが大切!

 

 

 

でも、正しい道、

歩んでいますか?

 

何もみすみす遠回り

することはありません。

 

 

あなたの近道、見つけてください。

 

 

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー

この記事に関連する記事一覧