オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

理解できる話にある3つの特徴

読了までの目安時間:約 6分

 

 

【 加南本舗 Vol.1473 】

 

 

 

 

 

 

 

情報の伝達というのは

簡単なことを難しく話すより、

 

難しいことを簡単に話すことを

求められます。

 

 

そのため、

相手がよく理解できるように

話してくれる人は好かれます。

 

 

 

そういう人の話には

3つの特徴があります。

 

 

■話が論理的

 

「あの店は、これから流行るよ」

といった意見や仮説の後に、

 

「どうしてかと言うとね・・・」

理由や検証が続きます。

 

そうすると、

論理的になり説得力が増すのです。

 

 

■言いたいことは3つまで

 

「どうしてかというと、

まず、店員さんが感じがいいから。

 

次に、品物が豊富。

 

それに、ディスプレイが

洗練されていて美しいから」

 

などと、3つに絞ると

相手にわかりやすく伝わります。

 

 

■具体例がある

 

「そこの店員さんが感じがいい

と思ったのは、

 

商品を尋ねたときに、

あちらにございますと

ものの在りかだけを伝えるのではなく、

 

こちらにございますと笑顔で

案内しながら商品説明をしてくれたから」

 

といったように

具体的なエピソードを語った方が、

 

抽象的な言葉を並べるより

共感が得られます。

 

 

 

 

 

geralt / Pixabay

 

 

 

 

 

要は、相手の立場になって、

わかりやすいように話す

ということなのですが、

 

 

そもそも会話とは、

その量を増やせば、

 

比例するように相手からの

信頼を得ることが

できるようになっています。

 

 

 

単純に考えても、

会話をする時間が長くなれば、

 

それだけお互いに交わす

メッセージも長くなり、

 

その分だけ人間関係の絆は

深まっていくからです。

 

 

 

コメントや感想を

伝えるときなど、

 

会話というものを

意識してみてください。

 

 

 

あまりしゃべらない人と、

どんどん積極的に

話しかける人がいたとしたら、

 

当然人気者になれるのは

積極的に話しかける

タイプの人です。

 

 

 

言葉を交わすというのは

心を通じ合わせることにつながり、

 

会話をすればするほど、

相手の心を惹きつけることが

できるのです。

 

 

伝わりやすい話し方を意識して、

どんどん話しかけてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. hiro より:

    こんばんは^^
    解りやすく話す事はコミュニケーションを取る上で
    とても大事だと思っていますが・・・
    つい「あれ」とか「あそこ」など抽象的に言ってしまいます^^;
    誰にでも上手く伝わる様に意識して
    会話して行きたいと思います!
    またお邪魔させて頂きます
    応援ポチ完了です!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: