オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

奥さんが敬語になったらコワイのです・・・

読了までの目安時間:約 7分

 

 

【 加南本舗 Vol.1459 】

 

 

 

 

 

自分の考えが相手に理解されても

相手がその通りに

動いてくれなければ、

イライラしてしまうのが人の常です。

 

 

 

その結果、

「何度言ったらわかるんだ!」

と声を荒げてしまうわけです。

 

 

 

これは「文句を言う」

「ガミガミ言う」といった不満を招き、

人間関係を悪化させます。

 

 

では、どうすればいいのか・・・

 

 

 

そんな際には

『何度でも言う』ことです。

 

 

 

 

Magnascan / Pixabay

 

 

 

 

たとえば、

子供がなかなかお風呂に

入らないとき、

 

お母さんは相当

イライラしているはずです。

 

 

 

しかし、それがたとえ

3度目であっても、

 

4度目であろうとも

普通の口調で

 

 

「ねぇ、早くお風呂に入ろうよ」

と言えばいいのです。

 

 

 

ある種の根比べというわけです。

 

まずどんな頑固な子供でも

お母さんが口調を変えずに

言い続ければ、

 

5回目くらいまでには

服を脱ぎ始めるでしょう。

 

んー、お母さん、ナイスです!

 

 

 

普通の口調で

何度でも言っただけで、その結果、

人間関係は悪化しないどころか、

 

相手からある主の尊敬を

勝ち取ることすらできるのです。

 

 

あっ、敬語はダメですよ。

 

お母さんが敬語になると

子供どころか、

お父さんまでが震え上がります。

 

あくまで、普通の

言い方でなければなりません。

 

 

 

これは職場でもまったく同じです。

 

ふつうは3回以内くらいで

解決するようですが、

 

 

5回でも6回でも言うだけの

心の準備というか、

余裕を持つことが大切です。

 

 

声を荒げずに『何度でも言う』

というやり方で人との

余計な摩擦を回避できるわけです。

 

 

 

そしてこれが人としての

正しい道であるようです。

 

 

各人それぞれ意識も異なれば

考え方も異なります。

 

 

相手が自分の意のままに

ならないのは当然です。

 

 

 

だから自分の感情を

ぶつけるだけのことはやめて、

何度でも言えばいいのです。

 

 

 

今年はそんなふうに

人と接してみませんか!?

 

 

 

 

もぉ、誰?みかんの皮を

コタツに置きっぱなしの人はッ!

 

食べたらゴミ箱でしょッ!

 

 

 

あっ・・・

ゴミ箱にちゃんと捨てようね。

って具合です(笑)

 

 

 

 

何度でも言うって

案件を紹介するときも

同じなんですよ。

 

 

1回で終わりなんて

もったいない!

何度でも言いましょう。

 

 

いいことは

独り占めしない。

 

あなたも私も

幸せを目指しているのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: