オンリーワンで輝く IT成功への道

オンリーワンで輝く IT成功への道

お金を払う行為を将来の自分につなげる

読了までの目安時間:約 7分

 

 

 

【超オススメ】

パソコン1台でできる、

理想のビジネス構築法

90日で新しい収入源が作れます!

 

※詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

【 加南本舗 Vol.1451 】

 

 

 

 

 

これから年末年始、

何かと出費もかさみますが、

 

ボーナスもあることだしと、

財布の紐も少しは緩みがち?

かもしれませんね。

 

 

そんなとき、果たして、

自分のお金の使い方は

大丈夫なのか?

 

今ほしいあの商品は

買うべきなのか?

 

 

そういった疑問に

簡単に答ええられる

方法があります。

 

 

 

それはお金を使うときに、

『投資』『消費』『浪費』の

 

どれに当たるかを

判断することです。

 

 

 

『投資』とは、

自分の稼ぎを増やしたり

生きがいを見つけたりと、

 

将来に見返りがあることを

期待したお金の使い方です。

 

なお、ここでいう投資は、

金融商品への投資のことではなく

もっと広い意味で使っています。

 

 

『消費』は食費や住居費、

被服費や交通費など

 

生活するために必要な

ものやサービスへの支出です。

 

 

『浪費』は投資でも消費でもない

支出のことで、ストレスの解消や

 

一時的な快楽を得るための

支出が代表的です。

 

 

 

さて、あなたの支出は

これらの割合が

どうなっているでしょうか。

 

 

自分なりに定義付した結果、

投資が少なく、浪費が多い

 

というのがよくあるパターン

ではありますが、

 

ここでの分析は

そういうことは必要ありません。

 

 

重要なのはこれからどうするか

ということなのです。

 

 

 

nattanan23 / Pixabay

 

 

 

 

ここで思い切って、

『投資を100%にするには』

どうしたらよいかを

考えてみるのです。

 

 

すべてのお金を払う行為に対して

理由を考える。

 

その上で、それが将来の自分に

どうつながるかを見出すのです。

 

 

 

たとえば

必要なカロリーを摂取するための

食材の買い物は、

消費という位置付けです。

 

 

健康を維持するために

栄養のバランスがとれた食材を

買うのも、まだ消費の域を

出ていません。

 

 

 

では、食べるということが

自分の将来にどう影響するか

ということに焦点を当ててみます。

 

 

 

今日食べたものは1ヶ月後の

体を作ると言われています。

 

 

そうであれば

1ヶ月後にどういう体に

なっているか、

 

 

その目標を達成するために

食べ物を摂取するようになれば、

それは投資になるのです。

 

 

 

消費する前に

投資につながる道筋を

イメージしてみれば、

 

 

必要ないものを

衝動買いしてしまうことを

防ぐことができます。

 

 

 

考え方によっては

すべてのお金を使う行動を

投資に変えることができる。

 

 

お金の価値は

自分で決められる、

ということなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガを読んでみませんか!?

 

 

あなたと一緒に
成長するメールマガジンです。
どうぞお気軽にご登録ください。

 

メルマガ バックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: